【完結編】佐々木俊尚と本田雅一。それぞれのトラブル対応

10万オーバーフォロワーを持つ佐々木俊尚はピンポンダッシュを決めてだんまり
本田はファイティングポーズを取らず、受け流す。
バトルになりそうでならないやり取りも完結。結局、佐々木は自身のフォロワーに対するプライドを捨てられず、正しい行動を取るチャンスを逸してしまった。実に教訓の多いやり取りである。

しかし佐々木俊尚はヤクザだねぇ〜〜
by verture_jobs
99 fav 71629 view
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 事実関係はほぼ解明されており、佐々木俊尚が認めるように、本田雅一の書き込みを読み間違えただけであることが、すでに判明している。その判明プロセスは以下のとおり。
    ただ、このTogetterでは、佐々木と本田が、それぞれどのように応対したかにフォーカスを当てる
  • 何者かが、かつてのTogetterを本田雅一に@飛ばし、本田は自分が佐々木俊尚から*嘘つき呼ばわりされていたことに気づいた。
  • 今頃はじめて佐々木俊尚氏と僕と西田君のトゥギャッター読んだけど、佐々木さん、こんな嘘ばっかりの言い訳してたのか。もうどっちでもいいけど酷すぎる。彼の言い分通りなら、なぜソニー広報副センター長に「存じ上げない方なので連絡取れないのですがどうすればいいでしょう?」と相談されたんだか
  • Content from Twitter
  • 佐々木俊尚は、誰からかこのツイートの通報を受け、こいつを懲らしめてやろうとばかり、一気呵成に攻める
  • また私を誹謗中傷してるのが現れてきてる・・。本当うざいなー。
  • 私がソニーの野村秀樹氏と会ったことを「そんな事実ははない」とずーっと言いはりつづけてるIT系のフリーライターがいるみたい。
  • このIT系フリーライターは私に対して「嘘ばっかりの言い訳」という酷い誹謗中傷をしてるようなので、証拠をここで提示しておきます。
  • Content from Twitter
  • ここに、佐々木氏はソニー野村秀樹氏との電子メール履歴の画面キャプチャを掲載。全履歴を晒すというテロ行為に及ぶ。さすがにマズイと思ったか、現在は削除済み
  • 証拠は提示した。誹謗中傷してるフリーライターは私にきちんと回答を提示してほしい。「ソニー広報がそう言ってたんだから私に責任はない」ってのはナシだよ。企業にそこまで寄り添って語ってるんだから、きちんと最後まで責任を取って企業を代弁してくれ。
  • それでもこのメールの画面のキャプチャがもし捏造だというのなら、野村秀樹氏とあなたと3人でオープンな場所で語ろう。
  • あとは本田雅一とかいうフリーライターの返答を待つのみ。
  • Content from Twitter
  • 佐々木は@も飛ばさないまま。本田を待ち構える。しかし、本田は佐々木をフォローしていない。当然、返事は来るはずもなく、佐々木は罵詈雑言を尽くしはじめる
  • 時系列をちゃんと見てほしい。私が提示した証拠と、本田氏のTogetterのどちらが時間的に先か。
  • あと問題も決してずらすなよ。いま問われているのは、私がソニー野村秀樹氏と会ったことをあなたが嘘と決めつけたことが誹謗中傷に当たるかどうか、その1点のみだ。
  • 私がソニー野村秀樹氏と会ったかどうか。それを嘘だと決めつけた事実に対して、絶対ににげるなよ>本田雅一氏。
  • .@rokuzouhonda 返答を待っているのですが?
  • 普通、何か他人に尋ねるときは@で尋ねるものではありませんか?あなたをフォローしているわけでおないのにRT @sasakitoshinao: 私のタイムラインを読みたまえ。 RT @rokuzouhonda は?何の返答を?
  • いえ、ですから質問してください。なんでしょう
    RT @sasakitoshinao: .@rokuzouhonda 返事待ってるよ。
  • ああ、これですか。野村さんと会っていないなどと、一言も書いていません。見返してくださいRT @sasakitoshinao: あと問題も決してずらすなよ。いま問われているのは、私がソニー野村秀樹氏と会ったことをあなたが嘘と決めつけたことが誹謗中傷に当たるかどうか、その1点のみ
  • バカが逃げ始めた。もう終わりにしよう。じゃあね。
  • Content from Twitter
  • ちなみに、本田の話している野口氏はSony Readerの事業を立ち上げた人物である。本田は社員実名まで挙げて批判する佐々木に対し、野口への取材も行わずに批判する佐々木の姿勢を批判した。
    しかし、野口のことを知らない佐々木は、これを末端のマーケティング担当である野村だと読み間違え、ボタンの掛け違いが起きる。
  • 何か勘違いしているようですが、ソニーの野村さんは、Readerの戦略に関して何ら責任を持った立場ではありません。当時も今も、Readerの責任者は野口さんです。その野口さんご本人が「お会いもしたことがないし、戦略について質問を受けたことがない」と話し(続く)
  • Togetter見れば分かるけど「ソニー野村秀樹と会ってないだろう」と非難したのは完全に忘れたわけ? いまさら「野村と会ってないなんてひと言も言ってません」って、どんだけへたれなんだか。喧嘩する価値も無かったな。じゃあおやすみ>本田君。
  • Content from Twitter

コメント

  • さて、誤解だったのかどうなのか、「当事者」でない私には判断がつきませんが、もしも誤解に基づく発言があったのであれば佐々木流の誠意ある対応が期待されるところです。毎日の朝キュレーションを楽しみにしている一人として。
  • 流れがわかるよう見出しを付けました。 両者がどのように対応したかに主眼を置いています。
  • 一年前のまとめも併せて良く読むとこれ、単に佐々木氏一人が勘違いしてたというだけの話じゃないな。たぶん三重の勘違いがある。(以下、それを誤解1、2、3として書く)誤解1と3は佐々木氏で、誤解2は本田氏。
  • まず一年以上前に、佐々木氏が本田氏の批判を(野口と野村を)勘違いして「俺は野村さんと会ったぞ」と釈明(誤解1)。その誤解1を当時の本田氏はすでに見抜いて指摘していた。「俺はあんたが(野村さんでなく)野口さんに取材依頼してないと書いたんだよ」と。
  • で一年経過。先日そのまとめを読んだ本田氏は、(当時いったん見抜いていははずの)佐々木氏の誤解1のことを忘れてたと思われる。そこで本田氏は、本当は佐々木氏は勘違いしてただけなのに、「佐々木は野口さんと会ったことも無いくせに、会ったと嘘付いてやがる」と勘違い(誤解2)して、このまとめの最初にあるツイートで、佐々木氏を嘘つき呼ばわりした。
  • 一年前からずっと誤解し続けていて何も気づいていない佐々木氏は、当然それを読んでも本田氏の誤解2(=佐々木氏の誤解1に気づかなかったが故の勘違い)が理解できず、「俺は野村さんと会ったのに、あいつはそれを嘘だと言ってやがる」とさらに誤解して(誤解3)戦闘モードに。
  • まとめると、最初に誤解したのは佐々木氏(誤解1)で、それを一年前は理解してたのに忘れて誤解したのが本田氏(誤解2)で、それに対して誤解を重ねて罵詈雑言の連打+信者動員アタックを放ったのが佐々木氏(誤解3)、ということだと思うんだが。暇人でスマン。
  • おそらく、その推測は間違っている。なぜなら、一昨年末のTogetterにおいて、本田が「野口と野村を間違えているのでは」と指摘したあとに、佐々木はそれを無視して「本田は嘘つきの基地外」とツイートしているからだ。佐々木は取材しない理由を羅列し、本田を嘘つきとすること立ち位置を守った。
  • 本田が怒ったのは、事実関係(本人は知っているはず)を確認したにもかかわらず、それを無視して「本田は嘘つきの基地外」を佐々木が印象づけようとしたからであろう。 まぁ、だからなんだといえばどうでもいいことだが、佐々木が鬼畜であることに変わりはない。あの男は瞬間湯沸かし器のように、イベントの現場で怒り始めるからな。 対話という言葉は、相手が金を持っているときにしか思い浮かばないらしい。
  • そうかな? 本田氏が佐々木氏に「野口と野村を間違えているのでは?」と指摘したのは、本田氏が先日読んだという一昨年末のtogetterの一番最後の発言においてで、それ以後は二人のやりとりがないように見えるけど。こっちが何か見落としてるかな?
  • で、今回の最初の発言で本田氏は「佐々木氏は嘘つきだ。彼の言うことが正しいなら、なぜソニーの広報が佐々木氏を知らんし連絡取れんと言っているのだ」と書いてるからね。これは「本当に佐々木がreader責任者の野口氏と会ったことがあるなら、当然広報もその件を知っているはず」→「佐々木はソニーのreaderの責任者(=野口氏)と会ったことがあると嘘付いてやがる」って意味なんじゃないかな?
  • まあそれは本田氏しか分からないし、今回の件、先に謝るべきが佐々木氏の方であるのは変わらないよね。ともかくこれをまとめてくれた上で、こんな推測ごっこにもつき合ってくれてありがとね。
  • ああ、いや、そこは私が読み間違えたかもしれない。あのTogetterは長すぎる。 しかし、このTogetterの主眼は「応対がどうであったか」であり、誰がどの時点で相手をどのように思っていたかは重要であるのぉ
  • さて応対のやり方という視点で考えたとき、本田は自身にまったく非がないとの確信があったはずである。このような状況で、一般的に相手に対して攻撃的になるが、本田は逆に自体の収拾方向へと感じを切った。ここは興味深い
  • 一方の佐々木は誤解であるとはいえ、優位であると思った瞬間から言葉のトーンが強くなり、最後には罵倒へとつながっていく。TLだけを見ると悪者を懲らしめているだけ。しかし抜き出すと怖い
  • 今後の注目は、本田が謝罪を望んでいない以上、佐々木が本田を詰ったツイートや保身RTを削除するか否か。そして削除したことを信者たちに報告するか否かであろう。ここで正しい行動を取れるかどうかで、佐々木のブラック度が判別できるのぉ
  • いまだ佐々木は無視状態。負けを認めず収めもせず。 ということで、このTogetterもコレ以上伸びないか。残念なり。 みんなで、佐々木に理由を尋ねよう
  • 元切り込み隊長の人は本田さんが上杉さんに対する町山さんのようになるのを期待していたんだな。
  • オープンな場で会ったら一人知らない?違うソニーの人が来たってオチが見たい。果たして「コレジャナイ!」のは何方かw
  • 見たいw >オープンな場で会ったら一人知らない?違うソニーの人が来たってオチが見たい。果たして「コレジャナイ!」のは何方かw
  • これはヒドイwww「勘違いでしたゴメンね」と直接言えば済む話なのに。どうも負けを認めたくない大人は多いようですなw
  • どうやら俊尚はほとぼりが冷めるまで無視と決めたようだが、メール消し忘れが発覚したようだ。 ちなみに、俺は俊尚からブロックされた。口汚く罵ったわけでもないのに。当事者意識低すぎ
  • 堂々の完結編。 というか、佐々木よ。かっこわるすぎ。Togetterあれだけ大好きで、自分が喧嘩で勝った時は華々しく宣伝するのに、俺をブロックするとは
  • 佐々木、このTogetterを今すぐキュレーションしてみせよ!
  • こりゃたまげた!これで幕引きのつもりか!「23日夜のTwについては若干不穏当なものもあったので全削除しました。」https://twitter.com/sasakitoshinao/status/173619708648636417
  • まさか、さすがにここまで書かれたら謝罪すると思っていたが、何もなかったような口ぶりでキュレーションしておるの。これはみんなで、彼の電子メールに突撃しなきゃいけないのか?
  • こういう顛末になりましたか、これは酷い対応ですねぇ・・・
  • 広告代理店社員とのバトルでは陰口程度にぶち切れた上、Facebookを通じて相手の個人情報を抜いてさらし、彼らの社内での立場を貶めたのに自分の時はトンズラ
  • 本当に勘違いがあったのなら本田氏に対して真摯に謝るとともに氏の名誉を回復するようなコメントをする、フォロワーへも汚いTwを並べたことを詫びるくらいすれば今まで以上に敬意を払う気になったのに残念な男だ。今はもうただのチンピラにしか見えない。今回の件のコメントはこれでおしまい。
  • 佐々木さんて謝れない人なのは知ってたが。
  • 佐々木氏にしろ上杉氏にしろ謝れない大人が多いなあ。いい年してみっともない。
  • メディアを使っている人間が、相手の実名を上げて書く情報を慎重に扱わない姿勢ではない。そのくせ「キュレーションの時代」という本を書いている。どんな皮肉だよこれは? と これ以上にない醜い情報の扱いを行なっている点は、この佐々木なる人物の発する情報はあてにならない という烙印を押すには充分なものとなるだろう。
  • 隗より始めよ という言葉を 佐々木のフォロワーは 佐々木につぶやき メルマガ解約すること推奨。