24
ログインして広告を非表示にする
  • Nami @namiheichan0115 2012-09-27 08:08:14
    東京新聞9月27日 福島で小児甲状腺がん 「事故無関係」危うい即断 医師の菅谷松本市長が警鐘 チェルノブイリ翌年から増加 http://t.co/G8uZG94l
  • Nami @namiheichan0115 2012-09-27 08:12:20
    東京新聞9月27日 菅谷市長「事故後、早い時期に甲状腺がんが発生する可能性は否定できない。現段階では『分からない』としか言えないはずだ。」と即断をいさめる。 http://t.co/qyPZUjAf
  • Nami @namiheichan0115 2012-09-27 08:16:23
    東京新聞9月27日 菅谷市長 甲状腺がんは進行も遅く、早期に治療すれば完治するとされる。ただ、菅谷市長は「ベラルーシでは、転移していたケースが非常に多い。将来にわたって、注意深く経過を追わなければならない。」と指摘する。 http://t.co/TOPMI5hB
  • Nami @namiheichan0115 2012-09-27 08:19:17
    東京新聞9月27日 菅谷市長 「しこりがあると言われたら、親は心配するに決まっている。でも、同じしこりでも水のたまったのう胞はがんにはならない。心配なのは肉の塊である結節。一人一人への丁寧な説明を怠ってはならない。 http://t.co/LgFR5Nep
  • Nami @namiheichan0115 2012-09-27 08:23:34
    東京新聞9月27日 菅谷市長 「心配な保護者には、むしろ他の機関でも調べることを勧めるべきだ。データをまとめるには、県立医大に送るように指導すればよい。保護者の不安解消が大切だ。」 http://t.co/ib5oJh4a
  • Nami @namiheichan0115 2012-09-27 08:28:24
    東京新聞9月27日 菅谷市長 ベラルーシの子どもらの甲状腺がん検診は半年に一回。「子供が甲状腺がんになった場合、何年も治療や検診を続けねばならない家族の苦しみは深い。現地の往診でそんな姿を見てきた。チェルノブイリの先例を真摯に学ぶべきだ」 http://t.co/u742UFmz
  • Nami @namiheichan0115 2012-09-22 10:24:09
    東京新聞9月22日 事故影響 否定は早計 「子供1人甲状腺がん」の波紋 今中哲二助教「チェルノブイリの経験を踏まえるならば、否定は早計。専門家は謙虚に観察するべきだ」 http://t.co/00QaVC5m

コメント