【ユーザ限定】トゥギャッター独占試写会開催!今週金曜日の夜に渋谷で映画でも見ませんか?ペアでご招待中!詳しくはこちら

Wii U向けの個人開発は日本国内"のみ"不可

GDCで発表された任天堂の「Unity for Wii U」と「Nintendo Web Framework」は全世界で個人開発者にも開放されますが、日本国内からの申込みだけ不可、という理不尽な状況になっているようです。

抜粋:
日本国内の開発会社様からのご申請は、現在受け付ておりません。
We are not accepting applications from developers 続きを読む
located in Japan at this time.
https://gdc2013.nintendo.com/sign_up.php

ゲーム開発文化に対する認識の違いや、受付の体制作りなど色々事情はあるかもしれませんが、グローバルサイトにわざわざ「日本からは不可です」と書かれるような恥ずかしい事態になっています。
その落胆の声をまとめてみました。

日本法人側が準備できてないにしても、App StoreみたいにSDKとサポートが英語で海外任天堂法人宛になるよ、ってすればいいのに。
※順序を修正しました。
※2013年7月22日現在、日本の「法人」もお断り中とのことです。
※2013年12月25日、日本の法人がOKになっていたようでユビキタスエンターテインメントから「ガイアブレイカー」が発売されました。

※8/21に下記のセミナーがあるとのことです。
『HTML5 と JavaScript で Wii U ゲーム開発 ~Nintendo Web Framework 最新情報~』
http://cedec.cesa.or.jp/2013/program/ENG/14274.html
これすなわち、日本不可はあくまで一時的なものって考えていいかなと。
海外専用の技術を日本でセミナーしても意味無いですからね。
なんらかの進捗情報が出ることを期待します。
25

いま話題のおすすめまとめ

コメント