178
ログインして広告を非表示にする
  • Yasser Yabani @YasserYabani 2016-01-01 20:11:17
    妻の叔父は、先のイエメン内戦の経験者、その上アルウール師(サウジアラビア在住の亡命シリア人シェイフ)の支持者であるので、その彼がホウシ―民兵の支配するあの町で、サウジアラビア空軍の爆撃の下に居るというのは、何か皮肉な結果であるように思います。安否が気がかり。
  • Yasser Yabani @YasserYabani 2016-01-01 20:18:45
    そのような状況でありながら、ホデイダの電話・インターネット回線は通じていて、小学5年の彼の娘(妻の従姉妹)は、フェイスブックでイエメン人の友達と「ラブライブ!」の話に興じているのには心底驚きました。あのアニメ、イエメンにも到達していたのか。。
  • Yasser Yabani @YasserYabani 2016-01-01 20:23:35
    妻の従姉妹は、「ノゾミチャン」を自称するアデン在住のイエメン人女子大生に感化された模様。「ラブライブ!」がシリア人と思しき人々によって翻訳され、インターネットで配信されていることは以前ここで書きましたが、アラブ圏ではそれほど浸透していないと思っていました。
  • Yasser Yabani @YasserYabani 2016-01-01 20:28:10
    シリア人の知人は「スペーストゥーン(ダマスカスが本拠のアニメ専門チャンネル)の残党が『ラブライブ!』を翻訳している」と主張していますが、実際に見てみるとどこか隙のある翻訳で、「スペーストゥーン残党説」は。知人は「残党説」をよく主張し、「ISはフセイン政権残党説」も採用しています。
  • Yasser Yabani @YasserYabani 2016-01-01 20:46:17
    「ラブライブ!」アラビア語版の不可解な訳。「わたくしは、あなた方の心臓に穴を開けるであろう」(直訳)→ pic.twitter.com/kDCgMXEqlH
  • Yasser Yabani @YasserYabani 2016-01-01 20:47:11
    原文では「ハートを撃ち抜く」と言っている。往年のイラクの人気歌手リダ・ハイヤート氏の歌には「彼女は僕のハートを撃ち抜いた」とあるので、訳者はこの歌を知らなかったか。→رضا الخياط ـ اغنية صوبت قلبي أميرةyoutube.com/watch?v=4egvSP…
  • Yasser Yabani @YasserYabani 2016-01-01 20:47:59
    ということを、そのシリア人に話したら「リダ・ハイヤートなんて知らない。第一、シリア人は『ハートを撃ち抜く』という表現は使わない。心に矢は刺さらない。その代わり、頭が飛ぶんだ」と言われました。そうだ。シリア人は心を奪われると「頭が飛んでいく」と言うのだった。
  • Yasser Yabani @YasserYabani 2016-01-01 20:58:01
    「ハートに穴を開ける」なる口語表現を使う人は、シリアでも会ったことが無いので、訳者の国籍も判らなくなってきました。このような口語表現を使うアラブ人が果たしているのか、御存知の方ご教示願います。。
  • Yasser Yabani @YasserYabani 2016-01-01 21:24:11
    シリアには日本文化やアニメに興味のある人が一定数いましたが、イエメンで、現地の人々と日本の話題を共有したことはあまり無かったように思います。建設会社の人々は「タイヤショベルはフルカワに限る」と話していましたが。
  • Yasser Yabani @YasserYabani 2016-01-01 21:54:33
    ナーセル氏はこの混乱に乗じ、アデンで再起を狙っているという報道がありました(もうダマスカスを離れたか)が、その一方で同じ町にいる女子学生たちは「ノゾミチャン」「ホノカチャン」と互いを呼び合いながら、このような画像作りに励んでいる。→ pic.twitter.com/Ipav9Sx2oQ
  • Yasser Yabani @YasserYabani 2016-01-02 19:37:15
    そうでしたか。付き合いのあったイエメン人は日本文化に何の興味も無い人々(日本大使館の裏に住んでいたが)だったので、今回「ラブライブ!」がイエメンの女子学生の間で流行り始めていると聞いて唐突な印象を受けた次第です。@rasu535 イエメンでも、内戦になる前に、日本語センターがあり
  • Yasser Yabani @YasserYabani 2016-01-16 21:07:31
    先日ここで、「あなた方の心臓に穴を開ける」というアニメの訳を不可解と書きましたが、後日、あるシリア人より「ガ―ダ・サンマーン女史の詩にこの表現がある」と指摘されました。懐かしい名前、よく国営紙に詩が掲載されていた。シリアを代表する詩人、ニザール・カッバーニ氏の親戚であったはず。
  • Yasser Yabani @YasserYabani 2016-01-16 21:14:04
    こちらがサンマーン女史の詩。→بلا وجل، أمدّ يدي إلى صدرك وأثقب قلبك بمخلبيadab.com/modules.php?na…
  • Yasser Yabani @YasserYabani 2016-01-16 21:19:05
    この台詞は、ガ―ダ・サンマーン女史に対するオマージュであったのか。。それも知らずに「不可解」とは、恥じ入る限り。ということは、やはり「ラブライブ!」訳者はシリア人であるのか。 pic.twitter.com/5MDtNrkm7L
  • Yasser Yabani @YasserYabani 2016-01-16 21:28:27
    10年余り前、レバノン北部のパレスチナキャンプの児童館のような施設で、女子高生が窓際に座って、うっとりとした表情で、日本のアニメのキャラクターのようなものと、その周りにバラの花を描いていたことを思い出す。その後このキャンプは戦闘で灰燼に帰したので、余計に印象に残っています。
  • Yasser Yabani @YasserYabani 2016-01-16 21:40:23
    空爆が続くイエメンで、あのような(前出)画像を延々と作り続ける自称「ホノカチャン」達の話を聞くと、あのパレスチナキャンプの女子高生の姿を思い出します。思えば、イエメンにいる妻の従姉妹の母親はパレスチナ人で、あのキャンプにも、ヤルムークキャンプにも親戚がいて焼け出されたそうです。
  • Yasser Yabani @YasserYabani 2016-01-16 21:52:43
    イエメンのホデイダにいる妻の従姉妹は、東京に来たことも無ければ、東京のこともほとんど知らずに育ってきましたが、このアニメを通して連雀町の「いせ源」さんや、「竹むら」さんを見ているというのが、連雀新田の元住民として嬉しい。。 pic.twitter.com/EV9bvXfGzs

コメント