なろう系異世界転生モノへのよくある批判への個人的対応と、その本質理解について

「剣と魔法の異世界に現代日本人が転生して俺TUEEEEで無双してハーレム創ってなんじゃこのチープな作品は!」と批判されるなろう系異世界転生モノについて、そういった批判への返答と、個人的に思う作品の捉え方を勝手に書いてみました。 「広く会議を興し、万機公論に決すべし」の精神に基づき拡散・コメントしてくださると私も皆も幸せになれるでしょう。 2016年2月7日21:40頃更新(まとめ内でコ 続きを読む
メ返し
mtkharu3 42639view 130コメント
91
ログインして広告を非表示にする
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 21:33:28
    唐突ですが、ネタが古くなるとまずいので、「なろう系異世界転生小説」と称されるであろうラノベを複数読んだ結果、思ったことをtogetterにまとめる前提で吐き出して行きたいと思います。よろしければお付き合いください。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 21:38:19
    とりあえずサンプルとして読んだ作品は以下の5冊になります 「最新のゲーム凄すぎだろ 1」 「異世界迷宮でハーレムを 1・2」 「聖樹の国の禁呪使い 1」 「軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!? 1」
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 21:39:45
    サンプルはアニメイトなどでの扱いが大きいものから、主に絵師で選びました。偏っていると批判するなら代わりに読めという作品を紹介してください。「微妙に作品のチョイスが古い」という苦情は受け付けませんw
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 21:41:23
    よくなろう系異世界転生モノとしては「異世界で特殊能力で俺TUEEEで無双してハーレムで云々かんぬん」というお約束だろうという色眼鏡で見られる、見ていることがとても多いが、それは絶対に間違っているというのが私の核心であり、それ故に今書いている次第です。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 21:46:38
    本題に入る前に、4年くらい前に大学でやった現代文化に関するゼミで、発表した内容に触れないとこれからの本題が意味不明だと思うので、その話をします。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 21:47:40
    4年前、大学のゼミでの発表で、私は「お前をオタクにしてやるから俺をリア充にしてくれ」と「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」の2作品を当時のオタク文化の流れに沿った作品であるとして取り上げました。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 21:49:20
    この2作品を取り上げた理由として、「らきすた」や「生徒会の一存」から来る流れである「作中人物と読者との意識の同調・感情移入のためにガチのオタクを登場人物とする、さらに進めて主人公にする」という作品を基にして(続
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 21:51:45
    オタリアと俺ガイルは、らきすたや生徒会の一存と言った「オタクが平和に暮らせるユートピア」という世界から離れて「実際の社会に、「オタクの一般像として想像されるような人物がいたらどうなるか?」という物語である。この点においてこれらの作品は時代の潮流を反映している、とゼミで発表しました
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 21:52:45
    んで、このゼミの発表の内容から(自分勝手ですいません……)今回書きたい「なろう系異世界転生小説」について言いたいことにつながります。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 21:53:37
    「なろう系異世界転生小説」とはどのような作品なのか……?それは一言で言うなら「コミュ障が暴れる物語」というのが私の主張です。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 21:55:11
    そもそも、なろう系を馬鹿にする人たちはなろう系小説の最初の50ページくらいってどんな話してるか分かってますか?大体「俺はコミュ障で友達がいなくて家族との仲も険悪で云々」って話が繰り広げられてるんですよ!少なくともサンプルの4作品すべて!
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 21:56:00
    そんな話から始まっている小説を読んで「これはコミュ障の主人公の話だ」って理解できないってそれは絶対に間違っているんじゃないかなあと思う次第。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 21:56:22
    では、なろう系主人公はなぜコミュ障なのか、という話に移りたいと思う。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 21:57:22
    そこで前述のゼミでの発表とつながる。「読者のオタクが感情移入しやすいように、オタクを主人公にした作品を創ろう」となったわけですが、さて問題、「オタク」とは何ぞや?どのような存在じゃろうか?
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 21:59:45
    この「オタクとは何ぞや?」という設問に対して創作上の必要性から戯画化された結果、誕生したのがオタクの特徴の一つを極限まで拡大した「コミュ障主人公」である。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 22:00:41
    まー、裏を返せばそれだけメインの読者の中高生が「俺はリア充になれない、コミュ障なんだスクールカースト最下位で団子虫のように丸まって暮らすしかないんだ……」って絶望を反映しているのではないかと思います。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 22:03:10
    あ、そっか、なろう系主人公のコミュ障ぶりについて軽く触れておくか。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 22:04:14
    なろう系異世界転生モノの主人公のコミュ障ぶりは凄まじい。何がすごいって家族との仲がベラボーに悪い。私はエロゲーマーですが、エロゲーだと「血のつながった妹とセックスしても生活費を払ってくれる親」なんてのがいますがそんなん無縁である。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 22:05:16
    大体「話の都合上要られると邪魔なので適当な理由で追い払われる」のがラノベの親ですが、その場合大抵「生活費はちゃんと支給してくれた」わけで、そういったフォローをしないレベルで親子仲が険悪なラノベってのはそれだけで新鮮でした。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 22:05:39
    んで、家族との仲がそれだけこじれているだけに、一般社会での生活は言わずもがな……ということですよ。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 22:06:59
    んで、そんなコミュ障が主人公なのが「なろう系異世界転生モノ」なわけですが、この手の作品の他のお約束は概ね「コミュ障」という特徴から演繹して導出可能じゃないかなあ、というのが私の考え。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 22:08:52
    まず「異世界転生」ですが、これはもう明らかですね。この日本が現在リア充至上主義の国(だと思われている)以上、コミュ障主人公が活躍するには異世界に行ってもらうのが一番手っ取り早いです。「外国」という選択もありますがその場合読者がおそらくついてこない&作者の下調べが大変すぎる
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 22:09:16
    んで、「ハーレム」ですが、これも「コミュ障の産物」じゃないかなあと思うんですよ。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 22:10:37
    コミュ障に男女関係のいざこざを適切に処理するなんてスキルあるわけないじゃないですかヤダー、ということで、必然的に複数のヒロインが主人公を狙っていがみ合うハーレムになってしまうのですよ。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-03 22:17:37
    また、「なろう系の異世界モノはなぜ奴隷制がしょっちゅう出てきてしかもそれを主人公が利用するんだ???」という疑問を以前ツイッターのどこかで見かけましたがそれも簡単に説明がつきます。

コメント

  • 乳まっど松本@乳タイプ @mad_matsumoto 2016-02-03 23:29:53
    不殺(ころさず)系主人公へ不持がある層の受け皿として 上手い事はまっちゃったって面もあるのかななろう系?
  • tzt @tzt256 2016-02-04 00:04:10
    設定上はコミュ症や引き篭もりであったとしても、転生後しばらくすると綺麗さっぱりなかったことになることが多いような。少なくともずっと終盤までコミュ症を引っ張る作品は少ないと思います。なのでコミュ症主人公が主題ということはないかなと。
  • tzt @tzt256 2016-02-04 00:07:30
    ではなんのためのコミュ症設定なのかというと、現世での人間関係に恵まれないことにより、現世への未練を主人公に持たせないためなのかなと。
  • 緑/川/だ/む @Dam_midorikawa 2016-02-04 00:22:40
    まあ現世否定で来世に期待という話だし
  • moheji @mohejinosuke 2016-02-04 00:33:07
    なろう系小説は著者よりも読者層の特異さはあるように思います。 感想欄が「炎上」した作品のなぜそうなったかを精査すると面白い考察ができるかもしれません。 一部の特異な読者が目立っているという側面もありますが、傾向としては「うまくやること」に対する執着が強いというか、葛藤から甘い判断を下した主人公が失敗する、などの描写があると強烈な勢いで吹き上がる。 だから炎上を避けようと指摘のあったような相手に対する容赦がない、という表現に収れんしていくのかもしれません。
  • tzt @tzt256 2016-02-04 00:35:41
    基本的になろう系異世界転生の主人公ってあまり葛藤しない。敵が殺しに来てれば躊躇なく返り討ちにするし、どのヒロインを選ぶかなんかで悩まないし、現世への未練をいつまでも残したりせずに新しい世界に適応する。たぶんこのへんはストレス要素を避けてるということなんだと思う。
  • tzt @tzt256 2016-02-04 00:42:42
    ハーレム展開や俺TUEEE(殺傷に抵抗がない)はコミュ症の結果ではなくストレス要素を避けた結果であり、コミュ症設定自体も現世への未練というストレス要素を避けるためのもの、というのが自分の見立て。
  • カスガ @kasuga391 2016-02-04 01:26:19
    昔はこの手の「コミュ障のための文学」として、『トニオ・クレエゲル』や『人間失格』があったんだけど、今はそういう層がラノベに流れてるのか……。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-04 01:36:11
    tzt256 たくさんのコメントありがとうございます。興味深い解説です。ただ、断わっておきたいのは、私は「今散らばっているなろう系作品を見てどう思うか(共時的な分析)」ではなく、「どのような歴史の流れからこのような作品群が同情したのか(通時的な分析)」から考えていました。なので、根本的にかみ合わないところが出るのではないかと思います。
  • はるを惜しむでなし @hallow_haruwo 2016-02-04 01:39:50
    「なろう系異世界転生」だけでは広すぎるくくりかなとは。まとめでは「なろう系異世界転生」の語で男の「チーレム」に絞ってる感じがするが、「なろう系異世界転生」でも、例えば悪役令嬢系だと、むしろコミュ力無双なパターンが多い気がするし。設定と物語構造の関係性を語るなら転生とトリップの区別やゲーム的世界観の採用の有無とその種類(MMO系とか乙女ゲー系…etc)とか細かく分類して分析してったほうが面白くなりそう。
  • コケ @_kokek 2016-02-04 01:51:31
    確かに考えてみれば大抵の主人公はボッチで、ネットやゲーム廃人で得た知識を基に活躍してることが多い気がする。敵を殺せないタイプのも少数ある(例えば10年越しの引きニートを~)けど、現地人のサポートで大きな失敗には至ってないし、最近は殺しにも覚悟を決めつつあるし。
  • はるを惜しむでなし @hallow_haruwo 2016-02-04 02:01:09
    自分が書籍を買っている中でパッと思いつくものですと「青雲を駆ける」「フレイム王国興亡記」「理想のヒモ生活」「異世界料理道」あたり(狭義には異世界転生でなく異世界トリップになると思いますが、区別して使われてないようなので)には、社会人(見習い含む)設定ということもあって主人公に特段のコミュ障設定は感じられないと思います。
  • はるを惜しむでなし @hallow_haruwo 2016-02-04 02:06:43
    「宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する」は行ったり来たりできるけれど今回の論に含めるのかどうか。異世界居酒屋「のぶ」や異世界食堂といった店舗接続系は?先述した悪役令嬢系の異世界転生は?
  • 西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2016-02-04 02:09:06
    とりあえず「必然的に複数のヒロインが主人公を狙っていがみ合うハーレム」物を読んだ覚えはないかなあ。大体、ヒロインズはなあなあで相互理解し合って、仲良く主人公を分け合いましょうみたいになってる印象。そらまあ、周りがギスギスしてたら主人公の気分もよろしくないからね(笑)
  • はるを惜しむでなし @hallow_haruwo 2016-02-04 02:15:32
    ちょうど「なろう系異世界転生」のアニメ化作品である「この素晴らしい世界に祝福を!」の3話をニコ生で見終えて寝るかなってところで目に入ってしまったのが(睡眠時間の)運の尽きっていう。
  • 西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2016-02-04 02:16:44
    mohejinosuke これに関する考察に近いことして、私が個人的に得た結論は「なろう小説は、小説というより『ゲーム実況動画』に近い」ですね。感想=コメントに近く、だから『ゲーム実況動画』における実況者の立場に置かれた主人公が失敗すると「なに馬鹿なことやってるんだ!」とコメント(感想)が付く。俺ならもっと上手くやれるという発想に基づいて、「もっとこうした方が面白い」なんて作者にとっては大きなお世話であるアドバイスが感想に書き込まれることが多いです(まあ、この点は小説でもたまにあることですが)。
  • 西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2016-02-04 02:24:28
    で、その辺を踏まえると、「作品としてなぜこれらの作品群が~」って流れは見えない。「コミュ障の物語」と言われてもなろう小説を実際に読み漁りまくってる立場からするとさっぱりピンときません。小説としての作品傾向からはまったく繋がっておらず、源流は別のメディアから発生してるように見えるんです。主人公=ゲームのプレイヤーとして考えると、主人公がどんな人物であるのかという設定が不要なので、必然的にコミュ障になってしまうんです。
  • 深井龍一郎 @rfukai 2016-02-04 02:25:04
    「俺TUEEE」「チート」「ハーレム」といった要素は昔から願望充足型フィクションには欠くことべからざる要素なので、それらが存在している理由は「願望充足型フィクションだから」以上でも以下でもないと思う。
  • はるを惜しむでなし @hallow_haruwo 2016-02-04 02:33:22
    あー「この素晴らしい世界に祝福を!」は「なろう系異世界転生」を一捻りしたパロディだとツッコミ来そうですが、パロディでコメディなので、テンプレを反転させたりズラしているところもあればなぞっている部分もあるので、そのものでもあるでしょう。 駄目だ(´ぅω・`)ネムイ。こういうのごちゃごちゃ考えるの好きなのと、眠気でハイになってコメント連投してしまったうえに中途半端で寝てしまう。ごめんなさい。起きてから後悔するやつやzzz
  • 西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2016-02-04 02:35:07
    ちょうど挙げられてる『異世界迷宮でハーレムを』なんて良い例ですね。これなんかは初見時に、私は「小説というよりは完全にゲームプレイ日記(ブログ)だな」という感想を持ちましたし、そういう気分で話の流れを見守って楽しみました。なろう作品を読んで、一部の読者が持つ「小説の出来としてはあまりにも陳腐」って特に本読みに多い感想もこの辺に起因してます。なろうに挙げられている作品の全部が全部じゃないですが、『小説』じゃないものを『小説』として評価しようとするからそうなっても当然なんですよね(笑)
  • tzt @tzt256 2016-02-04 02:36:03
    mtkharu3 歴史の流れということであれば、ネット小説のコミュ症主人公とその葛藤のなさというのはゼロ年代的な決断主義からの流れかなという気がするのですが、あんまり深掘りするとボロがでそう(汗。アニメやラノベのオタク系主人公、コミュ症系主人公との関連というのは考えたことなかったので、新しい視点としては大変興味深かったです。
  • 深井龍一郎 @rfukai 2016-02-04 02:44:56
    むしろ「コミュ障を願望充足型フィクションの主人公に据えるにあたって都合がいい設定が異世界転移であった」という方向で考えた方が、より本質に迫れるのではなかろうか。
  • 西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2016-02-04 03:09:59
    ちなみに異世界に行ってしまうのは、ゲーム実況動画に準えると「そういうゲーム(異世界ステージ)でプレイヤー(主人公)がどんな行動をするのか」がメインテーマになるわけで、やはり必然になります。プレイヤー(主人公)がそこでの日常生活において、どんな選択をするかの行動が見所であり、読者としてはその部分を楽しむんですね。転移した先の異世界にゲーム的システムが取り入れられてることがほとんどであるのも、そう考えると実に象徴的です。
  • はるを惜しむでなし @hallow_haruwo 2016-02-04 03:19:37
    海法紀光氏による「小説家になろう」系の異世界チート物についての解説 http://togetter.com/li/932488 既にご存じかもですが数日前こういうまとめが。参考までに。
  • かえでこ @KaedekoSakura 2016-02-04 03:30:16
    「失敗描写が炎上」については、読者が失敗を受け付けないというよりも、作者の表現力不足から来てると、私は思っている。だから、そこの判定が甘くなる構成にするよりないのじゃないか、と。ギャルゲ的な構成なら女の子が居る事にもっともらしい説明が要らないけれど、そういう「お約束」の上に築き上げる、読者が勝手に納得補完してくれる構成。そのラインに乗せておいてちょっと外すには、それなりの技量が居るけれど、そこを満たして尚それでも、読者が受け付けないのかどうか、そういう話ってあまりされないよね。
  • かえでこ @KaedekoSakura 2016-02-04 03:43:20
    特定の作品がヒット後した後に、雨後の筍のように似た作品が作られるのは、そりゃそうだろうな以上の感想はなくて。そこに、「なろう」みたいな環境まで用意されていたら、「僕ならこう書く」で満ち溢れるだろう事が想像に難くない。中には面白いものも出るだろうし、なんらか傾向があるように見えても、それらは「二匹目のどじょう」で語れる気がする。
  • 西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2016-02-04 03:43:43
    KaedekoSakura はい、満たしてても受け付けられません(笑) 正確には、「それで納得する人は読者のごく一部」って感じかなあ。若干名は展開の持っていき方や描写や過不足で判断してる人もいるけど、そうじゃない人も多いですね。ホントにただ鬱展開あるだけで炎上しますよ。で、それはそれで理解できるんですよね。毎日更新の場合、一日でも話が下がると毎日読んでる読者はその気持ちのまま翌日までそれを持ち越さなきゃいけないんです。たしかにそれじゃ気分はよろしくないわけで、私も好きじゃありません。
  • かえでこ @KaedekoSakura 2016-02-04 03:49:16
    「隣り合わせの灰と青春」が出た当時、TRPG仲間でゲーム小説を書くのが流行った。そこに時流を見出すとしたら、「隣り合わせの灰と青春が出版された」であって、「ゲームをプレイしながらも、そこに世界を投影しRP的に楽しむ若者が増えた」わけではない。
  • 西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2016-02-04 03:54:07
    これ多分、連載形態で毎日大体同じ分量を更新ってしてるから起こることで、書籍化でもして一気に読める状況であれば解消される問題ですね。ですので、その辺を理解している作者の人は「鬱展開であれば問題が解消されるまで一気にまとめて更新する」などの手段は講じていますし、読者側としても私は「引きずるような流れならその部分に蹴りがつくまで読むの中断して溜める」という自衛策をとってます。その辺も『小説』を客観的に読んでいるような普通の感覚とは別なんじゃないかなあ。
  • 西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2016-02-04 04:13:29
    っと、自分の中で「失敗で炎上」を「鬱展開で炎上」と摩り替えてしまいましたが、方向性とか問題は大体同じという認識です。物語としての『谷』みたいなものは求められていないことが多いです。主人公がヘマすると容赦なくと罵倒されますし、そういう非効率的なことを見ている側が許さないのもゲーム実況動画をイメージしてもらえるとわかりやすいんですが。
  • ポポイ @popoi 2016-02-04 05:08:08
    現世でコミュ障で、殺人に禁忌の意識が無く何人も手に掛けてた人間が、戦乱の異世界に行ってやりたい放題、且つ周囲に肯定される、てのは、既存かな? #なろう #ラノベ
  • moheji @mohejinosuke 2016-02-04 06:17:30
    _kokek ダンジョン+ハーレム+マスターとか如何ですかねw 結構女性の生々しい嫉妬みたいな話とかいがみ合いの描写もあったり。 胃が痛くなるほどじゃないしコミカルな描写に止まってると思うのでそこまでストレスにはならないと思うんですけどそれでもやはりなろう系の中では若干異端かも? 書籍化されましたが若干苦戦してるようです。
  • ナベーお @aro30nabeo 2016-02-04 06:28:33
    悪役令嬢のレートが上がってる
  • 緑/川/だ/む @Dam_midorikawa 2016-02-04 08:31:40
    以前に「ドラマや映画やアニメなどで主人公が失敗する場面が苦手」と言うまとめを見たが、それと関係あるかな
  • kaworu @KaworuKaworuel 2016-02-04 10:11:41
    popoi 現代社会で使う当てのない武術を極めた青年が主人公の「呼び出された殺戮者」。が割りと当てはまるかな。ただ対人恐怖症タイプのコミュ症ではなく唯我独尊タイプのコミュ症なのでちょっと違うかも。
  • catspeeder @catspeeder 2016-02-04 10:41:57
    chel_nishifuna この「なろう小説はゲーム実況動画」説、目からめっちゃウロコ落ちた。転生先世界の設定が逐次的ではなく一括でドバッと開示されがちなのも、視聴者に実況するゲームを解説する感覚だと考えれば納得できるわ。
  • catspeeder @catspeeder 2016-02-04 10:47:07
    海法紀光がなろう系チートは「世界をハックする物語」だと言ってたのにも符合するな。考えてみるとチート無双を読む楽しみって、実況でコードを使ったスーパープレイとかRTAを視聴するときの「明らかに勝利するのは確定しているがその過程と結果に期待してしまう」という独特の気持ちよさに似ているのかもしれない。
  • あべさん @mao_instantlife 2016-02-04 11:00:34
    つまり、俺はもう来世に期待するぜ、という動機?
  • くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2016-02-04 11:10:05
    原因と結果がどっちがどっちかはともかく、ありがちとされる展開は主人公のキャラ設定から必然であり整合性は取れているというのはなるほどと思った。しかし「人間に類似したモンスターを殺傷することに抵抗がない」というのは、旧来はヤンキーものの「仲間以外は全部他人、奪うし殴るし相手がどうなっても知らない反撃されることは頭に無い」という特徴で、そういう「自分身内中心で他者にはやりたい放題」を受け継いだウェーイ系が現実社会ではやっぱり「勝ち組」側であることを考えると、ドリームなのに救われない話だな……。
  • フローライト㌠ @FluoRiteTW 2016-02-04 11:15:25
    異世界”転生”と名付けちゃうと一回死ななきゃいけないのかなって気になるな。野尻の旦那がいけないんだろうが。「世界をハックする」という定義には確かに納得できる。
  • CD @cleardice 2016-02-04 11:23:03
    幼児の頃魔法の修行して立って歩けるようになったら剣の修行して学校入ったあたりでエタる問題かと思ったら違った
  • フローライト㌠ @FluoRiteTW 2016-02-04 11:34:18
    オッサン的には俺ガイルはコミュ障を導入に使った上での今の若い子たちへの純文学に見えるんだけどなあ。私小説ブームの世代にとっての太宰だろアレ。設定もキャラ付けも、思春期の「物事を過剰に深刻化する」タイプの子たちへの思考実験の提供素材というか、作者からの愛のあるアンサーというべきもの。自分探しとか関係性の構築とか、若さゆえの悩みを今の文脈で描いてるからライトノベルの形なだけで青春小説としては結構普遍的なものだと思う。
  • 嶺岸圭 @FreezeSand 2016-02-04 11:40:34
    プレーヤー視点のゲーム実況そのものな「サモナーさんが行く」。
  • 長介 @chousuke 2016-02-04 11:41:04
    いろんな解釈が出てくること自体が現在刺激的なものが生まれてることの証しで、面白い。でもまあみんなわかってるとは思うけど、なろうに載ってる小説をひとくくりに語ること自体が根本的に粗雑すぎるやり方だからね。書いてる人たちはある特定グループに属してるわけじゃなくバラバラなんだから。そこはいつも限定付きで語らないと。
  • いぬだわん @InuWang 2016-02-04 11:48:47
    ラノベは読まないけど異世界転生物は火星のジョンカーターなんだろうなと思ってる。
  • はるを惜しむでなし @hallow_haruwo 2016-02-04 11:49:36
    「異世界転生」の定義も広義から狭義まで人によって幅が。転移(トリップ)とか憑依などにもまとめて使う人もいれば、チーレムとほぼ同義で使う人、赤ん坊からの生まれかわりに絞ってって人も。
  • ありよし/コアロン @TnrSoft 2016-02-04 12:13:29
    なろう系ではない異世界転生物の聖戦士ダンバインにもだいたい当てはまるのに「なろうと系」とつけるのはレッテル貼りでは?
  • Wingspan @MprojectKSK 2016-02-04 12:22:46
    本気でヒロイン同士がいがみ合うとかそれもうハーレムじゃなくて別のジャンルだろ
  • the loyaltouch @theloyaltouch 2016-02-04 12:51:46
    異世界ワープファンタジーの金字塔といえばネバーエンディングストーリー、あれもリアル世界のバスチアンはコミュ障なんで物語の構造的に必要な設定なんだなって思う
  • Peculiar News JP @PeculiarNews_jp 2016-02-04 13:31:48
    TnrSoft ダンバインは「転生」というよりは「召喚」かなあ。あくまで向こうから呼ばれてるので、こちらから攻め込んだり死後生まれ変わったりするわけではない▼「異世界の聖機師物語」はこちらから送り込まれてるけど、元を正せば○○なので、攻め込んでいるわけではなく、むしろあの世界の救済。
  • Peculiar News JP @PeculiarNews_jp 2016-02-04 13:33:33
    「エルフを狩るモノたち」でもあくまで「召喚」。しかも彼らの目的は元の世界への帰還だったり、カレーだったり。召喚目的は魔王討伐だったか。そしてその目的は一応成し遂げられてる。
  • moheji @mohejinosuke 2016-02-04 13:38:37
    chel_nishifuna 言われてなるほど、と思いました。ウィザードリィ日記なんてのがありましたのであまり違和感は無かったんですが淡々とした起伏のない描写は小説としては異質ですよね。 扇情的なタイトルの割に物語はフラットで。
  • 物語 奏多 @k_monogatari 2016-02-04 13:40:59
    「読書以上に作者にとって」、「主人公がコミュ障」ではなく「コミュ障が異世界で人生やり直す」所が願望充足のポイントなんだろうな的な事は何度か思った事がある。
  • m.k @m_k_nao 2016-02-04 13:44:18
    三高揃ってるリア充勝ち組な主人公カップルが異世界に行ってそこでも成功する話って聞いた事ないなそういえば。
  • moheji @mohejinosuke 2016-02-04 14:00:33
    KaedekoSakura 自分の見る限りはそうではないですね。悲劇的な展開があると描写いかんに関わらず炎上します。悲しみを表すのでなく、自分自身が攻撃されたかのように作者を攻撃しに行くかんじですね。逆に日本語が不自由な人なのかと思うレベルで描写に問題がある人の話でもそのことが原因で炎上することはないですね。 中にはそれでも書籍化したものすらありますのでドラマの起伏や描写に注力するよりは「なろう界隈的」にはそれが手堅いんだと思います。
  • 友若@意識低い系ぽっちゃり男子(アラフォ @rtomowaka 2016-02-04 14:22:02
    ストレスフリーを極めてるから、それに必要な設定をオプションのように付けたり外したりしてるだけでしょ。ただそれが読者側からの要請だけではなく、作品にもよるかもだけど作者側もストレスフリーを望んでそういう方向に進んでいる感じは受ける。誰しも感想欄が炎上したくはなかろうよ。このままテンプレ化が進めば主人公は全員テンプレエロゲ主人公みたいになりそう
  • ねや @AriaSub 2016-02-04 14:42:02
    読者はゲームプレイヤーに移入してるので、 悲劇=負けイベント=イラッ となるのかな 特にメタ視点では避けるすべがあったのに避けられなかった場合 ザコボスボコったはずなのに、戦闘後ムービーが入ってヒロインが即死するアレ
  • inazakira @inazakira 2016-02-04 15:39:47
    なるほど。代償行為としてTUEEE系が求められているというのは実にしっくり来る。なろうに限らずラノベでもそうだね。
  • inazakira @inazakira 2016-02-04 15:45:35
    hallow_haruwo 「異世界料理道」はコミュ力TUEEE系とでもいいますか、あんな高校生がいるかってくらいコミュ力があるので、理想の投影と捉えることができるかもですね。
  • 山口晃 @kimihiro345 2016-02-04 15:47:07
    「オタクが知恵と技術を活かして活躍」という筋書きを上手に料理できる舞台が「ファンタジー系異世界」だったという事だよね。現実でゲームや本を作って売ってもいいけど地味でしょう。コミュ障云々は「オタク」のステレオタイプに過ぎない。「野球選手が知恵と技術を活かして活躍」なら舞台は「野球場」なのと同じ。
  • あぶらな @ab_ra_na 2016-02-04 15:52:14
    FluoRiteTW 太宰もわかる気がするんですが、たまに「坊ちゃん」を感じたりもします。実は主人公さえ揶揄されてる(下手すりゃ一番手厳しい目線を向けられてる気がする)感じとか。
  • はるを惜しむでなし @hallow_haruwo 2016-02-04 16:14:39
    既出な気もしますが、ハーレム展開だとチートでTUEEEから自信と余裕を持てたことでのコミュ力の再獲得って流れが多い気も?ラジオドラマも絶賛配信中の「蜘蛛ですが、なにか?」なんかは主人公コミュ力無いままですけどハーレムじゃないし。
  • 和田名久司 @sysasico1 2016-02-04 16:18:12
    InuWang なんか共通点を抜き出すこと怖いことを言い出すのが出てきそう。
  • usukuzi @usukuthi 2016-02-04 16:35:10
    長い。三行にして。
  • はるを惜しむでなし @hallow_haruwo 2016-02-04 16:37:44
    チーレムと見せて鬱やNTRを「意外な展開」とするためにタグ無しでやって叩かれたりするのは、ネット上創作の「棲み分けタグ」文化との絡みもあるんじゃないかなぁと思ったり。
  • はるを惜しむでなし @hallow_haruwo 2016-02-04 16:45:53
    それも影響して、「そういうのを読むモード」に深めに入った上で読むひとが多くなるから、「そういうの」でなかった時の「期待への裏切り感」を強く感じてしまう人も多く出てしまうという。
  • 叢叡世Степин Будимир @kusamura_eisei 2016-02-04 16:48:54
    水木しげるは南方の島でハーレムになれた筈だったらしいけど日本へ戻って来たよね。原点!
  • はるを惜しむでなし @hallow_haruwo 2016-02-04 16:49:31
    コーヒーも用意して完全にカスタードまんの口になってるとこでかぶりついたら、激辛カレーまんだったみたいな。…うん、下手なたとえをオヤジギャグのごとく我慢できずつい言っちゃうおっさんなんだ。すまん。
  • フローライト㌠ @FluoRiteTW 2016-02-04 16:58:21
    m_k_nao いろいろ兼ね備えた佐山・御言という男がいてな……はともかく、異世界でもウェーイでBBQやる物語の需要はどうなのか。女騎士さんがジャスコに行く時代だし狙、今後の狙いどころではあるのかな?
  • フローライト㌠ @FluoRiteTW 2016-02-04 17:01:45
    k_monogatari 救済と再生の物語といえば古今東西を問わず普遍性のあるテーマに!フシギ!  ab_ra_na 人間が書く以上、そういったテーマや視点の普遍性からはあまり離れられないのかもしれませんね。そもそも日本の文学は源氏物語だってチート主人公のモテモテハーレム一代記なんですし。
  • 日詰明嘉 AKIYOSHI HIZUME @AKIYOSHI00 2016-02-04 17:05:11
    この手をほとんど読んだことがないのだが、コミュ症オタクは転生先でどうして現代知識を発揮して活躍できるんだろう。オタクなら知識も狭くて大して使えないし、コミュ症ならそもそも異世界人に伝えられないはず。その整合が純粋に疑問。
  • フローライト㌠ @FluoRiteTW 2016-02-04 17:34:52
    AKIYOSHI00 能力が現代社会にマッチングしていなくて発揮できなかった、もしくは仲立ちしてくれるヒロインや偉いさんの存在、あとは転生自体に神の関与や伝承に記されているなどのお墨付きがある、かな。きっと我々が知るよりもはるかに多くのコミュ症が異世界で物言えぬまま躯となっているに違いない……。
  • hiroharu.minami @hiroharu_minami 2016-02-04 17:36:40
    ゲーム実況のアナロジーも非常に新鮮に感じた。面白い視点だと思う。
  • 我乱堂 @SagamiNoriaki 2016-02-04 17:37:25
    無理に「これはこういうものではないか」とか考えなくてもいいのではないかと思うがなあ。いちいち「こんなのなんだ」とか規定してからでないとエンタメ作品を楽しめないわけでもあるまいに。
  • moheji @mohejinosuke 2016-02-04 17:49:33
    SagamiNoriaki ああ、それは確かにそうなんですが。 読んでいる時の自分は考えてないんですが外野から理解のない言葉を放り込まれたときはいやそうじゃないんだ、って言語化しようと試みる感じですね。 または同好の士と思しき人がこうなんじゃないのって語り始めたときとか。
  • AC提督Z/E/O/N @Ketui1023 2016-02-04 18:07:33
    AKIYOSHI00 生兵法ゆえに異世界の文明レベルで運用すると絶対に失敗する現代知識が、何故か成功してしまうって事例も割とよくあるパターンで、一気に世界が主人公を甘やかしにきてる感がすさまじくなるんですよねー…
  • AC提督Z/E/O/N @Ketui1023 2016-02-04 18:09:01
    主人公はチートでもハーレムでもいいが、世界が主人公を甘やかしにくるのは個人的にはNG
  • AC提督Z/E/O/N @Ketui1023 2016-02-04 18:10:02
    チートももう全部あいつ一人でいいんじゃないかなってレベルになるとアレだがw
  • moheji @mohejinosuke 2016-02-04 18:57:36
    Ketui1023 書籍化もされた「魔人勇者(自称)サトゥン」とか、誰を主役として読むかでいろいろですがサトゥンはもうコイツ一人でいいじゃん(断言 レベルに強いんですが自分が何でもかんでもやってしまうことは好まない…っていう言い方はちょっと綺麗すぎますが。 面白かったですよ。
  • moheji @mohejinosuke 2016-02-04 18:58:30
    なろう小説って本当にいろいろありすぎて自分の観測範囲次第でものすごく違う面を見せるので何か同じものについて話してるはずなのに見えてるものの違いとかめっちゃ違いすぎて話がかみ合わないとかありすぎますね。
  • ワブガー @Wabger 2016-02-04 19:26:04
    「なろう系小説はこういう作品だ」って固定化しそうなのがちょっと悲しいかな。色んな作品があるよ
  • はるを惜しむでなし @hallow_haruwo 2016-02-04 19:40:38
    全体ではもちろん、テンプレ項目で細かくジャンルを絞ってすら、その中からテンプレを逆手に取った派生作品が捻りの方向様々で生まれてきますから「一概には言えない」ことのが多いですよね。
  • ありよし/コアロン @TnrSoft 2016-02-04 19:52:18
    PeculiarNews_jp まとめ主がサンプルとして選んでいる作品もこちらから攻め込んだり死後生まれ変わったりするわけではない作品が含まれています。あと、設定として明言はされていませんが、バイストンウェルは死後の世界という解釈もあります。ですので、異世界転生でいいのではないでしょうか?実際に主人公ショウ=ザマはシオン=ザバとして転生するわけですし
  • はるを惜しむでなし @hallow_haruwo 2016-02-04 19:58:18
    コンテンツをまずはそのまま具として頂き、作品考察遊びでしゃぶり尽くして、さらにスープを大所高所な解析ごっこ雑炊でいただくのはヲタ気質のSaGaとか言ってみたり。
  • Feel @feel1024 2016-02-04 20:01:25
    異世界に行った後に主人公のどんどんコミュ障要素がなくなっていくのは、暗に主人公がコミュ障だったのは周囲(現実世界)の所為なんだってことなんじゃないかと。主人公自身は変わらずそのままでいて良くて、主人公がコミュ障にならなくてもいいよう世界をごっそり変えてしまうのがコミュ障主人公の異世界転移なのかもしれない。
  • kaworu @KaworuKaworuel 2016-02-04 20:05:18
    m_k_nao あるよー。「レジナス・ワールド」リア充高校生カップルが転移して無双しちゃってますよ。
  • はるを惜しむでなし @hallow_haruwo 2016-02-04 20:06:31
    ツッコミ・反論…きっかけにしながら最後には同好者同士で考察・解析遊びやら押し作品紹介…etcでワイワイしてるだけ展開好き
  • kaworu @KaworuKaworuel 2016-02-04 20:27:02
    「軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!?」この作品あたりが特徴がはっきりしてるのでサンプルとして。元いじめられっ子で引きニート後に金属加工業従事した主人公が、軍オタ知識で活躍する。
  • kaworu @KaworuKaworuel 2016-02-04 20:28:02
    AKIYOSHI00 この手の作品のよくあるパターンは、コミュ症の克服は無力だった過去を悔いて転生を機にやり直すと言う再生の物語。オタクとしての知識の狭さは逆に狭いからこそ強力であると説得力を持たせる。
  • kaworu @KaworuKaworuel 2016-02-04 20:35:19
    まとめ主さんが例に上げたような作品も多いけど、ここのところ30代以降あたりをターゲットにしたいわゆる「おっさんもの」が増えてきた印象がある。このあたりの作品群だと主人公のコミュ症はほぼ見当たらない。願望充足系の物語には変わらないけど、現世でのキャリアを活かす様な物語が多いかな。
  • Tamemaru@俺得本舗 @Tamemaru 2016-02-04 20:52:33
    なろう=チートみたいなイメージあるけど、いまはもうそういうあからさまなチートは飽きられてるのかあまり見ない印象。むしろ「一見役に立たないけど工夫したら役に立った」という残念能力をひねって戦う作品が多いような。 チートというよりは能力バトル物に近い。
  • しめすへん@みそかつ県 @shimesuhen 2016-02-04 20:54:34
    そいや現代オタク論改訂版ではゲーム実況にも異世界転生にも触れてなかったな。完全に失念してた
  • しめすへん@みそかつ県 @shimesuhen 2016-02-04 20:59:48
    ゲームそのもの自体が感覚が最優先されるヤンキー要素で、その実況も感覚を共有するゆえに同じくヤンキー要素。人間的な敵を安易に殺せるのも仲間以外はどうでもいいと考えるヤンキー要素。自分を認めない現代社会を否定するのも反社会的でヤンキー要素。とヤンキー要素だらけで完全にマイルドヤンキー型オタクに受け入れられる作風だと考えられるが、失敗を恐れるってのは優等生要素なんだよな。優等生型オタクに異世界転生がどれだけ受け入れられるのかちょっと興味がある
  • はるを惜しむでなし @hallow_haruwo 2016-02-04 21:51:25
    「読んだこと無いけど、なろう系ってこんなんでしょ」という方には、ジャンル別ランキングとセカンドランキング覗くのお薦め。あらすじ見て回るだけでも「いろんなのあるんやな」ってはなると思う。自分に合う一編やらジャンルとの出会いがあるかは運次第かもしれんけどw
  • にゃほ @Temp002a 2016-02-05 01:56:27
    私もコミュ障は共感を呼ぶためというより、現実世界への未練を無くすための設定が多いと見ます。そうでなければなんで帰ろうとしないの?というのが出てしまう。「オーバーロード」はブラック企業という別の仕掛けを用意してました。「ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける」というコミュ障をテーマにしたものもあります。
  • RK @terawaroth 2016-02-05 02:48:29
    肥大化した承認欲求と満たされない自己肯定感を文学に求める事が痛々しく気持ち悪い。しかし何よりも悲しいのはそういうモノが流行ってしまう世の中である、という事。もちろん個人的な感覚だし同族嫌悪からその嫌悪感が生じているということも否定できないけどね。
  • RK @terawaroth 2016-02-05 02:49:20
    主観を排除して分析するなら、なろう系批判は突き詰めれば「『文学』は高尚でなければならない、そうあってほしい」という"子供以上大人未満"の人が陥る現象であると言える。歳をとって客観性を得たことで価値観の広がりと共に自己否定の必要性も知る時期だから、承認欲求と自己肯定の塊を目にしてしまうと「何だこいつらダッセえ・・・」となってしまう。
  • RK @terawaroth 2016-02-05 02:50:46
    それがもう少し成熟すると「まあ子供には大抵そういう時期あるし需要があれば売れるのも当然だよね」で流せるようになる。そこに至ってようやく大人として完成するわけだ。
  • ym @a7m167509498 2016-02-05 03:35:46
    グインサーガも召喚ものだったなwスーパーマンやウルトラマンは逆に向こうからこっちの現実へ来るタイプだが
  • まよいみち(すきだ) @ma4i_michi 2016-02-05 10:58:40
    サンプルを読んでいないのであれなんだけど転生ものに対する疑問として、なぜ主人公の転生前はコミュ障という設定が必要なんだろうかと思っている。 異世界ものはSFであれファンタジーであれ昔からあるし、転生だけなら仁とかジパングとかある。 でも、ベルセルクやワンピースでその設定をかませないと読者は主人公に感情移入できないのかと考えると違和感を感じる。
  • 深井龍一郎 @rfukai 2016-02-05 11:00:22
    [c2468826] 「そういう批判を行う連中こそが何も産みだすこともなくただうるさいだけの鬱陶しい連中である」という見識がようやく出てきつつあるのだと思いますが。
  • かえでこ @KaedekoSakura 2016-02-05 11:21:49
    大正や昭和の時代に「なろう」があったら、どれだけの黒歴史が現存していたであろうか。私は学生時代のノートを未だに持っているが、たまに開いては一人でビクンビクンしている。オリジナルTRPGルールとか、キャラシートとか、たまに読み返すと他人に寛容になれる。「○○が評価されるのは××願望を持つから」みたいな言説、流行ものやらが突っ込まれているだけの、当時の自分を振り返れば「もっと適当な物だったよ」と思えるんだけどね。
  • kaworu @KaworuKaworuel 2016-02-05 11:28:23
    [c2468826] 似たような理屈で同人誌を叩いてる連中がいたね~、所が今やコミケはプロも参加するしプロを発掘する場でもある。「なろう系」で一括り出来る程今のなろうは単純な場ではないよ。プロの投稿もあるし、きっちりとした文章で十分読むに耐える良作もそれなりに多い。
  • 西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2016-02-05 13:37:20
    Temp002a たまに帰ろうとする作品はありますね。でも読者からはえらく嫌われてしまう(笑) 「折角異世界きてるのになんでわざわざ帰るんだよ」って。だから特に理由は出さなくても読者からは何も言われないんだけど、その手の理由を欲しがってるのは主に作者であることが多い気がします。特に『物語』に囚われてるような人ですね。
  • にゃほ @Temp002a 2016-02-05 13:44:10
    chel_nishifuna 私も理由は欲しい派です。冒頭は気にならないのですが、主人公が努力して家族や友人を手に入れ「こいつらと出会って良かった、大切にしたい」と言い出したあたりで、「あれ?前の世界の繋がりは?」となってしまいます。最初から最後までコミュ障&ぼっちなロンリーウルフなら別ですが、そういう作品はそれで少ない気がします。
  • ぱんどら @kopandacco 2016-02-05 14:03:35
    読むに堪えないと思うなら読者サイドは序盤で「無理。合わん」で切っちゃえばいい話なんで、無理にカテゴリーにしようとせんでも。あと偶然かもしれんけど、例に挙がったのどれもまだ読んでないわ。
  • ぱんどら @kopandacco 2016-02-05 14:03:48
    作品毎に出来の幅が大きいはずなのに、「テンプレートを多用した実入りの少ない小説を含む群全体を、無差別に単一のカテゴリーとみなして扱う」のなら、なろうを待たずともハーレクインロマンスあたりでやればよかったんでは。
  • ぱんどら @kopandacco 2016-02-05 14:11:56
    あと発言主は「なろう」にどうなってほしいのか。消えてほしいんだろうか。それとももっと多彩な作品乗っけろやコラって事なんだろうか。まあ運営側が制御してる訳じゃないんで路線を弄るのは難しかろうねえ。
  • かえでこ @KaedekoSakura 2016-02-05 14:22:52
    最低限理解可能であれば上手・下手は問わない、小学生が書いても良いと謳ってる、pixivみたいなサイトなわけだけれど。pixiv系日常漫画とか、pixiv系BLとか言われることはないのに、「なろう系転生もの」とか言われちゃうのは、成功作品が喧伝されすぎた結果だよねぇ。
  • moheji @mohejinosuke 2016-02-05 19:57:29
    意外と小編に面白い作品あるんですよ。 たぶん「なろう系」でひとくくりにしたがる人は読んでないんだろうけど。 ただそういうのって更新されてるわけじゃないんで探し当てるの大変。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-05 23:14:15
    ドーモ、作者です。コメントに可能な範囲で返事をしたいのですが、体調が思わしくなく頭が回りません……。とりあえず月曜日の朝までには一回コメント返しを行う予定です。
  • まめ太 @ayato16160267 2016-02-06 13:41:07
    集団になったが故に現れるその集団の特徴ってのは、反論する側はいちいち個別での”例外”を取り沙汰してくる。集団の分析は確かに難しいから、断片だけ切り取って云々と言えるものではないけども、まとめ主さんでなくとも「なろう系」とひと括りに出来そうだと多くの人が判断するくらいには、何かしら共通とか類似の点があるからだと思う。平均値をはみ出したトコは問題にすべきじゃないと思うけどなぁ。
  • moheji @mohejinosuke 2016-02-06 19:44:56
    ayato16160267 目立つものと平均は違いますわな。 目立つものを集めて集団の平均的な特質だというならそれは違うといいたい。 集団の中で目立つものを取り上げることそのものが無価値だというつもりはないけどどうもそのあたり勘違いしている人が多すぎるわけですよ。 素人サブカル批評的なあれこれってのは。
  • moheji @mohejinosuke 2016-02-06 19:53:50
    素人に限らないかな。 自分の目についた気に食わないものを批判したいがために自分の批判対象として適当なものを集めてこれが○○だ!っていうのはどういったシーンでも多すぎる気がする。 いや、これはまとめ主の話ではないんですけどね。 そのあたり区別できない人が評論家気取りで馬鹿抜かしてるのが多すぎるのよ。 少なくとも自分がそれを知ってるものでないのに外部から批評してる系の話題でまっとうな評論を観測したことがない。
  • moheji @mohejinosuke 2016-02-06 19:55:36
    ファン同士のよもやま話としての批評は歓迎なんですけどね。 まとめ主の取り上げもその部類かと思ってますので話題としては面白いんですが。
  • 西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2016-02-06 20:28:36
    mtkharu3 ありゃ、このタイミングだと下手するとインフルエンザとかですかね……ゆっくりご静養されてください。お大事にどうぞ。
  • 西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2016-02-06 20:35:41
    まあ、大量にあると思われる同一系統(と世間的には捉えられている)の作品から、ランダムで何本か抽出して、そこに共通項を見出すという試みもそれはそれで見ていて興味深かったですよ(笑) 通常の批評はなろう界隈でやり尽してるところもありましたし(投稿作品にみられるテンプレ関連エッセイなどを含む)、また別の視点から眺めた意見というのは新鮮に感じます。
  • にゃほ @Temp002a 2016-02-06 20:50:25
    mohejinosuke 出版社がコンテストしてたり、書籍化されたのとか読めばある程度の質は確保されているし、またランキングもあるので探そうと思えば幾らでも手はありますね。ただやっぱり粗削りだったり途中で放棄されていて再開の見込みがなかったりで、誰にでもお勧めできるものでもないです>なろう
  • はるを惜しむでなし @hallow_haruwo 2016-02-06 21:47:25
    一度自分に合う作品と会えると、その作品ページの「この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!」欄とか、その作者さんのブックマークから芋づる式に自分ごのみの作品との出会いができたりってのも。
  • はるを惜しむでなし @hallow_haruwo 2016-02-06 21:59:56
    あとは最初の一作目探すなら、四半期完結済or短編ランキングのあらすじ流し読みして面白そうなの読んでみるとか薦めるだろうか?いろいろ開拓しようってのならジャンル別とかセカンドのランキングで。ただジャンル別とセカンドは完結済や短編でソートかけられなかったかも。
  • はるを惜しむでなし @hallow_haruwo 2016-02-06 22:13:47
    「短編」でなく2~3話完結に絞って効率よく探そうとすると少し探しづらさはあるかもしれない。詳細検索の読了時間や文字数指定でソート掛ける手とかもあるんだろうけれど…使ったとこないから目安がよう分からん。
  • あさぎ @asagi8 2016-02-07 00:20:37
    コメ欄眺めつつ長年疑問に思っていたことがちと解決した感じがする。とらドラ!で竜児が母親に向かって否定の言葉を投げかける巻が出た直後某所のラノベスレ眺めてたらその行動に対する非難が数多く書かれていたのに、いや竜児、歳の割にできた子ではあるけどまだまだ未熟な高校生だし、なにより適切な言葉使って葛藤無くなるなら物語にならないのじゃないとか思っていたけどそのような失敗行動違和感覚える層があるのね
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-07 20:28:43
    皆様、コメントありがとうございます。ここまでのコメントに対してコメ返しを実施しようと思います。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-07 21:40:37
    まとめを更新しました。
  • 三塚ハル @mtkharu3 2016-02-07 21:41:41
    まとめを更新しました。
  • UROTAN @bb08a112 2016-02-07 21:49:58
    エロゲ親はぐう聖だよなぁw
  • 西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2016-02-09 21:06:55
    なろう作品の戦闘シーンに関して触れておくと、なろう読者って表立って「戦闘シーンいらないです」って断言する人がいるくらいの世界(無論全員ではないが「そういう志向がある」という話)なんで、仕方ないかなあ。『小説』を書く人は楽しみにしてるし頑張ろうって思うところなんだけど、ストーリーについて『谷』を嫌うのと同様に『山』も求められてなくて、「そんなところ凝られてても読み飛ばします」とか平気言われちゃう。
  • diritin @diritin 2016-03-20 23:01:27
    結局批判に対してどう反論してるのかようわからなかた
  • GARO炎の刻印劇場版観隊隊員零号 @blueofseraphim 2016-03-25 09:45:10
    chel_nishifuna なろうの人気作品をちらほら読んでいて「これって従来の『小説』ではないよね。ではなにに近いのだろうか」とずーっと考えていたのですが、「ゲームの実況動画」という言葉に「まさにこれだ!」と目から鱗です。実況のコメント=感想と考えるといろんな疑問が氷解しますね。でもこの状況が続くと、ちゃんとした物語や成長のある『小説』を書きたい人が、どんどんなろうから離れてしまう気もします。