16世紀日本人奴隷の売買を自己弁護するキリスト教神父の言い分がネトウヨそっくり!

「慰安婦を売ったのは朝鮮人の親だ」  「朝鮮人業者が悪い」  「日本は人身売買を取り締まったのだ」  「性奴隷?ていねいに扱われてるじゃないか」  「年季が明けたら自由になれたのに何が奴隷だ」  「そんなに悪い事ならどうして朝鮮の警察が取り締まらなかったのだ」  こういった弁護論は、ポルトガル人宣教師による日本人奴隷の人身売買にあたって、16世紀当時からすでに語られていた。
慰安婦 性奴隷 ネトウヨ デマ
ndoro19542566 24032view 140コメント
50
ログインして広告を非表示にする

コメント