連作小話「幸子と悦子」

書き始めてから気づいたのだが、林芙美子原作成瀬巳喜男「めし」1951年http://doyoubi.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-d91f.html のパクリに近いなあ。執筆中に思いついた「男は犬、女は猫」は俺オリジナルだけれど。とにかくもまあコンパクトな佳作と自賛。