インディーARG 「AI/HA」 まとめ

「AI/HA」は、日本で企画されたインディペンデントのARGです。まだ日本でARGがあまり知られていない、2005年という早い時期に開催されました。 その「AI/HA」を企画者の @Gas_Ketz 氏が自らまとめた資料です。
ARG
7208view 1コメント
えぴくす @epi_x
#SIGARG AI/HAの公式は http://www.geocities.jp/aiha_v2005/ まとめサイトが欲しいです RT: @Gas_Ketz: よし。では、元旦00:00くらいにAI/HAのエンディングを再公開します。ご存知ですか?EDソングは中原涼さんです。
えぴくす @epi_x
#SIGARG AI/HA の公式ブログは http://geocities.yahoo.co.jp/gl/aiha_v2005 ゲームとしては、プレイヤーが勝利できずに完結を迎えた、という理解です。
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
わかりました。もう五年前なのであれですが、ぼくの覚えているレベルで一枚書きます。 RT @epics_jp: #SIGARG AI/HAの公式は http://www.geocities.jp/aiha_v2005/ まとめサイトが欲しいです
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
明けましておめでとうございます。AI/HAのED再公開です、今あいてるみたいなので #SIGARG タグを利用させていただきます。 #SIGARG
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
特定の場所になにかがあり、そこに行くことによって何かが進む。そういうデザインに特化して、ストーリー要素を廃し、それでも「場所」の特定に謎解きを加え、その謎は全国どこからでも引き出せる。いつでも参加でき、いつでも離脱できる。それが「あんたがた」の基本デザインです。 #SIGARG
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
謎が解けると、特定の場所が示される。そこに行くことができ、かつ、その場所にあるパスワードを入手できる人、それが「勇者」と呼ばれるようになりました。その過程の中で「俺も勇者になりたい」「近所にあったなら今すぐ行くのに」という意見がちらほらありました。 #SIGARG
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
僕としては「あんたがた」にストーリー要素を加えたものを作って、「the beast」や「i love bees」に似たものを作りたかった。そこで「勇者」要素をすべてのプレーヤーに配信してはどうだろうかと。それを近隣同士で結合することでストーリーを進ませる。 #SIGARG
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
8桁のパスワードがあります。12345678。これを3つずつ分割する。すなわち、1234、3456、5678。最終的な目標の画像があるので、結合順を間違えないように2桁ずつ重複させる。ところが。 #SIGARG
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
勇者になりたい人があれほどいたのに、たくさんの勇者のうちの1/500となると、動かなくてもどうにかなるか、という思いが働いたのか、いや、今となってはわからないけれど、とにかくその結合が一切進まなかった。全員を勇者にしてはいけなかった。能動的に動くのは全体の二割。 #SIGARG
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
結局、ストーリーは遅遅として進まないまま、時間だけが進んだ。 #SIGARG
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
ストーリーはこうです、あるスパイボット、言い換えればAI。それが自己の意思のまま、シーランド公国のデータセンターに潜入した。けれども、そのままセキュリティの裏側に閉じ込められてしまった。「彼女」は自分の居場所を発信して、そこから救い出して欲しかった。 #SIGARG
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
プロジェクトにメールアドレスを登録してくれた500人の「プレーヤー」に、自分の居場所に関するヒント、すなわち150を越えるパスワードの断片「フラグメント」を送信した。追跡者にバレないように。彼女のデータはすべて一意な状態で500個が用意され、500人に送信された。 #SIGARG
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
Gas_Ketz そのbotを仕込んだ人間か、そうでないかは解らない、彼女からのSOSをいちはやく受信した5人のメンバーが立ち上がった。500人の「プレーヤー」を集め、補佐し、「フラグメント」を結合するために。 http://bit.ly/7KTPjq #SIGARG
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
フラグメントが集まって、パスワードがひとつ結合するごとに、ブログがひとつアップデートされた。しかしその速度は遅遅として進まず。 #SIGARG
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
実は彼らのリーダーが、自分の送り込んだAIの情報をどうにか引き出したいが、設計した本人が、そのパスコードをすべて自分のところに集めることが非常に困難であることをすでに理解していた。そのための「ゲーム」だった。 #SIGARG
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
集められた500人の「プレーヤー」は、ただ単に「彼」に利用されていただけだった。「彼」は彼自身で集めた500のダミーアカウントによって「プレーヤー」よりも早く500の「フラグメント」を集めてしまった。 #SIGARG
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
そのことを知った残るメンバーは、その痕跡を頼りに「最終」の「パスワード」を完成させ、シーランド公国のデータセンターに取り残された「彼女」であるところの「AI/HA」にアクセスした。 #SIGARG
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
しかし、時はすでに遅く、「彼」が欲していたデータは全て引き上げられ、そして「削除」され、そこに残っていたのは、彼女が自分の意思で集めた過程で残された「残滓」であった。 #SIGARG
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
そして、取り残された「プレーヤー」たちが見たものは、この映像だった。 http://www.geocities.jp/an_naka_haruna/aiha2010
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
というわけで昨晩からAI/HAのエンディングを公開中ですが、 @epics_jp さんには届いたかしら。 #sigarg タグで追ってみてください
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
システム的にはそうです。でもデザイン的には運営の負け RT @epics_jp: #SIGARG AI/HA の公式ブログは http://bit.ly/5dyY0Z ゲームとしては、プレイヤーが勝利できずに完結を迎えた、という理解です
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
実はAI/HAのメインキャラクターは戦隊モノをちょっと意識していて、5色が名前になっていました #SIGARG
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
REDは赤星新人(あかほし・にーと)という名前で、vipperっぽいキャラクター。 #SIGARG
がすけつ(あめちゃん) @Gas_Ketz
元旦の訂正。パスワードは9桁で、123456789=123+345+567+789の4つのフラグメントに分けて配布された。パスワードは64個x4分割=256個のフラグメント。ロストを見越してある程度重複して配布したようなそうでないような #SIGARG