秋葉原案内所さんが退職届!? 想いを切々と訴える

秋葉原案内所さんが体調がすぐれないなどの理由で退職届を出した模様。あまりにも切々とした呟きだったので、取り急ぎまとめてみました。
マスダ 秋葉原案内所 akiba_guide
@akiba_guide
秋葉マップも今号で50版を迎えます。
@akiba_guide
2006年の1月に、ゲーマーズの店長さんの心意気で店頭の一角をお借りすることができ、案内所を開設させて、4年半がたちました。
@akiba_guide
この秋葉マップは1版ごとに3万部発行してて、なるべくひとりひとりに手渡しができるようにっていう方針でつくられています。
@akiba_guide
イベントなどで特別版もいっぱい出しましたが、3万部×50で、150万人のご主人様・お嬢様にマップを渡せたと言ってもいいかなと思ってる。
@akiba_guide
開設した前年は、TXやヨドバシカメラがオープンしたり、今は懐かしいドラマ版の電車男が放映されて、買い物じゃない目的の人がたくさん増えたころでした。
@akiba_guide
いま、私はこのTLをふとんのなかでぷちぷち打っているわけですが。
@akiba_guide
まあ、ぶっちゃけ変わってるコ扱いで子供の頃は完全に浮いていたなーと。
@akiba_guide
いろいろリプライもらって嬉しいけど、少し書ききってしまうね。
@akiba_guide
だからね、ブームのとき、たとえ若干のアキバイメージに対する誤解があっても、アキバに女子がきてくれること自体がすっごく嬉しかったの、今でも鮮明に覚えてる。
@akiba_guide
この仕事やって、何にもないところから信頼を得るってすっごく難しいことなんだって、身に染みてよくわかった。
@akiba_guide
いま、こうやってtwitterやってて、フォローしてくれてるご主人様・お嬢様がこんなにたくさんいるっていうことに心から感謝しています。
@akiba_guide
ちょっとでもいいから、振り向いてほしい、たぶんそんなシンプルな思いからメイド服でインフォメーションやるっていう発想になったんだと思う。
@akiba_guide
見た目がメイドで、ガチでアキバのことに詳しかったら、頭の片隅にでも残ってくれるかなっていう。当時はまだメイド服で外歩いてるの珍しかったからね。今はぜんぜんだけど。
@akiba_guide
私ね、小さい頃、ずっといじめられてたの。自分の世界の中に篭っちゃうほうだったから。今でもその困った傾向は変わらないんだけど。私らしくあれる居場所が秋葉原だったんだよ。
@akiba_guide
アキバはさ、インドアで楽しめる趣味もけっこうあるから、ハンディを持ってる人もたくさんきてくれるんだよね。それは身体だったり心だったり色々なんだけど。
@akiba_guide
なんだろ、うまく言えないんだけど、ごめんなさい。学校じゃあまり目立たないんだけど、アキバにきたらそのコはちょっとしたヒーローになれるかもしれない・・・。アキバはいい場所だなーって。。ぼんやりと思ってたんだ。
@akiba_guide
この仕事して、たくさん友達っていえる人に出会えた気がするの。
@akiba_guide
学校の休み時間のときに机に突っ伏して寝たふりして、ひたすら時が流れるのを待ってたような、いてもいなくてもどーでもいいような存在だった私が、アキバのインフォメーションっていう人前に出るような仕事をできて、話しかけてくれる人がたくさんできたことは、私にとって奇跡だと思ってる。
@akiba_guide
アキバはね、私を救ってくれた場所なの。私のもうひとりのお母さんです。
@akiba_guide
ダメ子の私をしからずに、お帰りっていってくれるの。アキバはそういう場所で、みんなにとってもアキバはお母さんだと思ったの。
@akiba_guide
アキバはね、こどもしかいないんだよ。小さいコと、大きなコと、大きくておませなコしかいない。
@akiba_guide
歩行者天国のアンケートとか、アキバMIKOSHIとか、色々案内所としてお仕事して「あんた何もできないくせになにしゃしゃってるの?何を勘違いしてるの?あんたに何ができるの?」って私について感じたひといっぱいいると思う。
@akiba_guide
実際にわたしはひとりじゃ何にもできません。誰かの力がないとお仕事ができない、とっても情けないおとなです。
@akiba_guide
何もできないくせに、アキバのこと好きになってっていうわがままだけで暴走して、会社のひとにも、クライアントさんにもいっぱい迷惑かけました。
@akiba_guide
バカな私をみて、「まったくアンタってコはしょうがないね」って、手を差し伸べてくれた人がいっぱいいて嬉しかったです。