Togetter/min.tで作ったまとめの「下書き保存」機能が便利になりました
2022年2月16日

8cmCDマニア・ディスク百合おんが選ぶ「漫画家がミュージシャンを描いた8cmCDベスト3」

意外な漫画家のイラストがジャケットに!
0

無類の8cmCD好き、ディスク百合おんです!どのくらい8cmCDが好きなのか、そもそも8cmCDが何なのかを知りたい人は、こちらの記事を読んでみてね!

本題に入る前に、最近こんなものを手に入れました。

なんだか分かりますか?

こちらは…

 

8cmCD専用の収納ラックなんです!

当時はどのお家でもありましたが、8cmCDの衰退と共にリサイクルショップでも全く見なくなりました。そもそも収納するはずの8cmCDの取り扱いが無いんだから、収納ラックもそりゃあ消滅しますよね…。

プラスチックケースにいれた8cmCDがピシッと18枚収まります。壮観ですね~。

さて、今回のテーマは「漫画家がミュージシャンを描いた8cmCDベスト3」

漫画家がジャケットイラストを担当し、ミュージシャンを描いている8cmCDを紹介したいと思います!

3位:筋肉少女帯×吉富昭仁「小さな恋のメロディ」

吉富昭仁によるファンタジーサイバーパンクマンガ「EAT-MAN」。1997年深夜にアニメ化されており、その主題歌をロックバンド筋肉少女帯が担当しました。その経緯で作者本人がジャケットを描いています。

フロントには主人公の「ボルト・クランク」。バックには筋肉少女帯。EAT-MANの荒廃した世界観を壊す事なく、入り込んでおります。

裏は横向きバージョン。横長のスペースを利用して、ずらりとメンバーを並べた構図。マンガのタッチを崩しすぎず、全員の特徴をしっかりととらえております。いい仕事してますね~。

2位:西城秀樹×さくらももこ「走れ正直者」

さくらももこの代表作。国民的少女マンガである「ちびまる子ちゃん」!マンガに登場するキャラクター達と、歌謡界のスーパースター西城秀樹が共演する、夢のジャケットです。

この曲を知っている人は、アニメ版のエンディングテーマがお馴染みだと思うんですが、実はまる子ちゃんが起用されたNTT「キャッチホン」のCMソングが初出だったそうです。だから歌詞のサビで「リンリン」というフレーズが使われているんですね!

まる子ちゃんのお姉さんが西城秀樹の大ファンという設定もあったな~。

 

ご本人の背後に、さくらももこによって描かれた西城秀樹。およそ30年の時を経て今改めて見ると、非常に感慨深い気持ちになりますね…。

1位:ウルフルズ×柴門ふみ「まかせなさい」

こちらは最近手に入れた、ウルフルズの「まかせなさい」!今も複数の大型フェスに出演する人気ミュージシャンですね。

小さいですが、この8㎝CDの左下にご注目ください。「illustration:柴門ふみ」という文字が!なんと、こちらのイラストは「東京ラブストーリー」や「あすなろ白書」の原作マンガを描いた柴門ふみによるもの!

なぜ、男っぽい人気ロックバンドとトレンディドラマ原作の名手が…?それは、柴門ふみの「お仕事です!」がドラマ化され、その主題歌をウルフルズが担当したからなんですね!

今回紹介した8cmCDはどれも主題歌になっております。それによって起こる意外なコラボレーションに自分はワクワクしちゃうんですよね。

店頭で売られた通常版と並べてみました。全員似てる!(特にオレンジのジャケットのジョン・B・チョッパーがそっくり!)

さらに見て欲しいのが、柴門ふみ版の8cmCDにある「promotion use only」という文字。そうです。こちらはプロモ版なんです!

プロモ版というのは店頭販売されるものではなく、関係者やCDショップや音楽雑誌編集部へ販売促進の為に配布された物の事。なので、柴門ふみバージョンはプロモ版のみのリリースだったんですね。権利問題やレコード会社の判断など、何かしらの理由があったのでしょうが、もったいないと思ったのは私だけでしょうか…。

ちなみにプロモ版は、片観音折りになっており、中に通常版のジャケットが仕込まれております!

表ジャケット裏には、フロントマンであるトータス松本の主題歌制作における意気込みが書かれておりました。関係者に向けての熱いメッセージですね。反対側はツアーの日程や場所の情報がびっしりと掲載。

プロモ版と通常版の違いは他にもありました。カップリング曲「Tighten Up~しまっていこう~」の歌詞は、通常版では省略され、プロモ版の裏は両曲の歌詞が記載されておりました。通常版の裏は別バージョンのウルフルズの写真が載っております。

こうやって、同じ楽曲が収録された8cmCD同士を見比べて、ちょっとした違いを見つける作業も、マニアとしては楽しい時間なんですね。

という訳で「漫画家がミュージシャンを描いた8cmCDベスト3」

3位:筋肉少女帯×吉富昭仁「小さな恋のメロディ」

2位:西城秀樹×さくらももこ「走れ正直者」

1位:ウルフルズ×柴門ふみ「まかせなさい」

でした!

「ミュージシャン×漫画家」まだまだ他にも出て来そうなので、ストックが溜まったら紹介したいと思います!

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?