恐怖!巨大なセミが部屋に出現!?いや、飼っているミミズクでした…遭遇した飼い主さんに話を聞いた

こんなの腰抜かしちゃう
2

部屋の中にいる、巨大なセミのような物体を写した画像がTwitterに投稿され、話題となっている。

色も形も大きなセミに見えるコレは一体…

画像に写っているのは、白いカーテンが閉じられた何の変哲もない部屋…と思いきや、カーテンレールの上に何かいる!?

実はこちらの正体は、「【SiO2】O.R.(@SiO2_ORio)」さんが飼っているトルクメニアンワシミミズクの鼓珀(こはく)さん。飼い主さんがトイレで席を立った隙に、セミのように羽を広げた状態でカーテンレールにとまっていたのだとか。

部屋に戻ってこの光景を見た飼い主さんは、ひっくり返りそうになるほど驚いたそう。確かに巨大なセミとしか思えない、みごとな擬態っぷりである。

Twitterユーザーからは「これは確かにビビるw」という感想や、「大きなガだ、すごい!なんて名前だろう!!って思いました」「モスマンって実在してたんですね」と、セミ以外のものに見えたという声も寄せられている。

普段の鼓珀さん。トルクメニアンワシミミズクはフクロウの仲間だ

この光景に遭遇したときの感想や、フクロウさんの普段の様子について飼い主さんに話を聞いた。

家族からは「フクロウじゃないみたい」「暴れん坊将軍」

画像の光景を見たときのお気持ちは?

本当にばかでかいセミにしか見えず、びっくりして写真を撮りました。

3分近くあの体勢のままで「ぎゃーぎゃー」と鳴き、何事もなかったように降りてきてしれっとしてました。

ほかにも鼓珀くんならではの独特な習性・行動はありますか?

フクロウ科の生き物の飼育は鼓珀さんが初めてなので、すべてのトルクメニアンワシミミズクに共通する習性かは分かりませんが、うちの子は少しヤンチャなようです。

実家に帰省した際も、環境の変化に物怖じせずにご飯を食べ、家の中で暴れていました。 家族から「フクロウじゃないみたい」「暴れん坊将軍」などと呼ばれていました。

セミに擬態して驚かす以外にもヤンチャっぷりに定評(?)のある鼓珀さん。飼い主さんはそんな彼のために、専用のお部屋の用意を着々と進めているそう。

とまり木になる足場が組まれた鼓珀さんのお部屋

ちょっと珍しいトルクメニアンワシミミズクに興味がわいた方は、ぜひ飼い主さんのTwitterアカウントをのぞいてみては。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。