編集部が厳選した「いま、みんなに見てほしいまとめ」をイチオシとして紹介しています!グサッと刺さる良質まとめはこちら!

ヴォイドアクセラレーター#1 追い込まれた部屋◆1

時が加速する瞬間を見たことがあるだろうか。それは突然崖から身を投げるように、全てを抱え込んで、何もかもを……。 魔力加速装置を巡る開発者の話です。 このまとめが物語の始まりです 続きを読む
Twitter小説 文学 書籍 減衰世界
460view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
減衰世界 @decay_world
_ヴォイドアクセラレーター#1 追い込まれた部屋◆1
減衰世界 @decay_world
_彼は耳を塞ぎたかった。この歴史的、国家的、国民的ニュースに。彼の名はゼミール。若き研究者ゼミールは逃げるように路地裏に駆け込み、ざわざわと偉業に震える民衆の声をシャットアウトした。 (栄光はおれが得るはずだったのに……)  この日、新たな理論の果てにそれは完成した。 1
減衰世界 @decay_world
_ヴォイドジェネレーター。ヴォイド鉱から精製した謎の暗黒物質ヴォイドを結集させて作られた巨大発電設備。電力の供給はとても不安定で、電化製品など作ろうとしてもまともに動かない。それが、この発電機によって革命をもたらされるのだ。 2
減衰世界 @decay_world
_帝都は爆発したように湧いた。いままで電気といえば、電灯をパチパチ瞬かせる程度にしか役に立っていない。それが、安定して、高電圧、高電流を生み出し、その燃料は半永久的に必要としない。ヴォイドと繋がる混沌神ベルベンダインの力を使うからだ。号外のビラが路地裏まで舞う。 3
減衰世界 @decay_world
_路地裏にも逃げ場が無くなったゼミールは、自宅の扉を開けて地下室に駆け込んだ。荒くなった息を整えて、地下室の電気をつける。チカチカと瞬く裸電球が、地上での出来事をフラッシュバックさせて、小さな悲鳴を上げた。  静かな地下室だ。いくつか部屋があり、精密機械が並んでいる。 4
減衰世界 @decay_world
_何もかもが油まみれだ。精密機械はそこらじゅうでカチャカチャ駆動し、毎日油を差さなければならない。  これらは全てヴォイド鉱から暗黒物質ヴォイドを精製するための設備。そう、ゼミールもまたヴォイド研究者だった。 「あ、帰ったの?」 5
減衰世界 @decay_world
_背後から声。疲れにむくんだ瞼をして現れたのは、やはり油まみれの女だった。名はミシュス。ゼミールの助手である。 「休めたのか?」 「だいぶリフレッシュできたよ」  そう言って腕を伸ばしストレッチ。 「データは取れてるよ。昨日の夜の分」 6
減衰世界 @decay_world
_昨日の夜。ゼミールは表情を曇らす。彼は昨晩研究の支援をお願いに奔走していた。眠れぬまま朝を迎え、こうして昼過ぎに戻ったところだ。 「精油に溶けたヴォイドは前回の方式より0.01%多くなったよ。どう? 実用化にはまだ遠いけど……」  奥歯を噛みしめるゼミール。 7
減衰世界 @decay_world
「ヴォイドジェネレータが実用化された」 「そう、でも大丈夫。あなたの研究はヴォイドアクセラレーターでしょ。比較にならないよ」 「おれはダメなんだ……もう、何もかもに妬み始めたから、もう駄目なんだ」  そう言ってゼミールは近くの破れたソファに身を投げた。 8
減衰世界 @decay_world
―― _今日もミクロメガスは予知に失敗した。何度やっても失敗するのだから慣れっこだが、10連続失敗ともなるとやはり徒労感が襲う。彼は瞑想室から出て、ボトルの水を呷った。一息ついて、窓から街を見下ろす。  今日はお祭り騒ぎのようだ。 9
減衰世界 @decay_world
_何か予感がする。しかし、それは何のことだか分からない。かつて投げかけれた呪いが頭をよぎる。 『お前が誰かのために魔法を使うなら、呪ってやる! お前の魔法が届くことなく、誰かが死んでいくことを!』  また間に合わない予感がする。それでも彼は動かずにはいられないのだ。 10
減衰世界 @decay_world
_ヴォイドアクセラレーター#1 追い込まれた部屋 ◆1終わり ◆2へつづく
減衰世界 @decay_world
【用語解説】 【ヴォイド】 混沌神ベルベンダインが濁積世を創造した折、世界の根幹として創造し採用した物質。ヴォイド鉱という鉱石として産出する。この物質の研究はヴォイド・システムとして体系化され、いま世界で最も強き神であるベルベンダインから力を引き出そうと世界中で研究が進められる
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする