10周年のSPコンテンツ!

ガン代替療法とガン放置推奨論への批判記事や批判してる人の意見の収集してみた

ツイート内でリンクされた記事は既に消えてる場合もあり、残ってるリンク紹介は文字色をピンクにしておきます。 facebook紹介、拙ブログでの紹介用のまとめです。
科学
2
@YOW_
”国がん、日本におけるがんの5年生存率を公表 - 全部位で62.1% | マイナビニュース” news.mynavi.jp/news/2016/07/2… … 「2006年~2008年診断症例を対象とした日本におけるがんの5年相対生存率」 pic.twitter.com/GL9VKEAWUj
拡大
kikumaco(8/6,9大阪) @kikumaco
代替医療は健康保険が効かないので、基本的に医療より高い。そこへ客を呼ぶには、医療がいかに危険かを説く必要がある。そういうビジネスモデル
PKA @PKAnzug
特に医療に関しては、「高いものほどいいもの」という発想は捨てた方がいいです。「できるだけ有用な医療を多くの人に」って基本思想から、明らかに有益なものは保険適用、見込みが高いものは高度先進医療という形でフォローが入るシステムになってるので、全額自費なのはまず怪しんだ方がいい。
勝俣範之 @Katsumata_Nori
自由診療と、保険診療は、まったくレベルの違う医療。少なくとも保険診療は、厚生労働省が厳密に効果・安全性について厳密に審査され承認された信頼できる医療。かたや、自由診療は、効果があろうがなかろうが、安全性がどうであろうが、値段がいくらであろうが許される医療。
勝俣範之 @Katsumata_Nori
コップ一杯の水を差しだし、「がんに効く」と言い、100万円受け取ったとします。医師のライセンスなかったらすぐに逮捕されます。医師がやったら、許されます。罪に問われません。これが日本の現状なのです。
勝俣範之 @Katsumata_Nori
最近、以前にも増して、インチキがんクリニックが大流行しています。ほとんどの初診患者さんがこのクリニックの話をします。インターネットで必ず上位に上がってきて、腫瘍内科を名乗り、オプチーボと合わせて、自分のところの怪しい免疫療法させようとしています。皆さん、騙されないように。
Johannes.com @Johannes0908
30歳台の進行癌で、大病院にかかっておきながら最初からインチキ療法を選択した人の話を聞いて、とてつもない無力感に押し潰されている
名取宏(なとろむ) @NATROM
近藤誠医師に共鳴し、乳がんを患いながら積極的な治療なしなかった患者の記録映画。「がん発見後18年間の歩み」を見る限り、放置しなければ普通に治っていたと思われる。 htn.to/xpYbkC
@YOW_
「裁判所は「証拠からは『100%完治する』と述べたとは認められない」とし、詐欺的商法だとする娘側の主張は認めなかった」一応こういう裁判はあったと。 / “末期がんの父、娘がすがった「自然療法」 |くらし&ハウス|NIKKEI S…” htn.to/NALHVt7
@YOW_
"近藤誠を信じ、早期がんを放置した結果… - うろうろドクター - Yahoo!ブログ" blogs.yahoo.co.jp/taddy442000/34… 最初に「余命1年宣告」があったと言うが、普通に手術して放射線治療したら助かったような。まあ20年も前のことだから何とも言えない
松浦晋也 @ShinyaMatsuura
ベストセラーは「多崎つくる」と「医者に殺されない…」 - 朝日新聞 t.asahi.com/ddek 近藤誠「医者に殺されない47の心得」がベストセラーになるということに絶望感を感じる。
@YOW_
”長尾和宏「近藤誠先生、あなたの“犠牲者”が出ています」 【全文公開】 100万部ベストセラー『医者に殺されない47の心得』に現役医師が大反論 | 特集 - 週刊文春WEB” shukan.bunshun.jp/articles/-/3496 昔は週刊誌でも近藤医師の説を盛んに取り上げてたやん?
湖坊主🗻"ドラグーン1" @kappa1019
金スマで近藤誠が取り上げられる。 本が売れる。 薬を勝手に止める患者が増える。 心不全やら脳梗塞やらの予防とか長期管理が止まる。 再発、急性増悪が増える。 救急医療が逼迫する。 嘘のような、現場の話。
勝俣範之 @Katsumata_Nori
金スマ、近藤先生の再現フィルム。なぜ近藤先生が抗がん剤を嫌いになったかよくわかる。抗がん剤治療について、きちんとした研修も受けておらず、知識も経験もないのに、抗がん剤をやり、副作用で患者さんを死なせてしまった。素人医師が抗がん剤をするほど怖いものはない。
リンク 医療のX丁目Y番地 がんもどき理論の非合理性 - 医療のX丁目Y番地 1. 近藤誠氏 の『がんもどき理論』 さて、ここであらかじめ言及しておかなくてはいけないことが一つあります。 『患者よ、がんと闘うな』の著者である近藤誠氏は、「がんを早期発見する必要性はない」と主張しています。そして残念なことにその主張に惑わされている方もかなりいるようなので、ここでその主張に対する反証を挙げておきたいと思います。 そもそも「がんを早期発見する必..
名取宏(なとろむ) @NATROM
近藤誠氏の主張だったら、医学に詳しくない人が信じてしまっても仕方ないと思う。けれども、内海聡氏の主張は、専門家でなくったって、いくらなんでもおかしいと気付けるだろうに。というか、気付いてもらいたい。 twitter.com/MIYAKE_YOHEI/s…
tss (NAVERまとめ掲載禁止)🔑 @tss_0101
米原万里の「打ちのめされるようなすごい本」が半額になっているので、ガン標準医療を拒否したい、近藤誠医師にすがりたい方はその前にぜひ読んでほしい。近藤医師とのやり取りを含む闘病の経過がタッチは軽妙だが非常に重いことまで書かれている。 twitter.com/AmazonJPKindle…
森奈津子◆固定ツイにnote情報あります @MORI_Natsuko
2005年には杉浦日向子先生が若くして亡くなられ、翌年には米原万里先生が……本当にショックでした。お二人とも、がんでした。しかも、米原先生は近藤誠医師に頼ってしまい、「様子見」を勧められて手術せずに悪化。その後は近藤医師に冷たく突き放されたことが、エッセイに書かれてますよ。
こなみひでお @konamih
この本を読んでみると,文春のFという編集者が米原万里さんにがんのインチキ療法の本をやたらに持ってきていたようなんですよね。近藤本でも編集者が積極的に本を作らせているみたいだし。 twitter.com/inu_raisinyama…
ふっさりやまいぬ @inu_raisinyama
このリストの中には多分ないけど、この手の本を作ってる編集者を知ってるんだけど、あの人は本気で信じてるし周囲に勧めるんだよね、この手の治療法を。なおさらタチが悪い。作り手を折伏しないと根絶できない。 twitter.com/konamih/status…
こなみひでお @konamih
近藤誠医師のインチキがん療法本を故米原万里さんに薦めたのは文春のFという編集者で,今度文藝春秋から出た近藤誠の反ワクチン本も同じコンビでやっているのではないか。 twitter.com/konamih/status…
@YOW_
”近藤誠氏の川島なお美さん記事に思うこと - 大場大のブログ "セカンドオピニオン" ” masaruoba.hatenablog.com/entry/2015/10/… これは病院で治癒してた可能性の高い状態では。 「腫瘍径:2cm大、腫瘍個数1個だけ、目に見えるリンパ節転移や遠隔転移を認めない」
@YOW_
川島なお美氏訃報が出た当初は、ガン診断当初に既に進行してたから精神的なサポートを代替療法に求めた(からしょうがない)という話が出てた。が、上の記事が正しいとなると、すぐに病院で治療していれば生存率も高いガンだったとなる。 @YOW_
@YOW_
昨今、セカンドオピニオンという言葉が知られるようになり、素人が自らセカンドオピニオンを求めると食事療法などの代替療法に行ってしまう率はどれくらいだろう。@YOW_
リンク International Business Times 日本版 スティーブ・ジョブズ氏、がんの治療を早く受けず後悔-自伝著者明かす 今月死去した米アップルの共同設立者スティーブ・ジョブズ氏は生前、がんの治療を早く受けなかったことを後悔していたという。ジョブズ氏公認の自伝本を書き上げたウォルター・アイザックソン氏が語った。
残りを読む(56)

コメント

tsuachiya @tsuachiya1 2016年7月27日
QOLを上げるための終末医療だと思えば良いんじゃね?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする