編集可能
2011年2月13日

集団的人権論についてのつぶやき

集団的人権論には抑圧的な側面があるのではないか、ってつぶやきのまとめです。
28
wagu @wagu108

RT @Silver_PON: 「集団的人権論」の間違いは「こどもの人権」を口にする「大人」が「こどもの訴え」を圧殺し無視しているところ #jipo #jinken

2011-02-13 19:00:26
wagu @wagu108

これは考えないと。

2011-02-13 19:01:14
wagu @wagu108

これは重要なところですね RT @Silver_PON 「集団的人権論」の間違いは「こどもの人権」を口にする「大人」が「こどもの訴え」を圧殺し無視しているところ #jipo #jinken

2011-02-13 19:10:21
wagu @wagu108

たぶん「集団的人権論」において、権利の主体、たとえば子どもたちもまた集団として捉えられている。そこには、子どもとは「かくあるべき」という規範が入り込んでしまう。ような気がする。

2011-02-13 19:15:50
wagu @wagu108

たとえば、集団的人権論において、それを主張する人が、子どもを「純真無垢なもの」という本質で捉えて集団化した場合に、純真無垢でない子どもは子ども扱いされない。たとえば、「エロ漫画が読みたい子どもの声」なんて聞く必要がない。むしろそんな子どもに誰がしたという話になるだろう。

2011-02-13 19:18:23
wagu @wagu108

全然違ってたら、すまんですが。・・・ただ、ぼくはこれまで集団的人権の「集団」の方に気を取られすぎていたようだなあ。

2011-02-13 19:22:08
wagu @wagu108

少女が都条例を批判していた場合に、周囲の大人を喜ばそうとしているだけだという受け取り方は、一般に少女はそのようには考えないものだ、というのが前提となっている。少女の主体性が否定される。

2011-02-13 19:59:24
wagu @wagu108

個別的には、ある言動において子どもに主体性を認めるべきでない、という場合は当然あるわけだが。それはそれぞれの状況を勘案しなければわからないことだ。

2011-02-13 20:02:15
wagu @wagu108

あまり自信はないが、おそらく、集団的人権論ってのは、主体を集団的に捉えるのだが、この主体ってのは集団として捉えられた時点で、何らかの規範によってその自由が制限されるんだな。規範からはみ出た主体は、「権利で守るに値しない」と言うことだと思う。

2011-02-13 20:24:04
wagu @wagu108

集団的人権論が含んでいる規範というのは「権利で守るに値しない」というより、もっと抑圧的にふるまうような気がするんだけど・・・。なんか、からくりがあるんだろうな。

2011-02-13 20:29:40
私はクリスチャンなのだ! @1christian1961

米最高裁の判決すらリベラリズムに基づいた判断だとサンデル教授は判断されているみたい。 RT @wagu108: 集団的人権論が含んでいる規範というのは「権利で守るに値しない」というより、もっと抑圧的にふるまうような気がするんだけど・・・。なんか、からくりがあるんだろうな。

2011-02-13 20:38:01
wagu @wagu108

この判決についてでしょうか?> http://p.tl/oYAW QT @1christian1961 米最高裁の判決すらリベラリズムに基づいた判断だとサンデル教授は判断されているみたい

2011-02-13 21:17:16
🚉Hugo✈🍈委託中 @Hugo_Kirara3500

集団的人権論というのはその集団が一枚岩でないと実現しないゆえに全体主義者の武器になっていることが多い気がします。 RT @1christian1961: @wagu108: 集団的人権論が含んでいる規範というのは「権利で守るに値しない」というより、もっと抑圧的にふるまうような気

2011-02-13 21:19:19
私はクリスチャンなのだ! @1christian1961

この判決もサンデル教授なら批判するでしょう。 RT @wagu108: この判決についてでしょうか?> http://p.tl/oYAW QT @1christian1961 米最高裁の判決すらリベラリズムに基づいた判断だとサンデル教授は判断されているみたい

2011-02-13 21:23:48
私はクリスチャンなのだ! @1christian1961

http://bit.ly/eKTI3u これかな。 RT @wagu108: この判決についてでしょうか?> http://p.tl/oYAW QT @1christian1961 米最高裁の判決すらリベラリズムに基づいた判断だとサンデル教授は判断されているみたい

2011-02-13 21:27:20
wagu @wagu108

@1christian1961 おお! ありがとうございます。この判決は知らなかったです。

2011-02-13 21:29:06
wagu @wagu108

重要な視点ですね・・・ QT @Hugo_Kirara3500 集団的人権論というのはその集団が一枚岩でないと実現しないゆえに全体主義者の武器になっていることが多い気がします。 RT @1christian1961: @wagu108: 集団的人権論

2011-02-13 21:30:42
🚉Hugo✈🍈委託中 @Hugo_Kirara3500

宗教原理主義者と全体主義者が喜びそうな罪名ですね。 RT @wagu108 道徳を堕落させる罪

2011-02-13 21:47:03
wagu @wagu108

ややこしい話ですが、集団的人権論には、個人法益を保護法益とする考え方があります>「「子どもポルノ」は社会法益を侵害するからではなく、子どもの尊厳という個人法益を侵害するが故に、犯罪なのであると考えている」 http://p.tl/SMNH QT @1christian1961

2011-02-13 21:55:29
wagu @wagu108

個人の権利が侵害されているとなれば、規制はしやすい。そのために集団的人権論なんてヘンテコなものが考えられたとも言える。

2011-02-13 21:58:26
wagu @wagu108

カナダであるんですよ。これが> http://p.tl/SMNH RT @Hugo_Kirara3500 宗教原理主義者と全体主義者が喜びそうな罪名ですね。 RT @wagu108 道徳を堕落させる罪

2011-02-13 22:00:53
🚉Hugo✈🍈委託中 @Hugo_Kirara3500

@wagu108 ラディカルフェミニズムって全体主義思想の一種ではないかと思えてきます。>具体的な人権侵害行為を伴わないポルノグラフィに対する法的規制には慎重なリベラルフェミニストはこうした主張と呉越同舟といえる運動手法を強く批判しておりラディカルフェミニストとは対立関係にある。

2011-02-13 22:09:38
wagu @wagu108

まあ、強烈な規範意識(かくあるべき)を思想の本質として持っているのでしょうね。誰かが解説してくれているといいのだけど QT @Hugo_Kirara3500 ラディカルフェミニズムって全体主義思想の一種ではないかと思えてきます

2011-02-13 22:17:21
wagu @wagu108

話が抽象的過ぎてアレなのでこれで考えてみるか。>『たくさんのふしぎ』2010年2月号への抗議 http://togetter.com/li/100411

2011-02-13 22:41:54
wagu @wagu108

『たくさんのふしぎ』2010年2月号を集団的人権論によって法規制するとしたら、主張はこう>「子どもが受動喫煙を強制される絵は、実在する子どもたちの尊厳を傷つけているから、規制しなければならない」(続)

2011-02-13 22:42:47
残りを読む(41)

コメント

石田伊織 @IsidaIori 2011年2月14日
都小Pの新谷氏は「自分は親の代表者だ!」といっていながら「親」の反対意見は無視なんです。集団的人権というのは邪魔な主体者を排除する思想なんですね。
0
wagu @wagu108 2011年2月14日
たしかに、都小Pの新谷会長は「『二次元だから性的に貶めてもいい』というのは、子どもの尊厳と権利が侵害されていることになると思うのです」などの言葉からすると「集団的人権論者」と言えそうですね。
0
wagu @wagu108 2011年2月14日
いくつかのツイートを追加しました。
0
wagu @wagu108 2011年2月17日
集団的人権を認めないとは、ひどいやつだみたいな見解がTL上に見られた。広く、特定の集団に対して特別な権利を認めることを集団的人権とするなら、これは当然認められるべきだろう。少数民族の自決権であるとか、アファーマティブアクションであるとか、子どもの権利条約であるとか。
0
wagu @wagu108 2011年2月17日
これらはすべて、集団的人権論が発動されるのは、彼らを取り巻く「環境」が劣悪だと見なされる場合、としたこのまとめの議論に当てはまる。また、こうした集団的人権が、このまとめで見てきたように、抑圧的にふるまうこともあるだろう。
0
wagu @wagu108 2011年2月17日
その抑圧がどういう対象に、どの程度おこるかは、事情によってまちまちだ。
0
wagu @wagu108 2011年2月17日
たとえば子どもの権利条約の場合、「積極的に意見する子ども」が一種の規範として子どもたちに示されているような気がする。まあ、子どもに認められているのは権利であるのだから、意見しない自由もあると見ていいかもしれない。
0
wagu @wagu108 2011年2月17日
子どもの権利条約は、大人に対しては、子どもの意見を聞き、権利に配慮しながら教育・育成するのが、あるべき姿とするだろうから、人によってはプレッシャーを感じたり、自分を否定されたような気になって「権利で子どもは育たない」などと反発するのだろう。
0
wagu @wagu108 2011年2月17日
集団的人権を認めるのが、正当な場合もそうでない場合もある。そうでない場合の一つに、抑圧的な側面が、保護したり権利を認めたりすることのメリットを上回ってしまう場合があり、子どもの集団的人権を根拠に表現を規制するのは、その最たるものだと思う。
0
wagu @wagu108 2011年2月17日
ところで、狭義の集団的人権論として、「エロ漫画は少女の人権を侵害するという議論」「創作物の中で、登場人物が人権を侵害されたのだと見なされる場合、同じの属性を持つ実在の集団の人権を侵害することになる、という議論」というのがあって、これにはぼくは反対。
0
wagu @wagu108 2011年2月17日
集団的人権を認めない、という人の多くは、たぶんこっちのことを言っている気がする。というかぼく自身が混同していて、つぶやきながらようやく整理できてきた感じ。
0
wagu @wagu108 2011年3月5日
国旗損壊罪とヘイトスピーチに対する規制との関係について・・・
0
wagu @wagu108 2011年3月5日
いくつかのつぶやきを追加しました
0
wagu @wagu108 2011年5月10日
いくつかのつぶやきを削除、追加しました。
0
ちびくろ参謀 @CSambo 2013年2月11日
集団人権論的に仮想的弱者を押し立てた主張が「論者が交渉で妥協できないので交渉が成り立たない」のは内田樹氏や佐々木俊尚氏が指摘する通り。逆に主張する側は「一歩も引けない愛他的闘争」を満喫できるという困った構図がある。
0
ちびくろ参謀 @CSambo 2013年2月11日
もう一つ自分が問題だと思うのは、こうした運動は保護する弱者に対しより無力に、より無名になる事を要求すること。無力で無名であるから代弁の意味が強くなる。ご指摘のように、枠に入らないなら矯正を主張することすらありうる。
0
ちびくろ参謀 @CSambo 2013年2月11日
まどか☆マギカで、ほむらの「彼女を守れる自分になりたい」願いが、やり直しごとにまどかから戦闘能力や意志力を奪っていった、という解釈があるけどそれと同じと考えるとわかりやすいかと。そして、思い通りにならないまどかに対し、ほむらは軽蔑を隠さなくすらなる。
0
ちびくろ参謀 @CSambo 2013年2月11日
現実世界ではKONY2012もよい例。支援されるウガンダの人々に「これは正しくない」と指摘されたことで主催者が行き詰まった。「何を言っても突っ込まれにくいから」代弁すべき無名で無力な人をの支援を渡り歩く人などは気をつけるべき事例。
0
ちびくろ参謀 @CSambo 2013年2月11日
「周囲を気にして意見が言えない人」「知識不足でどこに投票していいかすらわからない若者」を代弁できている、と主張する人は、本当に代弁する対象のことを理解できているのだろうか?これは、言葉無き人への搾取ではないだろうか?といつも考えてしまう。
0
あきらめた @6123Gomibako 2016年9月29日
個人主義こそ対差別に有効だと個人的には思う。個人主義と集団的人権が両立可能とは思えない。
1
江頭キチジロー @yanagomi 2019年1月25日
『西部戦線異状なし』で主人公パウル・ボイメルは敵国フランス兵と白兵戦を戦い勝利する。死んだかれの身分証から、パウルはさっき殺したフランス兵が名前を持った一人の印刷工であることを知り、おれは印刷工の○○(名前は失念)を殺したのだと愕然とする。私はここに、集団的人権論への懐疑の気づきを見て取る。
0
江頭キチジロー @yanagomi 2019年1月25日
集団的人権論は戦時思考と親和性が高い。集団的人権論の対象への「擁護」を「敵視」に変えてみれば分かっていただけると思う。「鬼畜米英」を糾弾する者の思考に、米英人個々人へのまなざしは無い。その点から、私は古典的近代戦争文学のこのくだりを「集団的人権論への懐疑の気づき」のヒントと感じ取った。
0