Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

東浩紀さんによる『シン・ゴジラ』感想(含むネタバレ)(20160802)

省略
49
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

シンゴジラ見た。たいへん良かったのではないかと思う。

2016-08-01 15:13:38
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

シン・ゴジラはぼくにとっては、観た直後は絶賛したくなるけど、一日経つとまあそれほどでもないかなという感じの映画でした。理由は、映像のクライマックスが真ん中にあって後半いささか弛むのと、じつに単純な物語だから。むろん観ても決して後悔しないと思います。ぼくも2回目観るかもしれません。

2016-08-02 12:47:26
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

そして以下ひとつふたつネタバレツイートするので、読みたくないひとは飛ばしてください。

2016-08-02 12:48:13
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

シン・ゴジラは、ひとことで言えば、細野豪志(に相当する人物)が職人集団を率いて外国に頼らず原子炉を無事冷温停止させる話で、「おれら本当は311でもこうできたはず」という願いが詰まった作品でした。だから受けるひとには受けるのではないかと思います。

2016-08-02 12:51:13
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

脚本はけっこうバランスがとれていたと思います。平成ガメラのような自衛隊絶賛映画ではなく、官邸の愚かさも描かれている。最後も冷温停止したゴジラとの苦渋の共存を強調していて、ちゃんと現実に対応している。冷温停止法の滑稽さは逆に廃炉作業の滑稽さをえぐり出しているとも言える。

2016-08-02 12:55:22
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

しかし、やはりそのぶん(普通に観れば)カタルシスがないし、物語も薄い。そもそもみな指摘するように人間ドラマはゼロ。だから一日経つと、「どんな話だったっけ?」ってなっちゃうんですよね。とはいえそこまで一作品にあらゆる要素を期待するものでもないので、そのかぎりでいいのではないかと。

2016-08-02 12:58:00
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

なおぼくは大田区の呑川近くに住んでいて、武蔵小杉もときどき行くのですが、そんなぼくからするとシン・ゴジラは徹底的にご当地映画で、おまけに昨日はまさに(最初の対ゴジラ戦がある)品川の映画館で観たので、そういう意味では臨場感抜群でしたw 東京のひとは観るとおもしろいと思います。

2016-08-02 13:01:44
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

といったところでしょうか。以上でネタバレ感想終わり〜

2016-08-02 13:01:57
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

枝野さんはもっと上位だし、年齢的に細野さんに対応していると思います。 twitter.com/ryutark/status…

2016-08-02 13:02:36
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

ゴジラが覚醒するクライマックスの1分ほどがおそろしく美しい映像だからです。まさに巨神兵+エヴァ。個人的には、あのまま東京を燃やし尽くしてほしかった。 twitter.com/yutuki2tuki/st…

2016-08-02 13:05:57
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

じつは同じ樋口真嗣監督の映画版『日本沈没』(2006)では、今回のゴジラと対照的に、官邸や政治家の対応は一切なく、人間ドラマ「しか」ないんですね。いわばセカイ系日本沈没なんだけど、両者の違いにこの10年の日本の変化が現れてます。 twitter.com/fukuyaman/stat…

2016-08-02 13:09:51
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

政治とかどーでもいいわー、願えば奇跡は起こるわー、というか少女降ってこねえかなと思っていたオタクたちが、政治家と日本の技術力に願いを託す時代になったことがよくわかる。

2016-08-02 13:11:45
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

彼の演技はすばらしいですが、彼の家族や恋人が出てくるわけでもなし、やはり「ドラマ」にはなっていないと思います。 twitter.com/yam_baru/statu…

2016-08-02 13:13:27
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

いいかげんシンゴジラの感想がうざくなってきた。内容関係なく、「オタクならこう観るべき」「おれらの感想を認めないってことはオタク差別」といった、オタクにありがちのアイデンティティ闘争になっている。

2016-08-05 15:27:51
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

ちなみにぼくは、シンゴジラは「たいへんよかった」と書いているのですが、そんなこととは関係なく、杉田俊介氏の感想をRTしたことによってオタクから敵認定された模様です。

2016-08-05 15:29:05
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

低予算にしてはすごくよくできた特撮映画、日本の特撮の伝統もアニメの伝統もきっちり入っている、さすが庵野! でもまあ裏返せば「しょせんは」特撮でありアニメであり、人間ドラマもないし政治的メッセージもないから、嫌いなひとは嫌いかもねってことでいいんじゃないかと思うけどな。

2016-08-05 15:31:00
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma

ネタバレするツイートやめてくれというひとは、まじでツイッターとかネットの見方を知らないひとなので、その時点であらゆる意味で終わっている、というかネタバレってぼくはそもそもわからなくて、小説の解説とかでも怒るひといるけど、それなら読まなければいいじゃん。

2016-08-05 15:54:09

コメント

緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2016年8月2日
なるほと。色恋沙汰や個人レベルの人間ドラマが全くない「セカイ系全否定ゴジラ」。だからこそ成功作なんだな
21
フカズミ/人外受け @fukazumioso 2016年8月2日
愚かさあってこそ人間は尊い主義の私の趣味には非常時に慣れてないお偉いさん方がヘタレながらも頑張って対応してるところがどストレートぶち当たった でも成長したっ…成長したときにいぃぃ…!
10
bun🍃 @bun3559 2016年8月2日
東さんて、想像力や妄想力のない人ですね。わたしの場合、この映画を見ながら自分の中の芳崎せいむ先生が、それこそゴジラのように絶叫しながら歓喜の雌叫び(めたけび)をあげましたよ。本当にありがとうございます。シン・ヒロインである蘭堂くん(受)をめぐって、攻の赤坂さんと泉くんが血で血を洗う争いを繰り広げる続編が楽しみです。(クソコメの極致)
12
bun🍃 @bun3559 2016年8月2日
最初はやっぱり赤坂×蘭堂が既定路線だと思ったし、竹野内豊の眼鏡S攻ぶりも最高にハマってたけど、中盤以降は泉の蘭堂へのラブビームが半端なかったよね。セリフの最後にいちいちハートマークが見えたような気がするもの(←あたまおかしい)
9
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年8月2日
同じ樋口監督の『日本沈没』(2006)のラブシーンの無意味な長さに辟易した者としては、「恋愛なんて出さなくても面白い映画は作れる」と示してくれたことがありがたかった。
38
arm147GO@⋈舞鎮 @arm1475 2016年8月2日
細野氏がモデル、と言った所で腹筋がもう駄目だった(笑)
35
猪尾稔 @man35631603 2016年8月2日
東氏がなんか言うとふたばや2chのアンチ、本物川一派がとにかく全否定するという流れはうんざり。
4
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2016年8月2日
あれだけセカイ系をやってたエヴァの庵野がこういう「個人ドラマは必要ない」という映画を作るってのは、やはり時代なんだろうなあ。95年のセカイ系の時代が完全に終了したってこと。そういや「終わりなき日常」なんて言葉もすっかり死語になった
16
DIE @DaiNagao 2016年8月2日
原発に置き換えちゃダメだと思うな…。原発と比べるとゴジラがあまりにも都合が良過ぎる。魅せたいコンセプトと撮りたいシーンがあってそこから辻褄があう設定とシナリオだったと受け止める方が色々自然だよ。あと平成VSシリーズどストレート世代だけど「今年もガッカリするんだろうな…」って思いながらお布施してた身としては、当時から安っぽいドラマパートは好きじゃなかったですよ。
24
ろぼ 水戸@液タブ練習中 @ROBOmito 2016年8月2日
役者の演技力に全く期待しない作りだったと聞きました。
0
DIE @DaiNagao 2016年8月2日
sadscient 手段とか描写の話でなくて、主題として「『おれら本当は311でもこうできたはず』という願いが詰まった作品」と言う受け取り方は危なっかしいって言う話です。劇中で放射能は検出されるものの「直ちに影響はない」レベルかつ半減期が異様に早い未知の物質とされてますし、件の主題で行くなら3.11よりももっとえげつない汚染レベルで描いてこそだと思いますよ。
11
佐渡災炎 @sadscient 2016年8月2日
DaiNagao 「手段とか描写の話ではなくて」という根拠として「手段とか描写の話」を持ってきてるのは何ナノ?
4
ehoba @htGOIW 2016年8月2日
半減期が短いことはすべてが解決した後に判明したハッピーエンド感のための補足みたいなもんだし、現実がどれだけ厳しかろうがこの映画は福島原発をモチーフにしてるし、観客もそう受け取ってる 「置き換えちゃダメ」の意味が全くわからない 「映画の中で解決したから、そういう風に解決できる問題なのだと安直に考えている人」みたいなのはいないし、そんな人を想定して反論してるのが既に頭おかしい
12
DIE @DaiNagao 2016年8月2日
sadscient 事態を鎮静化するのに原発事故で実際に導入された機材を使ったのは演出上のリアリティの話であって、今はそこの話はしてないってコトです。
0
DIE @DaiNagao 2016年8月2日
3.11後に描かれたゴジラなんだから、リアルに描こうとすれば描こうとするほどモチーフとしてはそこを無視して通れないワケで、3.11事故当時寄りの描写になるのは当然。事態が鎮まって蛇足の部分で半減期云々持ち出したからこそ、「作品として原発に対するイデオロギーは放棄します」って言うメッセージだと受け取ったんですけど…。
14
DIE @DaiNagao 2016年8月2日
なんか勝手にゲスパーされて「頭おかしい」とまで言われたら流石にカチンとくるんでハッキリ言っておくと、核兵器や核廃棄物よりも意見が対立してる原発でどちらか片方のイデオロギー寄りになるのを防ぐ為のエクスキューズを無視してイデオロギーを持ち出すのは無粋だって言いたかったんだよ。核廃棄物を食ったかもな描写があるんだから、ゴジラを原発に見立てるなら未知の放射性物質を放出してるなんて説明を付け加えるのは明らかに蛇足だろ。
12
洋瀬府駿平太 @josephsyunpeita 2016年8月2日
官邸前デモみたいなのが訴えてるのが、ゴジラ抹殺なのか保護なのかすら判別つかないただの騒音として描写されてるのが全てを物語っている、気もする。
33
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2016年8月2日
hirorin0015 従来の日本映画(ハリウッド大作でもそうだけど)なら、長谷川博巳と石原さとみは絶対にくっつきますわな。少なくともキスシーンぐらいはあったと思う。
6
sayaka(コロナ後遺症?→回復) @pencyan5656 2016年8月2日
セカイ系も製作委員会方式もエヴァからの呪縛も すべてトドメ刺したんだよ、ゴジラと一緒にね ここでベタな人間ドラマや恋愛を書いたら P2やWX3みたく陳腐になるに決まっている ゴジラとの戦いで充分人智や再生への希望を描いてるじゃないか
6
中敏悟 @shiwazanin 2016年8月2日
ヤシマ作戦見れば庵野監督はこういうセンスも元々持ってたのはわかるし、セカイ系が騒がれてた頃にポリティカル要素の濃い作品が廃れたわけでも、ポリティカル要素の濃い作品がヒットしたからといって主人公の半径数メートルの人間関係のみが描かれた作品が廃れるわけでもないと思うんだが、それを「オタクの意識の変化がウンニャカニャー」っていう主語の大きい雑な話にしちゃうの、相変わらずだなぁ
28
わいるどうぃりぃ @wildwilly888 2016年8月2日
この話を理解していなさと見るべきポイントがまったくずれているあたりさすがだと思った。
6
nakatsu_s @nakatsu_s 2016年8月2日
データベース消費論を述べていた東浩紀さんが、登場人物の描写というドラマがなければ記憶できないと話されるのは、興味深い。歪で美しいシン・ゴジラを評価しつつ、ドラマの無さの指摘というのは、妥当なところだと思うけど、みんなちょっと東浩紀さんを嫌いすぎてるのでは? ドラマなど無くていい自分の好きな要素だけ詰め込んであればと主張=データベース消費して東さんを嫌うというのは、なんか矛盾してるような気がするけど。
1
まさかなまき @MASAKANA_MAK 2016年8月2日
近年稀に見る素晴らしい邦画であり、素晴らしいゴジラ映画だった。その上で、それがドラマのなさかどうかわからないけど、ある程度の物足りなさでもって、東さんの話しに同意する。たぶん、国家中枢で活躍する彼らの、背後にあったであろう家とか家族とか、そういうのをもうちょろっと見たかったんだろ―なぁ。まあ、これは願望ですけどね。素晴らしいことには変わりない。
0
moheji @mohejinosuke 2016年8月2日
シン・ゴジラはどこまで行っても「ゴジラの映画」であってどこかのヒーローの話とかそういうものでは無い、っていうことなんだと思うんですよ。 で、「ゴジラ」というとてつもなく巨大な虚構にリアルを与えるため、「こんなもんで良いだろ」的な雑な嘘を排除したのがこの話だと思う。 311がうんたらかんたらっていうのはちょっと的外れで、2016年の映画として必要なリアリティラインがここだったというだけ。
20
中敏悟 @shiwazanin 2016年8月2日
×ドラマが無い ○ゴジラ退治プロジェクトを中心に据えたドラマに、取って付けたような恋愛要素など一個人のプライベートレベルのサブストーリーを無理にねじ込んで話を横道に逸れさせていない
47
sayaka(コロナ後遺症?→回復) @pencyan5656 2016年8月2日
何をもって人間ドラマなんだろうか… ゴジラファンはよく分からんが 庵野ファンはそういうの求めてないような 緻密なCGと、とにかく派手な破壊を期待していて ストーリーは整合性があればいいなぐらい
0
moheji @mohejinosuke 2016年8月2日
作話の都合で極端に愚かだったり理想的過ぎる政治家や好戦的すぎたりヒロイズムに酔ったりする自衛隊が登場すると強烈にしらけるのよね。 でも、邦画、特に特撮系だとそのあたりを猛烈に雑に扱ってきたせいで映画を内輪受けのつまらない学芸会(ただし撮影者の自意識高め)にしてきた過去があると思う。 そういうのをやめて真面目に話と絵を作り込んだ所に価値があるのであってイデオロギーで切り取って断面を覗こうとしてもそこにはなにもないように思う。
16
ユーセ コーイチ @ko_iti30 2016年8月2日
『シン・ゴジラ』は群像劇。個々の「内面の葛藤」より人々の「動き」でドラマとしての感動を与えるやり方。蘭堂はそれを見やすくしているだけの存在で『日本沈没(1973)』での小野寺の役に近い。『日本のいちばん長い日』や『ブルー・クリスマス』もそうだったから、気がついていると思っていたのだけれど。
13
FX-702P @fx702p 2016年8月3日
たくさんの人から良い点も物足りない点も色々出てきて盛り上がってるんだから良い作品なんだろうと思う。
1
a-nanjo @monoris2008 2016年8月3日
石原さとみじゃなく山本モナだったらなお良かったね
0
HANATARAY @hanataray 2016年8月3日
狭い世界に生きてる人だねえ。ゴジラはゴジラだよ。
4
うさPハウス相田和与 @usa_p_house 2016年8月3日
退屈な人間ドラマ(恋愛描写や家族愛描写とか)で作品が台無しにならないで良かったね(;´∀`)
16
一斗@再始動マン @itto_kh 2016年8月3日
いい意味でめまぐるしくそして冗長な人間ドラマがずーっと描写されてましたけどね。恋愛ではないけど友情以上の愛情とか擬似家族的なつながりとか、そういうのが人間ドラマじゃないんだったらあのシーンはなんだったのかな?説明とか解説?
4
火雛@香港加油 @HibinaKageori 2016年8月3日
DaiNagao 現実vs虚構は、映画館を出てからも続くのだって考えましょう。シン・ゴジラを観て「なるほど日本も捨てたもんじゃないな、俺たちも頑張ろう!」と意気揚々に出て来た観客を襲う現実。「あらそう?じゃあ現実の日本に山積したマジ問題に立ち向かってね。君たちも頑張るんでしょ?」「おおう……現実は虚構より手強かったぜ……」となるのです。
4
だんどろ @EDandoloS513 2016年8月3日
原発問題に置き換えるのは間違ってはいないけど、シンゴジラは政治的な要素を観客に当事者意識を持ってもらって「ゴジラ(災害)怖え〜」と思わせるために道具として使っているだけで、別に政治的な主張をしたいわけではないと思う。「政治的な主張が素晴らしい!」という人も「政治的な主張をゴジラでやるな」って人もそこを履き違えていて、あくまで映画をリアルに感じてもらうための道具に過ぎない。アズマンみたいな仕事やってる人は、思想性を取り上げざるを得ないから仕方ないと部分もあるが。
10
だんどろ @EDandoloS513 2016年8月3日
アズマンの言う中盤のカタルシスが凄すぎて自分的には大満足だったが、終盤は音楽が酷いし映像も微妙、展開もアッサリし過ぎていた。視聴後感に関してはアズマンに完全同意するが、思想や政治を取り上げるならもっと掘り下げろよ、と。細野まんまとか雑すぎるし、これじゃ素人の感想だよ。 映画評論家でもないし素人なんだが、思想家哲学家なのに面白みなさ過ぎる。
6
抹茶 @macharimo 2016年8月3日
どう受け止めるかは人それぞれだけど、意図やら願いやらを勝手に決めつけて事実のように言ったらダメでしょ。監督や脚本の人が発言したならともかく。 それはそれとして個人を掘り下げていないだけで人それぞれの思惑や行動は十分描かれていたと思うけど、無いと言われているらしい人間ドラマって何のことなんでしょう。
2
Karasu @karasu15794066 2016年8月3日
ゴジラFINALWARSみたいに延々と人間がアクションやってれば良かった、言いたんだなフラクタルは。
1
urutora_udon @urutora_udon 2016年8月4日
しかし、オチのクリティカルなとこまで感想を言いたいがためにネットで世界に発信してネタバレするとかw
3
とりぱん総理(本人風) @toripan2 2016年8月4日
東さんの意見に特に異存があるわけではないけど、『シンゴジラ見てみたい!』と1ミリも思わせない感想だなあ、、、とは思いました。僕はもう見たからいいけど。
7
とりぱん総理(本人風) @toripan2 2016年8月4日
大勢の名もなき市井の人が自分の言葉でネタバレにならないよう気を付けつつ感想をツイートし、それが何百何千とRTされて多くの人が劇場に足を運ぶ原動力になっているのに、プロがこれかあ。いや、別にいいけど。
18
Кен@MvsC∞待機中 @vfk_ken 2016年8月4日
嘘と勢いとケレン味を総動員して虚構に説得力を持たせるのが庵野イズム。シン・ゴジラは前半がエヴァで終盤はトップな、まさに庵野作品。TV版エヴァも散々考察本とか出まくった挙句、庵野曰く「それっぽく作っただけ」だからな。
3
畠山茂 / はっち / hacci @hacci88 2016年8月4日
成功したフィクションにおける比喩とか仮託とかいうものは「一対一で」「あからさまに」「他の可能性を排除して」あるものではない、ということをわかってない批評は視野狭窄だし、何より薄っぺらい。
6
void_1974 @tai_hai 2016年8月4日
なんか、「人間ドラマが足りない」って批評、昔どっかで似たようなの聞いたなと考えてみたらば、エンタメ作品によく付いて回った「人間が描けていない」と同種だと気付いた。ベクトルが逆なだけ。これって老(以下略)
2
ラクメキアそーさい/新井博之助 @sousai_h 2016年8月5日
あずまんは「ゴジラがんばれ地球をまもれ」世代だからぬ
0
小澤零人 コミ1中止ふたけ申込済 @reidoxr 2016年8月5日
まっさきに東京脱出して首都圏民を見下す発言して炎上し、ゴジラ保護を訴えさらに炎上していたのにいつのまにかゴジラを核で殲滅すべき論に転じてるあずまんまで想像してた
17
sh2tozan @Sh2Tozan 2016年8月6日
東氏はいつも頓珍漢な批評を書くなあと思う。自分とよほど違う感性をしているのだろう。本当に同じ作品見たのだろうかと首を傾げることがままあるからな。
8
56号 @56gojp 2016年8月8日
感想を言っただけでこんなにも嫌われるのは日ごろの東さんの人徳のなせるわざなのだろうか。そんなに頓珍漢だとも思わないけど。
0
青霊夢@ゲイツファイズアーマーコス作りたい @Blue_Reimu 2016年8月10日
外国に頼らず、って… 思いっきり在日米軍どころか核使用延期にフランス、スパコン並列化にドイツを始めとした世界各国の協力げあったじゃないですかやだー
10
tako @tako6502 2016年8月10日
ネタバレするのは自由だか、ネタバレすんなとボッコボコにぶん殴るのもまた自由だぜい
2
新田十三 @nitta_thirteen 2016年8月20日
怒ってシメに入るのがいかにもあずまん先生らしくて、ちょっと笑っちゃいました
0
赤目無冠 @akamemukan 2016年8月25日
山川賢一によると反論が2点あり。 第一に「外国に頼らず」とあるが外国に頼っていた。 第二に「人間ドラマはゼロ」とあるが人間ドラマは随所にあった。 よって好き嫌い以前に本作を読解できていない。
5
ut_ken @ut_ken 2016年8月25日
基本的なストーリー把握から間違ってるのですが…。「職人集団を率いて外国に頼らず原子炉を無事冷温停止させる話」と言ってるが、作戦実行では在日米軍を頼り、外交ではフランスを頼り、分子構造解析ではドイツなど諸外国研究機関のコンピュータを頼ってる。
12
とど丸@ご昭和下さい我の名を(令和だよ @todomaru2 2016年8月25日
まともに見てない上にネタバレまでする。これがプロだと言うんだから恐れ入る。この件に関してはド三流だわ
2
囚人番号6 @F4EJ2Phantom 2016年8月25日
ut_ken 世界各国の協力を得て作戦が実行可能になっていく様子こそが、人間に絶望していたはずの牧吾郎が心の奥底で望んでいた「人の善性」の具現化なんだろうなと思ったデス。だからこそ盛り上がったのだと思ったデスよ。
3
囚人番号6 @F4EJ2Phantom 2016年8月25日
そろそろ批評対象作品に政治性や思想性を見出すスタイルの批評は時代遅れなんじゃないの?と、せめて疑問に思って欲しいなぁ。もっとも、そんなことになったらおまんまの食い上げだ!って批評家もいるんだろうけど。
3
高木⚓ 弘樹 @takawokukuru 2016年8月26日
前から思ってたけど、鑑賞眼以前に感受性がおかしいんじゃないか、この人
3
くー@集近閉・三密回避 @koo_nya 2016年8月26日
ゴジラの映画は「ゴジラをどう見せる(魅せる)か」が主題じゃないの? 人間はその為の飾りですよ。 ドラマだのなんだのはおまけですよ。 とは言え、ドラマはちゃんと描かれてましたよ。 腐女子が喰いつくほどに想像の余地があるということです←をい
1
上上左右 @wwssad 2016年8月26日
待ってくれ待ってくれ! 人間ドラマ、ありまくりじゃないかな! 全般的に結構同意な感想だけど、人間ドラマ無しってのだけはちょっと違うのではと思ってしまう。
3
上上左右 @wwssad 2016年8月26日
確かに少数の人間にスポット当ててじっくり描き出したり起承転結つけたりはないんだけどさ。でも出てくる人間出てくる人間、みんなものすごくドラマ染み出してたと思うんだ。政治家にしろ自衛官にしろ、それぞれがどういうものを背負ってどういう人生を潜り抜けてそこにいるのか、それが尺の短い一つ一つの人間たちのシーンにものすごくドラマ的情感を醸し出していたと思う。
3
上上左右 @wwssad 2016年8月26日
たった一言の台詞でも、「ああこういう立場の人間ならきっとこういう心情で、あれとかこれとかの事情もあって今このポストにいるわけで、そういう人間がこういう台詞を出すって……ああ……ヤバイなこれ……」って感じ入り方が全編できた作品だと思う、今回のゴジラ。だから個人的には人間ドラマも凄く感じられた。勿論ゴジラ凄まじい! もある上でね。
2
上上左右 @wwssad 2016年8月26日
というかなんで人間ドラマ=『家族や恋人』なんだ……それだけじゃないだろ……! 政治家同士、自衛官と政治家、その他大勢的一般市民たち、全部人間ドラマバッチリじゃないか。人間ドラマが無ければいけないわけでもないし、その上シンゴジに人間ドラマがないというのも間違いだよ。
3
上上左右 @wwssad 2016年8月26日
矢口なんて人間ドラマの固まりじゃん。なんで彼の家族や恋人が人間ドラマに必要なんだ。『敵味方のシンプルな世界』で生きてきた彼の冒頭のお馬鹿な総理周りとの会話から中盤の激昂、アメリカ語お嬢さんとの会話も全部あれドラマだろ。ゴジラが主柱の映画だけど、一方でゴジラを介した凄く広い範囲での人間ドラマでもあるじゃないかよ。
3
上上左右 @wwssad 2016年8月26日
……よく読めばあんまり全般的に結構同意でもないかもな。
1
フローライト @FluoRiteTW 2016年8月26日
「細野じゃ無理」だという点は皆さまにご理解いただけると信じている。
0
赤目無冠 @akamemukan 2016年8月26日
wwssad 東氏にとっての人間ドラマは昔のエヴァのような個人の内面だけで、集団の協力ではないのでしょう。彼はセカイ系で頭が止まっている。
1