烏賀陽弘道さん@hirougayaの「相模原事件の被害者の氏名を発表しないと警察が決めたことの所感」

烏賀陽さんが「相模原事件の被害者の氏名を発表しないと警察が決めたことの所感」を連ツイートされている。示唆に富んだツイートです。 特に「人間の価値を数値化し、序列化する」ことを奨励してきた日本社会に内在している問題が表出した事件であることの指摘に唸り、まとめました。
社会問題
4
烏賀陽 弘道 @hirougaya
「重度障害者は殺してもいい」なんて最大限にエクストリームな事件が起きると、みなさん「新自由主義が」「格差社会が」と近年の政策の失敗のように言いますが、日本社会はずっと「人間の価値を数値化して序列化する」ことを奨励してきました。共通一次試験とかそうでしょ?@zinjoutarou
烏賀陽 弘道 @hirougaya
誰も指摘しませんが、相模原事件は「社会を良くするという思想・信条に従って不特定多数を対象に残虐行為を実行し、思想信条の社会的表明を行う」という点では「殺人事件」というより「テロ」に近いと私は考えています。もちろん、その思想信条は狂っていますが。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
相模原事件の被害者の氏名を発表しないと警察が決めたことの所感(1)理由は「被害者の家にマスコミが殺到したら、そのことの責めを警察が負いたくない」という善意あるいは責任回避。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
相模原事件の被害者の氏名を発表しないと警察が決めたことの所感(2)「家にマスコミが殺到したらイヤだ」という家族の警察への要請。私も現状のマスコミの浅薄な集団取材が大嫌いなので、家族には同情する。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
相模原事件の被害者の氏名を発表しないと警察が決めたことの所感(3)「しかしこれは「家族も重度障害者が身内にいることを恥じていたのか」「身内に重度障がい者がいることを隠していたのか」「隠したいのか」という誤解や偏見を招くリスクも高い。隠しても家族はつらい立場に追い込まれる。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
相模原事件の被害者の氏名を発表しないと警察が決めたことの所感(4)どちらにしても、被害者の氏名を社会に知らせない」ことを決めるのは「家族」や「警察」であって「被害者本人」ではない。ここでも障がい者は「自分が社会の中での立ち位置を自分で決める」という主体性を奪われている。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
相模原事件の被害者の氏名を発表しないと警察が決めたことの所感(6)障がい者は「自分が大量殺人事件の被害者になった」ということを社会に知らせるかどうかを決めることすらできない。家族や警察が決める。この「自己決定権の剥奪」も障がい者への非道な仕打ちに思える。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
相模原事件の被害者の氏名を発表しないと警察が決めたことの所感(7)「氏名」とは、ある個人が他者と違う一人の人間であることを示すミニマムにして最大のシンボルである。それすら社会に知らされず、そしてそれを他者が決める。「無名の死者」になる。残虐のうえに残虐を重ねるやりきれなさを感じる
烏賀陽 弘道 @hirougaya
相模原事件の被害者の氏名を発表しないと警察が決めたことの所感(8)「氏名」すら社会に知らされない被害者は、あれほどの残虐行為の犠牲になってなお、自己決定権を奪われる。「相模原事件の多数の被害者のひとり」になる。どう人生を送るかの自己決定権を奪われた「無名兵士」のようだ。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
相模原事件の被害者の氏名を発表しないと警察が決めたことの所感(8)昔はこうした「無名のまま、社会に知られず死ぬ人々」は「無縁仏」と呼ばれた。「縁」という社会のネットワークから逸脱した人だから「無縁」なのだ。「社会に見捨てられた人」と同義である。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
相模原事件の被害者の氏名を発表しないことの所感(9)相模原事件の被害者たちが「無縁仏」と同じ扱いでいいのだろうか?江戸時代や明治時代にあった「無縁」という扱いを、21世紀の日本が障がい者にすることが許されるのだろうか? 死してなお彼らを社会から捨てる非道が許されるのだろうか?
烏賀陽 弘道 @hirougaya
相模原事件の被害者の氏名を発表しないと警察が決めたことの所感(10)とりあえず、所感メモおしまい。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
「人間の価値を数値化し、序列化する」ことを過去40年以上奨励してきた日本社会が「では、その数値化された価値が低い重度障害者を殺して何が悪いんだ」と開き直られたとき、答えに詰まるのは不思議ではない。恐ろしいことに、我々は「命は等しく大切だ」としどろもどろに言うしかないのだ。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
相模原事件の被害者の氏名を発表しないことの所感(11)犯人の植松聖(26)の発言は、躁病の誇大妄想や統合失調症の命令妄想に酷似しているにもかかわらず、警察あるいは報道はそのことに一切触れない。被害者の属性だけでなく、犯人の属性においても「障がい」はタブーとして隠される。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
相模原事件の被害者の氏名を発表しないことの所感(12)そうした躁病や統合失調症といった精神障がい者も、被害者の属性と同じように社会から隠されることで「話題にしてはならないこと」=「タブー」になる。日本の社会文化はそれを「忌みごと」「穢」(けがれ)と呼んできた。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
相模原事件の被害者の氏名を発表しないことの所感(13)犯人の属性である精神病にしても被害者の属性である知的・身体的障害にしても、同じように日本社会は「タブー」「穢(ケガレ)」「忌みごと」の領域に押し込めようとしている。その心性こそが、21世紀日本に出現した「前近代性」ではないのか
烏賀陽 弘道 @hirougaya
以前「人を殺して何がいけないのですか」と言った少年がいたように記憶している。相模原事件の26歳の犯人は、あの少年が大人になったのだという思いがする。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
共通一次試験はじめ「人間の価値を数値化して序列化する」ことを40年近く奨励してきた日本社会は、そういう人間をも生むことを避けられない。植松聖は日本の社会文化が産んだモンスターであり、その意味では「我々の一人」にすぎない。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
共通一次試験は1979年に始まった。全国の18歳を数値化し、序列化することを社会が是認し奨励しはじめた年だ。そのときの18歳の少年はいま55歳。相模原事件の犯人・植松聖26歳の親の世代にあたる。

コメント

竹永@2 @takenaga51 2016年8月2日
被害者本人って殺されてるから自己決定も何もなくないか…?
斉御司 @saionji1942 2016年8月2日
大川隆法が求められている……?かどうかはともかく、共通一次試験本当に恨まれてるなあ。余裕をもって志望校を決めておけば、多少ミスしても足を切られたりはしないと思うのだが。
竹永@2 @takenaga51 2016年8月2日
烏賀陽 弘道 @hirougaya @Sicilywsize え!被害者が全員死んだと思ってるの、あなた! 死んでない被害者なら本人の自由意志で公表するかどうかを選べるんじゃないですかねえ? なぜか烏賀陽君が私のことをブロックしてるからここに書くけど
のた @n0ta_55 2016年8月3日
人間を数値化して序列をつけるって流れで、なんで共通一次なんて矮小な話になってんのよww 成り立ちも数値化・序列化が目的じゃなくて、個別試験の珍問化や難問化が問題になったからだし。
のた @n0ta_55 2016年8月3日
身分制度の成り立ちが人間の能力(経済力や武力)による序列化だから、一番最近でもいわゆる四大文明あたりまでは遡れるんじゃね?
やし○ @kkr8612 2016年8月3日
ネットで氏名を公開せずに何かを主張することを認めないマンに言われてもなぁ。
眠れるミソサザイ#@中途半端な暑さで意識が飛ぶ @marumasa58 2016年8月3日
つまりマスコミによる犯罪は、無縁仏みたいなものなんだな
まるちゃん@大湊警備府 @malchan1224 2016年8月3日
だから”マスコミ”が"自らの責任と覚悟”で自由に取材して氏名を公表したら良い。 出来るものならな。 その"社会的責任”を負いたくないから「警察ガー、報道の自由ガー」と叫び続けているのはとっくにばれている。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする