みんなのオブザイヤーオブザイヤーを募集中!今年のツイート今年のうちにまとめよう!

イミルアの心臓#2 少女の願い◆3(2016加筆修正版)

観光客フィルとレッドは、寒風吹きすさぶ寂れた観光地で、忘れ物を探します。しかしそれを妨害する市長! そして謎の美女…… 過去作長編「イミルアの心臓」を大幅加筆修正! 再公開します 最初↓ #1 ◆1 http://togetter.com/li/1005592 続きを読む
Twitter小説 書籍 文学 減衰世界
449view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
減衰世界 @decay_world
_イミルアの心臓#2 少女の願い◆3
減衰世界 @decay_world
「……すべては市長の妄執から始まったの」  シンクアイは通路を歩きながら、これまでのいきさつを話した。市長に就任の後、彼は記念に自分の忘れ物を探しにこの館を訪れたという。そこで、どうしても手に入れたいある忘れ物を見つけたというのだ。しかしそれは市長の忘れ物ではなかった。 51
減衰世界 @decay_world
「自分の忘れ物以外持ち帰ってはいけない、それがルール……」  その忘れ物は市長を拒絶した。魔法陣はねじ曲がり、市長は館の外へ弾き飛ばされてしまった。  市長は誰かによってその忘れ物が持ち去られるのを恐れた。そして、館は閉鎖され観光客は殺されるようになったというのだ。 52
減衰世界 @decay_world
「その凄い忘れ物というのは……」 「イミルア……という名の女性」 「人間の忘れ物まであるのか……」 「なるほど、さぞかし美人なのですね」  シンクアイはそれを聞くと思いつめた表情で俯いた。館のなかは真っ暗で、フィルは光源を使用して辺りを照らす。 53
減衰世界 @decay_world
_シンクアイの険しい表情が光に照らされる。 「増えすぎた忘れ物たちはいずれ許容量を超え、暴走し館を飛びだすでしょう。魔法陣のルールは壊れ始めています。幾度となく市長を拒絶しましたが、次も成功するかは分かりません。お願いです、その前にイミルアを……ここから解放してください!」 54
減衰世界 @decay_world
「そういえば君も忘れ物を取りに来たのかい? 随分ここに詳しいみたいだけれど」 「私は……」  そのときフィルは「静かに」のジェスチャーをして会話を遮った。何か機械の駆動音のような音が聞こえる。  通路の奥を見た。濃い魔力の霧が通路を闇に閉ざしている。 55
減衰世界 @decay_world
_ミシッ……ミシッ……と館の床板を重い物が踏む音が聞こえる。フィルとレッドはその場に立ち止まって迎え撃つ。  やがて巨大な鎧が闇の中から姿を現した。滑らかな群青に光る装甲、関節で稼働するガスモーター。フィルとレッドはこの鎧に見覚えがある。モスルート製の戦闘機動鎧だ。 56
減衰世界 @decay_world
「あの女性……イミルアと言うのか。素晴らしい名だ」  鎧の隙間から市長の声が聞こえる。その声は歯ぎしりが聞こえそうなほど震えていた。意識が戻って出直してきたのだろう。  シンクアイは市長をきっと睨む。 57
減衰世界 @decay_world
「他人の思い……他人の記憶を踏みにじることなど許されません。あなたにはきっとイミルアは微笑まないでしょう。もう、やめてください!」  シンクアイは市長に訴える。市長の表情は窺い知れないが、そんな言葉で考え直すようなら観光客狩りなどしないだろう。 58
減衰世界 @decay_world
_通路の天井を擦りそうな巨体が、立ち止まった。 「そんなことは分かっている……だが、私にはもうどうすることもできないのだ。私自身が破滅するまで、私はイミルアの形を追い求めてしまう。だから……」  ぎしり、と固く拳の握られた腕を掲げる。 59
減衰世界 @decay_world
「渡さん……渡せないのだよ!」  鎧の腕から1対の刃が伸びる! それは魔法の力を受けて淡く緑に輝いていた。 60
減衰世界 @decay_world
_イミルアの心臓#2 少女の願い(了) #3 抜け落ちた心臓 へつづく
減衰世界 @decay_world
【用語解説】 【戦闘機動鎧】 モスルートが開発した輸出用の量産パワードスーツ。身長2.5メートルの巨体で、250個のシリンダーが埋め込まれ大量の魔法をマウントできる。関節を動かすのはガス圧モーターで、ガスの循環も魔法が行う。都市国家の支配者層の魔法使いに飛ぶように売れたという
ログインして広告を非表示にする