イミルアの心臓#3 抜け落ちた心臓◆2(2016加筆修正版)

観光客フィルとレッドは、寒風吹きすさぶ寂れた観光地で、忘れ物を探します。しかしそれを妨害する市長! そして謎の美女…… 過去作長編「イミルアの心臓」を大幅加筆修正! 再公開します 最初↓ #1 ◆1 http://togetter.com/li/1005592 前↓ #3 ◆1 http://togetter.com/li/1008302 次↓ #3 ◆3 http://togetter.com/li/1008973 実況・感想タグは #減衰世界 です
減衰世界
rikumo 332view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
  • 減衰世界 @decay_world 2016-08-05 19:42:43
    _イミルアの心臓#3 抜け落ちた心臓◆2
  • 減衰世界 @decay_world 2016-08-05 19:47:25
    _市長は闇の中でもがく。 「何故だ……何故、イミルアは私に巡り合わなかった。私は彼女に巡り合えたのに、何故二人は交わらなかったんだ……」  鎧の脱出機構を作動させると、彼の身体は闇の中へと放り投げられ、そのまま奈落へと落下していった。 71
  • 減衰世界 @decay_world 2016-08-05 19:53:18
    『それがルールだ』  誰かの声。市長は怒りで充血した目を奈落の底へと向ける。そこにはぼんやりとした光があった。 「何がルールだ」 『わたしの決めたルールだ』  市長はジャケットを脱ぎ捨て、拳を振りかざす。 「ルールが何だというのだ」 72
  • 減衰世界 @decay_world 2016-08-05 19:59:51
    _固く握りしめた拳が震える。 「お前が勝手に決めたルールだろう、それは! 私は……街の誰から軽蔑されても構わない。私は……俺は! イミルアに唾を吐きかけられても構わんのだ! 俺自身がイミルアに相応しい男になればいいだけであろう! くだらないルールでどうして俺を縛る!」 73
  • 減衰世界 @decay_world 2016-08-05 20:09:10
    『やめろ……その感情は強すぎる……』 「女のことを忘れ去った男が、今更取り戻しに来て何なんだ! その何十倍も俺はイミルアのことを思っていたよ! 館をギルドに売り払い、解体する商談も進んでいる! 失った観光収入を取り戻せる、だから――」 『や、やめ……』 ―― 74
  • 減衰世界 @decay_world 2016-08-05 20:14:55
    _フィルとレッドは地下へと潜っていった。いくつもの扉をくぐり、分かれ道を過ぎる。  進む方向は完全にカンに頼っていたが、何か導かれるようなものを感じる。フィルとレッドは闇の中螺旋階段を延々と降りていった。やがて二人は壁や床がセラミックプレートで覆われた部屋へと辿りつく。 75
  • 減衰世界 @decay_world 2016-08-05 20:21:03
    _無数のシャワーノズルやバルブが壁に設置されている。どうやらお風呂場のようだ。空の湯船が朽ちて転がっていた。魔力の霧がたちこめ、それは魔法陣特有の流動性をもって渦巻いている。  レッドは薄暗い部屋の奥に人が立っているのに気付き、どきりと立ち止まった。 76
  • 減衰世界 @decay_world 2016-08-05 20:30:26
    _酷く冷たい部屋。その部屋の奥に立っていたのはカラールだった。湯船の一つを見つめたままじっとしている。 「お隣、よろしいですか?」  フィルはカラールに声をかけた。するとカラールはゆっくり振り返って微笑む。 「やぁ、君たちも来ていたのか」 77
  • 減衰世界 @decay_world 2016-08-05 20:35:20
    _フィルとレッドはカラールに近づく。 「忘れ物、見つかったかい?」 「半分はね」  カラールの目の前にある湯船……はたしてその中には、一人の美少女がその身を横たえていた。ボロ切れのドレスを身に纏い、手を組んで死んだように眠っている。  突然裸電球がチカチカと明滅した。 78
  • 減衰世界 @decay_world 2016-08-05 20:41:52
    「このひとがイミルアかい?」  フィルはカラールに問うてみた。カラールは黙ってゆっくりと頷く。そしてイミルアの胸を指差した。指差した先、彼女の胸はパズルのピースが抜け落ちたように四角くパーツが抜け落ちていた。血は流れておらず、断面は暗黒が渦巻いている。 79
  • 減衰世界 @decay_world 2016-08-05 20:46:20
    「彼女には心臓が無いんだ」  そう言って肩をすくめた。カラールはイミルアを探してこの館へと来たという。しかし、心臓が無くては意味が無い。そうどこかもの哀しい顔で言った。イミルアの顔は蝋人形のように生気が無かった。 「心臓が無いから、彼女を持って帰れない」 80
  • 減衰世界 @decay_world 2016-08-05 20:47:05
    _イミルアの心臓#3 抜け落ちた心臓 ◆2終わり ◆3へつづく
  • 減衰世界 @decay_world 2016-08-05 20:52:27
    【用語解説】 【魔力の霧】 魔力ガスが充満している空間に、液体に相転移した魔力の粒が浮遊している状態のことを指す。魔力の濃いダンジョン等で見ることができる。しかしいくら魔力の密度が濃くなっても、人体に吸収されて代謝するためには感情が不可欠なので、利用し放題というわけではない

コメント

カテゴリーからまとめを探す

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする