「『シン・ゴジラ』に覚えた“違和感”の正体」に覚えた違和感の正体 ~観客はそんなにも愚かだろうか~

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49434 辻田真佐憲氏のシン・ゴジラ評。現在、ネット上で公開されているシン・ゴジラに対して批判的な言説の中で、 唯一読む価値があるのではないかと個人的に思いましたので、その評に対して自分が思ったことをまとめてみました。 ※作成した別のシン・ゴジラに関するまとめ 『シン・ゴジラ』の感想を集めてみた(ネタバレあり) http://togetter.com/li/1007494 ※2016/8/21 主観が大分入ってますが、自分の思うところを追記しました。
シン・ゴジラ
tomo1109_Reffi 92971view 233コメント
215
ログインして広告を非表示にする
  • Reffi @tomo1109_Reffi 2016-08-13 13:39:31
    辻田真佐憲氏のプロパガンダに関する普段の言説には首肯するところも多いんだけど、結論は少し穿ち過ぎなんじゃないかなぁ・・・「現実対虚構」には虚構が「シン・ゴジラという作品そのもの」という意味も当然含まれているわけで。 twitter.com/reichsneet/sta…
  • Reffi @tomo1109_Reffi 2016-08-13 13:47:55
    この批評の結論部分はメタ的に見た場合にもう1段足りていないのではないか、という気がする。
  • Reffi @tomo1109_Reffi 2016-08-13 13:56:13
    作品の中で繰り広げられる「(作品世界内の)ニッポン 対 (怪獣としての)ゴジラ」。メタなレベルでの「(現実世界の)ニッポン 対 (作品としてのシン・)ゴジラ」。「現実対虚構」というキャッチコピーには、それ以外にも様々な意味が重層的に込められている。
  • Reffi @tomo1109_Reffi 2016-08-13 13:42:51
    製作にあたっての庵野監督の決意表明ではそのへんもきちんと踏まえられていて(「夢や願望だけでなく現実のカリカチュア、風刺や鏡像でもあります」)、受け取る側にその解釈は委ねられている。 twitter.com/reichsneet/sta… shin-godzilla.jp/comment/
  • Reffi @tomo1109_Reffi 2016-08-13 13:45:37
    シン・ゴジラという作品から、人は自分が見たいものを選び出し、強調してしまう。そこから願望を読み取るのか、風刺を読み取るのかというのは、受け手の問題でしょう。そしておそらく、多くの観客はそんなに愚かではない。 twitter.com/reichsneet/sta…

  • Reffi @tomo1109_Reffi 2016-08-13 14:22:58
    シン・ゴジラの初回を見て大変な衝撃を受けた後で思ったことのうちの一つに、この作品は政治的中立性や思想的中立性を担保する為に恐ろしく腐心してるなぁ、というのがあった。例えばデモのシーンでは左右両方の声が聴こえてくるし、在日米軍は無慈悲な暴君と良き隣人という両面で描写されている。
  • Reffi @tomo1109_Reffi 2016-08-14 13:40:26
    これは自分も上品で効果的な描き方だなぁと感心した。外務省がまだ復旧していなくて外交チャンネルが機能していないという切迫した状況や、総理臨時代理の器の大きさを見せるとか、色々な要素を実に簡潔にまとめている。 twitter.com/yomoyomo/statu…
  • Reffi @tomo1109_Reffi 2016-08-13 14:27:13
    誤解を恐れずに言うならば、扱っている題材が題材なだけにどこまでいっても・・・というところはあって、これはある意味では滑稽な努力であるともいえるわけだけど、空想科学特撮映画、エンターテインメントたらんとするためにそうした努力が払われているということにはきちんと意義があるわけですよ。
  • Reffi @tomo1109_Reffi 2016-08-13 14:33:45
    シン・ゴジラについて思想的あるいは社会的な論評・批評を行うことが無意味だとは思わないけど、それをやろうとする者は炎上して丸焼けになる覚悟が必要だと思う。自分を映す鏡にレーザー撃ち込んでるような行為なので、周到に論を組み立て、自分を客観視できなければならない。
  • mOxOn(駄文生成装置) @MOX_ON 2016-08-14 05:46:20
    主役たる本作のゴジラ自体、人類を駆逐する天敵であると同時に、人類文明を飛躍させる福音でもあるわけで。物事の両義性を重視し、安易に物事を決めつける事の危険への警鐘が、最大の作品主題とは思うな。本当オーソドックスなSFだよなぁ。 twitter.com/tomo1109_Reffi…
  • Reffi @tomo1109_Reffi 2016-08-14 09:47:27
    @MOX_ON シン・ゴジラにおいては、ゴジラは物語の構造上「人類文明を飛躍させる福音」でなければならなかったのかもしれんね。原子力の象徴なわけだから、両義性を持つのは当然、と。
  • Reffi @tomo1109_Reffi 2016-08-14 05:51:40
    @MOX_ON 思想性以外の部分においても、異様なまでに作品全体が「バランスを取る」ことに腐心しているように見えるんだよな。もはやそれ自体が作品のテーマの一つであるかのように感じるぐらい。矢口と赤坂の対比や、そこから敷衍される「好きにする」についてもそうだし。

  • 「好きにする」について、若干飛躍があるので補足します

  • 白のハムスター @Lazurin4 2016-08-07 23:36:37
    #細かすぎて伝わらないシン・ゴジラの好きなところ選手権 赤坂は結局一度も自分から「ゴジラ」って言わずにあくまで「巨大不明生物」としか言わないとこ好き
  • 断末摩太郎 @M_Ccheda 2016-08-11 00:01:13
    @tomo1109_Reffi あくまで終始「災害」として認識している彼は、悲しんだり起こったりしてゴジラと戦おうと思う「現実」ではなく「冷静に対応し2時災害を減らす事を考える」方の「現実」を担保する存在なんじゃないかと思います。どちらも「現実ではない」とはいえないので
  • Reffi @tomo1109_Reffi 2016-08-11 00:07:27
    @M_Ccheda 「そう、生物です。だから駆除することができます。同じ自然災害と区分しても地震や台風とは違います」という発言がありますけど、つまり地震や台風と同列に区分すべきだと考えていて、その為には名前を付けるべきではないと考えている、ということなんですかねぇ・・・
  • Reffi @tomo1109_Reffi 2016-08-12 04:29:57
    名前で呼ぶことで対象に過剰な感情を注いでしまい、フラットな見方ができなくなってしまう。「ゴジラに多くの人々が殺された」「巨大不明生物によって多くの人々が亡くなった」は違うということですね。
  • Reffi @tomo1109_Reffi 2016-08-11 00:21:06
    @M_Ccheda あー、なんか納得できつつあるような気がします。矢口と赤坂、両者の「現実」のせめぎ合いなんですね。感情を爆発させるだけではいけない。冷静であり続けようとするあまり、諦観にも陥ってもいけない、と。
  • 断末摩太郎 @M_Ccheda 2016-08-11 00:23:29
    @tomo1109_Reffi oricon.co.jp/special/49172/ 長谷川博己のインタビュー記事ですが念密にお互いの意見を持って監督と打ち合わせをしたような印象を受けるんですけど、彼の成長物語だという視点を持てばなるほど最初のネクタイ締めてた頃とは最後はだいぶ違うなと
  • Reffi @tomo1109_Reffi 2016-08-11 00:33:12
    @M_Ccheda そこから作品の主要テーマである「好きにしろ」に繋がってくるんでしょうか。「好き」を通すのは難しい。好きを通す=自らの理想に忠実である、ということなわけですが、それは一人では難しい、と。しかし一人でなければ・・・
  • Reffi @tomo1109_Reffi 2016-08-11 12:39:39
    ラストの赤坂の「ご苦労」って、最上級のデレなんだよなぁ……
  • Reffi @tomo1109_Reffi 2016-08-11 12:44:28
    赤坂は矢口プランを否定していない。あくまで「お前のプランには、まだ不確定要素が残ってる」と言っている。つまりこれは、「不確定要素をなくしてみろよ」と言ってるんだよな。その上で自分は「抜け目のない采配」を振るう為に、矢口プランがうまくいかなかった場合に備えて最善を尽くしている。
  • Reffi @tomo1109_Reffi 2016-08-11 12:51:49
    赤坂は矢口に自分の理想や仕事の一部を預けている。「それは矢口がやるから自分はこっちをやる」と。で、それがトータルとして、抜け目のない采配として機能している。そういう意味において、赤坂は矢口に絶大な信頼を置いていると言っても良い。何このツンデレ。
  • Reffi @tomo1109_Reffi 2016-08-11 12:56:14
    話が最初に戻る。冒頭から赤坂は一環して矢口の「スタンドプレー」を諌める立場を取っている。物事を進めるには根回しや調整が大事で、組織の中の与えられた立場でまず最善を尽くせ、と。言い換えれば「チームプレー」が重要であると言っている。

コメント

  • 言葉使い @tennteke 2016-08-14 06:37:25
    例えばさ、元記事の3ページ目に「科学技術はどんどん世界に追い抜かされつつある」なんてあるけどさ、昭和中期に星新一が「日本の建設会社は米国でビルや橋を造っていて、それらが事故を起こしたとも聞かないのに、メイド・イン・ジャパンは粗悪品の代名詞とされている。何故か?」と考えていた事があったわけさ、→
  • 言葉使い @tennteke 2016-08-14 06:39:41
    で現在、日本の電化製品はほとんどが外国製になって、日本製品が駆逐されているようなもんだけどさ、一~五万円台の家電製品、商品レビュー読むと故障率が結構高くて、改めて買う時にかなりの用心が必要だし、「これくらいの値段だったら一年くらいで壊れても諦めるしかないか」と思わないとやってられない。それが「科学技術はどんどん世界に追い抜かされつつある」と言えるんだろうか?
  • 言葉使い @tennteke 2016-08-14 06:41:14
    1980年代に社会が「国際化!国際化!」の大合唱があって、小泉政権の時だっけ?違うかも知れないけど「グローバリゼーション!グローバリゼーション」の大合唱があって、一時期の民主党には国家指針に一定の説得力はあったんだよ。「そんなに金持ちにならないといけないのか?」という異議申し立て。
  • 言葉使い @tennteke 2016-08-14 06:42:40
    でも経済行為自体は情なんてないから、「国際競争力を持たなければやっていけなくなる」=「価格が安くなければ売れないんだ!」で、どれだけ性能が高く、壊れにくい物であっても、安い外国製品に太刀打ちできないという現実は確かにあった。
  • 言葉使い @tennteke 2016-08-14 06:45:24
    それで3.11前の反原発運動は「大量生産大量販売は辞めよう、〝強欲は善である〟の最終帰結が〝核〟なんだから、原子力発電も全敗して身の丈に合った生活をしよう」だったのに、3.11以降「反原発派は儲かる」という、ガリガリ亡者が運動を乗っ取って、それまでの民主党の姿勢をぶち壊してしまった、
  • 言葉使い @tennteke 2016-08-14 06:45:38
    これが「立派な指導者が出てくれば、日本はまだまだやれる」だと思うんだけどなぁ。
  • Bernoulli【活動中】 @civilmarvelous 2016-08-14 07:12:10
    野暮と分かりつつ批評してる人が少ないからなぁ。おれさまはー!って噴きあがってる人が目立ち過ぎ。
  • ヒジャチョンダラ @citabow 2016-08-14 07:39:49
    『日本の不能ぶり』を描いた著作物なんて腐るほどあるので(震災時の朝鮮人虐殺とか南京大虐殺とかさ)、別にゴジラまでねえ……。嫌いな傾向の作品を腐し、辻田真佐憲氏の自著や好きな傾向の作品のプロパガンダ(笑)の記事としか。
  • ハドロン @hadoron1203 2016-08-14 08:24:49
    辻田は自分の思想を語りたいがために、シン・ゴジラをダシにしてるだけやな。だいたい作品中のどこに「立派な指導者」が居るというのか。むしろ首相を始め、主要閣僚の半分が消えた後半の方が、物事がスムーズに進むようになった。ヤシオリ作戦も現場レベルで技術的に可能なことを地道に積み上げていった結果に過ぎない。
  • BigHopeClasic @BigHopeClasic 2016-08-14 08:48:46
    自分のこの件に関する感想は、まとめ最後のReffiさんの「こういうことをいう人も必要」に尽きていて、客は皆が皆愚かではないのは当然として、愚かな客も相応に多い(シン・ゴジラが人気作になり、シネフィルや特撮ヲタやアニヲタの割合が相対的に減るほど日本国民全体が母集団に近づき、平均より上と平均より下が等分に近づく)のだから、言わなきゃダメだと。ものすごく皮肉なことに、辻田真佐憲の文章に脊髄反射する人間が増えるほど辻田の正当性が増していくわけで。
  • もるだでぃ(・灬・ )ノ @morudaddy 2016-08-14 08:58:18
    ゴジラ凍結なんてのは一時凌ぎに過ぎないわけで、被災や政治経済の混乱からの復興こそがこの先大事だし、若手の頑張りに希望が持てたからこそ「スクラップ&ビルド」に期待をつなげることができたって思うんだけどなぁ。政治的空白すら活かして。
  • 山本弘 『BISビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016-08-14 09:33:42
    「自分を映す鏡にレーザー撃ち込んでる」という表現が秀逸。
  • (新)ぼくキャプ村ーN @sinbokukyapun 2016-08-14 10:35:52
    >「ものすごく皮肉なことに、辻田真佐憲の文章に脊髄反射する人間が増えるほど辻田の正当性が増していくわけで。」なるほど。論理的正当性と数量的適格性か
  • BigHopeClasic @BigHopeClasic 2016-08-14 10:37:30
    hirorin0015 真面目に向き合って出された批評にそれで何かいいこと言った気分になったり冷笑した気分になる奴がいるとすれば大いに問題ですけどね。
  • たいあしいか @Tirthika 2016-08-14 10:38:34
    批評というか長文意見を展開する人には「持論展開乙」というのが適切な返しなのでしょうな ( ゜ω゜) #持論展開好き
  • ヘルヴォルト @hervort 2016-08-14 10:41:20
    ようは期待値が高い人からは高評価を得て、期待値が低い人からは評価が得られにくいってことだね。
  • ときを @yuubiseharukana 2016-08-14 10:53:34
    hadoron1203 自分は大河内内閣は有能だったと思います。その時々でベターな選択を選んでる。後半スムーズに行くようになったのは都心が壊滅状態になり核ミサイルが撃ち込まれるまで秒段階で日本がなりふり構わなくなったからなのと本来主導すべき首脳陣がいなくなったことで他のメンバーの結束が上がったからであって大河内内閣が無能だったわけではないかと。あの首脳陣ならヤシオリ作戦も喜んで協力したような気がします
  • 緑川だむ @Dam_midorikawa 2016-08-14 10:56:34
    シンゴジラを批判する人はどうやら、シンゴジラをドキュメンタリーだと考えていらっしゃる模様
  • ときを @yuubiseharukana 2016-08-14 10:58:28
    というより、シンゴジラにはパニック映画にありがちな場をかき乱し混乱させるキャラクターがいないのが痛快。ほぼ無能がいないためにイライラさせられることもあまりなくスムーズに物語が進む。たまにはこういう映画があっても良い
  • ぽち @urahatakepochi 2016-08-14 11:27:37
    覚醒がどうのこうのと言う人は、トラブル対応になると普段より生き生きしてくるという働く人の特性が分かってないと思う。そんな人は製造現場でしばらく働いてみればいいよ。
  • BigHopeClasic @BigHopeClasic 2016-08-14 11:41:14
    hadoron1203 作品中、というか、作品後でしょ、「立派な指導者」が出るのは。作中で「里見臨時内閣総辞職→新内閣による復興法案立法→解散総選挙」って言ってたけど、こんなもん大河内内閣の弔い合戦と「ニューリーダーの清新なイメージ」で保守第一党が単独3分の2の日本憲政史上最大の圧勝をするに決まってるわけで。矢口が「選挙で国民の信を問う」とか言ってたけど、この状況下で保守第一党を不信任したら「非国民」扱いでしょうからね。
  • BigHopeClasic @BigHopeClasic 2016-08-14 11:44:07
    BigHopeClasic そこまでスコープを伸ばせば、辻田が問題にしているところって見えてくると思うんですけどね。例えばフィクションで言うなら、銀河英雄伝説のルドルフは、決められない政治の中で「軍人=官僚」として「実行力がありそう」というイメージをアピールし続けて正当な民主主義的手続きを経て皇帝になったわけです。その過程では常にルドルフは現場レベルで技術的に可能なことを地道に積み上げていっただけでした。
  • lynmock @lynmock 2016-08-14 11:44:26
    まあそもそも論、映画から風刺を読み取ることが上等な見方というわけではないし、必ずしも必要なことではない。風刺を見出そうとした挙句、お話が把握できてないとか恥ずかしい…
  • ときを @yuubiseharukana 2016-08-14 12:06:38
    BigHopeClasic 正直全くわからない。この人が言ってるのは娯楽映画を楽しむ人に対し「現実は違うからな!これはフィクションだからな!日本には期待するな!日本人は無能だからな!」と隣でぎゃーぎゃー喚く痛くて空気読めない人にしか感じられない
  • ysktalking @ysktalking 2016-08-14 12:12:06
    何かで読んだ、エヴァは見る人によって都合の良い面を見ることができる鏡だかリトマス試験紙だかなんだって庵野御大が自画自賛?してた話を、ほのかに思い出した。
  • 緑川だむ @Dam_midorikawa 2016-08-14 12:12:50
    yuubiseharukana 「恋愛やら個人ドラマとそれに伴う無能無力な人間が出てこない」というバッシングは「オデッセイ」でもあったなあ
  • kenkan_method @KenkanM 2016-08-14 12:46:57
    リアリティが無いのなら、例えば「自衛隊がクーデターを起こす」とか「日本の警察官が市民に向かって拳銃を乱射する」みたいな話だって「リアリティが無い」わけで、結局は「自分が嫌いなものが正義側で格好良く描かれてるのが駄目」なだけかと思います。韓国人を格好良く描いたドラマにケチを付ける「(あえてこの言葉を使いますが)ネトウヨ」と同じです。
  • (新)ぼくキャプ村ーN @sinbokukyapun 2016-08-14 12:56:27
    yuubiseharukana 「痛くて空気読めない人」も少ないながらも一定数いるのが健全な世の中。ゼロだとそれはそれで問題だ、という話では?働かないアリの話に似ているのでは
  • あくたわ @hrrdn4824 2016-08-14 13:05:10
    官僚政治家と一体と思う程に観客は愚かだと示してくれてるね。
  • にく @me2_2929 2016-08-14 13:16:33
    色々まとめとか批評とか見て思うけど、シナリオにおいて「あえて語らないこと」ってメッチャクチャ大事なことなんだろうな。語らないために用意するディテールによって、話に奥行きが出来て、観る人を引き込む。こういう風にいろんな切り口で語ることができるのもその奥行き故なんだろうし。
  • 糞蟲㌠か小麦粉か何か @samui_nemuibot 2016-08-14 13:36:19
    まあ野暮な批評の部類に該当する感想だとは思うけど、俺は率直に「トシモンがいない新井英樹の「ザ・ワールド・イズ・マイン」だなあ」って思った。
  • 刑事長/理事長 @DekatyouNy 2016-08-14 13:40:00
    ノンフィクション作品にリアリティ求めるなよ。バカかお前は…って返しで十分。下手にリアリティを持ち込むから、映画の世界に引き込まれないんだよ…
  • 壊王FX 激始動 @kaioudono 2016-08-14 13:41:13
    要は「話を読めない種類の人間『未就学児童』や『既存の価値観以外認めない老害』」に観せたらあかん種類の映画なんだから、そのあたりをリマインドしろよと<メディア
  • 壊王FX 激始動 @kaioudono 2016-08-14 13:43:04
    フィクションを楽しめるのは基本、現実と虚構は違うと実感できてる人だけやで。
  • BigHopeClasic @BigHopeClasic 2016-08-14 13:50:28
    yuubiseharukana むしろ娯楽と現実が切り離されていなければならないという意見にこんなにいいねがつくことがわからない。もう一度コラム読みなおしたけど、「娯楽映画であったとしても、その内容や消費のされ方には、時代や政治の動きが反映される」というのはそのとおりだし、「定番のお涙頂戴シーンや恋愛描写などはなく、たいへんテンポがよい。本作の秀逸さは散々語られているので改めていうまでもあるまい」と言ってるから、映画として高評価なところはしっかり抑えた上での評論なわけで。
  • BigHopeClasic @BigHopeClasic 2016-08-14 13:52:04
    BigHopeClasic その上で「空気が読めない」って言うなら、それは単に「自分たちと違う空気を許さない」っていうそれはそれでイタい態度表明にしか見えないのですけど。
  • 大河明日@試行錯誤 @taiga501 2016-08-14 13:58:11
    まとめの掲題"そんなにも愚かだろうか"とあるが、まぁはっきり言って、観客(一般人)が皆政治や歴史について考えていたら現実の総選挙の投票率があんなに低い訳がない。その一言に尽きる。
  • kanata@お仕事募集中 @kanata_onion 2016-08-14 13:58:52
    虚構は現実に影響を与えるし、現実も虚構に影響を与える。切り離せるものじゃないよな。
  • 社虫太郎 @kabutoyama_taro 2016-08-14 14:00:48
    「希望を描いた」みたいなことを言う人も、その裏返しで「国策映画だ〜」と騒ぐ人も無数に居るわけで、そういう意味じゃ観客はやっぱり愚かでしょ。あほらしい。
  • 社虫太郎 @kabutoyama_taro 2016-08-14 14:08:59
    「この映画は中立だ」みたいな解釈こそ、この作品の中で監督が予め観客を嗤ってる最大のポイントなのだが。 https://twitter.com/kabutoyama_taro/status/763942435982487552
  • ヘルヴォルト @hervort 2016-08-14 14:34:33
    心に響くということはそれはもう現実(人間の精神)に影響を与えているという意味だし、心に響かないものが面白いのか?って話になるよね。虚構は現実の上で現実の一側面や想像をエミュレートしたものなんだから、情報の塊である精神がそれにより影響を受けるのは必然といえるよね。フィクションはフィクションであり現実とは交わらないって人は何が楽しくてフィクション見てるんだろうね。現実では起こらない事態や出来ないことを、仮想を通じて体験することが楽しいんじゃないのか?
  • ヘルヴォルト @hervort 2016-08-14 14:41:55
    だから俺はシンゴジラの会議シーンなんかは早く終われと思ってたよ。俺はあのシーンに感情移入するところもないし、さして興味も無かったから。巨災対がメインになった後半では、巨災対自体が虚構に片足突っ込んだ浮いた存在だったのでかなり違ったけど。だから俺はゴジラ対自衛隊のシーンとかを見に行ったといっても過言ではないし、そのシーンは非常に満足できたし、つまらなかった会議シーンを差し引いても見て良かったと思っているよ。
  • 電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016-08-14 14:49:18
    監督が観客嗤ってるなら精神など壊れんと思うし、こんなクソ真摯なコメントも出て来ないよ。 http://www.shin-godzilla.jp/comment/ いい意味で本当にデカい爆弾落とせたと思うよ。おめでとうと言いたい。
  • ろんどん @lawtomol 2016-08-14 14:51:25
    批評とまとめを読んでいて「この物語に主題を見つけようとする者は、告訴されるであろう。教訓を見つけようとする者は、追放されるであろう。陰謀を見つけようとする者は、射殺されるであろう」(「ハックベルリ・フィンの冒険」冒頭部。作者からの「警告」)を思い出しました。
  • ときを @yuubiseharukana 2016-08-14 15:04:14
    BigHopeClasic 痛いし空気読めてないと思ってるけど発言の自由を認めているよw
  • ときを @yuubiseharukana 2016-08-14 15:13:41
    BigHopeClasicん?「現実と虚構は切り離せ」と主張しているのはこのコラムニストだぞ。虚構の中の日本に希望を抱いて現実でも希望を口にするな!人が死ぬぞ!と言ってるんだが・・・自分はこの映画が現実をモチーフにして描いてるのは認めてるぞ。その上でフィクションとして楽しんでる横で「日本人は無能~希望を持つな~」とグチグチ言われれば「うるせえ!」ってなるわ
  • ときを @yuubiseharukana 2016-08-14 15:15:28
    フィクションに状況も場合も違う現実だの持ち出されても反応に困る。ゴジラは3.11を参考にしているんだろう。最後ゴジラを倒した方法はおそらくフクイチの放水のオマージュ。官僚は縦割りで情報共有ができていないのも映画の中で指摘された通り。だけど省庁は陸海ほど憎しみ合ってないから日本が協力し合わない例えとして不適切だ。巨災対は省庁のはみ出し者だからそういった省庁の慣例なんてそもそも関係ないし。
  • ときを @yuubiseharukana 2016-08-14 15:16:21
    核にしても二度も落とされている前提があるからこそ日本だけでなくアメリカフランスの協力があったから実現したわけ。そこにWW2を例に出す滑稽さ。むしろWW2という悲惨な結果があったからこそ死に物狂いで回避したんだろう。
  • からくさ @Karakusa21 2016-08-14 15:19:31
    辻田さんの文章をすべて読む限り、シン・ゴジラという作品への評価はこの文章ではあまり重要じゃない気がするな。 「実際の戦史について調べてみるのも悪くないのではないだろうか。」って締められているとおり、辻田さんが言いたいのは「過去の戦争では、ゴジラどころじゃない脅威と対面しても日本は一致団結するどころか、足を引っ張りあって自滅した。その冷厳とした歴史もフィクションを楽しむのと同時に学んだほうがいいんじゃない?」って提言だろ。
  • 新しいフォロワー🐦 @VoQn 2016-08-14 15:23:28
    84年生まれの近現代史の専門家が ”東西冷戦終期の、イラン革命後の米ソ共通の相手が出てきて日本が態度の表明を迫られた” って時期に作られた84ゴジラを出さずに話してるのはなんなんですかね…知らないんですかね…
  • アルヴィアーノ @AlvianoSalvago 2016-08-14 15:34:15
    今は軍歌を真に受けて右傾化した事例があるとかいってるけど、そんなただでさえ少なそうな軍歌愛好家の中でもレアケースのような存在を出されても「高学歴の人はオウム信者になる」レベルの牽強付会にしか思えないのだが。
  • からくさ @Karakusa21 2016-08-14 15:44:34
    「こんなにトホホな大本営発表のひみつ」 By 辻田真佐憲 https://www.youtube.com/watch?v=ha5kwttRqG8 このラジオ内で、宇多丸さんが下手すりゃ辻田さん以上にこの文章の含意を上手くまとめているんだよね。 「私たちが危機に際しときにシンゴジラのような団結を少しでも実現するためにも、一致団結できなかった過去の醜悪な姿も学ぶべきだ」(かなり拡大解釈)
  • Do_doits7010 @amato_SoN 2016-08-14 16:06:53
    エヴァ以降の庵野さんは意味深なキーワードや描写を散りばめてあたかも何重にも意味を持たせてるように描いて、後は勝手に観た人に深読みさせるって創り方してるから…「現実対虚構」とかもまさにそれでしょ。
  • からくさ @Karakusa21 2016-08-14 16:10:32
    冒頭に「観客はそんなにも愚かだろうか」って問いがあるが、これも程度問題だと思う。 シンゴジラを見て「よっしゃ!俺たちもやる時はやれるんだ!」と無根拠に信じこむほど愚かな観客は少ないと思う。 ただ、辻田さんが要求するレベル(過去の対戦の失敗を学び、それを現実に生かしているか?)になると、自分も含めて観客のほとんどが愚かと言わざるをえないだろう。むしろ自分は「あっ、これ旧日本軍と同じやつや」と属している組織の連携の悪さを発見しても、見て見ぬふりをしている。
  • 緑川だむ @Dam_midorikawa 2016-08-14 16:21:56
    「一致団結しなければならない」という理想像の表現を規制して「危機に団結すらできないクズしか存在しない」という過去の失敗だけを教育洗脳した先にあるのは、「危機でも団結なんてしなくていいんだ」というレベルの低い人間が量産されるってことじゃなかろうか
  • こざくらちひろ @C_Kozakura 2016-08-14 16:36:52
    エヴァでも、映像で起こっている「現実」に対してあまりにも淡泊かつ協調性のない個々人を描いてそのギャップが話題になった庵野氏がゴジラでも同じことやっただけないんじゃないの?個人的にはエヴァもゴジラも見てないんだけど。
  • 魔法🌸うらえんと💐幼女 @FLpn0 2016-08-14 16:45:45
    つまり、「俺は嫌いだ」を言っているだけですね。
  • 源八 @gen_pati 2016-08-14 16:49:32
    政治的にフラットなエンタメ名作が出てくると、右や左の人が解釈で自爆するのは恒例行事だよね
  • K3 @K3flick 2016-08-14 16:51:35
    中立的なリアリティに夢を混ぜるとこうなるんだなあと感心してる
  • 電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016-08-14 16:56:04
    まぁ『シン・ゴジラ』というタイトルからして複数の意味合いを持たせている訳で、興味を持たれ多角的な意見がどんどん出て来る時点で狙いは成功したと言えるし、どの見方も「間違いではない」と言えるのかも知れない。単に解釈の問題。(憶測による捏造等除く)
  • 金属探知機を作りたい @naotokakashi 2016-08-14 17:04:11
    とりあえず意味深なシーンを入れて置けば、読み手は勝手に深読みしてくれる……って島本センセが言うてた。だから(?)庵野カントクも色んな人がドンドン解釈してくれたら万々歳で、優しい世界なんじゃなかろうか?
  • 電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016-08-14 17:14:42
    リンク先 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49434?page=3 3ページ目後半『核ミサイル攻撃の回避』に関する解釈、面白いな。本作の当該部分を「もし先の大戦で日本側が早期の終戦判断により原爆回避出来ていたら」というif内容に見立てている。「これ以上長引かせると核落とされる」事が自明か否かが大戦とは違う訳だが、まぁ状況としては似ている。その場合ゴジラはどのポジションにあたるのか。「国内の抗戦派」か?もしくは何にもあたらないのか。
  • ○○もへじ @marumarumoheji 2016-08-14 17:54:43
    「決断力に欠ける政治家や、省庁間の縦割りにこだわる官僚たちは当初、この非常事態にうまく対処できず、いたずらに被害を拡大させてしまう。」と書いてるし、『覚醒』は劇中でも使われた表現で、まさにヤシオリ作戦を実現させたことを評しているわけで、その辺は別に読み外してはいないような。
  • 山下パターン238 @Yamashita238 2016-08-14 18:18:18
    「左右両方」というのは、「愛国戦隊大日本」でも使ってた技です。
  • 電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016-08-14 18:25:40
    一般論で言えば「多角的に見れる奴・正解に近い奴が偉い」となるが、批評・評論においては「特定層のツボを全力で突く極論」というものがもてはやされる傾向ってあるよな。公平な正誤でなく「自分の感覚に合うもの」を求める心理というか。
  • 大韓朝帝国皇帝王 @DAIKAN_CHO 2016-08-14 18:26:31
    「現実vs虚構」のキャチフレーズがあるこの作品で、虚構側に現実が翻弄されてるってサイコーに皮肉wこのパヨ・ジラではスーパーX2のファイヤーミラーにやられて終わりっすなw
  • もきち@そりゃそうじゃ担当 @mokichi 2016-08-14 18:32:05
    私もまとめ主の言うように、娯楽作として左右のバランスにはかなり気を使ってるという印象だったけどなぁ。この評論家も含む批判的な方々が言うように、この映画が「権力寄りの人々の甘くはかない夢」だとしたら、覚醒した(笑)政治家の足を引っ張りまくるマスコミや自称文化人の醜態が描かれないはずがない。
  • とっち@チブアイブ!顔射イン! @totty2nd 2016-08-14 18:47:55
    「政府や官僚を有能に書くなんて右翼のプロパガンダだ!けしからん!」って憤慨してる人は大体民進や共産の支持者のようだから、大河内内閣を脳内で君らの大好きな菅直人や志位ちゃんにでも置き換えてシコってればいいんじゃない?
  • とっち@チブアイブ!顔射イン! @totty2nd 2016-08-14 18:51:02
    マスコミの屑っぷりが描かれた特撮映画といえば、平成版モスラ思い出すなw
  • Katabiragawa Atsushi @katabiragawaC 2016-08-14 18:52:07
    tennteke 基礎科学ではマジで置いてかれつつあるよ
  • 唯唯@毎日がチートデイ @Poco_Yui 2016-08-14 18:53:55
    進撃の巨人と同じ架空のお話っていう大前提を忘れ去らせるパワーがゴジラにはあるのだろうか
  • 魔法🌸うらえんと💐幼女 @FLpn0 2016-08-14 18:56:24
    官僚に限らず、ある程度の人数がいたら、有能も無能も愚昧もいるわけで。そこで、無能や愚昧もちゃんと描いてあり、有能が辛くも無能・愚昧を抑えた部分を描いたあの作品を、官僚讃歌と読む意味がわからないんだけどね。理由はわかる、愚かさという理由。http://togetter.com/li/1011148
  • BigHopeClasic @BigHopeClasic 2016-08-14 18:57:16
    mokichi 権力よりの人々の夢というのは、全マスコミが籾井NHKのように「政府の公式発表のみを伝える」ことでしょう。したがって、メディアが政府の邪魔をしないシン・ゴジラこそ権力よりの人々の夢の世界を「リアルに」描き切ったものと言うべきです。別に政敵を醜く描くことがプロパガンダではないことは、トロツキーを写真から存在ごと消し去ったスターリンのプロパガンダを見れば明らかなので。
  • 箸呂院マジチキ @kairidei 2016-08-14 19:05:53
    まだ観てないけど、これは観ておきたいと思わされる批評合戦だった。なんとなく製作者(現実)vs作品(虚構)の意味合いもありそうだなー。創作は良い意味でオナニーだからなー。(良い意味で)
  • ヒジャチョンダラ @citabow 2016-08-14 19:09:53
    『マスコミや自称文化人の醜態が描かれた場合』→マスコミや文化人へのネガキャンであり、権力よりの人々の夢。
  • ヒジャチョンダラ @citabow 2016-08-14 19:10:14
    『マスコミや自称文化人の醜態が描かれ無かった場合』→全マスコミが政府の公式発表のみを伝える世界であり、権力よりの人々の夢。
  • もきち@そりゃそうじゃ担当 @mokichi 2016-08-14 19:19:21
    citabow 的確な代弁いただき、ありがとうございます。
  • ミギノツバサとど丸@ネトウヨ曹長 @todomaru2 2016-08-14 19:26:22
    個人的には、①娯楽映画をそこまで肩肘張って見るの疲れませんか?②「意味ありげな表現で様々な解釈をさせ、その議論で以て話題性を獲得する」はエヴァンゲリオンでも監督が用いた手法なんで釣られ乙
  • BigHopeClasic @BigHopeClasic 2016-08-14 19:59:46
    yuubiseharukana まあ、表現の自由というタテマエを場の空気というホンネで無効化するのがニッポン(現実)ですから。
  • eee @eeevtrnrdh 2016-08-14 20:04:10
    >優秀な政治家や官僚というエリート達が活躍する他人事と捉える 否定的な評価の側に「批評家」とか「作家」とか、確かに「他人事」であろう人が目立つの、決して気のせいではないと思う。
  • ケイ @qquq3gf9k 2016-08-14 20:05:40
    しいて一番の違和感を言うなら石原さとみの存在ぐらいだったな。
  • howardite @howardite11 2016-08-14 20:18:25
    ダメダメな日本人が見たいのなら鏡でも見てればよいのです。
  • 電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016-08-14 20:24:58
    本作石原さとみは至高であり異論は認める。 #イーブンパー思考
  • 社虫太郎 @kabutoyama_taro 2016-08-14 21:04:39
    kabutoyama_taro ちょっと角度を変えれば、庵野監督の嗤いとは、「こんなにもお花畑な戦後平和主義の映画に、頭の弱いウヨを含む国民をガッポリ動員したったぜ!w ざまあw」とも言えるな。
  • 社虫太郎 @kabutoyama_taro 2016-08-14 21:49:33
    kabutoyama_taro "劇中最後の、核ミサイル攻撃の回避においてもそうだ。かつて帝国日本は、なかなか終戦の決断をできず、みだりに戦争を長引かせ、ふたつの原爆投下を招くにいたった。これに対し本作では、「覚醒」した政治家や官僚と、「現場」の公務員や民間人によって核ミサイル攻撃が防がれる。なんという「美しい」物語だろう。"…うん、実にお花畑だ。
  • KO_iti @ko_iti30 2016-08-14 22:14:52
    このまとめにあえて反したことを書くと、国策映画と作られた『無法松の一生』『ハワイ・マレー沖会戦』が今でも名が残っているのは当時としては「趣向を凝らした工夫」が観客に感動をあたえたからで、メッセージだけならすでに忘れられていたはず。『シン・ゴジラ』がヒットしている理由はメッセージではなく「趣向を凝らした工夫」に観客が感動しているだけ。たとえメッセージだけで感動したのなら2,3年も経てば忘れ去られるから気に病むことでもない。
  • KO_iti @ko_iti30 2016-08-14 22:17:32
    間違えた『ハワイ・マレー沖海戦』だ。
  • 電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016-08-14 22:32:59
    所信表明において『何よりもッ…面白い!面白い日本映画を!目指してやっていきたいと思います』などと、「エンターテインメントに全力尽くす」みたいな事言い切った人間が観客舐めてるわけなかろうが。 ( シン・ゴジラ メイキング~庵野秀明がゴジラをつくった - YouTube https://www.youtube.com/watch?v=TYaDG0ifTj4
  • フローライト㌠ @FluoRiteTW 2016-08-14 22:33:27
    四の五の言おうと、311を経た我々は、大震災と津波と原発危機に際してすら民主党連立政権とマスコミが愚かだったことを知っているわけで。
  • 電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016-08-14 22:36:31
    『シン・ゴジラについて思想的あるいは社会的な論評・批評を行うこと』=『自分を映す鏡にレーザー撃ち込んでるような行為』、まったくもってその通りだよな。 https://twitter.com/tomo1109_Reffi/status/764334104921841664 http://togetter.com/li/1011743#c2969733
  • Kitty_Guy_Records @cherry_ITO 2016-08-14 22:39:59
    もしも、映画『二百三高地』が発表された時にツイッターがあったら、ここのコメント欄みたいなやり取りがそちこちで展開したんかねぇ?
  • 青霊夢@左腕機能若干低下 @Blue_Reimu 2016-08-14 22:40:19
    旧劇エヴァの実写パートは闇(病み)庵野状態だったからなぁ(黒富野的な意味で)
  • 伊藤 正彦 @itohkun55 2016-08-14 22:42:57
    よく「現在の日本はWW2時の日本軍とこんな共通点がある。だからダメだ。」的な意見が多いけど、しっかり探れば、日露戦争時の日本にも、明治維新時の日本にも、共通点を探れるはず。ダメなところはダメなところとしてあるが、それでもいいところを使うところで見える道はある。てのがシンゴジラのメッセージだったと思うが、ダメ?
  • アプライド修理ダメ絶対特にサポート・外道 @kusare_gedou 2016-08-14 22:56:04
    ”この作品は政治的中立性や思想的中立性を担保する為に恐ろしく腐心してるなぁ”ここは本当にそうだなあと思う。牧教授の妻の死因の言及が「放射線が原因で死んだ」「放射線に死に追いやられた」という言い方でものすげえぼかしてる。死因が広島長崎の原爆なのか明らかにモチーフになってる東北地震による原発事故なのかわからない。
  • sh2tozan @Sh2Tozan 2016-08-14 22:58:27
    この批評がどこか気持ち悪く感じるのは、シン・ゴジラの映画批評のふりをして全く別の話題を主にしているからだと思う。上にもあったが、あえて言うなら映画批評ではなく観客批評。映画はダシに使われているだけだ。そこで更に、この映画が政治的中立に配慮しているという意見に同調できるから、自分はこの批評がご本人の自分語りにしか思えない。いわば酔って説教してる時のおっさんのようなものw うん、そりゃ「勘弁してくれ」って気分になるわ。
  • アプライド修理ダメ絶対特にサポート・外道 @kusare_gedou 2016-08-14 22:58:28
    ここで「放射線障害で死んだ」じゃないのがまた巧みな所で原発事故の場合どうも放射線障害で亡くなった人は少なくとも民間の、関係者じゃない人に出たという話は聞かない。だから放射線障害という言い方は色々と問題が出てくる。だが放射線障害ではなく「放射性物質が原因で死んだ」例は実際あるわけだ、避難でのストレスでなくなったと思われる例はそれなりにいるらしいからな。ここまで来るとよくやるわという感想しか出ないな
  • アプライド修理ダメ絶対特にサポート・外道 @kusare_gedou 2016-08-14 22:59:37
    まあとりあえずこういう意見には小川一水氏の復活の地を読みましょうよと思うし、もし読んだらどういう反応になるのかは気になる
  • フローライト㌠ @FluoRiteTW 2016-08-14 23:01:44
    復活の地、いいよねえ。本当にいい。
  • 緑川だむ @Dam_midorikawa 2016-08-14 23:12:06
    世の中には、「バッシングすらされずに存在そのものがスルーされてしまう映画」のほうが遙かに多いんじゃよ
  • アプライド修理ダメ絶対特にサポート・外道 @kusare_gedou 2016-08-14 23:19:00
    んまあこの映画を見て「日本はすごいんだぞ」とか思う人が居たら「いや、まあフィクションだからね?出来るだけこの理想像に近づくように努力しようよお互いにって所を落としどころにしないか?」とは俺も思うだろうけども、そういう観客がどれくらいいるのかなあ(全くいないとは言わないがあまり多い気もしない)
  • 殻付牡蠣 @rareboiled 2016-08-14 23:19:04
    シンゴジラを左右で見ようとしたらどっちにもボールを投げかけられてるって言う印象しかもてなかったんだがな。 それほど中立に描く努力が見えたわけで、これみてネトウヨがと言う単純な脳回路を持ってる人は、お前が思うならそうなんだろうなお前の中ではって言う言葉を送ってあげるしかないな。 むしろ、左翼をそういう風に釣るのが目的か?監督よと、監督の術中に嵌った奴らがコメしてるとも取れるな。
  • まるちゃん@大湊警備府 @malchan1224 2016-08-14 23:26:59
    お前ら娯楽作品くらい肩の力を抜いて観ろよ。
  • アストラゴン@web売文家 @asutoragon 2016-08-14 23:28:39
    そもそも「海の向こうから怪獣がやって来る」ってリアリティの欠片もない特撮娯楽映画ネタにしてなに現実の社会とか右翼左翼思想とか真面目に論じてるんだ。恋愛映画見て恋愛論じる女子中学生かと
  • 殻付牡蠣 @rareboiled 2016-08-14 23:34:08
    asutoragon 恋愛論じる女子中学生のほうが、まだリアリティー有る話してるんですけど。
  • 空家の恵比寿様(aka ココロのポス) @ebcdic_ascii 2016-08-14 23:37:26
    辻田氏は昨日のTBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」にゲスト出演していて、この記事に関して、ネット上で炎上していることについてはご本人も認識していると言っていました。 http://bit.ly/utamaru
  • 電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016-08-14 23:42:48
    「観ていないのに論評マン」が混ざるのも山の賑わいよな。 #枯れ木
  • 言葉使い @tennteke 2016-08-15 00:01:04
    katabiragawaC 十年以上前ですが中国の東北地区にツアー旅行で行ったんですよ、経済発展著しい中国で片道四車線の道路造っていて現地ガイドが誇らしげに「片道八車線の道路も造ります!」。同行した老人たちが「へー凄いね-(棒)」と言っていたんですが、後で「往復16車線なんて、赤信号になったら歩行者が大変だろ。何も考えてない」私が「どうしたらいいんですか?」「地下に歩道を造るんだ」
  • 言葉使い @tennteke 2016-08-15 00:03:01
    katabiragawaC 老人たち続けて、「中国がこんなことをやっているうちは大したことがない。本当に脅威になるときは、例えば腕時計が故障して修理するとき、ネジの頭が潰れているとする。そのネジを取り外して、隣に同じだけの穴を開けて、新しいネジをそっちに取り付ける。これができるようになったら侮れない国になる」と言ってました。
  • 言葉使い @tennteke 2016-08-15 00:05:40
    そういえば十年くらい前だっけか、中国や韓国が国を挙げてアニメ・マンガ学校を作って、その予算規模で日本のアニメマンガ文化は追い抜かれるんじゃないかって論評があったけど、なに、反日という要素を抜きにしたって中国も韓国も表現の自由を弾圧しているんだもの、どうってことないと嗤っていた。そりゃ個別に素晴らしい作品はあるだろうけど、国を代表する文化には、結局育ってないわけだし。
  • 言葉使い @tennteke 2016-08-15 00:08:29
    他にもその国の民度は推理小説の社会的地位を見るとわかるって説がある。基本的人権、証拠主義、科学的捜査法が受け入れられない国で、推理小説が受け入れられるわけがない。中国にはそれなりに推理小説があると言う人がいて教えてくれたけど、中国発祥の名探偵を知ってる人がどれだけいる?そういう面でも日本はまだまだ大丈夫。
  • 餅きん @mochi_kinchak 2016-08-15 00:38:31
    だってここは、「娯楽作品だろうと日本がかっこよく描かれること絶対許さないマン」について語る場所ですから。
  • BigHopeClasic @BigHopeClasic 2016-08-15 01:00:07
    itohkun55 あんだけ左から批判される司馬の坂の上の雲だって、日露戦争の日本軍にはすでに昭和の日本軍に繋がるダメさがたくさんあったって作品内で書いてるわけですよ。でも、坂の上の雲にはそれでは足りない問題点がある。だからダメなものをダメと書くだけでは足りないのです。
  • nekotama @nukotama001 2016-08-15 03:36:59
    山本弘はフィクションの全否定とまで抜かしたが、自分に向けたレーザー云々は秀逸に見えて、実は批評に対する脅し、つまりは全否定に繋がるんじゃないかな。まあ、この批判に限らず日本をかっこよく描くことを批判するなんて非国民とでも言いたい批判冷笑系こそがここで評価されちゃった数少ない観客ですよね。
  • nekotama @nukotama001 2016-08-15 03:42:51
    フィクションに希望を求めて何が悪いは実に正論なんだけど、ゴジラに始まる東宝特撮映画、特に初期はやるせない作風の方が多いんじゃないかな、ゴジラもラドンもフラバラも、あと恋愛要素がなくてと言われるが、愛そのものはシリーズを通して何らかの形で描かれてるし、特に芹沢は何のために死んだんだと。
  • nekotama @nukotama001 2016-08-15 03:47:44
    娯楽作品だから、政治家が大活躍して何が悪いマンさんが恋愛要素がなくていい、他の邦画からも駆逐すべきだとか抜かしていたら、こいつの娯楽要素って片寄ってるなあと思います。面白い恋愛要素要素の映画を知らん?。想いを寄せた人にだけ秘密の薬品を見せたことで主人公が命を落としたあの映画があるだろうに。
  • nekotama @nukotama001 2016-08-15 04:18:57
    こんな政治家は経験上見たことがないから、その描写は信じられないという感想を持つ自由さえも否定するの?。
  • さつら @saturaadmlral 2016-08-15 05:44:45
    心底どうでもいいし、あんたがそう思うならそうなんだろう、あんたの中ではな。という事、ま、好きに考え好きに囀る、それでいいよ ただセルフまとめは読んでて痛い、ここじゃなくてレポートでまとめてくれ
  • ゆ〜たん @Iutach 2016-08-15 06:02:41
    渾身のエンタメに託けて「俺はお前らとは違う高みにいるんじゃ〜」と言いたがるような輩に自作キャラのアイコンを使われてるのは庵野監督としても面白くはないのではないかな、と思うなど。
  • みま @mimarisu 2016-08-15 06:18:20
    私の場合、はたらく車がいっぱい出てくるぞ!日本に働いてる人がいっぱいいるぞ!って内容の話だと思って見てたが違ったかな?巨災対と関係者、あとゴジラが虚像だしそこはフィクションとして堅苦しい話抜きに小学生な気持ちで観ることこそ映画じゃないのかな?
  • kimuraお兄さん @nobuo_kimura 2016-08-15 06:40:08
    ( ×H×)y-~~「庵野がそこまで考えてるわけ無い」というアプリオリな結論はまあ置いておいて、例えば「矢口が途中で死んでいたとしてもその時はその時で何とかする人が出てくる」ってイメージだったし、立派な指導者云々は見当違いじゃないかなあ。
  • sin @sin007777 2016-08-15 06:45:19
    日本人が頑張ってゴジラを倒す内容が気に入らないなら、無能な政府が「なにかあったらウルトラマンが助けてくれるさ」と言ってウルトラマンがゴジラを倒すような内容なら何も言わないのかな?
  • 🍵昴hey🍵 @subaru2101 2016-08-15 06:56:58
    こういうギスギスした感想少なそうだからドリーちゃんも見て癒されよう。と思いました。
  • ジョンお姉さん @jpn1_rok0 2016-08-15 08:33:33
    辻田真佐憲が例示しているのは、戦争では太平洋戦争、災害では東日本大震災、経済ではここ20年の不況をもって、日本は官僚・公務員が機能しないと断言しているわけだが、近代日本で言えば、日清・日露の戦争はどうか。東日本大震災で官僚は本当に機能しなかったのか、民主党政権が機能しなかっただけではないのか。不況に至る前の高度経済成長をどう説明するのか。畢竟、辻田自身も自分の見たいものしか見ていないのだよ、と。
  • ジョンお姉さん @jpn1_rok0 2016-08-15 09:09:55
    見た限り、シン・ゴジラは取り立ててリアルでも何でもない、ドラマによく出てくるようなステロタイプの政治家+ヒーロー&取り巻き、メカいっぱいという、ごくごく普通の「かいじゅうえいが」に過ぎなかったよ。
  • Briareos@脱毛定理発動中 @briareos 2016-08-15 09:38:15
    まぁ「フィクションなんだから口角泡飛ばす前に肩の力抜いて頭ン中空っぽにして、その上で映画を楽しもうぜ」としか言いようが無いですね。本当に。とは言え、作品の裏を読みたがるのは人の性なんでしょうかねぇ・・・
  • からくさ @Karakusa21 2016-08-15 09:53:59
    辻田評論の結論部分は評価できるが、どこか足りない。一方、辻田評論への批判・反駁も一理あると思うがしっくりこない。 そう思ったので自分の考えをまとめてみました。 【シン・ゴジラ】矢口蘭堂こそ辻田評論が求める日本人の姿では? シン・ゴジラの「願望」をもっと読み解く  http://togetter.com/li/1012232
  • BigHopeClasic @BigHopeClasic 2016-08-15 16:07:24
    jpn1_rok0 日清戦争にも日露戦争にも、後の大戦で見られた日本軍の本質的失敗はすでに多く見られていて、畢竟結果論でしかない。つまり日清戦争日露戦争からも日本の本質的失敗は抽出できるのだから、個別のアクターの属性に矮小化すべきでもない。
  • 社虫太郎 @kabutoyama_taro 2016-08-15 18:28:07
    日本政府の無能さに関する辻田氏の認識は全く正しいという前提で、歴史的/現在の事実とは真逆の有能な政府を描くことを、なぜ辻田氏は現実への批判や風刺でなく何やら国威発揚ポルノ的なものと感じてしまうかというと、それは辻田氏があの映画を、「国難としての」ゴジラを政府が「倒す」物語として捉えてしまっているからだと思う。
  • 社虫太郎 @kabutoyama_taro 2016-08-15 18:33:22
    辻田氏は右派か左派かといえば左派だろうが、あれがゴジラを「倒す」話だという解釈は「右派が取るべき立場」であり、左派が取るべき立場ではない。「国策映画だ〜」と吹け上がる人たちは皆、同じ誤りを犯している。
  • 社虫太郎 @kabutoyama_taro 2016-08-15 18:40:01
    なにもそんなに難しい話ではない。「なぜゴジラは生まれたのか」「なぜゴジラは東京を襲うのか」「要するにゴジラとは何者なのか」…等々をちょっと真面目に考えれば、それを「倒す」などという転倒・倒錯した解釈を左派が採りえないことは自明だろう。 https://twitter.com/kabutoyama_taro/status/763619056150642688
  • 遮光昏人 @KREHITO 2016-08-15 18:50:14
    必死に何かを感じ取ろうしてる人々見てるとエヴァで無駄な考察してた連中思い出して心が暖かくなる
  • 社虫太郎 @kabutoyama_taro 2016-08-15 19:01:16
    kabutoyama_taro 奇しくも今日は8月15日なので、しつこくこういう話をしている。
  • pon @__pon_ 2016-08-15 19:06:39
    動物と人間の違いの一つは、物事に意味を見いだせるかどうかだよね。食べて寝て繁殖して寿命を迎えるだけなら動物の所業であって、本来無意味な自分の存在や自分が生きること、自分以外の存在に価値や意味を見出すことができるから人間なんだよね。
  • pon @__pon_ 2016-08-15 19:07:52
    人間が動物みたいに生きて悪いという事はないけど、物事に意味を見いだせないのは威張ってひけらかすようなことじゃないと思うな。
  • ヒジャチョンダラ @citabow 2016-08-15 19:38:42
    点がみっつあれば顔に見えるけど、それは顔じゃ無いんだよ。それを何時までも顔だ顔だって言ってるのは、威張ってひけらかすようなことじゃないと思うな。
  • pon @__pon_ 2016-08-15 19:40:21
    顔を三つの点をもって表現すること、三つの点を顔として読み取ること、これが人間の文化です。
  • ヒジャチョンダラ @citabow 2016-08-15 19:46:19
    それを『何時までも』顔だ顔だって言ってるのは、威張ってひけらかすようなことじゃないと思うな。
  • 電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016-08-15 21:52:31
    キュウリ見てビビるのがネコの文化かよ。
  • 電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016-08-15 21:57:44
    庵野秀明氏が『シン・ゴジラ』に山ほど何かしら担わせているのは観れば分かる事であり、好きに論じればよいと思うのだが、これ幸いとばかりに「持論の補強」に使っているのが見え見えの連中にはどうしようもない浅ましさを感じてしまうよな。
  • 島村鰐 @wani_shima 2016-08-15 22:27:34
    とりあえず見たいという気持ちは失せた
  • ポーク卵 @nominji1 2016-08-15 22:47:03
    辻田真佐憲この男もそうだが、ゴジラをダシに政治を語る馬鹿が後を絶たない
  • pon @__pon_ 2016-08-15 22:55:48
    DaisyAdreena citabow だからといってあなた達の見方が絶対正しいという言い方もどうでしょう?これだけ多くの観客を動員して、これだけ多くの売り上げを出している本作を全く無意味な駄作呼ばわりするのは、いかにもあなた達の方に説得力がない。
  • ときを @yuubiseharukana 2016-08-15 23:13:36
    というか3.11は確かに混乱したけど、日本の正常が極度に不安定になり混乱したかといえばそういうわけじゃい。直前にあったハイチやスマトラ沖の大震災は言うに及ばずアメリカでさえカトリーナ被害のときは都市機能がストップしてしまった。警察官が強盗に参加するそんな世紀末な光景がありアメリカ政府は混乱を極め支援が後手後手に回った。
  • ときを @yuubiseharukana 2016-08-15 23:13:55
    そんな中において3.11はあの規模にしては十分な秩序を保っていたのではないか。機能しなかったっていうけど本当に機能しなかったのか?我々は政府や官僚政治家が「機能していない」世界を知らないのではないか。
  • 社虫太郎 @kabutoyama_taro 2016-08-16 00:23:05
    普通の日本人「中立な映画です。もちろん私も中立です。」
  • ジョンお姉さん @jpn1_rok0 2016-08-16 00:25:55
    BigHopeClasic 「本質的失敗」の結果が「戦勝」ですかと。「本質的失敗」が具体的に何であり、辻田の主張に合致するかどうかも全く不明なんだけど、日露戦争は「戦争のやめ時を見失う」ようなことはなかったはずですがと日比谷焼き討ち事件。で、高度経済成長はどうなったん?( ´H`)y-~~
  • 電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016-08-16 00:34:09
    __pon_ 『シン・ゴジラ』それ自体はストレートな”快作”であると思っているが、しかしその描写を持論の牽強付会に用いる論評は”駄弁”、一言で言えば「野暮」だなぁとだけ。
  • 電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016-08-16 00:35:11
    なお、  DaisyAdreena 「いい意味で本当にデカい爆弾落とせた」(=興収・反応、ひいては庵野氏自身への評価)  DaisyAdreena 「興味を持たれ多角的な意見がどんどん出て来る時点で狙いは成功したと言える」  DaisyAdreena 「本作石原さとみは至高」 http://goo.gl/wOa4Pb 「熱線描写天才かよ」 …など概ね絶賛の私が、『シン・ゴジラ』を”全く無意味な駄作呼ばわり”などとは全く持って心外の一言。
  • 電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016-08-16 01:07:27
    ついでに言うと、今作を支持する最大の理由、個人的には「ゴジラそれ自体の出来」に尽きる。斬新ながらも、シリーズ通して最も「ゴジラ」のイメージに近いと思わせるデザイン。また何より、CG特有のウソ臭い滑らかな生物描写の流行にNOを叩き付ける、着包み表現に倣う事で成し遂げた圧倒的実在感。風格。様式美から1ミリも外れず、新解釈で最高到達点に達した。特殊なクリーチャーに多少なりとも興味を持つ者なら一見の価値は間違いなくあると思うね。…以上、持ち上げろと言われた感があるので私なりにガン上げしてみた。
  • 行徳BAND @bndyk 2016-08-16 02:29:01
    この映画を見て、日本すごいと思ったけどなあ。海ほたるとか新幹線、在来線とか。
  • nekotama @nukotama001 2016-08-16 03:15:37
    辻田氏の違和感って、やっぱり観客の反応を見て、野暮だけど、何が野暮ってこんな政治家は幻想だってのは言っておこうか、それを指摘するには実例挙げとこう位の話で、別に政府がカッコよく描かれるのが許せないと言うほどの話ではない、逆に自分をレーザーで焼くなんて比喩を喜んで引用する御仁こそが、そう批判されることが許せなくて、自分が焼豚になってるんじゃないかな。
  • nekotama @nukotama001 2016-08-16 03:21:04
    まあ、辻田氏の文章って確かに野暮だとは思うけど、批判するのは9条論者とか、この作品は日本人への福音とか、逆に批判したら許せないんだろうとか、まるで批判そのものを許さないファンが多くてレーザー云々もそんなファンに引用されるけど、世間ではそう言う人達を信者といいます。
  • ひきがえる @ikebukuronomori 2016-08-16 05:26:45
    「シン・ゴジラ」で描かれる政治とは、根回しと合意形成と土下座外交だけで…。最期は特攻wこれを観て「ニッポン・スゴイ!」となるほうが頭がオカシイとしかw
  • pon @__pon_ 2016-08-16 06:10:56
    DaisyAdreena 快作って何が?この映画の何が面白いの?
  • ヒジャチョンダラ @citabow 2016-08-16 06:21:39
    __pon_ 「本作を全く無意味な駄作呼ばわり」→私、全く言ってませんけど?
  • pon @__pon_ 2016-08-16 06:25:39
    citabow うん、じゃぁ何が面白かったの?というか君みたいな人はどこに面白さを見いだせるの?
  • ヒジャチョンダラ @citabow 2016-08-16 06:40:43
    __pon_ 「うん、じゃぁ何が面白かったの?」→私、「面白かった」とも全く言ってませんけど?
  • pon @__pon_ 2016-08-16 06:42:29
    citabow 面白くもなし、面白くなくもなし、と。
  • ヒジャチョンダラ @citabow 2016-08-16 06:48:36
    __pon_ 私が言ってもいないコトを、さも言ったかのように聞いてくるキミみたいなヒトを見るのは、まあ面白いかな。
  • BigHopeClasic @BigHopeClasic 2016-08-16 07:32:08
    jpn1_rok0 高度経済成長だって、本質的失敗抱えたままやっちゃったわけで、結果なんて多分に運でしょう。本質的失敗克服できてたら、今更帝国陸海軍の失敗に学べなんて機運出てこないわけで。
  • pon @__pon_ 2016-08-16 08:14:13
    もしかしたら一部の人は「中立的な視点で本作を客観的に俯瞰するクールな俺様」なスタンスでコメントつけてるかもしれないけど、出てくるのが「ゴジラのかたちがかっこよかったです」だの、「メカがいっぱいでてくるふつうのかいじゅうえいがでした」じゃ、それただの小学生だよね。
  • ヘルヴォルト @hervort 2016-08-16 08:18:45
    怪獣映画見に行って怪獣映画だったと言ってはいけないのか・・・。どういうことだってばよ
  • nekotama @nukotama001 2016-08-16 08:43:54
    シンゴジラってこの世でもっともそそらない気持ち悪いデザインの怪獣なんだけど。エヴァとかでも思うがカントクのセンスってなんであんな奇形センスなんだろう。
  • ヒジャチョンダラ @citabow 2016-08-16 09:22:27
    もしかしたら一部の人は「動物と違って物事に意味を見いだせるクールな人間の俺様」なスタンスでコメントつけてるのかもしれないけれど、出てくるのが「本作を全く無意味な駄作呼ばわり」だの「じゃぁ何が面白かったの」じゃあ、ソレただのパラノイアだよね。
  • 社虫太郎 @kabutoyama_taro 2016-08-16 13:00:04
    kabutoyama_taro 要するに、辻田氏は社会評論家としては一流だけど、映画評論家としてはど素人だったという結論。つまり社会や歴史は正しく読めても映画は読めない、と。
  • 中敏悟 @shiwazanin 2016-08-16 14:05:55
    「俺以外の人間どもはアホだカスだ」と普段から言いたがってる人が、ゴジラ映画を観ても「俺以外の人間どもはアホだカスだ」と言いたがるの、周りから見るとものすっげぇマヌケだ、っていうだけの話だなぁ、これ
  • 中敏悟 @shiwazanin 2016-08-16 14:12:22
    俺が観たシンゴジラは、「ゴジラが出た! コワイ! よし自衛隊総攻撃だ! ギャーこいつなんで死なないんだ! だったらおもしろ大作戦で攻略だ! そして自衛隊は勝った! あんまり根本的な解決にはなってない気もするが!」っていう話で、「お前ら日本人はアホでカスだ、おれはずのうしすうがたかいのでわかる」的なメッセージは伝わってはこなかった、はずだ
  • urutora_udon @urutora_udon 2016-08-16 15:51:17
    優秀な政治家や官僚がこの先でないというなら、それこそ民主主義とかやめて独裁者か専制君主を選んだほうが正解なんじゃw?
  • ジョンお姉さん @jpn1_rok0 2016-08-16 16:29:59
    BigHopeClasic 本質的失敗の中身を一切説明せずに高度経済成長は失敗だったーと言われても、何のことだかさっぱりわかりません。はい。ところで、日露戦争の終結を見誤った事実は出てきましたか?(笑い
  • Karasu @karasu15794066 2016-08-16 20:53:59
    はてなカルト村が「オタ共辻田先生に異を唱えるとかけしからん!」とかほざいてて草。件のコラムはシン・ゴジラ叩きたいけど上手いこと叩けないって連中が待ち焦がれてたんだな。
  • 電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016-08-16 22:04:00
    何かしらに向けた批評論評が己の身を焼きかねないというのは、私から言わせれば「地も馬脚も出るのだから注意してやろうな」という程度の話。何かを叩く時・ほめる時というのは、本当にその人間の地が出るよな。
  • 電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016-08-16 22:05:08
    nukotama001 まぁ私に言っているものだとして。辻田氏の批判は「しょうもない願望持っているっぽい日本人」に向けられている筈で、私がその批判内容にケチつけたところで、この場合「(何かしらの)信者」などという文脈にはなり得ないと思うよ。ついでに言うと彼の言う「願望」自体も無い。
  • 電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016-08-16 22:05:32
    __pon_ 作品の出来の論拠を「観客動員と売り上げ」(→ __pon_ )なんぞで提示してくる様な売上厨じみた感覚の人間から、私の価値基準をどうこう言われる筋合いなど一切無いし、語ってやる義理も無い。
  • 電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016-08-16 22:06:53
    「指導者次第でやれば出来る日本人、みたいな願望は無駄」だの、「監督が予め観客を嗤ってる」だの、「批判そのものを許さない人達を信者といいます」だの、「中立的視点で客観的に俯瞰するクールな俺様スタンスでコメントつけてるかもしれないけど感想がゴジラかっこいい怪獣映画とかそれただの小学生」だのと。すわ評論のチャンスと見れば、クソどうでもいい意識他界系が色眼鏡キメてしゃしゃり出て謎の上から目線。しかも大抵が藁人形論法であり目も当てられない。放射脳と大して変わらん。
  • 電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016-08-16 22:10:27
    単純にゴジラという存在を楽しめず持論のタネに転用する連中や、シン・ゴジラの超売れているステキな造形を理解出来ない連中、「損だよなぁ」とは思うのだが、無粋な連中に粋を嗜めというのも酷な話か。 #意識他界系 #信者 #売上厨 #クールな俺様スタンス #小学生並の感想
  • 地方妖怪 PGERA @PGERA_RX 2016-08-16 22:12:10
    以前GATE批判でクソみたいな理屈で喚いたゲロカスの差別主義者がなんか言うてる。ゆっくりアイコン君は荒らしをすることでしか相手にしてもらえない屑なんだから無視が一番だぞ?
  • k_tetsuya @thor_tetsuya 2016-08-17 08:18:37
    特撮モノに多い「明日までに怪獣をなんとか出来ないとMATは解散だ!」みたいなクソ上司を出したくなかっただけでは。
  • Yossy64 @anteaterme 2016-08-17 09:13:48
    nukotama001 アホな感想を持つのは自由ですしそれを馬鹿にするのも自由でしょう。
  • uchya_x @uchya_x 2016-08-17 12:58:28
    フィクションの構築材料として、出来るだけ現実に近いものを使い、視点をほぼ政府内に限定しているんだから、これで「政治的に語るな」って言われても、そりゃむりってもんだ。
  • uchya_x @uchya_x 2016-08-17 13:11:17
    日本が先の戦争で多数の犠牲者を出した原因の一つに組織に対する過度の奉仕の奨励があるんだけど、矢口はまったく無自覚で、劇中人物からもほどほどにしとけよ程度のツッコミしかないんだよね。
  • uchya_x @uchya_x 2016-08-17 13:16:30
    再上陸後であればあの描写も許容範囲ではあるけれど、そうじゃないからなぁ。質の良い(頭脳)労働のためには十分な休息と栄養が必要。それを整えるのはリーダーの重要な役割なんだが。
  • Yossy64 @anteaterme 2016-08-17 13:43:14
    uchya_x 今まさに巨大災害が進行している状況で、十分な休息と栄養が必要とか言われても、何寝言言ってるのって感想にしかならない。
  • ちいさいおおかみ @siu_long 2016-08-17 13:56:21
    ysktalking その結果、エヴァの解釈を当初のミスリードを"本物"と誤認したままその思考思想だけが横行し、それを批判する人間に対し高圧的になる"エヴァった奴等"が生まれてしまった。
  • ちいさいおおかみ @siu_long 2016-08-17 13:58:45
    シンゴジラなんて、それこそ、色んな意味で"原作配給元の金で自主制作パロディ映画"作っただけなのに、イカにも"大作"だなどと"信者"が吹聴するから"反信者"も躍起になって反論する。将にここで元で論争しているのと変わらない大勢だ。
  • uchya_x @uchya_x 2016-08-17 14:36:31
    明確なタイムリミットが存在し、かつ絶対的なリソース不足にある再上陸後であるならともかく、いつ来るかわからない再上陸に備えている段階でのあれは評価できない。
  • uchya_x @uchya_x 2016-08-17 15:03:22
    兵站の軽視も日本の敗因じゃなかったかな?
  • はくまにトゥーン2 @haku_mania_P 2016-08-17 15:36:59
    なかなか面白く、良いまとめ。映画見終わった人は読んでみるといいかも。
  • はくまにトゥーン2 @haku_mania_P 2016-08-17 15:40:12
    それとは別に切り離して、辻なんたらやその他、似たような批判をしている連中。①「そういうかったるいシーンはカットしてあります」ってのが所々にあるのに、何いってんの?②映画のテンポと疾走感を良くするための演出も理解できないの?③現実と虚構の区別もできないの?④無能な連中がだらだらと右往左往してる中、ゴジラに日本が滅ぼされるだけの映画のどこにエンターテイメント性があるの?そんなのが面白いと本気で思ってる?⑤そういうのが見たければそういう作品探すか自分で撮ってください。だよなあ…
  • はくまにトゥーン2 @haku_mania_P 2016-08-17 15:52:19
    すでにまとめ主が書いてるけど、結局辻なんたらを含めて似たような内容で批判してる奴って、「ゴジラそのものの批判」じゃなくて、「観客に対する批判」なんだよね。要するに、「こんなので喜んでるお前らバーカーバーカ」「馬鹿と違う俺様スゲェ!もっと讃えろ!」っていう、マウンティングと自慰行為だっていうこと。だから、言ってる内容が似かよるし、ピントがボケて、実際の内容とズレたおかしなことを言っている。そのへんわかってくると、哀れみばかりが増してくる。
  • uchya_x @uchya_x 2016-08-17 18:24:04
    例えば、この作品非常におっさん率が高い。それは「できるだけ現在の日本に近づける」という作劇上の要請から来たものだから、物語としてのミスではない。けれども「おっさんばかりで構成された対策メンバー」の是非はまた別の話
  • uchya_x @uchya_x 2016-08-17 18:26:38
    もちろんそれは劇中で描かれた「日本政府」に対する批判になるけれど、先にも書いたように「現実になるべく近づけた」結果そうなっているんだから、ある程度は現実の日本政府に対する批判になる。
  • uchya_x @uchya_x 2016-08-17 18:27:11
    政治的に語るな、なんて無理ってのはそういう事なんだけどね。
  • 青霊夢@左腕機能若干低下 @Blue_Reimu 2016-08-18 07:07:11
    uchya_x 巨災対結成直後は、メンバーに帰宅するよう指示が出てるにもかかわらす、「自主的に」カンヅメとか、帰宅しても手弁当持って即出勤してるというようなセリフがあったんですがそれは… さらに、海自が護衛艦数隻と対潜ヘリのディッピング・ソナーを駆使しても所在を確認できず、その行動パターンすら読めない巨大不明生物に備えるなきゃならないし でもって、わけのわからんデモが国会前で騒音垂れ流してる中、一部の勤勉な人を除いて大半のメンバーは仮眠休憩をとってましたが
  • 青霊夢@左腕機能若干低下 @Blue_Reimu 2016-08-18 07:21:43
    この卵アイコンは、どの場面のことを言ってるのか明記してないから論点が見えない
  • Hoehoe @baisetusai 2016-08-18 08:00:47
    我々はエヴァ現象を体験してるのでくだくだしくは語らないのです
  • 谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2016-08-18 11:01:38
    それゆえ、日本がこのまま世界を支配するという荒唐無稽なストーリーにも、一定の説得力があったのである……ってバブルを謳歌するイケイケブイブイな人がいたのと、あまりその恩恵を感じないまま不況突入を感じてた人は時期的にカブッていて(ドラマで言えばトレンディドラマの波が引く前である91年1~3月に「ふぞろいの林檎3」なんてのがあったり)。wikipediaでもバブル崩壊は91年3月~となっていて、vsギドラは91年末。それを『当時の日本はバブル景気の真っ直中』と語る賢者は第一印象で信頼性薄いですね。
  • 谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2016-08-18 11:16:19
    Yabe_MiHiRo しいて時代にこじつけるなら多数派にとって「バブル崩壊が始まってるけど希望的観測ながら何年かで持ち返してくれたら良いんだけどな」という時期かも。あのゴジラはコンツェルン総帥にとって戦中の苦境と、どうにか生き延びてガムシャラに戦後復興を過ごして来た後、老いてみれば若くて気力も体力もあった頃の懐かしい想い出。死ぬのならあいつと再会して死にたい。そして微笑みかけるが、そんなこと眼中なしで…。戦前生まれにとっての子や孫が「前の世代のことなんざ知らないよ」で好き勝手やって暴れてる図式?
  • 谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2016-08-18 11:23:53
    Yabe_MiHiRo vsギドラに対しての見解も人それぞれだったりするでしょう。「あれはかつてのゴジラじゃありません」ってのは、「戦後日本映画の牽引役として力を発揮してきたゴジラであったかしれないけど、変質しちゃって今回のゴジラはもはや日本映画の守護神でもなんでもありません。既に別モノになっちゃってますよ」という暗喩に感じられた人もいるかしれないし。
  • uchya_x @uchya_x 2016-08-18 12:45:19
    Blue_Reimu まさしくそこですが、「自主的にカンズメ」「手弁当」でリアクションが「感動」と「この国はまだやれる」やめましょうよそういうの。「組織に対する過剰な奉仕の奨励」の典型でしょうに。
  • Yossy64 @anteaterme 2016-08-18 13:05:49
    uchya_x この人、自分の家が家事になり徹夜で消火活動してる人がいたとして、偶々その人の職業が消防士だったなら、「組織に対する過剰な奉仕はやめましょう」と忠告しそう。
  • 青霊夢@左腕機能若干低下 @Blue_Reimu 2016-08-18 13:38:54
    uchya_x いやだから、帰りたい人が居れば帰ればいいんじゃないですかね?「帰宅指示もしっかり出てる」し 巨災対のメンバーがみな(あえて一括りにして言うと)変人の独立愚連隊で、かつ各々の専門分野において優秀、尚且つ、海自すらその所在を掴めず、行動パターンすら読めない巨大不明生物に対して、当人たちが自分の判断で「今できることをやっている」として職務を全うしているだけですし
  • uchya_x @uchya_x 2016-08-18 15:26:13
    anteaterme 消防署みたいに24時間即応が必要な部門はちゃんとローテ組んでるし、帰宅命令が出てるのに自主的にカンヅメなんかしたら怒られるだろうに
  • uchya_x @uchya_x 2016-08-18 15:35:33
    anteaterme 現場の消火活動が長引いた場合だって一緒で、その場合は交替要員がくるし、それでも自主的に現場に残ろうとする奴に上司がかける言葉は「馬鹿野郎、早く帰って休め」であって、「感動した」じゃない。
  • uchya_x @uchya_x 2016-08-18 15:44:11
    Blue_Reimu 立川に移った後ならともかく、あの時点で泊まり込み作業やってるならそりゃオーバワークでしょう。矢口のやる事は泉ちゃんに連絡して「手足として動ける人よこせ」だよ。あと周辺の宿泊施設抑えて、事務所に仮設ベッドな。
  • uchya_x @uchya_x 2016-08-18 15:45:52
    ちゃんと睡眠とって、栄養も取らないと頭働かないぜ。脳だってフィジカルな器官なんだからな。
  • mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2016-08-18 16:17:03
    シン・ゴジラでは権力を握っている年寄の政治家は、多少判断が早くなり現実的にはなるけど「覚醒」にはいたらずゴジラに殺されている。 老害が一掃されれば日本は実力を発揮できるという感じの「願望」に見えた。
  • mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2016-08-18 16:21:20
    シン・ゴジラは人物描写がフラットなので、主人公も後半活躍する面々も特に「覚醒」はしていない。 主人公の肩書だけが変わっていく(中身は変わっていないという主張?)という表現もわざわざ入っている。
  • 仙童孝義@比例は怒り新党 @sendoutakayoshi 2016-08-18 16:48:57
    タグロックされてて「コメント欄が本番」ってうてん…。
  • mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2016-08-18 17:23:29
    老害やメンドクサイ仕組みが無ければ活躍できるという見立てで話すと、列車やプラントはメンドクサイ仕組みをしっかり守って積み上げてきたことによって得た力でもあるのです
  • 薩摩切子 @satsumakiriko40 2016-08-18 18:51:45
    言語明瞭意味不明瞭。小学生でも分かる言葉でしゃべってくれないか?
  • ときを @yuubiseharukana 2016-08-18 19:13:25
    mikumiku_aloha そういう意見いう人いるけど、あの内閣別に老害でもなんでもないと思うんですけどね。誰かの足を引っ張るわけでも何をしないわけでもない。現行法でできうる限りの最善の行動をとっていたと思います。彼らが生きていたとしてもヤシオリ作戦は行われたでしょう。ゴジラに殺されたのは不運としかいいようがない。
  • ときを @yuubiseharukana 2016-08-18 19:16:09
    uchya_x 普通の戦争ならその通りだけど、巨大生物が現れて都市部を蹂躙したらどこの国の政治家や官僚でも缶詰状態になると思いますよ。たぶんそれは日本に限らない。戦争は人間が相手で計画を立てることもできるけど、なんかよく分からない巨大生物の場合その限りじゃないです。
  • mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2016-08-18 19:34:27
    yuubiseharukana 物語は、内閣が丸ごと消えてから主人公の元に一致団結という流れだと思います。主人公は生き残りとして遺志を継いだだけで基本的に変わっていないと解釈するか、主人公の元に刷新されたと見るか
  • mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2016-08-18 19:42:57
    mikumiku_aloha 自分は主人公の元に刷新され、縦割りを排し素早く断固たる決断を出来るようになってゴジラに対抗出来たという風に解釈しました
  • 地方妖怪 PGERA @PGERA_RX 2016-08-18 19:48:39
    と言うかエヴァの監督なんだから基本「エンタメとして政治とかをネタにしたものでしかなく、作者は多分そこまで考えてないと思うよ?」って言う。あんまり深く考察するな・・・、エヴァの時みたいになるぞ?(古参兵並感想)
  • oxoxxoox @opoxint 2016-08-18 19:58:33
    「○○の違和感の正体」ってフレーズは「こじつけできる理屈を思いついたぞ!」程度の意味でしかないと同じようなタイトルのまとめ郡を見て悟った
  • mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2016-08-18 21:45:18
    「覚醒」であれば何らかの刺激で内にある力によって変わることになるのだけど、ゴジラ(外部)にやられて変わったのであれば、変わる力があったわけでは無く、ゴジラに変えてもらったということになる。
  • uchya_x @uchya_x 2016-08-19 09:45:48
    yuubiseharukana 捜索当たっている自衛隊関係者以外は、再上陸前、未発見の時点では詰めてる必要はないでしょう。閣僚などはその後のフェーズが本番なので、その前に消耗させてしまってはいざという時の判断力、思考力が低下しますし。
  • uchya_x @uchya_x 2016-08-19 09:58:43
    yuubiseharukana 前にも書きましたけれど、立川に移った後ならまだわかります。タイムリミットが切られ、別案を実行させる訳にいかず、しかしリソースは絶対的にたりない。でも前半はそうじゃないでしょう?
  • 大和但馬屋 @yamatotajimaya 2016-08-19 09:59:09
    uchya_x みんなが自主的に無理してマジ感動して徹夜ハイの状態で「この国はまだやれる」と調子こいたところに鎌倉さんが上陸して何もかもぶっ壊した、というとこまで含めて演出でしょ 矢口君が思い詰めて歩くカットは、エレベーターの中で偉そうに大臣に忠言した自分への後悔を表してるのだし
  • 大和但馬屋 @yamatotajimaya 2016-08-19 10:02:24
    楽観論とかこうなればいいなという願望に取り憑かれていたのは自分も同じだった、頑張ってなんとかなると思った自分の認識が甘かったという自責が立川での逆ギレにも繋がってるわけで、その辺全部脚本に織り込み済みなのでは
  • uchya_x @uchya_x 2016-08-19 10:28:40
    yamatotajimaya 脚本に穴があると言いたいわけじゃないんですよ。あそこで「マジ感動」とか「まだやれる」と言う言葉を自分は肯定的には捉えられなかったって事を説明してるわけです。
  • 大和但馬屋 @yamatotajimaya 2016-08-19 10:43:06
    uchya_x とはいえ、脚本中で予め埋められている穴をほじくっている様にしか読めませんよ
  • uchya_x @uchya_x 2016-08-19 10:48:48
    yamatotajimaya 最初に書きましせんでしたか?矢口は先の大戦で多くの犠牲者を出したもう一つの原因に無自覚と、作中人物に対する批判ですよ、脚本じゃなく。
  • 大和但馬屋 @yamatotajimaya 2016-08-19 13:23:48
    作中人物に寄り添った見方をするならば、組織の中でうまく噛み合ってなかった「骨太」の曲者ばかりを泉に集めてもらった人材の集まりなのだから、ローテでうまく回る様な運用は始めから考えてなかったとしか むしろ現場をスムーズに動かすためにも上流が無理して頑張らないといけない局面なのだし、まして相手は未知の生物で、どこを突いても新しい謎がでてきて最適解がわからないとくる そりゃトップも含めて我を忘れてのめり込んじゃうよね、一歩引いて見ればそれが間違いだとわかってても ということではないですか?
  • YOSH @m_yosh 2016-08-19 17:03:54
    巨災対はゴジラがいかなる生物かを調査・分析もしている組織なので再上陸前だから待機でいいってことはないですよね。少数精鋭のスペシャリスト集団だから、誰かが休めばその人の担当部分はストップしてしまう。だから一刻も早くその正体を解き明かし被害を最小限に止めねばという使命感で無理をしてしまう。
  • YOSH @m_yosh 2016-08-19 17:04:14
    で、あの場面はそれを肯定的にも否定的にも描いてはいませんよね。みんなでがんばろう!と根を詰めすぎてしまって、それで謎の高揚感と一体感で何となく盛り上がってしまう。それが良い悪いではなくて日本人ってこうなっちゃうよね、こういうところあるよね、といういわば「日本人あるある」みたいな描写ですよね。
  • YOSH @m_yosh 2016-08-19 17:04:40
    そういう「現実」を投影した「虚構」に対して「虚構けしからん!」と言ってもしょうがない気がします。それならばまず現実のほうをどうにかするべきだけどもそれはなかなか難しい。
  • kenkan_method @KenkanM 2016-08-21 03:41:06
    uchya_x つまり、「憲法に奉仕して、攻撃を食らうまで一切の反撃をするな(意訳:死ね)」と自衛官に強制する護憲派こそ、大日本帝国の醜悪な部分を全て受け継いだ正当な後継組織ということですね。
  • (新)ぼくキャプ村ーN @sinbokukyapun 2016-08-21 11:29:43
    KenkanM それはよくわかります。社民党とか共産党とか、旧帝国陸軍そのまんまですもんね

カテゴリーからまとめを探す

「Twitter小説」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする