2016年8月17日

『ユリイカ』アイドルアニメ特集号の全記事紹介

『ユリイカ』2016年9月臨時増刊号「総特集☆アイドルアニメ」の各記事がこんな感じの内容だというのを一言二言ずつ紹介してみました。 興味あるけどどんなのかなーと躊躇っておられるかたの参考にでもなれば。 物理書籍は品薄のようですが電子書籍が出ていますね(↓AmazonのKindle商品ページ) http://urx.mobi/xMlu 続きを読む
4
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ1/『ユリイカ』増刊号アイドルアニメ特集号。巻頭「KING OF PrettyRythmという奇跡 プリズムスタァのきらめきを追いかけて」菱田監督×西P×依田P鼎談。アイドルではなくスタァという概念、ファンとの距離、キャラ個別の心性など包括的な内容。 #ユリイカ #読書メモ

2016-08-13 04:27:11
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ2/ 上田麻由子氏「虹の先を越えてゆくために」 アイドル(ファンの夢)とアーティスト(自己表現)が入り組むアイドル諸相を枕に、二次元男性アイドルと三次元ファンをつなぐ論。「スタァ」という概念の意義を非ジャニーズの系譜の修復としてとらえるのが印象的。 #ユリイカ #読書メモ

2016-08-13 04:47:39
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ3/ 筒井晴香氏「生の肯定としての「み~んなアイドル」『プリティーリズム』から『プリパラ』へ」 プリパラのキャッチを軸に、プリパラ固有のアイドル像を解説。みんなアイドルでトモダチとは、みんな今ここに生きてるという基礎部分を否定しないメッセージと見なす #ユリイカ #読書メモ

2016-08-13 05:29:08
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ4/ 綾奈ゆにこ氏「アイドルアニメは【コンテンツ】ではない」 アイカツを皮切りにアイドルアニメに携わってきた脚本家が自身の経験から、制作当事者が「作品」を第一義とする熱量について力強く証言。アイドルアニメ自体が作品ファンにとってのアイドルという視点。 #ユリイカ #読書メモ

2016-08-13 05:29:29
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ5/ 増田俊樹「ストリートの矜持」 カヅキ役の声優さんインタビュー。初登場から三年、キンプリで二年ぶりという時間の経過がカヅキというキャラクターや増田氏におよぼした変化と成長を熱く語る。アレクに対するコメント「ストリートはこうなんだよ」名言か #ユリイカ #読書メモ

2016-08-13 05:34:43
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ6/武内駿輔氏「踊れ、歌え、闘え」大和アレク役の声優インタビュー。プリリズ初代時に中学生だったと思えぬ熟達した受け答え。テープオーディション時スポーティ細マッチョで想像したが、実演では当初の演技は捨て、勢い・対抗心・肉体系に重点する芝居に切り替えたと。 #ユリイカ #読書メモ

2016-08-13 05:50:27
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ7/泉信行氏「アイドルアニメと美少女の表現史」今特集では貴少な表現論メイン。二次元である事自体でキャラに備わる優位性から、実際に美形設定である場合の描きかたまで具体的・通史的に押さえる。可愛く見える・見せる・思える・思わせるを整理する助線が得られる。 #ユリイカ #読書メモ

2016-08-13 06:19:47
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ8/須川亜紀子氏「きらきらの向こう側 男性アイドルとヒーローの結節点」少ハリと共にタイバニやサムフラを取り上げ、理想モデルを見つめつつ自らも見られる男性アイドルとヒーロー概念を結ぶ。女性アイドル物がイケニエ性から魔法少女や巫女に接する現象の親戚かも? #ユリイカ #読書メモ

2016-08-13 06:34:28
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ9/想田充氏「「萌え」が死に、「アイドル」が生まれる  受容と環境の変化」 アイドルアニメに対する市場環境やファンの移り変わりに重点したブーム論。女の子いっぱいアニメのマーケティングが俗にいう「萌え」と「属性」を重んじた時代の後にアイドルアニメを置く。 #ユリイカ #読書メモ

2016-08-14 06:41:18
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ10/ミト氏・さやわか氏「キャラクターの歌声と音楽の場所-アイドル-ゲーム-アニメ-のリアリティライン」バンドリーダーと評論家の対談。ゲーム原作物でゲーム由来の性質や、ミト氏がデレマスのキャラソンを手がけた際のシナリオ・キャラに対する曲の位置取りなど。 #ユリイカ #読書メモ

2016-08-14 07:01:52
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ11/シノハラユウキ氏「アイドルは音楽である 「芸能人はカードが命」と「SEVENTH HEAVEN」から」アイカツとナナシスを題に、アイドルアニメのメディアミックスの中継点としての音楽を論じる。特に劇伴など、物語や作品世界を説明する力をもつ面に着目。 #ユリイカ #読書メモ

2016-08-14 07:11:33
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ12/川村覚文氏「声優-キャラ・ライブという例外状態 その条件としてのオーディエンスの情動と主体」アイドルアニメのライブで声優が声優でありつつキャラとしても登壇するという独特な状態とその受け取り方を論じる。あ、そういや少ハリはこの点ちと特殊なんですよね #ユリイカ #読書メモ

2016-08-14 07:22:45
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ13/大橋彩香氏「“笑顔”のアイドル活動」声優さんインタビュー。アイカツやデレマスでアイドルを演じてきた立場から、二次元・三次元含めて自分にとってアイドルとはどんなものか語り、また作品ごとに人間の描き方に違いがあるアイドルアニメの多様性へ期待を寄せる。 #ユリイカ #読書メモ

2016-08-16 02:12:05
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ14/中尾暁氏「個人競争主義的アイドルとチーム団結主義的アイドル AKB48に共鳴/対峙する二次元カルチャー」集団の枠をもちつつ個人が争うチーム概念を示すAKBのモデルをどう処しているかという点でアイドルアニメ(WUG、ラ!、デレマス)を腑分けする論。 #ユリイカ #読書メモ

2016-08-16 02:25:09
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ15/高瀬司氏「スクールアイドルの輝きの向こう側へ 『けいおん!』から読む『ラブライブ!』」部活と卒業(時限)という軸で『けいおん!』から『ラブライブ!』のスクールアイドル観念を照らし、日常を描いた果てにそこからはみ出す過剰な何かへ至った両作を論考。 #ユリイカ #読書メモ

2016-08-16 02:41:37
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ16/安田洋祐氏「女性アイドルの「ホモソーシャルな欲望」『アイカツ!』『ラブライブ!』の女同士の絆」異性愛を核にしない近年のアイドルアニメの中で女子アイドル同士の強い関係性がどう組み立てられているかを論じる。性愛か否かは可能性に留める半透明さへの注目。 #ユリイカ #読書メモ

2016-08-16 03:00:37
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ17/柴田英里氏「「変身」の変容史 アイドルにならなかった森沢優と、多重に変身し「女の子」を撹乱する『プリパラ』のアイドルたち」近年のキッズ変身物が大人化よりも自己実現と能力強化に重点する面に着目、心や体をこうあるべきと一律にしない世界観の意義を説く。 #ユリイカ #読書メモ

2016-08-16 03:26:43
みやも(大阪府) @miyamo_7

@miyamo_7 プリパラは変身前の心身もべつに否定されたり貶められたりするわけではないという指摘があって、なるほどと思いました。

2016-08-16 03:27:10
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ18/鈴木みのり氏(聞・飯田一史氏)「すべてがどこかにつながっている」声優さんインタビュー。マクロス企画オーディションでデビューしたマクロス声優がマクロスシリーズに対する思いを述べる入れ子的な語りがそのまま”マクロスにおけるアイドル”のメタ性に重なる。 #ユリイカ #読書メモ

2016-08-17 04:49:14
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ19/飯田一史氏「アイドルアニメとしてのマクロス なんのために、どんな想いで歌うの?」マクロス歴代のドラマ構造や歌の役割を押さえた上でΔの戦術音楽ユニット設定の独自性を掘り下げ、そも人間にとって歌やアイドルというものがもちうる意味まで量る総括的な論考。 #ユリイカ #読書メモ

2016-08-17 04:56:58
みやも(大阪府) @miyamo_7

@miyamo_7 マクロスはアイドルアニメというものについて答えを出すのではなく問いかけをする作品だという観点を示した本稿の記事タイトルも疑問文になってるのは技アリですね

2016-08-17 04:59:58
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ20/佐倉智美氏「『マクロスΔ』の三位一体とケアの倫理の可能性」 「マクロスは●●である」にロボ、アイドル、プリキュアなど様々なものを代入して諸分野の緊密な関係を示し、それが集約される『Δ』に正義のせめぎあいの枠外に出る共生価値観の提示を期待する。 #ユリイカ #読書メモ

2016-08-17 05:15:18
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ21/ 香月孝史氏「アイドルはアニメを照射できるか」現実のアイドルの細かいヒダを参照して作られる二次元アイドル作品が三次元アイドルを照らす批評性をもつ点をふまえ、では逆に生身のアイドルがアニメを取り込むことは可能かというアイドル論者側からの考察。 #ユリイカ #読書メモ

2016-08-17 05:28:59
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ22/ 小林翔氏「二・五次元としての『AKB0048』」アニメキャラクターの声の芝居だけでなく声質まで含めたリアリティ問題の上で、架空のキャラに「声が合う・合わない」という評価が何により生じるのか、『AKB0048』の声優起用のしかたを通して探る考察。 #ユリイカ #読書メモ

2016-08-17 05:37:50
みやも(大阪府) @miyamo_7

メモ23/ 新野安氏「アイドル、スター、そして都市」『サクラ大戦』をアイドルアニメの観点から取り上げることが可能であり必要性もあると説く作品論。「スタァ」概念の重用という点で、今でいえばキンプリを理解する助けにもなるかも。ちなみに僕はレニが好きです。 #ユリイカ #読書メモ

2016-08-17 05:44:17
残りを読む(3)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?