10周年のSPコンテンツ!
15
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS
「異世界チートハーレム」と呼ばれる作品を実際に読んでみると、意外なほど「チート能力だけに頼って努力を怠った勇者」とかを主人公か批判するという展開がある作品が多く、実は「異世界チートハーレム」作品の中においてすら「異世界チートハーレム」は批判の対象なのである。
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS
これを意外となろう系小説も教育的に正しいメッセージを発していると捉えるか、それともなろう小説もまた「才能だけに頼り、努力を怠るのはいけない」なんて古くさい規範からは十分に逃れられていない、と評するか、人によって評価はわかれると思うけど……
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS
ともあれ、「異世界チートハーレムに憧れるバカな若者を、自分の知識で論破し、正しい方向に導きたい」という欲望は、実のところ相当、「異世界チートハーレム」的だと思うので、怪物と戦う物はみずからも怪物とならぬよう注意すべきかと思います。
師匠🍆ハイパーメディアデベロッパー @sea_show
これラノベ界隈に限らず、プリキュア界隈にもこの傾向は言われてるね。
師匠🍆ハイパーメディアデベロッパー @sea_show
プリパラやアイカツもたぶんそう。アイマスと違って努力描写があんまりないような
師匠🍆ハイパーメディアデベロッパー @sea_show
昭和的な、いわゆるスポ根、努力と根性の価値観から、そんなのよりも初めから持ち合わせた才能だけでサクッとこなす成功する、ってほうが幼児が好む傾向になっているとかナントカ説。
師匠🍆ハイパーメディアデベロッパー @sea_show
スマイルプリキュアはかなりスポ根寄りで、親御さんがアツくなって幼児は冷えてた的な
師匠🍆ハイパーメディアデベロッパー @sea_show
若い人には努力の価値が低く評価されているってことなのかな。
師匠🍆ハイパーメディアデベロッパー @sea_show
昭和的なスポ根って努力の方向音痴な感じで、それが現実社会の労働環境の社畜要素を形成する礎になってる感じで、そりゃあ若い人的には嫌悪感する
師匠🍆ハイパーメディアデベロッパー @sea_show
努力そのものを放棄したくなるのもわかる
師匠🍆ハイパーメディアデベロッパー @sea_show
正しい方向に努力して正当な評価が得られるという成功体験を、教育界や労働界が実現できてないってことなんかなぁ
師匠🍆ハイパーメディアデベロッパー @sea_show
まあいくら努力してもチート才能野郎にはどうやっても勝てない、という絶望は現実社会にもあるけども。為末大氏じゃないけど
師匠🍆ハイパーメディアデベロッパー @sea_show
プログラミングはいいぞ。「思った通りに動く」レベルまで持ってくのはなかなか大変だけど
師匠🍆ハイパーメディアデベロッパー @sea_show
プログラムは思った通りには動かない。書いた通りに動く。 だから思った通りに動くように書けるようになる必要がある。
師匠🍆ハイパーメディアデベロッパー @sea_show
結果的には思った通りに動かせるようになるので、たのしいです (小並感

コメント

西原 @kkkooo117 2016年8月17日
スマイルプリキュアがスポ根って頭おかしいでしょ
Wood.Pecker@夏コミ冷却中 @Wood_Pecker_ 2016年8月17日
申し訳ないが、露骨な晒しまとめはNG
あぶらな @ab_ra_na 2016年8月17日
スポ根つーか、多分スマイルプリキュアってメンバーが比較的低スペックだったはずで(5人全員いい子だけど残らずポンコツか天然)、特に初期状態が「憧れキャラよりも親近感キャラ」に大きく傾いた「成長譚」なとこがある。そうなると、楽しみ方として「みんな成長するんだろうな」っていうメタな視線とか「ダメな子ほど可愛い」大人目線とかが入るので、まあ大人向け。ってのはあるかな。
深井龍一郎 @rfukai 2016年8月17日
えっ、スポ根的なのがスマイルプリキュア? ハピネスチャージプリキュアではなく?
KZRNM @naminodarie 2016年8月18日
Wood_Pecker_ 俺は面白いツイートを集めただけだが
あぶらな @ab_ra_na 2016年8月18日
5人中4人が勉強苦手、最後の砦の優等生も不器用さと天然ボケが強調されてた感がありましたからね。全員が同級生っていうのもあって「素敵なお姉さん」よりもやっぱり共感型に特化してた印象。
かめワイ @kamewai 2016年8月18日
こんな突っ込みどころしかないまとめ初めて見た。炎上目的でないなら才能あるよ
あぶらな @ab_ra_na 2016年8月18日
だから要するに「成長譚の序盤は、まず主人公の成長を信じてなきゃ楽しめない」ってとこが本質なんじゃねえかなあ。幼児がチートキャラを求めるのは「まあ今ポンコツなら今後成長するはず」みたいなメタい視点を持たないからで、ラノベ等のチートキャラは、新しい作家がいっぱい出てくる&作家買いがあまりされない都合上「『数冊かけてじっくり育てる』を編集部に了承してもらえるような作家」「読者から『じっくり育てて素敵主人公を作り上げてくれる』信頼を得ている作家」が割合的に少ないからでしょう
あぶらな @ab_ra_na 2016年8月18日
コメディとか、別の持ち味を売りにしてる作家が「安定してコメディを提供しながら、主人公を成長させていく」ってのはありますけど、「かっこいいバトル」特化の作家なら初っ端から「かっこいいバトル」を見せていかないと得意分野の出し惜しみになるし力尽きてしまうということ
悟りを壊すもの @satoriwokowasu 2016年8月18日
アイマスのアニメは、『努力しても無駄』から友情パワーで頑張る系だったような気がする(記憶が曖昧)。
Kongo @kongo_kirishima 2016年8月18日
プリキュアは基本スポ根ものだろ。スマイルはマジスポ根だった。三幹部との決戦時、敵の攻撃もえげつなかったからな。あまりスポ根要素がなかったのは全員パーフェクト超人と言われたドキドキぐらい。それでも中盤にはレベルアップトレーニング回がそれぞれにあった。教官もまた努力して自らの限界を破る回が用意されてた。
TATSUYA @50po100 2016年8月18日
アイカツもプリパラも見た事無いのは分かった
イマ @banzokuuuu 2016年8月18日
幼女向けの魔法のスターマジカルエミは魔法で楽に得た成果などなんの意味もないと魔法を捨てるんですがそれは。ま、どうせ最近のやつだけでドヤ顔して評価してるんだろうが
イマ @banzokuuuu 2016年8月18日
あとミンキーモモとファンシーララも変則的とはいえ魔法より自分の努力を選ぶ内容だし、スイートミントもそういう話がある
杉山 兆 @Kiz_Sugiyama 2016年8月18日
「才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ」 …水木しげる
Hoehoe @baisetusai 2016年8月18日
ハートキャッチのほうが努力してた気がするんだが
Heyw65kZ4RiU @29zgJQepexzZ 2016年8月18日
うんうんそれもアイカツだね
SAKURA87@多摩丙丁督 @Sakura87_net 2016年8月18日
あれで努力していないとか言われたら努力している人間なんかそれこそオリンピック選手か社長くらいしかいなくなる件
宮原太聖 @TaiseiMiyahara 2016年8月18日
ストーリー構成上、努力と成果(成長)が無いと、起承転結付けづらいんじゃないかなぁ。あと、チート能力に頼りすぎて失敗するとか、起承転結の「転」の部分で使うにはとても便利な展開だと思う。どちらにしろ、本当の意味で「ヤマなしオチなし意味なし」よりマシかと。
恋思川幹 @Koishikawa43 2016年8月18日
アイカツがなろう小説に類似する構造を持つのは認める。主人公は芸能界(異世界)に飛び込んだばかりの子だし、芸能界キャリアとは別の才能でキラリと光るし、業界の重鎮に好意を抱かれる展開はあるし、百合ハーレムは拡大していくし、オーディションを選ぶ様子は冒険者ギルドに似てるし、アイカツシステムはゲーム由来だし。でも、努力描写がないってのはウソになるわけで。
ぉざせぃ @hijirhy 2016年8月18日
「あんまりない」と書いても「全くない」と読まれるわけね。
避難完了よっこらしょ @YOKO0713 2016年8月18日
アイカツはことある度に「アイ!カツ!アイ!カツ!」と繰り返し謎特訓してるんですが…
飛竜 @bsb_hiryu 2016年8月18日
プリキュアはアイドルじゃなく悪から世界を守るヒーローに近い存在で、同列に比較できる存在ではない。しかもプリキュアはヒーローが本業ではなく本業は中学生。普段は中学生活を努力して、悪が来て戦いになればそちらを努力すればいい。ヒーローであるための努力は普段の生活では必要ないはずだが、シリーズによっては特訓回があるし、戦いの中で成長したり覚醒する描写もある。
飛竜 @bsb_hiryu 2016年8月18日
プリパラは見てないですがアイカツはコメントにも出てる通りいつも猛特訓してますね。どっちが上と言うつもりはないですが、あれを努力描写があんまりないというには違和感が強いです。
飛竜 @bsb_hiryu 2016年8月18日
普段の学校としての特訓や自主練という努力描写以外にも、プレミアムドレスを手に入れるために断崖絶壁を登るとか、友達のためにクリスマスツリーの樅の木をアイドルが斧で切り倒して持っていくとか、アイドルらしからぬ努力はネットのネタになるほどのアイカツの特徴の一つですよね。
飛竜 @bsb_hiryu 2016年8月18日
あとアイカツで、いちごは努力もあるが最初の才能もあるタイプですが、2代目主人公とも言える大空あかりは学園入試不合格からのスタートで何度も味わいながら努力で力をつけていくタイプでした。天才か努力家かで分けるなら明らかに後者のタイプです。
あぶらな @ab_ra_na 2016年8月18日
チートチートというけどラノベの無双主人公ってむしろ「すでに努力した」キャラが多かったりしませんか。極端に言えば剣心やガッツのように過去で壮絶な鍛錬を積んでる感じの
こざくらちひろ @C_Kozakura 2016年8月18日
「同じ敵に対して勝てるまで何度でも戦う」という意味での努力描写はラノベに限らず最近見かけませんね。「ただ鍛錬している」を努力描写とみなしていいのかは、主観の違いとしか。
飛竜 @bsb_hiryu 2016年8月18日
何度も挫折を味わいながら、でした。文章間違えました。
きゃんどる(10/20東京ドーム) @Intercandle 2016年8月18日
アイマスに努力描写なんてあったっけ…。
暴君虎 @Tyrannotiger 2016年8月18日
プリパラも2ndシーズンでは「努力は才能に勝てないのか?」ってテーマがあったりしたんだけどな。
オタクモドキと化したぜるたん @the_no_plan 2016年8月18日
アイカツの主人公がアイ!カツ!アイ!カツ!って言いながらランニングしてるの知らんのやろなぁ
あーる・ヤマモト @aaru_yamamoto 2016年8月18日
Intercandle アニマス11話とかデレアニ12話のレッスンシーンは努力って言わないのか・・・アケマスでダンスレッスンとかのミニゲームで能力伸ばすのは努力じゃないのか・・・(まあ、アケマスの方は「プロデューサー」が努力しているわけだがw)
よく見かけるがどこにでもいそうでいない人 @namaehaaru 2016年8月18日
プリパラやアイカツはわからないけれど、プリキュアは少しはわかる。プリキュアにおける努力の描写はよく知らないけど、友情や強い想いが奇跡を呼ぶってのは確実に言える。敵に勝てた理由は、みんなで力を合わせたからあるいはみんなが支えてくれたから。
一条和城(CV:鈴村) @ichijou_kazuki 2016年8月18日
全く逆の印象を受けたんだがな
駄文屋あさひ@iM@s最高! @asahiya_WWer 2016年8月18日
プリキュアは日常での努力はよく色々やってて、戦闘面は特訓回にまとまってるとはいえる。ただ、プリキュアを「頑張る女の子の日常の1シーンに戦いも入ってる」とバトルヒロイン的解釈から離れた見方をすると、努力描写がないってのは完全否定出来るかな?
紫苑 @Shion19Aster 2016年8月18日
アイカツプリパラはよく知らないが、プリキュアはバトル面での修行はあまりしないだけで勉強・趣味・将来の夢・イベントetcのために努力する描写が山ほどあると思うんだけど
紫苑 @Shion19Aster 2016年8月18日
そもそもプリキュアはメンタルの強さとチームワーク力が強さに直結するタイプのヒーローだから技術面を鍛えるよりも私生活を充実させる方がよほど修行になるし
或忍 at 水性ゴリラ @ALNiN90125 2016年8月18日
そもそも子供向けアニメでガチガチの特訓シーンを描いても観ている側には伝わらんしね。チート云々で言うならラブライブの方が近い気がするのだが……年長者の指導無しに物事が回るとか色々とあるし。
Kongo @kongo_kirishima 2016年8月19日
ab_ra_na ベルセルクやるろ剣とラノベを一緒にするのはおかしい。るろ剣は努力・友情・勝利の伝統的ジャンプもの。ベルセルクは復讐譚。ラノベは、ある日死んだら異世界に転生して神様からチート能力もらったり、平凡な主人公は実は遺伝子操作されて超絶能力持ってましたのパターンがほとんど。
かげろ~ @kgerou 2016年8月19日
kongo_kirishima るろ剣やっていた頃なら魔術師オーフェンやフルメタルパニックがあるんで、努力後の主人公で問題ないかと
ちーこ/広沢千衣 @tadanochii 2016年8月19日
子供一緒に見てたけど、去年のプリンセスプリキュアは努力して夢をかなえるということに重点おいてたし、今回の魔法使いプリキュアも、自分の力で頑張らなきゃ、って話が何度も出てくる ただ、頑張る対象と戦闘行為は微妙に無関係
一条和城(CV:鈴村) @ichijou_kazuki 2016年8月19日
aaru_yamamoto そう言う切り口で言うならば「アイマスアニメの努力描写って普通のアニメと違って課題の解決と成長に直接つながらない」という形に見えてしまいますね。最終盤の春香にしろ卯月にしろ、仲間たちとの壁を取り払って自分の目の前にある閉塞感をぶち破る要素ではなくその壁を際立たせるお膳立てになってしまっているし、デレマスの方ではリーダーやった美波はその成果を次の回では生かせなかった。そもアニメだけを軸に話しているのに、ゲームの話ないまぜにするのも違う気が
Kongo @kongo_kirishima 2016年8月19日
kgerou ああ、そういうことなら確かに…黎明期のラノベであるロードス島のみなさんやスレイヤーズの連中も才能はあるけど基本努力の人たちだったよなあ。最近のチート主人公にはおじさん違和感がある。
かげろ~ @kgerou 2016年8月19日
kongo_kirishima 確かにそうですね…… 最近の作品でも例えば「オーバーロード」などはゲームをやり込んで得た力をそのまま行使できるので、努力後型の主人公と呼べるのかもしれませんが、転送後の世界で並ぶ者がいないあたりは異世界チートと呼ばれてしまうのかもしれませんね。
あぶらな @ab_ra_na 2016年8月19日
kongo_kirishima kgerou それらは「物語序盤ですでに強い、というだけでは、主人公が努力をしていないとは限らない」の例として出しただけです。魔法科高校は確か「ピーキーな才能+過酷な鍛錬」の設定があったはずだし、SAO辺りは既に一流ゲーマーに登りつめた奴が主人公なだけだし…など。転生物だって、基本的には前世での何かしらを下敷きにしているイメージがある。逆に転生前の努力をあまり感じないReゼロなんかは、転生後に苦労しまくって成長しようという仕掛けですし。
あぶらな @ab_ra_na 2016年8月19日
決して詳しくはないから「多かったりしませんか」と問いかけ形式にしたまでです。どうなんでしょう。ただ少なくとも「ラノベは〜のパターンがほとんど」という言い方からは、あまり観測範囲の広さは感じられません
聖夜 @say_ya 2016年8月19日
モモンガ様はアンデッドの即死系魔法使いというどドピーキーなビルドなので、全身鎧を着て戦士の真似事してまで情報収集してますよ。別に走りこみやスパーばかりが努力ではないのです
聖夜 @say_ya 2016年8月19日
SAOのキリトはアインクラッド編では徹夜でレベリングしたりそれでもレイド半壊したりといろいろ苦労もしてるのですが、ALO以降強くてニューゲーム的な部分があるのでそのへん混ざってるだけじゃないかと
あぶらな @ab_ra_na 2016年8月19日
というか。お話を成り立たせるためには、主人公は才能だけでなく「ものすごい鍛錬を、過去に積んだ」とした方が「むしろお手軽」なぐらいじゃないかと思うんですよ。「鍛錬どうこうでなく才能一本で勝つキャラ」で支持を得られるのは「地力では格上な相手に、発想力・アイデアで勝つ」タイプのキャラで、これはむしろ難しいジャンル。
hachigatu @iijagennahito 2016年8月19日
魔術師オーフェンのクリーオゥやマジクとか劇中で努力や苦労を経験させた事で、のびのびとしたキャラが何か委縮しちゃったりするから、努力や苦労はほどほどにした方が良いと思う派。同じ修行して落ちこぼれたヤムチャが嘲笑され続けてたりとか、ゲドー社の貧乏話で中途半端な真面目話になって、地球側3姉妹が脇役になっちゃったエリアルみたいなシリーズもあるし。
あーる・ヤマモト @aaru_yamamoto 2016年8月20日
ichijou_kazuki そういう意味で、私はこのまとめとは真逆のイメージで「少年少女向け=努力は素直に報われる」「大人向け=努力が必ず実を結ぶとは限らない」と感じております。なお、先のツイートでゲームに言及したのは、ソーシャルゲームだけを見て「努力描写がない」と結論づけた可能性があると思ったからです。
Kongo @kongo_kirishima 2016年8月20日
ab_ra_na 魔法科高校こそチート物だと思うよ? あの世界は血統というか人工的な遺伝子操作と交配の結果で優劣が決まってる世界じゃん。達也お兄様はコーディネーターがゆえに最強で、恋する妹がいくら鍛錬するお兄様スゲーしても、ふーんとしか思えんかったが。あとは、西尾維新ものかな。世界最強クラスが佃煮にするほどいる世界は笑えた。
Kongo @kongo_kirishima 2016年8月20日
なろうから書籍化されたのは異世界転生→チートだらけだから、最近それ系ばっかオンラインで読んでる俺が読んでる範囲が狭いと言われれば否定はできんがね。
あぶらな @ab_ra_na 2016年8月20日
kongo_kirishima ふーんと思うとかは印象の話なのでどうこう言いませんが、「設定上は人一倍努力してるキャラ」に分類されるのは間違いないと思うんですよ。 ab_ra_na ではそういう話をしてます。「悟空はサイヤ人だから努力キャラではない」とか、「ルフィはゴムゴム食ったから努力キャラではない」とはならないでしょ?
かげろ~ @kgerou 2016年8月20日
say_ya どの辺りから異世界チートになるかを考えるあまり、粗雑な例示になってしまい、申し訳ありません…… 上位者としての振る舞いを頑張っていたり、部下たちのために慎重に動くモモンガ様は努力の主人公だと思っています。
KSK @MprojectKSK 2016年8月20日
アイマスは普通のアニメじゃ入れたがらない挫折やらドロドロを入れたがるからそう見えるんじゃないかな。努力するのはPだからってのは大きいと思う
KSK @MprojectKSK 2016年8月20日
本人の問題解決でも自分の力だけで何とかなるスポ根的努力と本人の問題を周りが努力して解決するギャルゲ的努力は質が違いんじゃないかと
かげろ~ @kgerou 2016年8月20日
ab_ra_na 古くはヤン・ウェンリーやタイラー、最近では「この素晴らしい世界に祝福を」のカズマあたりが該当しそうですね
_ @TAKASIandTOSIKO 2016年8月20日
MprojectKSK アイマスのアニメに挿入されたという「普通のアニメじゃ入れたがらない挫折やドロドロ」ってなんですか?
バルー@シンデレラガール未央 @Disneyimas 2016年8月20日
>大人向け=努力が必ず実を結ぶとは限らない。 これを言っちゃキリがなくなるが…ファミリー向けのピクサーだってモンスターズユニバーシティと言う映画で最終的に退学になったり、仲間同士、努力したおかげで報われるように思わせて主人公だけズルしてるから、そうやって一括りするのはどうかと思います。
クラフト @Craft070707 2016年8月20日
「強くなる過程がないとウソ」とか言い出すと、子供が戦場で活躍とかウソもいいところなんだけど、こういうのはフィクションとして消費できる。だから「成長譚が読みたい」ってだけの、単なる好き嫌いの話なんだけど。「日常もの」みたいなのを好むことをガキと見下して、「障害や悲哀」が描かれたものを好むことを大人だと考える人が、その基準を守ろうとするから面倒になるだけ。
クラフト @Craft070707 2016年8月20日
「シン・ゴジラには人間ドラマがない、見るに堪えない薄っぺらい作品だ」みたいなもんよ。
R・こばやし/dion軍 @R_Kobayashi 2016年8月20日
これ突っ込んだら負けのやつ?
オズクレイン @ozkurein 2016年8月20日
MprojectKSK それは「自分の父親が彼氏の父親を交通事故で死なせていた過去が発覚し 彼氏の母親から交際をやめろと言われる」という展開のあったプリティーリズムレインボーライブという女児アニメよりドロドロした展開でしたか?
オズクレイン @ozkurein 2016年8月20日
プリキュアもハートキャッチプリキュアが途中で伝説のプリキュアパレスにいって 精神と時の間で修行することで ハートキャッチプリキュアスーパーシルエットになれると同時に 伝説のプリキュアパレスにある歴代プリキュアの銅像の1つとして登録されるんだよなあ
オズクレイン @ozkurein 2016年8月20日
プリキュア プリパラ プリティーリズム アイカツ アイカツスターズ 全部努力がある プリンセスプリキュアの主人公はるかはずっとプリンセスになるために努力していたし それを1年間描き続け 最後には「プリンセスになるんじゃなくて プリンセスであることを維持し続けるのが大事なんじゃ」と鍛錬は終わらないことを示した
オズクレイン @ozkurein 2016年8月20日
魔法使いプリキュアも 魔法が全然できない魔法学校の落ちこぼれの女の子と普通の女の子の出会いのお話だし 二人は協力して魔法ができるようになっていく プリキュアは伝説の魔法使いと呼称されているが別にプリキュアに変身してもパンチ・キックが強くなり怪物を倒せるだけで 魔法の授業の成績がよくなるわけではなく そこは自分で乗り越えないといけない
オズクレイン @ozkurein 2016年8月20日
プリキュアは基本的に「守るもの」として「日常生活 学校生活 友達の日常」があり その上で「将来の夢 なりたいもの 今やっていること」に対しての努力が描かれるため「強いプリキュアになるための努力」が無いという視点でご批判なさっている可能性も無くはないですが プリキュアにも努力はあります
雷華 @rairai345 2016年8月20日
単純に、同じ努力の過程を描くのに、1クール・2クールかけて描くか、50話かけて描くかの違いじゃなかろうか。前者に比べれば後者は薄味に感じる、だけの話ではないかと。
オズクレイン @ozkurein 2016年8月20日
プリパラに至っては「努力と天才」という構図を作りながらも 「努力が天才を打ち破るのだ」というものではなく 「この人は努力をするという個性をもち この人は天才という個性を持っている」という子供たちの「個性」 パーソナリティの話に踏み込んだお話としていました あなた方のいう「大人」のアニメにはそのようなグローバリズムはあるでしょうか?
エビゾメ @ABzome 2016年8月20日
TVないぶん最近のこの辺のアニメはサッパリなんで実際努力があったかなかったかには触れられないですけど、デレマスで未央が失敗した(と思い込んで)落ち込んでから立ち直るまでの僅か2話でその後しばらく未央が出るだけで批判的なコメントが相次いだの僕は一生忘れないと思うので別に挫けては何かを乗り越える展開をプロデューサーおじさん達もたいして望んでないと思います。
Kongo @kongo_kirishima 2016年8月20日
Craft070707 ズレてる。日常ものは日常もので別によくて、批判されてるのは「生徒会の目立たない書記、実は世界最強のハッカー」とか「落ちこぼれ生徒、実は裏社会の実力者」とかで、かつその能力や実績を身につけた理由、成長過程が乏しいかゼロなもの。アムロやシンジ君はニュータイプやチルドレンって特別な背景があって、アムロはいろいろ努力したから今でも人気があるがシンジは逃げてばかりだったから今でもヘタレ扱いされ、二次創作はシンジ補完計画ばっかだった。
Kongo @kongo_kirishima 2016年8月20日
Craft070707 日常ものに天下一武道会や時と精神の部屋を要求したりはしないよ。バトルものを含め成長ものに努力描写がない作品が、主人公TUEEEEの御都合主義だと叩かれるだけ。
ほのぼのスパイス @warmlyspice 2016年8月20日
ABzome あれは賛否両論で相当議論になったけど望んでいる人もいるから……
kkitmur @kkitmur 2016年8月20日
物語的な因果(理由と結果)があればどうでもよい。天才はスキルに因果を持たないから、そこを物語にしないということであるし、努力はスキルに因果を持つから、そこを物語にするということですね。 例えばロボットの操縦テクニックについて天才では物語にはなりにくいけれど、凡人が努力して少しずつ操縦が上手くなっていく、というのならば物語になるし、 逆にそんなとこすっ飛ばして、ロボットに乗っていろんな障害に立ち向かうという物語にするなら、操縦は最初から、あるいは短時間で完璧にできていた方が良いですよね
kkitmur @kkitmur 2016年8月20日
思うに天才設定が批判されやすいのは、天才を万能の免罪符として使い始める作品がままあることに起因するんじゃないかなあ。「天才だからこそ○○を△△するという一見馬鹿らしいが的確な戦術を閃き、多少の幸運に助けられつつも戦況を打開した」とすべきところを「天才だから戦況を打開した」とかやりだすのが危険
KZRNM @naminodarie 2016年8月20日
.kongo_kirishima 全然努力しない碇シンジは二次創作されまくる超人気キャラになったわけなんですね
よく見かけるがどこにでもいそうでいない人 @namaehaaru 2016年8月20日
展開のために過程をお粗末にしてしまうのはね・・・。
クラフト @Craft070707 2016年8月21日
kongo_kirishima 素朴な疑問なんで、答えて頂かなくても良いんですけれど。「批判」とやらが正当性を持つのは、どのような理路なのです?それが「好みではない」という骨子はどこに?
クラフト @Craft070707 2016年8月21日
日常ものが日常ものでいいのに、俺tueeものが俺tueeものではNGだとすると、きっとなにか深遠な理由があるに違いない。ハッピーエンドもバッドエンドも、100tハンマーで潰されて死なないギャグ時空も、倍返しする金融ファンタジーも、伝説の樹の下で告白されるのも、ドラゴンを剣で倒すのも、どれが好きでどれが嫌いなのも、単に「好み」の話でしょうに。
bn2 @bn2islander 2016年8月21日
水島野球漫画みたいな天才チート野球漫画とは違い、あだち充はきっちりと努力を描写しているみたいな話?
Kongo @kongo_kirishima 2016年8月21日
Craft070707 もしかして貴殿は俺TUEEEものが大好きなのかな? 物語の読者は、(少なくとも物語世界中での設定上)整合性が取れてない、原因と結果の繋がりが見出せない展開は、破綻しているとか御都合主義だとか感じて、「つまらない」という判定を下す。俺TUEEEものはこのケースに当てはまりやすい。で、つまらない判定された作品は売れない。それが批判の根拠のひとつになるだろうね。まあ売れなくても直木賞でも取れば違うだろうけどw
KZRNM @naminodarie 2016年8月21日
「俺TUEEは商業主義だからクソ」ってのは見るけど「俺TUEEはつまらない。だから売れない」とか言い出す人初めて見た kongo_kirishima
クラフト @Craft070707 2016年8月21日
kongo_kirishima いやだから、それが「好き嫌い」ではないって、根拠はどこにあるの?それが普遍的な指標で、「日常ものはOKだが、俺TUEEはNG」というのを、好き嫌いを外れて批判し得る当たり前の基準というのは、どういう理路で決められているの?仮に、日常ものだろうが、指輪物語だろうが、ご都合主義があったらNGなわけですか?
Kongo @kongo_kirishima 2016年8月21日
Craft070707 ですから、作品が売れる売れないがひとつの(絶対とは言わない)ものさしではないか、と提示しておるのですが。
クラフト @Craft070707 2016年8月21日
携帯小説について、文章構成がおかしいという現代国語の視点からの指摘は当然にあり得る。小説家のイロハみたいな物が全くないとかの批判もあり得る。一方、めちゃくちゃ売れて映画化も含めたマルチ展開されたものがあるが、これらは「多くの人に評価されて売れた」わけさ。ここについて、「つまらない」という批評は全く意味がないんだよな。それを好む人らにすれば、「坊ちゃん」の方がつまらないだろう。どっちが上で、どっちが下なんだ?バカバカしい。直木賞作品だって、昔の物書きが見たら噴飯ものだろうよ。
クラフト @Craft070707 2016年8月22日
kongo_kirishima リロードしなかったから今気づいた。それ「俺TUEEE」批判じゃなくて、「売れなかった」批判だね。世の中のほとんどの創作が批判に当てはまるね。売れるのはごく一部だもの。
_ @TAKASIandTOSIKO 2016年8月22日
>整合性が取れてない、原因と結果の繋がりが見出せない展開は、破綻しているとか御都合主義だとか感じて、「つまらない」という判定を下す。 これはまさにアニメ版アイドルマスターのことですね…間違いない
一条和城(CV:鈴村) @ichijou_kazuki 2016年8月24日
ABzome そもそもあれは「落ち込む理由」も「立ち直る描写」も、さらに言うとその際のアニメのキャラの思考と原作キャラとの整合性の部分で共感できないからこそ批判されたのだと思うのだけれど
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする