Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

現在戦争画展 Artists Talk Vol.2[実況]

取り急ぎまとめ 2016年8月20日 17:00~ TAVGallery http://tavgallery.com/sensouga/
1
笹山直規 3月30日大阪個展 @nega_DEATH13

TAV GALLERY「現在戦争画展」 アーティストトーク第二弾!8月20日(17:00〜19:00)開催決定☆ メンバーは中島晴矢、布施琳太郎、藤城嘘、戸泉恵徳、金藤みなみ、李晶玉です。彼らの語る「戦争」とは?お見逃しなく!! pic.twitter.com/WhWd078GCl

2016-08-13 10:17:56
拡大
拡大
拡大
拡大
中島晴矢 a.k.a DOPE MEN @haruya02

🍶現在戦争画展、俺も出品してるが、あれは誰も「何もつかめていない」。現在も、戦争も、画も。全ての作品が曖昧でふわふわしてる。その意味で辛うじて意味がある、と言えなくも無い。その程度の展示だ。批評性は皆無に等しい。

2016-08-15 03:23:45
中島晴矢 a.k.a DOPE MEN @haruya02

🍶俺は「政治と文学」論争における『近代文学』派、つまり「私を突き詰めることによって公に至る」理念を支持する者だ。しかし、現在戦争画展示における「私」とは、そういうことか? 直接的に言えば、谷原菜摘子氏や白藤さえ子氏の絵画は、そういう次元にあるのか? 所詮趣味性では?

2016-08-15 03:28:54
中島晴矢 a.k.a DOPE MEN @haruya02

🍶丸木美術館でやってた「私戦と風景」と対比せずにはいられない。両展示は批評性において雲泥の差がある。現在戦争画展は甘いキュレーションによる、趣味性の寄せ集めだ。そこから真に公的な主題は炙り出されない。ツイッターなどの曖昧は反応がまさにそれを明示しているではないか。

2016-08-15 03:33:30
中島晴矢 a.k.a DOPE MEN @haruya02

🍶俺は自分の作品でどれだけできたかは知らない。そこは棚に置く。しかし、技術的には上手いのかもしれないがよくわからん具象絵画が列挙されているあの空間は、好きではない。「よくわからないけど上手い」絵画は、戦争画の悪しき反復だ。その上手さをこそ、嫌悪しなければならないのではなかったか。

2016-08-15 03:39:07
中島晴矢 a.k.a DOPE MEN @haruya02

🍶グループ展の常か。何にも、全く納得出来てない。しかし分かるのは、みんな訳がわかってないしリアリティもないし、テーマも人選もおぼろだし、戦争なんて何も掴めてないこと。これだけは浮き彫りになっている。その意味で布施くんの作品だけはリアルか。この辺は土曜のトークで詰めようか皆さん!

2016-08-15 03:45:15
中島晴矢 a.k.a DOPE MEN @haruya02

🍶俺は嘘くんの作品にも金みちゃんの作品にも李さんの作品にも一ミリも共感してないかんね。根本的には笹山さんのキュレーションにも! あとしたり顔で絵画展の写真をSNSに容易に上げる観客の下品さに、fuck off。俺の作品も糞かもしれない。寝た方がいいかも。

2016-08-15 03:51:36
中島晴矢 a.k.a DOPE MEN @haruya02

🍶内面の悩みを突き詰めれば自然に戦争を描ける、とか幻想でしょ。もう寝ます、!

2016-08-15 03:56:46
中島晴矢 a.k.a DOPE MEN @haruya02

そもそも「現在戦争画展」は参加作家が多すぎる訳で、かつての「反戦」展然り、丸木の「反核反戦展」然り、なぜ戦争を巡る美術展はアンデパンダン的な形式に帰結しがちなのか。現在戦争画展はwebで公募もしてるし、もはやアンデパンダンでしょう。

2016-08-15 11:18:46
中島晴矢 a.k.a DOPE MEN @haruya02

形式的には、聖戦美術展的ファシズムに抗うには、アンデパンダン的デモクラシー(自由・平等・友愛)が一番、ということで選択されてきたのだろう。しかし例えば「現在戦争画」というテーマは規定されているので、そこには隠蔽された全体性がある。そのアンビバレンスが空間に出てしまっている。

2016-08-15 11:31:10
中島晴矢 a.k.a DOPE MEN @haruya02

いくらブッキングしたとはいえ、TAVに23作家配置したら基本的にフラットな博覧会的展示にならざるを得ない。観客にいずれかの主張に寄り添わない俯瞰的な視座を与えることになる。それはデモクラティックだ。

2016-08-15 11:53:32
中島晴矢 a.k.a DOPE MEN @haruya02

しかしアートにおいて民主主義が諸手を挙げて素晴らしいかというと…と、この辺りから危ない議論になってくるので、続きは土曜日、TAVのアーティストトークで。

2016-08-15 11:56:08
中島晴矢 a.k.a DOPE MEN @haruya02

このテーマでもし毎年やれるなら尊いし貴重だろう。素晴らしいと思う。とはいえ、だから批評性がまったく関係ない、と言えてしまうのには驚く。そういう思考(停止)で、当時、多くの戦争画が描かれたのでしょう。 twitter.com/dairanran/stat…

2016-08-15 12:59:33
中島晴矢 a.k.a DOPE MEN @haruya02

お客様気分も何も、テーマを受け止めた新作を作って展示するという責務を完全に果たしてますよ。その上で、グループ展は一種の「戦場」でしょう。他作品や場をDISれないなんて、大政翼賛会みたいで嫌ですけどね。 twitter.com/seikan313/stat…

2016-08-15 13:08:41
🔺金藤みなみ @goldenmilk

①現在戦争画トークが20日にあります。トークについての心構え 20日にトークがあるのだけど、私としては司会はちゃんと司会(※1)をして、トークを進行すると思って臨む。そのうえで(→) kintominami.com/2016/08/16/216… pic.twitter.com/lnGyQ9OXcK

2016-08-16 14:43:48
拡大
🔺金藤みなみ @goldenmilk

②自分が気になっていることについて 中島さん…アンデパンダンというものをどう思っているのか 戸泉さん…質感のフェチズムについて 藤城さん…リアルな支持体とかについて(→)

2016-08-16 14:46:15
🔺金藤みなみ @goldenmilk

③布施さん…インスタレーションだったらどうしたか 李さん…アッツ島玉砕についてとか、美しい自然と美しい人物についてとか。あと、弘益大学校に私がいたことがあるみたいな話とか。 カウンセリングについて 作家のカウンセリング※2で終わったらちょっと…(→)

2016-08-16 14:47:02
🔺金藤みなみ @goldenmilk

@nega_DEATH13 さんがいう冷笑した態度で終わらせている一部のアーティスト達って誰なのかもトークで聞きたかった。ツイッターで返信をするということは、別にどうでもいいと思っている。検索リーチで言えば、良記事を積んだブログのほうがいいし。これは、(→)

2016-08-16 14:50:30
🔺金藤みなみ @goldenmilk

⑤話すことのほうがツイッターより偉いとかそういう話ではない。(了)

2016-08-16 14:50:50
笹山直規 3月30日大阪個展 @nega_DEATH13

「現在戦争画展」内輪揉め?内部分裂の危機??この緊急事態により、20日(土)のアーティスト・トークには私笹山もLineビデオ通話で急遽出演することが決定しました!波乱の予感ですが、20日は是非TAV GALLERYにお越し下さいませ tavgallery.com/sensouga/

2016-08-16 19:10:49
笹山直規 3月30日大阪個展 @nega_DEATH13

20日のアーティストトークには立会人として急遽Lineビデオ通話を通じて参加することにした(ギャラリーに電話して実験したが感度が悪くて聞こえにくいのが難点) 司会は中島氏にマイクを受け渡しているので、アーティスト達の会話にあまり入っていくつもりはないが。 #現在戦争画展

2016-08-18 09:24:32
会田誠 ポスター「疫病退散アマビヱ之図」、小説「げいさい」売っております @makotoaida

シノドスにある「善をなしたければまず自分が売れること」とは、丸木美術館の中島くんトークショーでの僕の言葉だった。彼が最も嫌うことだったか。表現者がメッセージを伝えるための技術合戦はどの陣営もやる、というジレンマ…twitter.com/mizumagallery/… @haruya02

2016-08-19 08:41:50
会田誠 ポスター「疫病退散アマビヱ之図」、小説「げいさい」売っております @makotoaida

承前)短文では書けなかった。まあいいや。とにかく、僕のミヅマの個展の最終日と、現在戦争画展の若手作家トークは、共にあさって20日です。twitter.com/goldenmilk/sta…

2016-08-19 08:44:20
中島晴矢 a.k.a DOPE MEN @haruya02

僕が言いたかったのは、技術が習熟していることへの批判ではなくて、こと「戦争画」に関して、油彩などで素朴に描写を行うことへの違和感。個別に戦争について抱いている「内容」はさておき、「形式」についての逡巡やアイロニーがあまり無いように見えたこと、が嫌だったのです、たぶん。

2016-08-19 13:35:41
残りを読む(339)

コメント