Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

蔵臼 金助選 #1日1本オススメ映画 1151~1200

星の数ほどある映画の中から、優等生の名作、話題作はもちろんのこと、特に映画作品のはぐれ者、一匹狼、変わり者、オタク、問題児、鼻つまみ者、厄介者、異端児たちに愛情を注いで紹介してます。
0
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『オーソン・ウェルズの フェイク』 これがまた滅法面白いドキュメンタリーでしてね。贋作作家達を追い描く過程がテンポ良く虚虚実実ない混ぜ感で観客は惑わされ、オーソン・ウェルズの策略にハマる仕組みとなってます。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/G81lvGSVQo

2016-08-21 01:10:36
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『ファイアbyルブタン』 何事も徹したらアートに昇華出来る。パリのナイトクラブ“クレイジーホース”を舞台に、デザイナーのクリスチャン・ルブタンが演出をしたショーを再現する、フェティッシュなドキュメンタリー。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/zmFCDuqLT6

2016-08-21 00:48:02
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『ビル・カニンガム&ニューヨーク』 今年6月に他界した人気フォトグラファー(80過ぎ)のドキュメンタリー。名声や金銭、俗世に関心が無く、20ドルの作業着を羽織って自転車で街を疾走。対象を撮りまくる。格好良い。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/nKB0v7g5xH

2016-08-21 00:28:19
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『ダンケルク』 ダンケルク撤退戦をアンリ・ヴェルヌイユが描くのだから、痛快娯楽戦争映画になるわけがない。ゴダール映画に出た時の虚無を、この映画でもジャン=ポール・ベルモンドは漂わせている。スパークかわゆす。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/A3E76Qp0Mb

2016-08-20 17:28:36
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『遠すぎた橋』 傑作だと思うのですが負け戦は当たらないのかな。興業的失敗に終わった「マーケット・ガーデン作戦」の映画化。テレンス・マリックだったらどう撮っていただろうか。『ダンケルク』も楽しみですがはたして。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/8s75kxXHKU

2016-08-20 17:13:34
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『マジック』 これは強迫神経症に陥った多重人格障害の人形遣いの話なのか、腹話術の人形が人格を持ち始めたパラノーマルな話なのか。判断を観客に委ねることにより、“間(あわい)”の部分に恐怖が蓄積される怖ろしい話。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/4inn6vAn2M

2016-08-20 17:01:21
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『インスマスを覆う影』 ラブクラフト映像化作品で満足度の高いものは少なく、オリジナルストーリーの『ダゴン』と、舞台を日本に置き換えたTV作品の本作くらいが最もラブクラフトの世界観を打ち出してたんじゃないかい。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/OOUhvNUGTL

2016-08-20 02:28:03
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『ダブ』 復讐に燃える海の男の怒りのマグナムが火を噴く! …な映画ではなく、グレゴリー・ペックが一流のスタッフを集めて製作した、珠玉の青春映画です。ジョン・バリーの躍動感溢れるスコアは素晴らしく内容も感動的。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/aiN3M10MF7

2016-08-20 02:05:01
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『マーフィの戦い』 アンリコが『追想』で描いた独軍への私怨のこもった復讐劇を、ピーター・イエーツはこう描く。この映画でフィリップ・ノワレは狂気を孕んだピーター・オトゥールを引き留める側だ。最後が忘れられない。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/lOMCVNZyKJ

2016-08-18 22:25:45
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『午後の曳航』 三島由紀夫の映像化作品としてはかなり高度な出来映えで、監督作が数えるほどしかないルイス・ジョン・カリーノが撮影にダグラス・スローカムを迎えたことでも意気込みが伺える。少年達のための残酷童話。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/BTjGCDLM7J

2016-08-17 17:10:10
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『コンボイ』 激熱のラインナップが並ぶペキンパー作品群の中では、人肌くらいに温まった猫舌の観客に優しい晩年の作品。アーネスト・ボーグナインは口髭が似合います。10倍速で観ると、『マッドマックス』に近くなる。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/hm0V4au0WN

2016-08-17 16:20:20
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

ラリー・ピアースから演出も学んだのだろうか? 『さよならコロンバス』のリチャード・ベンジャミンは映画監督となり、『月を追いかけて』を演出。『月を追いかけて』の原作、脚本を執筆したスティーヴ・クローズも後に映画監督となり、『恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』を監督した。

2016-08-17 15:49:30
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『さよならコロンバス』 現代アメリカ文学の作家フィリップ・ロスの原作をラリー・ピアースが映画化。ユダヤ人社会と彼らの文化、習慣が恋人たちの障壁となるあたり、アメリカも決して自由ばかりじゃないと思った記憶が。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/7Xea96VsRp

2016-08-17 15:44:53
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『月を追いかけて』 このショーン・ペンとニコラス・ケイジの初々しさはどうだ? 俳優だったリチャード・ベンジャミンの初期の監督作品だが、劇場未公開なのが信じられないくらいのいい映画です。音楽の使い方もgood。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/ZZ8NQhnMi4

2016-08-17 13:53:34
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『バウンド』 恋人同士がマフィアの金を強奪し、逃走する。よくあるフィルムノアールのプロットだが主人公を2人共女にすることで、エロチックかつサスペンスフルな作品に。“姉妹”となった監督に今度は男同士の犯罪…w #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/5mUtOFMb7x

2016-08-16 16:37:06
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『隣人は静かに笑う』 秀逸な邦題。“実は怖いよ、お隣さん”ものでは最高峰なのではないか。ジェフ・ブリッジスはインテリもマッチョも出来る器用な役者だが、この映画ではティム・ロビンスに食われた感じ。最後は唖然。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/nRWHZq6Tmp

2016-08-16 15:56:57
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』 こらこら。ピアノが傷むから乗っかってはいけません。監督はその後ハリー・ポッターの脚本家になってしまいましたが、そろそろまた大人のJazz映画を撮りましょうよ。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/F9fECQcOXX

2016-08-16 15:43:16
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『800万の死にざま』 原作も良かったが、映画も良かったです。ジェフ・ブリッジスはヒーローを演じても、どこかに弱さを抱えているのがいいね。酔いどれ探偵マット・スカダー役は、リーアム・ニーソンへバトンタッチ。 は#1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/NuM18jONGY

2016-08-15 23:14:03
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『夕陽の群盗』 コーエン兄弟はこの映画に感銘を受けて、『トゥルー・グリット』にジェフ・ブリッジスを起用したんじゃないかなあ。“非ジョン・ウェイン西部劇”に強いヒーローは出てこない。リアリズムで描かれる挽歌。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/ftfte9afQE

2016-08-15 22:53:55
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『スパイクス・ギャング』 隆盛を極めたマカロニウエスタンに対抗してハリウッドは様々なアプローチで抗ったが、最も有効な手段だったのが、ニューシネマのわびさびを採り入れた、“非ジョン・ウェイン西部劇”だったのだ。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/TkfCQPlBeC

2016-08-15 22:43:52
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『男の出発(たびだち)』 ゲイリー・グライムズは『おもいでの夏』と西部劇にしか出てない印象があるが、本作は彼が出た“非ジョン・ウェイン西部劇”の傑作。マカロニウエスタンに対抗する、ニューシネマ西部劇の最右翼。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/0aZUQbx78F

2016-08-15 22:32:04
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『フェノミナ』 この作品を境に作品の質は徐々に下降して行くのであるが、本作はジェニファー・コネリーの魅力と、まだ輝きを失っていないアルジェントの美学に裏打ちされて、ホラー映画と言い切れない不思議な魅力がある。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/BgtqAw5zBs

2016-08-14 19:30:59
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『エル・ドラド』では若手扱いのジェームズ・カーンが、ソウド・オフ・ショットガンの使い手として、気を吐いていましたね。 pic.twitter.com/35UsldHR69

2016-08-14 11:22:51
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『エル・ドラド』 『トランボ』を観た後で今一度イメージが変わったジョン・ウェインですが、まあ映画は映画。『リオ・ブラボー』のヒットで作られたハワード・ホークスの馴れ合い西部劇。ロバート・ミッチャムが良い。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/YH95Tx8rlc

2016-08-14 11:21:19
拡大
拡大
拡大
拡大
残りを読む(32)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?