夢日記:ゾンビ映画にクトゥルフ要素混ぜたみたいな雰囲気の夢

2016/08/20夜の夢。長くなりすぎた。Tumblrか何かに書いておけばよかったと反省しつつまとめ。
日記 夢日記
1
のーみん 丁 @noumin_T
#夢日記 ①神田の雑居ビル2階、書類が山積みになった事務所みたいな所にいる。隣には友達のM(仮名:ミヤ)さん。ミヤさんは解離性同一性障害(多重人格)で、ちょっと前に凶暴な人格が出始めて困っていたんだけど、ある先生と出会ってそれが抑えられるようになった。その先生の診療所に来ている。
のーみん 丁 @noumin_T
②先生の名は大門という。精神科医を生業としているが、生物学、文学、宇宙物理学など多数の学位を持っている人物で、オカルトスピリチュアル系の人の間では結構有名らしかった。ミヤさんもオカスピ系の知り合いから紹介されて、ある種の催眠療法みたいなものを受けたりしているようだった。
のーみん 丁 @noumin_T
③話を聞いたり調べたりしてみるとかなり怪しい人物で、信者の様に大門先生を支持している人が大勢居るようだった。本も沢山出しているけど、ドレもオカルト系の荒唐無稽な内容で、マトモな人物とは思えなかった。心配なのでミヤさんの付き添いという事で会いに行き、今回でもう3回目になる。
のーみん 丁 @noumin_T
④事務所の奥から、頭がボサボサで白衣を着たオッサンが、お茶とたい焼きを持って出てきた。身長は高めでガリっとしている。これが大門先生。たい焼き(冷凍のを解凍したヤツ)を勧めながら、先生はミヤさんと話し始めた。この事務所は心療内科という事になっているけど、診察とは言いがたい内容。
のーみん 丁 @noumin_T
⑤カウンセリングというか、ヒアリングに近い感じだった。あまり出てこな人格の持つ記憶について聞き出そうとしているような。面白いのが処方で、薬は基本的に出さない。代わりに呪符のようなモノを出してくれ、これを貼る事で人格の交代を抑制する。偽薬効果なのか、実際に抑制されるようだった。
のーみん 丁 @noumin_T
⑥理由はともかく実際に効果が出ているので、大門先生の事は割りと信用しはじめてる。先生に「凶暴な人格が出た場合に他の人格に切り替えられないか」と相談したら「ある種の呪文の様なもので呼び戻せるかもしれない」と言って、特別な呪文を教えてくれた。非常に発音が難しく、何度も聞いて練習した。
のーみん 丁 @noumin_T
⑦「ンッグノアッ カッニルグラ シュンクラッ」みたいな呪文で、詰まる音とか鼻から抜ける音が多く、夕方まで教えてもらいながら練習して帰った。診療所から出てミヤさんと近くのデパートに入って歩いていたら、ミヤさんの人格がSさんという別の人格に変わってしまった。
のーみん 丁 @noumin_T
⑧Sさんが「暴力的な人格のクロさんがもうすぐ出てくるし、抑えられない」と言うので、暴れ始めても大丈夫な様に人気のない場所に移動して、さっきの呪文を何度か確認。ミヤさんの様子が大人しくなったなと思ったらいきなり殴りかかってきたので、押さえ込んで呪文を唱えてみた。
のーみん 丁 @noumin_T
⑨呪文を唱えると、視界が真っ黄色になった。見えてる景色は同じデパートの中だけど、イエロー蛍光灯を点けてるような感じで、デパートの床には人の死体がゴロゴロ転がっている。その景色は一瞬で終わって、元の視界に戻った。ミヤさんは元の人格に戻っていたけど、自分と同じモノを見たようだった。
のーみん 丁 @noumin_T
⑩とにかく何かおかしいという事で大門先生の診療所に戻って、起きた事を話すと、先生の様子がおかしくなって「やったぞ……それは凄い、それは凄いよ」と言いながら事務所の奥から古そうな本を何冊も持ってきた。「これはね、神保町で見つけたんだ」と言いながら本の一冊を開き、ページを捲っている。
のーみん 丁 @noumin_T
⑪先生によると、教えてくれた呪文は「最も近い並行多世界から霊的な存在を呼び寄せる」というモノだった。先生の仮説では、多重人格というのは並行世界における自分と「交代」してしまう現象で、交代する瞬間に干渉する事で他の人でも並行世界へのアクセスが可能になる……らしかった。
のーみん 丁 @noumin_T
⑫先生の解釈では、人格交代している人の近くでこの呪文を唱えた場合、最も近い並行世界というのは「交代した元の人格」が行っている世界になるため、呪文を唱えれば人格を呼び戻せるという事になる。「今回はそれが初めて成功した、やはり君は特別だと思っていたんだ」と大門先生。
のーみん 丁 @noumin_T
⑬怪しい実験に使われたことで自分もミヤさんも怒っていたんだけど、大門先生は今まで隠していた話を色々してくれて、その内容は荒唐無稽でありながら納得してしまう整合性を持っていた。先生の著作とも話が繋がる。黄色い世界については「凶暴な人格が元々居た世界ではないか」という仮説が立った。
のーみん 丁 @noumin_T
⑭夜中まで大門先生と話し込んで、帰ろうとしたら再びクロさんが出てしまった。呪文で呼び戻すと、また黄色い世界へ。今度は前回よりも長くて、数十秒ほど動き回れた。事務所の中は荒れ果てていて、外に出てみると通りにはゴミが散乱していて、暴れている人や逃げ惑っている人が大勢居る。
のーみん 丁 @noumin_T
⑮元の世界に戻ると、大門先生が「呪文を使った事で、そちらの並行世界と繋がりやすくなってしまったのかも知れない」と無責任な事を言い出した。このままだとクロさんが出て周囲に危害を加える可能性があるので、大門診療所にしばらく泊まって治療/修復を試みる事に。その後も何度かクロさんが出た。
のーみん 丁 @noumin_T
⑯大門先生はクロさんとの対話を試みようとしていたけど、殆ど人語を解さないような感じで無駄に終わった。鎮めの呪文は先生が唱えてみても効果がなく、自分がやらないとダメなようだった。呪文を使う度に黄色い世界の滞在時間が長くなる。5分くらいは向こうの世界に行ってしまうようになった。
のーみん 丁 @noumin_T
⑰翌日、先生の懇意にしてる大学の研究室で詳しく調べてみようという話になり、外に出て歩いてる所でクロさんが出てきた。再び呪文で黄色い世界へ。荒れ果てた街で、他の人に襲い掛かって素手で人間をミンチにしている人達と、マトモな精神が残っていて逃げている人とが居る様な感じだ。
のーみん 丁 @noumin_T
⑱ミヤさんと物陰に隠れて見ていると、逃げていたはずの人が突然おかしくなって、一緒に逃げていた家族を襲い始めた。光景としてはゾンビ映画によく似ているけど、死体は転がったままになっている。隠れていた場所の横が電気屋さんで、テレビがついていてニュースキャスターの声が聞こえてきた。
のーみん 丁 @noumin_T
⑲「世界が混乱に包まれ、もう一週間になります。研究者によれば原因は人間に寄生するタイプの粘菌で、感染すると凶暴化し周囲の人間を襲うようになり、やがて胞子を噴出して死亡するようです。立川にある研究施設では粘菌を防ぐ仕組みを研究中で……」という感じの内容で、何が起きているか分かった。
のーみん 丁 @noumin_T
⑳凶暴化した人に見つかってしまい、走って逃げている途中で元の世界に戻った。並行世界に行っている時間が長くても、コチラの世界では殆ど時間が経過してない。大門先生に並行世界の事情を話しながら研究室へ。どこかと思えば東大の研究室で、表向きは宇宙物理学をやっているけど実はオカスピ系。
のーみん 丁 @noumin_T
㉑眼鏡をかけたちょっと神経質っぽいお爺さんが研究室の教授で、大門先生の師匠に当たるらしい(先生は30代)。教授は色んな装置でミヤさんの計測をして「時空のズレが生じている、並行世界の影響だろう」と結論付けた。教授は研究室の奥からジュラルミンケースを持ち出してきて、中身を取り出した。
のーみん 丁 @noumin_T
㉑中に入っていたのは「異次元の石」というスベスベした丸い石で、それを教授の作った時空共鳴装置に取り付ける事で時空のズレを増幅できるらしかった。「時空のズレを増幅しても、そもそもミヤさんの状況が良くなるわけではないのでは」と聞いたら「並行世界の問題を解決すれば人格は消える」と教授
のーみん 丁 @noumin_T
㉒装置を稼働させるとミヤさんの人格が変わってクロさんが出てきたので、3人で呼び戻しの呪文を唱えたけど、やはり黄色い世界に来たのは自分とミヤさんだけだった。場所はやはり研究室で、あまり荒れていない。研究室内のホワイトボードには「粘菌騒動の解明」と書かれていて、下に色々貼ってある。
のーみん 丁 @noumin_T
㉓「突然の凶暴化、他者を襲う人々、東京」といった見出しの新聞が貼ってあり、それの日付が今から一週間後。さらに翌日の新聞では凶暴化が広がっている事が書かれていて、三日後の新聞には「日本、全滅か」とある。ホワイトボードにはマジックで「推定発生日:9月9日(ちょうど今日)」とあり……
のーみん 丁 @noumin_T
㉔教授の汚い字で「並行世界からの感染!!」と赤文字で書かれていて、更にその下に追記で「×空間、次元 ○時間」という走り書き。隣には東大の生物学研究室の発行した現状まとめの紙が貼ってあって、粘菌の胞子が空気中に広がれば誰でも感染する事、発症のトリガーが不明な事などが書かれて居る。
残りを読む(11)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする