2016年8月21日

狂犬病ワクチンは解毒剤みたいなもの?!(#デマバーグ)

デマばっかり言ってる #デマバーグ (@bmdurg) 氏が、狂犬病ワクチンについての間違った情報を発信していたので、記録しておきます。
5

2016-08-21 14:18:41
ワクチンにより被害を被った人々が「ワクチンがないと金儲けができない人々」に配慮する必要なんて全然ない。

狂犬病にかかっている疑いがある犬に実際に噛まれた場合の「狂犬病ワクチン」は、(24時間以内に接種しなければ命が助からないから)ないと困るだろうけど、それ以外のワクチンは不必要

https://twitter.com/bmdurg/status/767229415025618944

2016-08-21 14:20:29
そして、狂犬病ワクチンも、狂犬病の疑いのある犬に噛まれてないのなら、事前に接種しておく必要はない。狂犬病の犬がたくさんいると思われる山奥の僻地に行くとかでもない限り。

https://twitter.com/bmdurg/status/767229868392099840

2016-08-21 14:39:25
狂犬病ワクチンは、ワクチンとはいうけど、実際には予防ではなく解毒剤みたいなもので、予防の為のワクチンとは性質が違う。

ワクチンはどれも、接種しても感染はする。症状を抑える効果があるとはいうが、そんなもの定かではない。

効果は証明されていないが実害は確認されているのがワクチン

https://twitter.com/bmdurg/status/767234633196904448

拡散した人

この人は、ペットの命を救うツイートをいっぱいしているのに、狂犬病について誤った知識を拡散していて大丈夫なのでしょうか。

山田 貴文 @genkitakafumi

拡散希望!「世界保健機関(WHO)のホームページを見ても、インフルエンザワクチンについて『感染予防の効果は期待できない』と認めています#母里啓子 #ワクチン効かない #グラクソスミスクライン #子宮頸がんワクチン twitter.com/bmdurg/status/…

2016-08-21 15:11:22

批判に対して、いつもの汚い手でのらりくらりと

元の主張はワクチン一般に及ぶものだったのに、勝手に日本やアメリカの狂犬病事情に限定してます。

2016-08-22 08:47:30
何がデマですか?「狂犬病ワクチンは、噛まれてから24時間以内に接種すればよい、ワクチンというより解毒剤に近い」という話がですか?
https://twitter.com/bmdurg/status/767508456265756672

2016-08-22 08:56:04
日本では過去60年間くらい、狂犬病は確認されてません。年間5万人の狂犬病による死者って、どの地域の話ですか?アメリカでも、狂犬病による死者数は100年前に年間100件まで減っていて、今では限りなくゼロに近いでしょ。
https://twitter.com/bmdurg/status/767510611668312064

まとめ

  • 日本やアメリカで狂犬病が減ったのは、犬へのワクチン接種のおかげである
  • それでもなお狂犬病が蔓延している地域の方が多い
  • 狂犬病は発症すると有効な治療法がないので、ワクチンで発症を防ぐしかない
  • ワクチンの暴露後接種と解毒剤は異なる
  • 効果は証明されていないが実害は確認されているのがワクチン」はデマ
  • 日本ではまれな感染症である狂犬病へのワクチンを認めながら、「それ以外のワクチンは不必要」というのはおかしい。
  • 今日の公衆衛生状態へのワクチンの貢献を忘れてか意図的に無視して、ワクチンを否定する人には要注意。

参考情報

解毒剤

解毒剤は毒物を中和する薬剤。
一方、狂犬病ワクチンの暴露後接種は、ウイルスへの免疫をつけるもの。ぜんぜん違う。

狂犬病に関するQ&Aについて

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/07.html

Q3 狂犬病が発生している国はどこですか。
A3 狂犬病は日本、英国、オーストラリア、ニュージーランドなどの一部の国々を除いて、全世界に分布します。つまり、海外ではほとんどの国で感染する可能性のある病気です。

Q4 どのような動物から感染しますか。
A4 感染動物すべてから感染する可能性がありますが、主な感染源動物は以下のとおりです。渡航中は特にこれらの動物に咬まれないように注意してください。中でも、犬が人に対する主な感染動物です。
 アジア、アフリカ;犬、ネコ
 アメリカ、ヨーロッパ;キツネ、アライグマ、スカンク、コウモリ、ネコ、犬
 中南米;犬、コウモリ、ネコ、マングース

Q11 暴露後ワクチン接種とはどういうものですか。
A11 狂犬病発生地域で犬などに咬まれて感染した可能性がある場合に、発症を予防するため接種するワクチンのことをいい、出来るだけ早く接種を開始する必要があります。暴露後ワクチンは、初回のワクチン接種日を0日として、3日、7日、14日、30日及び90日の計6回皮下に接種します。

Q17 事前の狂犬病の予防接種とはどういうものですか。
A17 狂犬病の流行地域に渡航する場合であって、動物との接触が避けられない、又は、近くに医療機関がないような地域に長期間滞在するような方は、渡航前に予防接種を受けることをお勧めします。

コメント

園芸家 @engeikana 2016年8月22日
今日のツイートを追加し、解毒剤の情報とまとめを追記しました。
0
おてつ @guruado 2016年8月22日
こういう出鱈目は我々の社会と、我々と犬との関係をぶち壊す悪質なもんだわ。ネットでの発言の自由はあれども、こういうデマを垂れ流すのには対応してやめてもらうようにもっていかなあかんやろうなあ…
3
鴨南蛮@香港加油、コロナファイター @daikonbana 2016年8月22日
すぐ近くにあり、人の行き来が盛んな中国で、どれだけ狂犬病が蔓延しているかご存知でしょうか?中国人観光客は、奈良で鹿に噛まれると、すぐに狂犬病ワクチンを要求する人がいます。
2