Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

「#ボランティアという病 掲載内容について」に対する批判

@white_winさんによるまとめ「#ボランティアという病 掲載内容について」において、丸山千夏著「ボランティアという病」の記載内容が事実と異なる旨の指摘がなされていますが、その指摘内容の不十分さの指摘及び私自身の当該事実関係に対する見解等を記したものです。 本の内容と直接関係ないTweetの集積となっておりますので、あらかじめ御了承をば。
22
micky__s @micky__s

改めて「批判」として書きますが、 togetter.com/li/1010628 このまとめの(3)においてまとめ主が「事実はありませんでした」とした点について、その後のまとめ主による論証を冷静に読めば、これが何ら論証になっていないことは明らかです。 #ボランティアという病

2016-08-23 12:43:45
まとめ #ボランティアという病 掲載内容について 「ボランティアという病」(丸山千夏著・宝島社)に記載された内容の訂正を求めた経緯をまとめました。 ★訂正部分の事実関係について拙ブログに書いております(文面を当事者と出版社の方にも見ていただいた上で公開しました)。 http://fightmiyagi.blog69.fc2.com/blog-entry-480.html 12443 pv 86 1 user 3
micky__s @micky__s

当該まとめ主が示したのは何か?といえば、「本に書かれたことが事実関係に反している」ということではなく、「本に書かれたことが事実関係に反していると証言した人がいる」という事実だけです。それが真実であることを裏付ける傍証は一切示されていません。 #ボランティアという病

2016-08-23 12:47:01
micky__s @micky__s

一般的に、「こう言ってる人がいる」ことをもって「言ってることが事実だ」と断定することは不適当であり、それは単に「こう言ってる人がいる」という事実を示すに過ぎません。事実関係の検証は、ある人の証言内容をひとつの材料として、他の材料と組み合わせて行うものです。 #ボランティアという病

2016-08-23 12:54:34
micky__s @micky__s

まとめ主は、わたしの示した見解に対して「誤解であることは明白だから削除すべき」という旨の意見を述べ、わたしはこれを拒絶しました。当該まとめを読んだ当初から、わたしは「誤解であることが明白であることがまとめ主によって論証された」とは全く考えておりません。 #ボランティアという病

2016-08-23 12:52:50
micky__s @micky__s

本に記載された事実関係を「間違っている」と断定するからには、(別にTwitterでやらなくてもいいですけど)ある人の証言だけでなく、その他の傍証・状況証拠とあわせて辻褄が合う説明がなされるような検証がなされていないと、おかしいです。 #ボランティアという病

2016-08-23 12:56:48
micky__s @micky__s

申し訳ないですが、あのまとめでなされた「論証」が一体何を論証したものなのかをまとめ主自身が理解しているとは到底思えません。理解していれば、わたしの発言に対して「誤解だから削除してほしい」などと繰り返し要求するなど、恥ずかしくてできないからです。 #ボランティアという病

2016-08-23 12:59:55
micky__s @micky__s

とりあえず、ここまで。

2016-08-23 13:00:09
micky__s @micky__s

昼に書いたものの補足。わたしの書いた趣旨は「まとめにある内容が事実と違う、本に書かれた内容が事実だ」ではなく「本に書かれた事実関係の否定を主題とするまとめにもかかわらず、その内容は本に書かれた内容を覆す材料として不十分であることは明らかだ」です。 #ボランティアという病

2016-08-23 21:42:32
micky__s @micky__s

なお、本件事実関係に対する個人的な評価結果を書きますと、わたし個人に可能な範囲で本件に関する情報収集を行い、可能な限りにおいて事実関係を精査した結果として、本に書かれた内容でほぼ間違いないという感触を得るに至っていることを付記しておきます。 #ボランティアという病

2016-08-23 21:49:54
micky__s @micky__s

本件、「お前は何を根拠にそう言えるのだ?根拠を示せ!」的な問い合わせには一切応じかねますが、複数の情報源から得た情報を突き合わせた上で総合的に判断した結果である、とだけは申し上げておきます。 #ボランティアという病

2016-08-23 21:57:38
micky__s @micky__s

「本に書かれた事実関係が違う」「関係者に迷惑がかかっており遺憾」と主張するなら、出版前段階でゲラに目を通して意見を述べることのできる特権的立場を活かして、関係当事者と著者の仲立ちをする等の協力をすれば済んだ話である。

2016-08-24 00:02:32
micky__s @micky__s

著者に一方的に非を押しつけた上に、(わかる人には完全に本人を特定できる形で)中途半端な証言内容を基にした中途半端な論証もどきによって、まとめ主が表面上求めている「関係者の方々の心情や人間関係への配慮」を自ら破壊しているというのが、わたしの見立てです。

2016-08-24 00:10:04
micky__s @micky__s

ここで改めて書くまでもなく当然すぎるほど当然のことを改めて確認し強調しておきますが、当該まとめ主は「南三陸町の出身者」ではありますが「南三陸町の出身者のひとり」であって「南三陸町の出身者を代表する者」ではなく、ましてや「南三陸町の地域利害の代弁者」でもありません。

2016-08-24 00:13:55
micky__s @micky__s

当該まとめ主が主張している内容(「関係者の心情や人間関係への配慮」)と実際とっている行動とのアンバランスさについては、わたしの理解の範疇を超えていて理解不能である、というのが正直な感想であり、主張内容を本気で貫く気があるのか甚だ疑問に思います。

2016-08-24 00:22:18

そもそも…
micky__s @micky__s

(当時設立準備中とされる)NPO法人の実在と、それが「つながり魚竜」とは別だったという証拠をひとつでも示せば、くみちょう氏が主張する「無関係」は簡単に立証できるのに、なぜそれをせずに著者側の不誠実さばかりを責めるのか。理解不能。 twitter.com/teppei_shisho/…

2016-08-24 18:39:49
micky__s @micky__s

当該NPO法人が存在したかが不明なこと、あれほど熱心に支援集めに奔走していた湯主が2012年8月末最後にTwitter上で「湯」のことを一切書かなくなったこと、撤退に際して公式声明めいたものを出していないこと、など、くみちょうの説明では不可解な部分は多々あるのです。

2016-08-24 18:46:31
micky__s @micky__s

事実関係にこだわるならば、ね。「関係ないこと」を証明するのは悪魔の証明でも、「別な団体として存在した」ことは十分に立証可能だし。

2016-08-24 18:51:19
micky__s @micky__s

著者は、千羽鶴の件での対応を見ても、事実関係に明らかな誤りがあると認めたものに対しては迅速な対応をしていることを考慮すると、著者を説得するだけの材料もないのに「主張が通らないのはおかしい」とゴネているようにしか見えないのです。しかも「地元の人」「関係者」をダシにして。

2016-08-24 19:02:53
micky__s @micky__s

世間ではこれを「モンスタークレーマー」と呼びます。

2016-08-24 19:03:09
micky__s @micky__s

それを「いち個人」としてやるならまだしも、「町出身者」を看板として使った上で、地元にとっては事実上単なる「外野」であるにもかかわらず自らの主張を通すためだけに「地元の人や関係者が傷つくから」とダシに使うやり方には、怒りを通り越して呆れるよりほかありません。

2016-08-24 19:05:54
micky__s @micky__s

本当に地元を愛し、地元の人や関係者を守りたいなら、自ら宣言したとおりにどうぞ消えてください。二度と「町出身者」などという看板を使うな。本当に愛して守りたいのは、ただの自身のちっぽけなプライドでしょうが。そんなもののために地元や関係者を踏み台にするな。

2016-08-24 19:08:19
micky__s @micky__s

くみちょう氏は「本への参画はボランティアだ」と書いている。これが「ボランティアという病」という本の壮大なステマだとしても、あまりにも「ボランティアという病」を体現しすぎではないですかな。

2016-08-24 19:10:05
micky__s @micky__s

本人とはこないだから相互ブロック(こちらから先にブロックした)だったのをこちらは解除したので、本人は一連のツイートを見れるはず。誰か本人に伝えてください。「関係ない」ということを立証する方法は書いた。これで勝てねば貴様は無能だ。

2016-08-24 19:13:19
残りを読む(24)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?