「弱い台風」「強い熱帯低気圧」、どっちが上位に感じますか?

まとめました。
5
早川由紀夫 @HayakawaYukio

「非常に強い」は台風の強さ、「大型」は台風の大きさを言う。どちらも最高ランクから二つ目。台風のランク分けには弱いと小さいがないことに注意。 pic.twitter.com/2hlTIOxyLO

2016-08-28 20:04:40
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

というわけだ。「非常に強い」と「大型」程度でうろたえるな。

2016-08-28 20:06:20
スウェーデン @sweden0801

@HayakawaYukio 弱ったら低気圧になりますからね。仕方ないね。

2016-08-28 20:13:28
早川由紀夫 @HayakawaYukio

【質問】 ・弱い台風 ・強い熱帯低気圧 どっちが上位に感じますか?

2016-08-28 20:18:07
いいよ @wwiiyo

@hayakawayukio 強い熱帯低気圧の方が、驚異です。

2016-08-28 20:19:27
かばきちザ・草取りモード @tokabakichi

@HayakawaYukio 「強い熱帯低気圧」の方です。形容詞の印象に引っ張られます。

2016-08-28 20:19:51
いいよ @wwiiyo

@hayakawayukio 台風と熱帯低気圧は、同意語。

2016-08-28 20:21:31
早川由紀夫 @HayakawaYukio

【質問2】 ・震度6弱 ・震度5強 どっちが上位に感じますか?

2016-08-28 20:29:39
かばきちザ・草取りモード @tokabakichi

@HayakawaYukio 「震度6弱」です。数値表記があると、強弱はそれに付随するものであることが分かりやすくなると思います。

2016-08-28 20:32:17
早川由紀夫 @HayakawaYukio

気象庁予報部が、弱い、小さい、の形容詞を台風から削除したのは、2000年1月13日。 data.jma.go.jp/add/suishin/jy…

2016-08-28 20:32:58
早川由紀夫 @HayakawaYukio

台風は熱帯低気圧の部分集合なのか、それとも熱帯低気圧が強くなると台風に変わるのか、この文書からは不明。この文書の中で、両方の使い方をしている。気象庁は、火山だけでなく気象も、集合概念に疎い。

2016-08-28 20:37:44
早川由紀夫 @HayakawaYukio

【質問3】 ・弱い台風 ・熱帯低気圧 どっちが上位に感じますか?

2016-08-28 20:44:04
風太・東日本回遊中 @neko3no3te

@HayakawaYukio 弱い台風です。(ただし気象はわりと本気で勉強したことがあります)

2016-08-28 20:47:55
早川由紀夫 @HayakawaYukio

1)「強い熱帯低気圧」は「台風」より弱い 2)「強い熱帯低気圧」と「台風」は同義 どっち? 気象庁はいったいどっちの立場なんだろか。 気象予報士は知ってるべきだ。

2016-08-28 20:51:51
早川由紀夫 @HayakawaYukio

1)熱帯低気圧が強まると台風に変わるのか 2)台風は強い熱帯低気圧なのか、 熱帯低気圧→台風→熱帯低気圧の変化をいやというほど見せられてきたので1)だと信じてきたが、もしかすると気象庁は2)のつもりなのだろうか。

2016-08-28 20:57:34
早川由紀夫 @HayakawaYukio

れき --2ミリ-- 砂 地質学では、れきを大きな砂とは言わない。れきは砂より大きい粒子のこと。 さて、台風は強い熱帯低気圧?それとも熱帯低気圧より強いうずまき?

2016-08-28 21:05:00
早川由紀夫 @HayakawaYukio

もし2)なら(どうもそうらしいが)、 熱帯低気圧→台風→熱帯低気圧 の表現は決定的にまずい。台風だって熱帯低気圧なわけだから、 台風でない→台風→台風でない とすべき。台風でない熱帯低気圧の呼称を決めるべき。

2016-08-28 21:23:26
残りを読む(18)

コメント

ふわふわするしかない鹿熊ドッキング @laterio21 2016年8月29日
台風は地震と違って刻々と強さと大きさが変わるから強いとか大型とか言われても最大風速なのか中心気圧なのか円の強風域の半径なのか分かりにくい。日本では以前まで中心気圧を強さの指標に用いてたからその名残で併記されるとさらに混乱するし、過小評価をされない為に形容詞つけなくなった範囲のものだと今度はどのくらいだと捉えたらいいのか判断しづらいんだろうね。 弱かったり小型のものでも長く同じ地域に居座れば被害が大きくなることもあるし、実際の人的・物的被害とは必ずしも比例しないのが難しいところ。
0