過剰診断は間違った診断のことではありません。

まとめました。
4
早川由紀夫 @HayakawaYukio

過剰診断は間違った診断のことではありません。診断自体は正確でも、診断を下すことがその患者に悪い結果をもたらすとき、それを過剰診断といいます。

2016-08-29 18:25:56
早川由紀夫 @HayakawaYukio

病気であると言われれば、ひとはそれを気に病みます。治療してなんとか健康になろうとします。そうして手術すれば傷跡が残ります。臓器を除去すれば薬をずっと飲まなければならなくなることがあります。保険に加入できなくなったりもします。

2016-08-29 18:26:11
早川由紀夫 @HayakawaYukio

治療することによって死ななくてすむならたいへんありがたいですが、病気によっては死に至ることはまれで、治療しないほうがその患者の利益になることがあります。乳がん、前立腺がん、甲状腺がんにそういう場合があるとのことです

2016-08-29 18:26:35
早川由紀夫 @HayakawaYukio

そのような病気を検診してみつけてしまうことを過剰診断といいます。

2016-08-29 18:26:53
早川由紀夫 @HayakawaYukio

病気を持っていると言われても、気にせず楽しく暮らしたり、手術しないでいられるひとは多くありません。みつかった病気ががんなら、ほとんどのひとが治療に走ります。

2016-08-29 18:27:09
早川由紀夫 @HayakawaYukio

過剰診断は過剰治療につながるから望ましいことではありません。検査を受けるかどうかの判断を患者に委ねるのではなく、医師が自制すべき行為です。

2016-08-29 18:27:40
二十人のろの夢 @drsteppenwolf

「検査を受けるかどうかの判断を患者に委ねるのではなく、医師が自制すべき行為です。」となると、パターナリズムを発揮しろということですね。 twitter.com/HayakawaYukio/…

2016-08-29 21:32:34
早川由紀夫 @HayakawaYukio

@drsteppenwolf いいえ、そうではありません。自傷行為を幇助してはならないのです。

2016-08-30 06:35:09
二十人のろの夢 @drsteppenwolf

@HayakawaYukio 韓国のように、医師が甲状腺癌の過剰診断の問題を提起し、甲状腺超音波検診を中断すべきとアピールする。それだけにとどまらず、さらに医師自身が検査を自制する。こういうことですね。

2016-08-30 06:53:52
早川由紀夫 @HayakawaYukio

@drsteppenwolf そのとおりです。専門家である医師がそういう行動をとるべきに至った事案です。

2016-08-30 06:55:16
早川由紀夫 @HayakawaYukio

@drsteppenwolf もっといえば、医師は、(健康な)子供の甲状腺を超音波検査しろと誰かに指図されても従ってはならないということです。専門家なのですから。

2016-08-30 06:59:52

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?