5
カラサワ @cxp02120
四半世紀前、最初から最後までUFOや超能力の話が出来る場に憧れて、とうとうと学会を作ってしまった。演劇ユニットを作ったのも、とにかく芝居の話が出来る場が欲しくて。思えば高校時代、ひたすらヤマトの話をするために同好会を作ったのが……。 twitter.com/youtantan/stat…
カラサワ @cxp02120
世の中にはと学会の内部歴史をと学会員よりよく知っている人がいるらしい(笑)。
カラサワ @cxp02120
1991年の金沢大会(i-CON)でトンデモ本大賞のイベントをやるのでゲストに、と藤倉珊さんから誘われたのが最初。この大好評を受け翌年のHAMACONで第2回イベントをやった時、客席の岡田斗司夫から来年以降の活動の予定への質問が飛び、私が「学会を作ろうと」と言ったのが瓢箪から駒。
カラサワ @cxp02120
その後、山本弘、藤倉珊、志水一夫各氏らと私とで中華街でメシを食いながら「あの学会を作るというアイデアはいいかも」と話が出た。で、そこでトントンと話が決まり、私が山本さんに「あなた、会長におなんなさい」とすすめ、その場の全員が賛成したのが最初。
カラサワ @cxp02120
他の面子は藤倉さんのTDSFのメンバーだった。「と学会を(実質的に)誰が作ったか」と言えばこの時の中華街での食事メンバーであり、発案はイベント会場での私と岡田斗司夫というのが真実だろう。もちろん、その後呼びかけで参加した眠田直や皆神龍太郎、植木不等式らと共に骨格を形成したのだが。
カラサワ @cxp02120
岡田斗司夫をこの時の企画に誘ったのは眠田直、という話もある。なにげに眠田さんはと学会の初期メンバー選定などに影で動いている。なんにせよ、これだけのメンバーでUFOだの超古代史だのの話をエンエンし続ける、ということを想像するだけでワクワクするものを感じた。これはイベント屋の本能。
カラサワ @cxp02120
もちろん、その前に藤倉〜山本ラインで何らかの会を作ろうという話のあった可能性はある。だが、それが具体的に形となったのはこの1992年の中華街での食事の席であり、「学会を作ろう」という私の発案がトリガーとなったことだけは、どこの場に出ても証言していい“事実”である。
カラサワ @cxp02120
いや、それはカラサワが自分の功績を過大に言ってるだけであり、真実は違う、という異論が出るかもしれない。その場合はどなたか、その証言をきちんと取って提出していただきたい。記憶には誤りもあろう。思い違いもあろう。四半世紀前の記憶を正しい証拠で訂正してもらえるのはむしろ望むところ。
ぶる〜の @shin10276707
@cxp02120 おもいがけずに創立秘話を聞けるとは!
カラサワ @cxp02120
@shin10276707 もう25年近く前ですからねえ。今のうちにきちんと語っておかないと。

コメント

ぶる〜の @shin10276707 2016年8月31日
「トンデモ本の世界」を手にとって以来、と学会本やらオタアミ本やら買い漁った昔が甦りますね。メンバーの方フォローしまくりだし。
緑川だむ @Dam_midorikawa 2016年9月1日
唐沢先生ついったやってたんだ
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする