10周年のSPコンテンツ!

東京学生演劇祭2016*3日目まとめ

8月31日から9月4日まで開催中の東京学生演劇祭2016の感想・期待のお声【9月2日編】です!演劇祭も折り返し地点に入りました!!
舞台芸術 演劇 王子小劇場 学生演劇 小劇場 東京学生演劇祭
0
なたね @na_tane25
くらやみのいろさん、胎児の夢、人生で初めて演劇を見て、消化し切れてない状態での感想ですが…闇と、光と、それから影が、強く頭に残っております。それから、音。鼓動の音は鼓膜が苦しかった。音の膜で全身が覆われているみたいだった。
新原伶 @lei4248
東京ではくらやみのいろがどうも頑張っているらしい。名古屋で出会ってから何かと寺澤さんとは仲良くさせてもらってるし、観に行きたかった。
かなた @kanata_geki
東京学生演劇祭2016、ゲネと本番で全団体を観て、個人的な好みはリトルスクエアとシラカン。the pillow talkと晩餐ヒロックスはSAFのが良くて期待しすぎてた面はあるけど、十分面白かった。大賞は亜人間都市かくらやみのいろな気がしてる。つまり暇なら全ブロック観てね。
たつま @tatsuma429
東京学生演劇祭 劇団リトルスクエア 「様子の展開劇場」 「え、なんでそうなんの?」みたいなノイズが多くて、入りこめなかったなーオフィスでクッシャクシャのサイズ合ってないドレスシャツ着てるOLってどんな立場なんだろう、白ソックスでスーツ着てる人の仕事とか気になっちゃったわー
たつま @tatsuma429
東京学生演劇祭 なべ☆ほし企画 「片付け(仮)」 終わり方が爽やか。 引きこもりはすごい叫んでる。西村ヒロチョっぽいアプローチが甘い。女の子はメルヘンでした。
ゆるやま(kar) @khvrdivio1654
8月はともこれといい、様子の展開劇場といい、ステレオタイプを破壊した面白い演劇を沢山観られて良かった。ただ、亜人間都市さんの公演に関してはただただ観劇するのに飽きて途中退出したくなる内容だったのでアンケートで色々指摘させていただいた。あくまで演劇に対して不勉強な一人の意見だが。
たつま @tatsuma429
東京学生演劇祭 亜人間都市 「神(ではない)の子(ではない)」 このブロックのベストオブ「早く終われ賞」だったなー、キツい。早稲田だとこれで受けてるんですか? 生々しい話を淡々と語るってやり方はボカロ曲っぽい演出だったけど。ボカロ無限に動けるけど人間は体力の限界を迎えるからなーー
ホセ@ホウジョウマサコの息子 @sail_sail_sail
シラカンを観てたつまさんが何て言うか気になる
かなた @kanata_geki
亜人間都市が賛否めっちゃ極端なの楽しい
池田 @hiiki_ikeda
東京学生演劇祭Aブロック。「様子の展開」は脚本がない上に日によって中身が変わるらしく、演出の友人は「よく分からないから舞台上で起こってほしいことを教えて」と言っていましたが、暑い中走らして汗をかかせたり、芋を食わせて屁をこかせるとか、舞台裏でやって欲しいことに力が入りすぎている。
池田 @hiiki_ikeda
2個目は声量と熱量とかが凄くてまさに学生演劇観ている気分になれて良かったです。亜人間都市のは「劇的表現を解体する」みたいな売り文句通り身体表象を破茶滅茶にしていて面白かったです。それと全て学生演劇にいえることですが現実上の人間関係はどうなってるのかやっぱ気にしちゃいますよね🔪
なおやん @13RFrank
劇団リトルスクエア「様子の展開劇場」を観劇。宣伝の通り内容は無。「起承承承」って感じで当に日常を表現されていたような。それでいて昨日や明日はどんな風に展開するのだろうと気にならされるような作品で決してつまらなくなかったです。あと身体張ってるなあと。明日もやっているようなので是非
いむ @re_dmoo
様子の展開劇場現実と虚構の差が曖昧になるってこういうことだと思うんですよ。役の作り込みとかそういうんじゃないんだよ。自覚がなくなるとかそういう感じ。……演劇ってどうやってそれっぽく語るんだ
デーモン男爵 @okeratento
一般的な演劇って、物語のなかに観客が没入できるように仕掛けると思うんだけど、 「様子の展開」は、まるで覗き穴を覗くように、観客が観客自身のまま、舞台を鑑賞するように作られているんだな
くろさわたお @tao_engeki
the pillow talk 昨日の練習風景。練習してたら子供が見にやってきました。 pic.twitter.com/w1r7owU3AK
拡大
たつま @tatsuma429
東京学生演劇祭 くらやみのゆめ 「胎児の夢」 つかれた。白装束の衣装なんなの。白装束着てる演劇多いんだから比較されまくるし凡庸になるやろ。美大だからってわけじゃないけど「白装束+身体表現ごっこ」はもうお腹いっぱいだよ。ありきたりだよ。観させる工夫しようぜー(´;ω;`)
脱税の擬人化 @0618between
様子の展開劇場を見た人の中で日常のなんてことないワンシーンに様子の展開を見出してしまう現象が発生しているらしい。上手いこと新興宗教に落とし込めないものだろうか…
たつま @tatsuma429
東京学生演劇祭 晩餐ヒロックス 「19年、或いは20年前」 暫定的ですが今日イチです。個人的に縄跳びの残像にLEDの色が乱反射して虹みたいに見えたのが美しかったね。「女の子が可愛くて男がバカ」って布陣が大好きです。良い白装束の芝居でした。面白かった。幸せでした、ありがとう。
松尾 佑一郎(悪い芝居) @yu_contemporary
晩餐ヒロックス「19年、或いは20年前。」@花まる学習会王子小劇場 見てきた。命が輝く瞬間は今にも過去にも有でも無でも変わらずあるんだなと。あの物語であのタイミングのアジカンは卑怯でしょ。良くないわけがない。輝いておりました。残りのステージも輝いて欲しい。
マスタロウ @geki1200
くらやみのいろ『胎児の夢』を観た。終始幻想的な雰囲気に包まれていた。斬新なスタイルで台詞のついたバレエを観ているような感覚だった。つい先日バレエ出身の人が身体表現をする舞台に行ったが、それに近いものを感じた。「演劇」「身体表現」「舞台美術」の境界線、枠組みを改めて考えさせられた。
小市民 @t_koichi0324
東京学生演劇祭Bブロック観劇してきました! 晩餐ヒロックスが良かった〜野田秀樹っぽい言葉遊びが◎縄跳びの演出もとても素敵だった!場面転換で意識が途切れることも無く、最後まで舞台に集中出来ました とにかく素敵な芝居でした!
新川貴詩 @shinkawa_takash
王子小劇場でくらやみのいろの『胎児の夢』(作・演出 寺澤亜彩加)を見る。はっきりとしたストーリーはないけど、凜とした世界観のある作品。丁寧にシークエンスを構成していて、メリハリが効いていてよかった。あさってまで!
マスタロウ @geki1200
晩餐ヒロックス『19年、あるいは20年前』を観た。精子の物語ということで主題被りだったが、同じ主題でここまで違うものが作れるのかと演劇の奥深さを感じた。劇自体は前半笑あり、後半涙ありで全体の構成もよくまとまっていた。観ていてすごい安定感を感じた。あと前田さん名脇役だなぁとおもた。
たつま @tatsuma429
東京学生演劇祭 しょっきんぐパズル 「かじつノヨウナモノ」 今日はショートカットの女の子役男性がやってたけどあと一歩だったなー。あんなに腕太いのにあの衣装にしちゃうのは「こいつ男じゃん」って気取られてもったいないなーって思いました。あと後半寝てしまいました、すいません。
マスタロウ @geki1200
しょっきんぐパズル『かじつノヨウナモノ」を観た。純粋な会話劇で、今1番自分の観たかったスタイルの劇だった。そして大学生でこのテーマを主題に純粋な会話劇を作った事がまず凄いと思った。あと、男性が完全な女性(ギャグとかではなく)を演じる事に衝撃。この作品は色んな意味で性別超えてた。
残りを読む(24)
「#演劇」

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする