中ザワヒデキ講演会「現代美術史日本篇」2016.9.3

講演会 「現代美術史日本篇」 中ザワヒデキ氏(美術家) 9月3日(土)14:00‐15:30   ※終了いたしました セラミックパークMINO イベントホール 聴講無料 要事前予約 *7月16日(土)より申込受付開始!! 現代美術史は、「前衛」→「反芸術」→「多様性」のサイクルを約30年周期で繰り返しています。「歴史は繰り返す」からさらに進めて「歴史は循環している」と考えるわけで続きを読む講演会 「現代美術史日本篇」 中ザワヒデキ氏(美術家) 9月3日(土)14:00‐15:30   ※終了いたしました セラミックパークMINO イベントホール 聴講無料 要事前予約 *7月16日(土)より申込受付開始!! 現代美術史は、「前衛」→「反芸術」→「多様性」のサイクルを約30年周期で繰り返しています。「歴史は繰り返す」からさらに進めて「歴史は循環している」と考えるわけです。「前衛」は新たな創作を肯定する表現主義的動向、「反芸術」は創作自体を否定するダダやシミュレーショニズム等の運動、そして「多様性」は時代支配的なイズムが後退し多様なイズムが乱立する、あるいはイズムなき快楽主義や技巧主義が跋扈する長い時代です。2016年の日本の美術は、循環史観上のどこに位置づけられるでしょうか。(中ザワヒデキ) 中ザワヒデキ(なかざわひでき) 日本人男性美術家。1963年、新潟県生まれ。千葉大学医学部卒。1983-1989年:アクリル画。1990-1996年:バカCG。1997-2003年:方法絵画。2004年以降:本格絵画、新・方法、他。 宣言「方法主義宣言」「新・方法主義宣言」。特許「三次元グラフィックス編集装置」「造形装置および方法」。著書『近代美術史テキスト』『西洋画人列伝』『現代美術史日本1945-2014』。CD『中ザワヒデキ音楽作品集』。 以上、岐阜県現代陶芸美術館公式サイトより (http://www.cpm-gifu.jp/museum/03.event/kako_event/2016nendo/0903_nakazawahideki.html
現代美術史日本篇 ai美芸研 反芸術シンギュラリティ 循環史観 中ザワヒデキ ai反芸術 岐阜県現代陶芸美術館 2016年の日本の美術
qwertyu1357 826view 4コメント
3
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「モバイル」に関連するカテゴリー