セントヘレンズのメモ帳

旅行中のツイートは先生がまとめて下さったので、帰宅後に自分の備忘録として作りました。
旅行
15
はぎわら ふぐ @hugujo
突然ですが、我が愛しの浅間山やニッポンのシンボル・富士山のような若い火山・活火山というものは、突貫工事で作った砂山のようなものです。その種の構造物の大きな特徴として、簡単に壊れたり崩れたりすることが挙げられます。
はぎわら ふぐ @hugujo
で、当然のことながら活火山は簡単に崩れちゃうんです。たとえば1888年(明治21年)の日本では磐梯山の北面が崩壊し、裾野にかつて山体だったものを盛大にぶちまけました。その後、いわば「山の破片」の間に多くの湖沼が生まれて、今ではたくさんの観光客が訪れる景勝地になっています。
はぎわら ふぐ @hugujo
その以前には江戸時代の雲仙眉山の崩壊(島原大変肥後迷惑)、ほかにも鳥海山の崩壊(象潟の風景が生まれた)、富士山の崩壊、浅間黒斑山の崩壊など、日本だけでもいちいち挙げていたらキリがありません。
はぎわら ふぐ @hugujo
グーグル地図で「地形」をオンにしてそのへんの火山を見てみると、もうこんな感じで崩壊経験のある火山だらけ。 pic.twitter.com/QyHZTPeDa5
拡大
はぎわら ふぐ @hugujo
しかも崩壊は一度きりのイベントではなく、崩壊後も何事もなかったかのように火山はフツーに成長して、満期が来ればまた崩れます。富士山なんて一体何度やらかしていることでしょう。
はぎわら ふぐ @hugujo
・・・と、前置きが長くなっちゃった。個人的には自分が子どもの頃のニュースとして最も記憶に残るものの1つがセントヘレンズ火山崩壊なのですが、崩壊したてホヤホヤの火山というのがどんなものか見たくて、行ってみることにしました。
はぎわら ふぐ @hugujo
右は1980年、ただし崩壊前に調製されたセントヘレンズ山の地形図。左はアバウトに同縮尺にした浅間山。だいたい浅間山と同じくらいのボリューム感の火山です。崩壊前のセントヘレンズは2950m(浅間山は2568m)。 pic.twitter.com/5H8gkhHexj
拡大
はぎわら ふぐ @hugujo
(セントヘレンズの方がボリュームがあるかと思っていたけれど、縮尺を合わせてみたらそうでもなかった)
はぎわら ふぐ @hugujo
セントヘレンズ山はワシントン州なんだけれど、シアトルよりオレゴン州ポートランドのほうが近い。今回はヒコーキが安いシアトルから入ることを選びました。シアトルから入ったのにシアトルの街に一歩も足を踏み込まなかったという・・・ pic.twitter.com/vTgjN4YGlX
拡大

前置きが長すぎました。まずは9月7日(水)

はぎわら ふぐ @hugujo
レンタカーを借りてひたすら南下。土地と道が広いせいか、この辺の人たちの運転はわりと雑。おフランスなんかと違って意思表示がはっきりしない、日本っぽい漫然走りの車が多いのは意外だった。 pic.twitter.com/5JuD41qMW6
拡大
はぎわら ふぐ @hugujo
あ、私は地理も地学も素人のグラフィックデザイナーなので、専門家のみなさまから見るとイラッと来るいーかげんなツイートも多いと思います。
はぎわら ふぐ @hugujo
シアトル(というかシータック)を出てしばらくは、氷河時代に氷河がガリガリ削って作った大きな起伏のある地形の中を走るのですが、南下すると氷床に覆われていたゾーンは終わり、まわりは平らになっちゃいました。 pic.twitter.com/p7vBfUV8LI
拡大
はぎわら ふぐ @hugujo
インターステート5をひたすら南下し、途中ランチタイムも含めて2時間足らずでセントヘレンズ山の表門・キャッスルロックに到着。まずはビジターセンターで情報をげと☆しましょう。(ところでなぜか先生方の車はカリフォルニアナンバー) pic.twitter.com/Wt4NeKH4Gx
拡大

☓2時間足らず ○4時間足らず どうしてこういう計算になったんだ??

はぎわら ふぐ @hugujo
そうだ、今回私はカーナビやGPSデバイスを何も持たず、空港で最初にワシントン州西部をカバーするロードマップを買うつもりでした。ところがなんと!!今どきそんなものは既に売られてません。探せばあったのかもしれませんが、探さないとないという時点で旅行者にとっては既にアウトです。
はぎわら ふぐ @hugujo
ガソリンスタンドやスーパーでは、そのコミュニティと近所あたりをカバーする程度の紙地図は置いてありました。でも広域がない。これは苦しかったです。
はぎわら ふぐ @hugujo
で、やって来ましたシルバーレイクそばビジターセンター。 pic.twitter.com/p6aInh7cbQ
拡大
しぶちん @pmagshib
@hugujo @chizulabo はい、American Automobile Association。JAF が真似した本家。おそらく、会員にはタダで地図を配っていて、会員が多いから地図が売れないという事情だったと思います。最近は変わってきてるかもしれませんが。
はぎわら ふぐ @hugujo
ここで貰った地域概念マップと、観光の手引き的タブロイド新聞についていた地図が旅の全体を通して猛烈に役に立ちました。これがなかったらえらいこっちゃだった。
はぎわら ふぐ @hugujo
ビジターセンターの裏には、セントヘレンズ崩壊時には盛大に土石と流木で埋め立てられた湖・シルバーレイクが広がっていて、観察路も設けられています。 pic.twitter.com/hMguhdo9D9
拡大
はぎわら ふぐ @hugujo
事件から35年も経っちゃうと、説明なしで見たら単なる美しい湖沼地帯にしか見えないな・・・自然の回復力すごい。 pic.twitter.com/o4B1HoVOCm
拡大
拡大
はぎわら ふぐ @hugujo
この日(ああそうだ9月7日)から、キャッスルロックから少し南下したところにある林業町・ケルソーに3泊しました。宿はうさはかせおすすめの Super 8。朝食にはワッフル焼き機で焼くおいしいワッフルが食べられます。これすごく良かった♡ pic.twitter.com/cz6shMEPeA
拡大
はぎわら ふぐ @hugujo
ケルソーの宿の近所にあるホームセンターには「家畜」コーナーがあるのが見えて、コレすごいコレ長野にはない♡とハッスルしましてん。一方の亭主は、日本では入手困難なチェーンソーの修理用工具を買いたがっていたのですが、なかなか時間が取れませんでな、最終日まで持ち越しです。
残りを読む(186)

コメント

はぎわら ふぐ @hugujo 2016年9月18日
はじめてとげったを使ってみました。ツイートを使わせていただきましたメンションの飛ばし方がわかりません(悲
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 2016年9月18日
そういや、アメリカって火山の数だと世界一なんですよね。それと、世界最大のカルデラ噴火跡(イエローストーンの倍クラス)があるっていう。この動画が分かりやすいか http://www.nicovideo.jp/watch/sm22621310?ref=search_key_video&ss_pos=27&ss_id=6ae087fe-6786-488b-b362-24c4455fbb85
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2016年9月18日
「ガソリンスタンドやスーパーでは、そのコミュニティと近所あたりをカバーする程度の紙地図は置いてありました。でも広域がない」←うーん、おかしいなー。Rand McNallyの州単位のロードマップならあちこちで買えそうなんですが。http://bit.ly/2chPGCs アメリカではカーナビの普及率はまだそれほど高くないと思いますが、それより先にスマホが普及してしまったので紙地図はもう使われないんですかね。
はぎわら ふぐ @hugujo 2016年9月18日
@ebcdic_ascii さま まさに空港の売店がGSでランドマクナリーの地図が買えるわぁと思って手ぶらで行って大失敗しました。次回は先立ってアマゾンか、さもなければGPSデバイス持ちです。
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2016年9月18日
hugujo そうだったんですか。私は11月にアリゾナ〜ユタ辺りへ行く予定で、カーナビやスマホは準備してあるのですが、万が一のことを考えて紙地図は日本で買っていくことにします。
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2016年9月18日
このまとめは次にワシントン州方面へ行く際の参考にさせていただきます。(感謝)
はぎわら ふぐ @hugujo 2016年9月19日
@ebcdic_ascii どうぞお気をつけて、楽しんでいらして下さい (^^)