カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
96
乙野四方字 @yo_mo_G
物書きさんへ質問。 「私の家の兄の部屋の机の一番上の右側の引き出しの中の日記を読んで」 可能な限り「の」を減らすとしたらどうします? これは極端ですが、いつもこういうので悩みます。
ひろ @mn2hiro
こういう悩みすごくわかる… RT
折口良乃📖モン嫁6月8日、モン医者6巻7月25日 @origuchiyoshino
@yo_mo_G 倒置と体言止めでこんな感じ。 「兄の部屋に日記がある。机の一番上 右上の引き出し」
乙野四方字 @yo_mo_G
@origuchiyoshino 倒置法も体言止めも便利ですなぁ。ついつい使いすぎます。
おーぎちゃん @sen_syumi
@yo_mo_G 「私の家へ行って、兄の部屋にある机の一番右上の引き出しに入っている日記を読んで」 などはいかがでしょうか?
佐伯風夜 @kayasaeki
@yo_mo_G フォロー外から失礼します。 「兄の机の一番右上の引き出しにある日記を読んで」 でしょうか?
茜指 @yasasiimutennka
@yo_mo_G 突然すみません。物書きではないですけど、二文に分けて良いのなら「私の兄の部屋にある日記を読んで欲しい。机の上に置かれた引き出しの中の、いちばん右上の段に入っているから」 とかかなあ…と思いました。 面白い課題だなと思ったので考えましたが、難しいですね
壱弐参@アズリー12巻、発売中!! @hihumi_monokaki
@yo_mo_G 「私の家」が自宅になりますね。 「机にあった日記を読んだ。」とし、その後、「いや、机の上にあった訳ではない。右側の引出しから取り出し、読んでしまったのだ。」と、否定を入れるやり方はよく使います。
乙野四方字 @yo_mo_G
@hihumi_monokaki 地の文ではなく、他人に兄の日記を読ませようとしている台詞のつもりでした。分かりづらくてすみません。
壱弐参@アズリー12巻、発売中!! @hihumi_monokaki
@yo_mo_G シリアスな状況でない場合、「のの多さ」を他人に突っ込ませたりして、あえて削らない事もできますね。 台詞だというなら、台詞の応酬で伝えるというのも手かも。 「まず私の家に行って」 「わかった」 「そしたら〜」みたいな。 趣旨には反してしまいますがね(汗)
@final__gambit
@yo_mo_G 文章の中であちこち散らすのはどうでしょうか。 事前に自分の家であることを示しておいて、兄の部屋へ入り、そして引き出しから出した日記を読む、という流れを文章にすれば良いかと思います。 どうしても全部の情報を一文にするとそういうことになると思うので。
乙野四方字 @yo_mo_G
@Suteinu0 そうですね。普段はそのようにしています。
汀こるもの@五位鷺の姫君 @korumono
「私の家、知ってるでしょ。兄の部屋に机があるの、その一番上の抽斗に」文章をいくつかに分割すると話し言葉としてのリアリティが出る
汀こるもの@五位鷺の姫君 @korumono
「私の家の兄の部屋の机の一番上の右側の」は「の」が多いと言うよりは情報が集中しすぎて聞いている相手が何だかわからなくなって「待ってメモ取らせて」ってなるし、喋る方も息が切れていっぺんには発話できないので途中で言葉を切りたい
魚は腐りかけのようだ @yashiro8888
「日記を読んで欲しいんだ。兄の部屋の机に入ってる。一番上、右側の引き出し」
mass @mass_sawood
「実家に帰ると、兄が使っていた部屋があってね。いつもジャズが流れっぱなしで、机に座った兄はいつもドアに背を向けて、固まった様に動かないで聴き入っていたっけ。もう直ぐ僕はロスに飛ぶから、代わりに、兄が残した秘密を解き明かしてほしい。引き出し右上段に、日記が入っているらしいんだ。」
もぐ @chanmog_urusai
僕の家にある兄の部屋はがらんとしていて物が極端に少なかった。古いジャズのレコードが一枚ばかり置かれた机があるだけだ。一番上の右側の引き出しにある日記を読む。「それって勝手じゃない?」彼女はレタスときゅうりのサンドウィッチを齧りながら言った。「世の中の出来事は80%が勝手さ」
春魔解丼 @vespiking
こういうとき荒木先生なら「私の家!その兄の部屋!机の"ひきだし"の中……位置は一番上!そして右側!そこに"日記"があるわッ!それを読んでッ!」とかで解決してくれるのでやはりアラーキー先生はつよい 伊達に五稜郭のイクサを生き延びていない
あきはるハンバァグ @white_e_engine
「私家兄部屋机一番上右側引出中日記読」
U @ebleco
もう面倒臭いので、この手の話題は「文章区切れ問題」と呼ぼう。
U @ebleco
そういう趣旨じゃねぇってんなら、もう 「出出出~~~! 私家兄部屋机一番上右側引出中日記読奴~~~!!!」 とでも書いとけ。
U @ebleco
それか、 「  君は読むだろう…   慣れ親しんだ我が家       ▽    嘗て兄が居た部屋       ▽    隠された<日記帳>       ▲     机⇒引き出し       ▲   最上段に至る『物語』  」 とでも書いとけ。
佐久間 功(文と企画・近々廃業) @Biz_Sakuma
.@yo_mo_G 編集/ライターをしている者ですが、ササっとやると 「私の家の兄の部屋の机の一番上の右側の引き出しの中の日記を読んで」 → 「兄の部屋にある机の一番上、右側の引き出しに入っていた日記を読んで」 かなぁ…と思います。普通は文を2つに分けるなど、もう少し捻りますが。
残りを読む(7)

コメント

こざくらちひろ @C_Kozakura 2016年9月23日
『兄が隠している日記を読んだ』だけでいいような。その引き出しに何か日記以外の特別なものでも入っていない限りは、読み手としては場所はそこまで詳細に聞く価値がない。一文が長くなった場合は、文末から区切って一文にし、それを繰り返すと自分の中で「これ以上の描写はいらない」っていう限界点みたいなのが見えるはず。
Ukat.U @t_UJ 2016年9月23日
できるだけ情報量を変えずにやってみる。 「日記を読んでほしい」○○は口を開いた。「ウチは知ってるでしょ?」「兄の部屋に机がある。日記は、一番上、右の引き出しに入ってる」 これで2個。
雪本俊哉@β版公開しました @YMtoshiya 2016年9月24日
文章として美しくなくていいなら、「我が家で兄が使っている部屋にある机についている一番上かつ右側である引き出しに入っている日記を読んで」。0個。情報の増減なし。
ケルビム(ごまみそ風味) @kelbim_eden 2016年9月24日
「自宅に兄が使っている部屋があり、机に引き出しが付いているから最上段右を開いて入っている日記を取り出して読んで下さい」
@todohami 2016年9月24日
@yo_mo_Gさんはもう通知を切っているので返答はもらえないと思っていいでしょう。
ビッター @domtrop0083 2016年9月24日
「ネクストミッションは、指定された座標にある我が兄弟が隠した情報を入手することだ。健闘を祈る」
sayaka @pencyan5656 2016年9月24日
省略しすぎて内容が変わるのはありなのか…?
フローライト @FluoRiteTW 2016年9月24日
こういう時こそうぶちんのクランチ文体が光る
瑞樹あきら@喫茶アルト管理人 @akira_alt 2016年9月24日
地の文ならともかく、キャラの発現なら、「の」の連呼になっても良いんじゃないんだろうか……と、思う。で、相手「ノーノー、言ってんじゃねーよ、おめーは、石原か?」と返す。
@ccmber97 2016年9月24日
兄の部屋に行って日記を読んでほしい。たぶん机の一番上にある右側引き出しに入ってる。 妹が兄の日記の場所を断言できるのが気になってしまった
endersgame @endersgame3 2016年9月24日
まとめは面白かったのにコメがいきなり読んで、を読んだ、に誤読してて悲惨だな
ヤマケン(山学校の) @gcyn 2016年9月24日
テクニックは目的達成のためにあるという意味では、これらは表現意図という目的とかごとに使い分けられないと無意味ですよね。だからそれぞれに優劣はあんまりない。 ここで集まった例の比較検討するという事なら、そこでやっとテクニックが浮き出てくるのかも。本番があるならここから。 (でも、お題に意図が含まれてないし、意図を絞る事こそ、さらに鍛錬が要る種類のテクニックかも知んないですけどねー。)
こざくらちひろ @C_Kozakura 2016年9月24日
脚本のト書きでもない限り、現在形の短文を並べると小学生の日記にしかならない。それを回避するためには、最初のおおもとになる動作「日記を読んで」は後に続く描写の前提条件として「日記を読んだ」にしたほうが、すっきり読める。これをわざわざ誤読とか言ってる人は普段からまともな日本語を書いてないんだろうとしか。
青空百景 @aozorahyakkei 2016年9月24日
C_Kozakura 「地の文ではなく、他人に兄の日記を読ませようとしている台詞」なので……
CD @cleardice 2016年9月24日
「私と同居している兄の部屋にある机の引き出し、上段右端に入っている日記を読んでほしい」こんな感じかなあ
Mill=O=Wisp @millowisp 2016年9月24日
意味が変わっても物語の内容に影響を及ぼさないならば、削ってしまっても構わない、と言うか積極的に削るべきでしょう。例えば「私の家の兄の部屋の机の一番上の右側の引き出しの中の日記」は、「兄の机の中の日記」まで削っても良い。
Mill=O=Wisp @millowisp 2016年9月24日
小説なら「“兄”が発言者の兄である」「兄と発言者が同居している」「聞き手が発言者の家を知っている」はそこまでの文中で前提情報として与えることができるはず。「兄の机は兄の部屋にある」「日記が机の中にあると言えば、普通は引き出しの中」は読者が想像できる。その引き出しが「一番上の右側」であることに物語上の意味はあるか?意味のあるケースもあるだろうが、大抵はどの引き出しの中であろうと話は進むのでは?
CD @cleardice 2016年9月24日
ほかの引き出しにもみっちり日記が詰まってるとか(怖い)
ぉざせぃ @hijirhy 2016年9月24日
まとめをちゃんと読んでない人ほど居丈高なコメントをするってのはなんか法則があるんですかね?
ask @whirlpool 2016年9月24日
ご本人言われてるように極端な例だし、特に間違っている、描写が変でなければ気にして削らなくてもいいと思う。「あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む」みたいなのもあるんだし。
ぉざせぃ @hijirhy 2016年9月24日
このお題、TLで見て興味持ってたんだけど、まとめ見る限り存外面白い回答がなくてちょっとがっかり。
エレキたん @ElekiTan 2016年9月24日
苦手な例題だ(^_^;)シチュエーション抜きだと「私[の]家で兄が使っている部屋にある机[の]右手一番上[の]引き出しに入っている日記を読んでください。」ぐらいでしょうか。
Okuma @tkatin 2016年9月24日
我が家にある、兄が自室で使っている机の、上段右側の引き出しに入っている日記を読んで
船旅不足 @ucchii129 2016年9月24日
うちさぁ、兄貴、部屋に机あってさ、なんか引出しついてて、最上段右側に日記入ってるから、読んで
冷たい熱湯 @Tuny1028 2016年9月24日
ギャグ漫画日和OPかッ!?
深井龍一郎 @rfukai 2016年9月24日
この問題に限っては、プレバトの俳句の先生が常々言っている「自明な表現は極力省略すべし」で解決する問題のように思える。
深井龍一郎 @rfukai 2016年9月24日
会話で「兄」と言ったら自分の兄であることは自明だし、家族構成を知っているであろう友人に言っているなら兄の部屋があるのが自宅であることは自明だし、兄の机が兄の部屋にあるのは自明。常識的に考えて自明であることも含めてなんでも説明したがるのは、そういうキャラ付けでもしてない限り不自然なんだよね。
聖夜 @say_ya 2016年9月24日
例文の修飾が過剰なのは意図的でしょうから残すか削るかは人それぞれですが、「読んで」と「読んだ」は別の意味です。口語としてどうしても読ませたい意図がある場合「兄の日記」であることをぼかす手法もあります。多くの人は他人の日記を許可なく読むのに罪悪感を抱くだろうからです
聖夜 @say_ya 2016年9月24日
それを踏まえて個人的には「兄貴が日記隠しちゃって、代わりに探してきてくれない?引き出し右上だと思うけど中身確認してね」くらいでしょうか
モブおじさん(アローラのすがた) @BysWo6v 2016年9月24日
え?なに?肩のうしろの2本のツノのまんなかのトサカの下のウロコの右がなんだって?
ぱんどら @kopandacco 2016年9月24日
実際には「可能な限り減ら」さなくても、途中を2つ3つ「にある」「で」に置き換えればリズムが中断されるのであまり気にならなくなる。
ToTo @toto_6w 2016年9月24日
「兄の日記」で十分伝わると思うけど、引き出しの位置が何かの伏線になるなら、位置を追加かなぁw
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年9月24日
すでに多くの人が書いてるけど、「私の家」という情報は自明だから不要だし、引き出しの位置もさほど重要じゃないから省略していい。むしろ「私」がなぜ兄の隠していた日記を読んだのか、という説明が欲しい。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年9月24日
hirorin0015 「この前さあ、いたずら心起こして、兄貴の部屋に忍びこんだのよ。机の引き出しにエロ本でも隠してないかなって。そしたら、エロ本じゃなくて日記見つけちゃったの。信じられる? 今どき日記よ! ノートに手書きの! そんな時代錯誤なもん、あいつがつけてたってことも意外だったけどさ、そこにすごいことが書いてあったのよね」
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 2016年9月24日
日記としか書いてないので、もしかしたら兄の部屋にある兄以外の日記かもしれないね。題と関係ないけど。
野嵜健秀 @nozakitakehide 2016年9月24日
文脈による、としか言ひやうが。セリフだけぽんと投げ出されて「どう書き換えますか」つて聞かれても
エリア83@讃州deおばけ屋/レイドバッカーズ応援民 @area83ontweet 2016年9月24日
革表紙の日記帳には錠がかかっていてカギ、合言葉そして特定の時間帯・場所でなければ開けることができない秘密は未だに隠されているのだ。 <政宗一成さんのナレーションで
九銀@半bot @kuginnya 2016年9月24日
漢文で書けばゼロにできる
@todohami 2016年9月24日
cleardice 20年くらいみっちり日記つけてるのか。
@todohami 2016年9月24日
わざわざ「私の家の」とつけるからには「別の兄の部屋」、例えば上京したてとか理由があるのかとか余計なことを思った。
@todohami 2016年9月24日
hirorin0015 「読んだ」じゃなくて「読んでほしい」という文脈だそうですよ。https://twitter.com/yo_mo_G/status/778946848648073216 引用「地の文ではなく、他人に兄の日記を読ませようとしている台詞のつもりでした。分かりづらくてすみません。」
雑音らじお@ノイズ @radionoise9982 2016年9月24日
客観的、多角的な視点で最低限必要な情報を選んで、理解し易い範疇で分節を区切って伝えて。 あと、『の』に限らず、『でした』等も続かないようにしよう。 同じような表現を続けたいなら、一文の長さを揃えたり、七五調のようにしたり、歌詞のようにリズムを感じるような表現にすると小気味よいのでは。
jomadiossani @jomadiossani 2016年9月24日
「我が家の兄が部屋つ机一番上右側引き出し中なる日記を読んで」
TM LABORATORY @tm_labo 2016年9月24日
いつのまにか元ツイートが依頼文かどうか判別できないのが物書きとしてどうなのよ、という話になっている?
fiz@Ryzen7 1700 @wwasd 2016年9月24日
私ん家の兄の部屋にある机の最上段右側の引き出しに仕舞われた日記を読んで
初瀬 神楽 @Kagura_d34272 2016年9月24日
MyHouse.Rooms(BROTHER_ROOM).Desk.Drawer(Drawer.Location.RIGHT,0).Containts(Containts.DIARY).Read(); (プログラマー的回答)
Kickaha @Kickaha1 2016年9月24日
「の」が2回続くと、文章が下手っぽく見える。だから例えば、『私の家へ行き、兄の部屋で、机の引き出し(一番上の右側)に入ってる日記を読んで下さい』
中杜カズサ @nakakzs 2016年9月24日
質疑の本質から外れるかもしれないけど、それこそ遺言とか一文にまとめる必要ないなら複数台詞や句読点で散らすのが一番のような。一番重要なのが「兄の(いや兄のとは限らんけど)」「日記を読んで」なのでそこをメインに据えて、場所の要素を別に据える感じかなあ。
Masa Kid @kida_777 2016年9月24日
これ、クイズ番組だったら「さていま何回『の』って言ったでしょうか?」ってなるやつじゃ?
fiz@Ryzen7 1700 @wwasd 2016年9月24日
もう2パターンほど。"机の一番上の右側の引き出し"というのがなかなかムズイ。 「お兄ちゃんたら、自分の部屋でおかしな日記を書いてるのよ。机の引き出しに隠してるつもりなんだけど、一番上の所にあるからすぐ見つかるの。笑っちゃうわよ」 「兄の部屋にある机の、最上段右側の引き出しに仕舞われた日記を読んで欲しい」
こざくらちひろ @C_Kozakura 2016年9月24日
依頼文なら「ねえ」とか「これ」でも付けないと、そもそも依頼文として判読できない私のような人間が出るんじゃないの? 普通、盗み読みの依頼って、他人にしないと思うし。 つうか、最初から私が相手に兄の日記手渡せば済む話じゃない?
初瀬 神楽 @Kagura_d34272 2016年9月24日
https://twitter.com/AzusaKitsune/status/779217935864696832 これくらいぶっ飛ぶとネタにはなるというか。むしろ「の」を1つも使ってないけどそういう問題やなかった。
とくがわ @psymaris 2016年9月24日
依頼ってことなら電話みたいにするとどうだろう 「私の家に着いた?」「ああ」「兄の部屋、わかる?」「知ってる」「机の一番上の引き出し」「そこに日記があるんだな?」「そう」
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年9月24日
todohami おお、なるほど。でも、そうなると「私」がなぜ日記を誰かに読まそうとしているのか、その設定に悩んじゃうな。身内の日記を他人に読ませるなんて、重大なモラル違反なんだけど、そんな重要なことが日記に書かれているのか。それにしては、引き出しに鍵がかかってないらしいという無防備さ。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年9月24日
どうつじつまを合わせるか悩んだけど、こういうのでどうでしょうか。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年9月24日
hirorin0015 「さあ言え! 〈スマグラーズ〉のメンバーの、お前の兄貴以外の7人の名を!」 「し、知らないわ。兄貴たちはいつもコードネームで連絡を取り合ってるから、本名までは……あ」 「どうした?」 「もしかしたら日記に書いてあるかもしれない」
SAKURA87@多摩丙丁督 @Sakura87_net 2016年9月24日
ツイッター的には単純に「の」を削除して「私家 兄部屋 机 一番上 右側 引き出し 中 日記 読んで」か。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年9月24日
hirorin0015 「日記? まさか、今どき紙の?」 「そうよ。パソコンとかはハッキングされるかもしれないから、重要なことは日記に手書きしてるって言ってた」 「その日記はどこに?」 「兄貴の部屋──でも、無理よ。あいつ、部屋の入り口と窓に弐式の精神系結界を張ってる。許可なしに入ろうとしたら魂を辺獄に飛ばされる」
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年9月24日
hirorin0015 「心配するな。俺がイレブンス・ゲートの使い手だって忘れたか? 結界に触れずに密室に入るなんて造作もない──日記は部屋のどこにある?」 「たぶん、机の一番上の右側の引き出しの中……いっしょに部屋に入った時、そこに隠してたのを見たことがある。ああ、でも気をつけて。室内のものにはみんな呪いがかかってる。持ち出そうとすると廃魔に憑依されるわよ。読むだけにして」
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年9月24日
hirorin0015 「じゃあ、陽動を頼む。兄貴を外に誘い出して、しばらく足止めしておいてくれ。180秒もあれば十分だ。できるだけ派手にやってくれ」 「分かった」
online_cheker @online_checker 2016年9月24日
物書きではないけど……「我が家にて。兄部屋にある机、その右側最上段の引き出しにあった日記。それを読んで。」かな、日記に焦点当てると。どこに注目させたいかによって、表現の幅は出そう。
ベーテ・有理・黒崎/Yuli Bethe @YKBethe 2016年9月24日
無難なとこだとやっぱり、「兄の机に入ってる日記を読んで。右側の引き出しの一番上よ」みたいな感じかね? ついつい女にしちゃったけどそこは語尾で修正可能。尚、不自然にしていいなら幾らでも方法はあると思う
聖夜 @say_ya 2016年9月24日
内容を把握している日記を特定の個人に直接読ませようとする理由なんて2つしかないと思います。極度のミステリ脳か恋愛脳かのどちらかでしょう。どちらにせよ内容は告白文だと容易に予想できます
ES@toge専用 @hituji2222 2016年9月24日
「私の家は判るね。兄の部屋に入って机を見て。一番上右側の引き出しにある日記を読んでくれ」短くしたいのならこれでええんでないかい?
ES@toge専用 @hituji2222 2016年9月24日
女バージョンなら「ワタシの家は知ってるよね?兄の部屋……そうソコ。で入って大っきい机見てみて。で、向かって右側の引き出し。あっ一番上ね。開けて欲しいの。開けたら日記が入ってるはずだから必ず読んでよね」電話口で会話してるみたいにしてみた。
mikunitmr @mikunitmr 2016年9月24日
たまにこういうのって悩むな。 ワードだとご丁寧に注意してくれるから。
kartis56 @kartis56 2016年9月24日
Mokko_Chin その兄の名前は、なんとか松とかいいそう。6人相部屋で机だけ一つだったりすると、日記も交換日記か当番式の週報みたいなのだったりして
kartis56 @kartis56 2016年9月24日
のの数が多いことよりも、いかにリズムよく読めるかのほうが、読むほうとしては気持ちいいと思う
究極DANGER @DeNJI_burst 2016年9月24日
文章の説明に"の"を多用してしまうことへの一般的な解決策を問うツイートなので、日記を読ませたい動機について語ることは見当違いも良いところだと思いますが。
深井龍一郎 @rfukai 2016年9月24日
身内に限らず「残された手記を読む」というのは、クトゥルフもののど定番展開ですね。
あのにうむ @anonym2525 2016年9月25日
僕等の明日の光の先の瞳の奥の大空の下の夢の扉の輝きの涙の力の心のカギの永久の自由の果ての約束の手のあb
Yasuyuki Otokawa @otokawa1701E 2016年9月25日
こういう文章をキャッチーで刺激的で流れるような文章にできるのが、文才なんだろうなと思う。
よもやま@垢変しました。 @yomoyamawara 2016年9月25日
「日記を読んでほしい。兄の机の引き出しに入ってる。右上よ。」みたいなゲームで使われるへんな語順になってしまうなあ。兄の机どこやねん!っていう情報は地の文で書く。ほかの人も書いてるけどキャラの関係性とか状況とかでセリフの表現って変わるからむつかしい・・・。
g_cap @ulFCCF6BlZOASth 2016年9月25日
domtrop0083 やれやれ、短い休暇だったな。(投げたサングラスが爆発、タイトルへ)。
ななし @nanasi300 2016年9月25日
「情報量減らせ」言ってる奴は、伝える相手が説明しなくても色々知ってる事前提にしている様に見えるんだが。何でや。知らなければ聞いて来るだろ的な糞メンドクサイ迷惑な発想なのかね。
へびめた@44歳 @hevi_meta 2016年9月25日
自宅で同居している兄の部屋に置かれた机の一番右上にある引き出しに入っていた日記を読んで
ejiry @ejiry 2016年9月25日
必要があるから情報が増えていった結果「の」の羅列になったのに、それの解決方法が情報量を減らせってのは「最初から書かなきゃいい」みたいなクソリプもいいところだと思う。
唯唯@減量開始 @Poco_Yui 2016年9月25日
兄の部屋の日記を読んで。机の引き出し上段の右側に入っている。開けるのは右側だ。間違った引き出しを開けようとすると、点火装置が作動して日記帳は灰になる。
inu @inu1122 2016年9月25日
「兄の秘密の日記を読んでしまった」
欧場豪@マシㇼキ提督 @overgo 2016年9月25日
つーか、他人に兄の日記を読ませるとはなんたるプライバシーの侵害…!(え? そこじゃない?)
ちょこ @cho_co_25_ 2016年9月25日
そう、兄がいるでしょ。あいつン机に抽斗あるから上段右上開いて、日記読んできて。
ちょこ @cho_co_25_ 2016年9月25日
そう、兄がいるでしょ。あいつン机に抽斗あるから上段右上開いて、日記読んできて。
Overcount @Overcount 2016年9月25日
「兄が使っている部屋にある机を調べて、引き出し最上段右側に入っている日記を読め」 とりあえず「の」を全滅させる事はできた
鳥山仁@コミケ三日目 西け36a @toriyamazine 2016年9月25日
「私の家の兄の部屋の机の一番上の右側の引き出しの中の日記を読んで」→「兄の部屋が私の家にある。そこには机が置かれているので、右側の一番に上にある引き出しを開けて、中に入っている日記を読んでもらいたい」 「の」は「いる」や「ある」に置き換えが可能なので、これで重複を避ければ省略形を多用せずに済む。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2016年9月25日
DeNJI_burst あくまでもそこにこだわるんなら、レイモン・クノーの『文体練習』でも読んで好きなの選べとしか。なぜ、他人に日記のありかを教えて隠し読みする必要があるのか、自分で読んだ日記の内容を語るだけじゃダメなのか、そっちのほうが普通の人は気になるでしょう。
まちゃるんと @UnfoundNimo 2016年9月25日
「自宅にある兄の部屋で、机の引き出し右最上段にあった日記を読んで」でええんちゃうの?
まちゃるんと @UnfoundNimo 2016年9月25日
物凄い電波でツッコミ入れずには居られなかった >「なぜ、他人に日記のありかを教えて隠し読みする必要があるのか、自分で読んだ日記の内容を語るだけじゃダメなのか、そっちのほうが普通の人は気になるでしょう。」< 気にならないし、そもそも文体の話だから当然こだわるし、その末であれば兎も角、本旨放り投げ妄想垂れ流すだけじゃダメなのかとさも当たり前の様に言われても、そりゃあダメだろ…としか
長介 @chousuke 2016年9月25日
「の」という助詞がいかに有能かが逆説的にわかるまとめ。「兄の部屋」の「の」を消すためには、「兄がいた部屋」「兄が住んでいる部屋」などの言い方をする必要があるが、そうすると「いま兄は住んでいるのかいないのか」という、原文にはない余計な情報が入ってしまう。「それはいま不要な情報だからスルーするんだよ」ということができるのが「の」。原文から何も情報を足さず消さず、「の」のない文章を作るのは難しいと思う。
不滅の黎明 @fumetunoreimei 2016年9月25日
お題に対してプロは自由に書くんですね。一般の人に比べ、抽象的に考えることに慣れてる感じしました。
まつはや @matsuhaya 2016年9月25日
「森の子リスのミーコの大冒険」「「の」が多いよ!」(コサキンコント劇場)
ぉざせぃ @hijirhy 2016年9月25日
居丈高なコメントをした人が誤りを指摘されたら的外れな反論で自分を正当化しようとするのにもなんか法則がありそう。
Bauer @WorldLeaf 2016年9月25日
というか「私(語り手)が読んだ」のか「あなた(読み手、受け手)に読んでみて欲しい」のかばかり気になってしまった
わいてい @mizuka19 2016年9月25日
ちなみに関西人だと最初の「私の家」は「ウチ」になるのでまず一字省略できるw 「私」も「私の家」も「私の家族」もだいたいウチで表現できる
究極DANGER @DeNJI_burst 2016年9月25日
hirorin0015 山本弘先生ともあろう方がなぜ、独自のよくわからないファンタジー設定を持ち出して趣旨に外れた短文を作るのかわからなかった。しかし肝心の部分が"机の一番上の右側の引き出しの中"と"の"を連発してるのを見て遠回しなギャグだと今わかった。
垣花実樹(miki) @miki6266 2016年9月25日
これほんと悩むよね。
道ヴヴ(gyodza) @michi_vv 2016年9月25日
「私の兄の日記を読んで」「どこにあるんだ」「……
クラフト @Craft070707 2016年9月25日
「兄の日記を読んでほしい。部屋は知ってるよね。机に引き出しがついてるんだけど、右上に入ってるから。」  【私の家】も【兄の部屋】も相手が知ってなければ、そもそも辿りつけず、自分が居なくても家に入ってそれを実行できる相手なんだから。こんなもんでしょ。
鐘の音@三日目南ミ-31b @kanenooto7248 2016年9月25日
「の」は2つまで。3つ続けると悪文になる。長い文章は切れ。と言う話で。
さつら @saturaadmlral 2016年9月26日
これはいい文体の勉強になる
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016年9月26日
「ウチに兄貴が書いてる日記があるんだけど、使ってる机を正面から見て右上はじっこに引き出しがあるから、そこ開けて中身読んでみて」 #殲滅
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016年9月26日
「私の家の兄の部屋の机の一番上の右側の引き出しの中の日記の内容の確認の依頼」 #完遂
EML @EML19 2016年9月26日
とりあえずノムリッシュ翻訳の結果置いときますね……「空に浮かぶ、殻に閉ざされた世界・・・ 暗黒に呑まれし私のその傷は浅かったが、イエより上位の生物の闇さえも自らの糧とする兄の全滅した部屋ソルジャー・ナノカスタムの概念として存在する机の一番上の___理解したか?右側ウィストゥスのヒ=キダシなんで総士じゃない!の…何、大した事じゃない…ナカデルタ機関の預言書を改竄した犯人日記を読んで」
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2016年9月26日
「勝手に背景設定などの情報を足す人は文章が下手」というつぶやきを見てもにょる。「の」が連続して気持ち悪い、という感覚価値観を文章外から持ちこんでるじゃん。単に情報を伝えるだけなら元の文で必要十分で変えなくていいんですよ、実際通じてるんだから。
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2016年9月26日
表面的に「意味が変わらずに『の』を減らせ」と受け取ったら、減らして0にすることも可能だけど、それは決して読みやすい文にならない。「小説(という形式の人に読ませる文章)の一部であることを前提に、『の』が連続する違和感を解消せよ」と解釈して背景設定を足すのは、文法解釈を超えた応用的解決策に他ならないわけで。教科書の文法のような画一的文体で正解を求めるわけじゃないでしょう?
伊達要一@とうきょうDD954 @Yohichi_Date 2016年9月26日
会話調なら「兄の部屋にある日記を読んで。場所? 机の引き出し、右の一番上」みたいな感じかしらん
nekosencho @Neko_Sencho 2016年9月26日
「の」を減らしたいというのが、「味の素」を「ハイミー」に書き換えるような言い換えレベルでやりたいってことなのか、それともぐだぐだと説明が続くのを短くっささっとすませられないかって話なのかで変わってくるな
nekosencho @Neko_Sencho 2016年9月26日
短くさっとって話なら、「兄の日記読んで、右上のひきだしにあるから」でいいんじゃなかろうか。「ひきだし」は通常机にあるし、「兄の日記」が「私の部屋」や「台所」にはないだろう、会社や学校に「兄の部屋」はめったにないだろうから、この程度の情報ですむ。
るる @rurusonic 2016年9月26日
「私の兄の部屋にある机の、一番右上の引き出しに入ってる日記を読んで」かなぁ、これで4つ。三人称を兄貴とかお兄ちゃんとか、自分の兄っぽい言い換えができればもう一個減らせるかも。
るる @rurusonic 2016年9月26日
Neko_Sencho そのへんの情報削っちゃうと、シチュエーションによって解釈が変わっちゃうかもです。兄の同級生が相手だったら、もしかしたら教室の鍵付きロッカーを探すかもしれないし、引き出しはタンスにも押し入れの収納にもあるし。
るる @rurusonic 2016年9月26日
ていうかタイトルだけ読んで即コメント欄に飛んでくるような人達が多いことが実に興味深い。てんで的はずれなコメントに色付いてるし。何読みに来てんだお前ら。
nekosencho @Neko_Sencho 2016年9月26日
rurusonic 会話の中の発言なのか、メールの送信文なのか、あるいは手紙の文章なのかでそのへんは違ってくると思います。 会話文の場合、むしろ情報少なめのほうが自然ですしね。何か情報が足りないと相手が思った場合は質問を返させればよろしいのではないかと。
るる @rurusonic 2016年9月26日
Neko_Sencho 会話なら1ステップずつ伝えるべきだろうし、それが正解でしょうね。あとは設問自体の解釈ですかねぇ…。「文中の」とあるので、俺は文章の分割や会話形式は想定しませんでした。
オタクモドキと化したぜるたん @the_no_plan 2016年9月26日
社長と化したワイ「君、あれやっといて」
和泉 @IZUMI162i6 2016年9月26日
物書きじゃないが「我が家にある兄の部屋、机の一番上右引き出しに遺されていた日記を読んで」
杉山 兆 @Kiz_Sugiyama 2016年9月26日
それではここで一曲お聞きください。ザ・テンプターズで、「忘れ得ぬ君」です。 https://youtu.be/1MGB5jufWBA
ぉざせぃ @hijirhy 2016年9月26日
いまだに似たようなコメントする人が次から次へと現れるので一応書いておくけど、 「他人に兄の日記を読ませようとしている台詞」というのはつまり、「私の家」「兄の部屋」「机」「一番上」といった情報のどれ1つとして相手にとって必要な情報であり省略不可であるという意味だと解釈すべき。例えば「私の家の」とわざわざ言っているということは、相手が「兄の部屋」が複数あるということを知っていて同時に話者もそれを相手が知っているということを知っているのだと考えるべき。
ヘルヴォルト @hervort 2016年9月26日
「わたしんちで、兄の部屋にある机で一番右上にある引き出しを開けて、そこにある日記を読んで」 まとめられるものはまとめる「私の家→わたしんち」「一番上の右→一番右上」。物の場所を示す場合は「(ドコ)にある(ナニ)」に変換ができる。場所そのものを示す場合は「(ドコ)で」に変換できる。引き出しの下にでも張り付いてない限りはわざわざ「中に」は不要と思う。中にあるなら開ければあるし。
ヘルヴォルト @hervort 2016年9月26日
Poco_Yui それ日記じゃなくてデスノー・・・
ヘルヴォルト @hervort 2016年9月26日
読むとSAN値が削れる兄が発狂していくさまを書いた日記である可能性が非常に高い(クトゥルフ脳)
長介 @chousuke 2016年9月27日
「の」は使いやすいが安直な助詞、と考えるのは間違っていると個人的には思ってる。上にも書いたけど、「余計な情報を削ぎ落としてシンプルにつなげられる」という意味で、替えのきかない優秀な助詞。多用されるのには理由がある。だからほんとのとこ、出されてる問題からは外れるけど、真の正解は「意味の紛れさえなければ、のをいくつ連続して使ってもいいんだよ」だと思う。
まさかなまき @MASAKANA_MAK 2016年9月28日
誰か漢文でオナシャス。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする