10周年のSPコンテンツ!

FF6ガストラ帝国の興亡と歴史年表の謎

マティウス陛下による、ガストラ帝国のゲームスタート前の時間軸における動きと、あの謎多きFF6年表の謎に挑んだ一連のツイートを、他の方のさらなる考察とともにお楽しみください。
ゲーム 作品考察 FF6 ガストラ帝国
35

発端の、ゲーム開始以前の帝国について

Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
ガストラ帝国は二度にわたる遠征でアルブルグ国・マランダ国・ツェン国を平定し南方大陸を統一したわけだが、第一次遠征は失敗に終わり、軍の再編と魔導アーマーの導入によってようやく南方大陸の統一を成し遂げたという解釈で合っているのだろうか。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
マランダ滅亡はFFⅥの物語の8年前。エドガーが即位したのは10年前。エドガーが王位を継承したころのフィガロにとって、必ずしも帝国は危険な相手ではなかったのではないか。確かに魔導アーマーという新兵器は脅威だが、はるか南の大陸で小競り合いをしている国が攻めてくるとは考えられないから。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
だが、ガストラ帝国は南方大陸統一後、すぐさま他の大陸にも軍事的圧力をかけてきた。これは本来ありえない話だ。常道なら、大陸を統一した後は新領土の内政を固めるべきである。しかし帝国は新領土に軍政を敷く一方で、すぐさま他の大陸に軍事的圧力をかける。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
ガストラ帝国が他の大陸に電撃的な攻勢をかける際に活躍したのは、帝国空軍。空戦型魔導アーマーによる空爆の後、陸戦型魔導アーマーが上陸して各地を侵略していく。ただし、これらの軍事作戦をささえる軍需物資と艦船は帝国に備わっていたのだろうか。答えは否だ。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
兵力は南方大陸の民を総動員して確保したのだろうが、軍需物資と艦船は統一戦争直後の南方大陸では賄いきれない。そうだとすると、ガストラ帝国が頼ったのは商業国家ジドール国なのであろう。ジドール国から艦船を借り受け(もしくは徴用し)、ジドール国経由で各地から軍需物資を手に入れる。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
ガストラ帝国にとって軍需物資とりわけ資源である石炭の確保先として挙げられるのは、北の自由都市ナルシェであろう。FFⅥの歴史年表によると、ガストラが新王朝を開いた年、ナルシェはガストラ帝国の侵略に対して石炭貿易を武器に対抗、帝国との間に相互安全保障条約を締結したという。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
この歴史年表の記述には矛盾がある。ガストラが新王朝を開く以前から帝国は軍備を整えていたが、それは帝国の位置する南方大陸統一のためである。南方大陸が統一されていない状況で、帝国がいきなり北方大陸のナルシェに攻勢をかけるということは不可能である。
ぽむ @hommsu
帝国よりも、ナルシェを見据えての同盟だったらどうでしょう? 世界年表としては帝国対フィガロよりも、帝国対ナルシェの方がクローズアップされているので、フィガロの立地としては、ナルシェの盾になるか、帝国の足がかりになるかという所のはず。ナルシェの自治権を放棄させたかったとか。 twitter.com/Ryu_Yas0417/st…
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
歴史年表の「ガストラ帝国の侵略に対して石炭貿易を武器に対抗」とは、FFⅥの物語の後のナルシェの民の、世界を崩壊に導いた帝国に早くから対抗していたというプロパガンダにしかすぎず、実際は、ナルシェが軍事国家に必要不可欠な石炭を帝国に売りつけて利益を上げていたというのが妥当であろう。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
ガストラ帝国の南方大陸統一及びその直後に展開された世界征服戦争を支えたのは、帝国とその他の国々との中継貿易で潤ったジドール国、そして石炭貿易で利益を上げたナルシェである。ジドール国は早々に帝国に朝貢という形で服属し、帝国による世界秩序において流通の要となることに成功した。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
自由都市ナルシェは強固な自治意識故、独立不羈を望んだ。あくまでナルシェと帝国は対等という考えだ。しかし、帝国はナルシェの鉱山の直接管理を目論むようになったのであろう。やがて帝国とナルシェは対立するようになる。ここで重要となるのが帝国とナルシェの間に位置するフィガロ王国だ。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
フィガロ王国とガストラ帝国の対立の構図については更に検討を待ちたいが、見通しを述べておくならば、帝国が欲したのは、ナルシェの石炭の輸出港でもある交易都市サウスフィガロであろう。この都市を押さえ、そしてナルシェを制圧する。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
それがジドール国を服属させ西方大陸を手中に収めたガストラ帝国の、次の戦略であったはずである。ここにおいて、フィガロ王国にとってガストラ帝国が現実的な軍事的脅威となる。帝国にとっても、神出鬼没の移動要塞フィガロ城を有するフィガロ王国は、それまでにない脅威であった。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
ガストラ帝国とフィガロ王国の対立が先鋭化するなか、帝国は東方大陸への侵攻も開始し、ドマ王国との戦端も開かれる。かくして、FFⅥの物語が始まる。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
このように考えると、エドガーの父王がガストラ帝国に暗殺されたという説は疑わしい。エドガー即位時、帝国は南方大陸統一戦争の佳境にあり、遥か北方のフィガロに介入する余力はないからだ。それに、帝国にとって必要な石炭が輸出されるサウスフィガロを擁するフィガロを刺激するのは愚策というもの。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
エドガーの父王の死因が毒殺だとして、その犯人はガストラ帝国以外に求めるべきであろう。死期を悟ったエドガーの父王が帝国と同盟を結んだ経緯についても、帝国の脅威というよりも、南方大陸の覇者となりつつあった帝国と親交を結び交易を活発にするという程度のものだったのではないか。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
以上、FFⅥの歴史年表の再検討を通じてガストラ帝国の世界戦略などについて若干の知見を述べた。諸賢の批判を乞う。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
久々に考察という名の妄想を語った。最近はドラクエにどっぷりだったけど、こういう考察は、FFの方がやりがいがあるね。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
ところで、マランダ国を滅ぼしたとき、セリたんは10歳だったわけでしょ。セリたんは人造魔導士ですやん。だから、ガンダムファンの私としては、ZZで出てくる強化人間エルピー・プルを思い起こすわけです。10歳のセリたんはプルみたいに無邪気に魔導アーマーに乗って戦っていたのかな(震え声)。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
@hommsu ほむささんの意見についての回答は一連のツイートで語りましたがどうでしょうか。自分自身まだ検討の余地はあると思うのですが……。
ぽむ @hommsu
@Ryu_Yas0417 帝国とフィガロの同盟が交易だけが目的と思うには、まだ一押し欲しい所です。 というのも同盟締結の際、サウスフィガロで暴動が起きているんですね。 些細なとしか書いてありませんが、少なくとも、一部の人にはフィガロを戦争に利用しようとしている国に映ったはずです。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
@Airget_Ramh ありがとうございます。攻略本の年表、よく出来ているようで矛盾が多いので考察のしがいがあります(笑)。そうなんですよ、いきなり急に南方から北方に進撃を開始するのは不可能だと思うのですよ。空軍があるとはいえ、南極圏を越えて北方に攻め込めるはずがないです。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
@Airget_Ramh 方法としてはそれが現実的ですよ。空軍だけでは点の攻撃は出来ても面を支配するのは出来ないので。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
エルピー・プルにはクローンとしてプルツーなどプルシリーズがいたんだけど、セリたんにもそういうのがあったとしたら……。ガストラ帝国のことだから、もしかするとセリたんのクローンシリーズが(震え声)。
残りを読む(324)

コメント

@niseusa 2016年10月17日
先程のマティウス陛下【@Ryu_Yas0417 】による連ツイをまとめて追加しておきました。
@niseusa 2017年3月30日
まとめを更新しました。
@niseusa 2017年4月14日
まとめを更新しました。
○無~ @MARUMUU 2018年3月29日
帝国のエアーフォースがじゃじゃ馬ってのはなんとも言い難い感。 クレーンがサンダーファイア使っているので使用者によって性能上限が可変する 燃料云々ではなく兵士自体がガソリンなので各兵士のMP量によって左右されるのが落としどころか。 あと、ロマンだけど魔石ゴーレムが魔導アーマーの原型かつ、人工幻獣の可能性。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417 2019年8月5日
ここでの呟きがプロットとなって、『ガストラ帝国の興亡とフィガロ王国』という本を上梓しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする