ポケットモンスターSPECIAL、作画交代の裏話

ポケットモンスターSPECIALの シナリオ・日下先生@k_hidenori_ 作画・山本先生@satoshi_swalot による作画交代期の話。 関連 続きを読む
363
前へ 1 2 3 ・・ 9 次へ
日下 秀憲 @k_hidenori_

最初は「何とか心身のコンディションを戻し仕事を続けていただこう」と万策尽くすのが編集だ。当時は小四と小五六、二つの編集部だったが、真斗先生本人からの申し出があるまでは「作画をおりていただく」という発想をそもそも誰も持たなかったろう。漫画なのだ。絵がその魅力の多くの部分を担っている

2011-02-21 02:43:54
日下 秀憲 @k_hidenori_

さらにご本人からの申し出があった後も、しばらくは、アプローチとして「なんとか仕事を続けていただけないか」やはりそちら方面に傾く。それが人の、そして編集者の一般的な感情なのだと思う。ただ、そんな中で自分だけは編集さんたちとは別の気持ちを…すでに固めてしまっていたように思う。

2011-02-21 02:52:17
日下 秀憲 @k_hidenori_

自分は編集者と、その座につきつつ、しかし編集者ではないので少し違う視点がある。「本人がこれだけの気持ちで申し出しているのに、しばりつけつづける意味はあるのか」そういう気持ちだった。話しあいの場がもたれたので「彼女の申し出を受け入れるべきだと思う」という自分の考えをはっきり告げた。

2011-02-21 03:00:14
日下 秀憲 @k_hidenori_

このころのことを思い返すと、まさしく「騒動」という言葉しか浮かばない。年度末は目の前。決断しなければならない。まず一歩目として真斗先生の降板が決まった。が、そのから、さらにいくつもの段階がある。

2011-02-21 03:06:29
日下 秀憲 @k_hidenori_

作品は終えるのか、続けるのか。新しい作画家さんを探す?そんなことはできるのか。探せたとして、何を描くのか。まったく新しいポケモン漫画を描くのか、それとも続きを描くのか。

2011-02-21 03:10:50
日下 秀憲 @k_hidenori_

皆がわーわーといろんなことを言い出した。そのひとつひとつの対応しながら、日々の執筆のこなす毎日だった。

2011-02-21 03:23:07
日下 秀憲 @k_hidenori_

【このころのこと・作画家交代騒動③】

2011-02-22 02:30:11
日下 秀憲 @k_hidenori_

ポケットモンスター金・銀は、すごく遊びがいのあるソフトだったと思う。曜日があり朝昼晩がある。ほとんどのポケモンに♂、♀、タマゴ。ラジオ放送や電話、目的別のモンスターボール。過去作との通信、ポケモンが道具を持ったり使ったりなどなど。

2011-02-22 02:31:47
日下 秀憲 @k_hidenori_

今にいたる基本的な仕組みの数々はここから始まったものが多いように思う。ジムリーダーが16人も登場するのもこれだけだ。 そんな「金・銀」を題材に第三章を描くということでスタート時は本当に張り切り、そしてワクワクしていた。特徴的な仕組みは全部くみ入れたいと計画していた。

2011-02-22 02:32:23
日下 秀憲 @k_hidenori_

しかし、2000年の終わり近くに真斗先生の降板が決まって、張り切っていた分の反動が自分にも少なからずやってきたと思う。

2011-02-22 02:32:59
日下 秀憲 @k_hidenori_

作品は終えるのか、続けるのか。新しい作画家さんを探す…?探せたとして何を描く? まったく新しいポケモン漫画を描くのか、それとも続きを描くのか。本当にいろいろな人がいろいろなことを言ってきたが、そのひとつひとつに対応しながら、ふと冷静になって思う。

2011-02-22 02:36:29
日下 秀憲 @k_hidenori_

「金銀」をまだ描ききっていない。まだ構想したものの3分の1も描いていないじゃないか…と。

2011-02-22 02:37:02
日下 秀憲 @k_hidenori_

新しい作画家さんを探すということでは、多くの人の意見は一致していたが、その人と「何を描くのか」についてはいろいろな意見が出ていた。 多くの意見は「まったく新しいポケモン漫画」だった。

2011-02-22 02:38:50
日下 秀憲 @k_hidenori_

まあ、そうだろうと思う。作画家の降板はその仕事に関わる全員にとっても雑誌にとっても辛い辛いで出来事だった。心機一転、新年度から新しい作画家さんとやるなら、逆に…なるべくこの「辛い出来事」を引きずりたくない。それが普通の感覚だ。

2011-02-22 02:40:39
日下 秀憲 @k_hidenori_

そんな空気の中だったが、自分の意志は確定していた。 「新しい作画家さんと描くのは『specialのつづき』にしたいんです。」という自分の希望を関係者全員に伝えた。心を整理した上で、これしかない。

2011-02-22 02:41:39
日下 秀憲 @k_hidenori_

4年間描いた物語やキャラクターへの愛着ももちろんあったが…それ以上に。「単純に、まだ途中だよ」という事実だ。ゴールドとシルバーは湖の底なのだ…! 整理して伝えた日下の希望は以下みっつ。

2011-02-22 02:44:00
日下 秀憲 @k_hidenori_

①新しい作画家さんと描くのは『specialのつづき』である ②いちおう新主人公で新章ぽく始める。連載が軌道にのったら少しずつ2000年度の内容や布石に合流させていく。 ③コミックスは通巻にする。

2011-02-22 02:44:59
日下 秀憲 @k_hidenori_

自分の出した提案に対してほとんどの関係者が気乗りしていなかったことだろう。しかし最終的には「日下がそこまで言うなら」という感じで受け入れられた。③に関しては、この時点ではまだ保留だった。

2011-02-22 02:45:55
日下 秀憲 @k_hidenori_

「なんとしても、この空中分解した飛行機をもう一度飛ばすのだ。」意志を固める。

2011-02-22 02:46:55
日下 秀憲 @k_hidenori_

2000年の年末には「クリスタル」という金銀のバージョンアップソフトが発売されていた。明日につづく。

2011-02-22 02:47:42
山本サトシ @satoshi_swalot

このタイミングで16-17日のつぶやきをいれるべきだったよね。完全な勇み足。

2011-02-22 08:24:15
山本サトシ @satoshi_swalot

でも、日下先生のつぶやきを見ながら都合よく改変してた可能性が高いからまあいいか。

2011-02-22 08:25:02
日下 秀憲 @k_hidenori_

【このころのこと・作画家交代騒動④】 新しくスタートを切ると覚悟し、準備に入ると、逆にむしろ真斗先生のことが…それまで以上に気にかかるようになった。

2011-02-23 10:22:11
日下 秀憲 @k_hidenori_

真斗先生との出会いを回想すると…、一番古い記憶までさかのぼるが、96年の11月~12月ごろだ。すごく不思議なことに「初めて会った日」より、「初めて彼女の絵を見た日」のほうが、鮮明に頭の中に刻み込まれている。

2011-02-23 10:23:02
前へ 1 2 3 ・・ 9 次へ