10周年のSPコンテンツ!
3
松浦晋也 @ShinyaMatsuura
ソーカル事件かあ。「知の欺瞞」は、読んですっきりの本だった。ニューアカデミズム系の哲学に感じていたなんとも言えない居心地の悪さははっきり指摘してくれた本。自分で気が付けなかった私もいい加減阿呆だけれど。
松浦晋也 @ShinyaMatsuura
ニューアカ全盛期、自分も浅田彰「構造と力」を読んで、ははーっと恐れ入っていたクチだものなあ。
松浦晋也 @ShinyaMatsuura
浅田彰に関しては「ヘルメスの音楽」で見切りを付けた。内容の記憶はもうほとんど蒸発しているが、「俺、浅田彰よりよっぽど現代音楽をきっちり聴いているわ」と思ったのははっきりと記憶に残っている。
松浦晋也 @ShinyaMatsuura
哲学者には「簡単な事を難しく言うな」と言いたい部分が多々ある。東浩紀さんの「動物化するポストモダン」が出てきた時は、「これ、『おまえらアホや』ではいかんのか」と思った。
松浦晋也 @ShinyaMatsuura
私には、フッサールの「エポケー」も「『ぼけーっ』とか『ぼおっとしている』ではいかんのか」なのであった。
松浦晋也 @ShinyaMatsuura
彼らには難しく言う理由があるのだろうけれど、用語で格好をつけようとすると、「知の欺瞞」になるのだろうな。
あすく @asknkn
私も、「オタクさんたちって、こんなややこしいことを考えているのか!」と釈然としなかったです。RT @ShinyaMatsuura: 哲学者には「簡単な事を難しく言うな」と言いたい部分が多々ある。東浩紀さんの「動物化するポストモダン」が出てきた時は、「これ、『おまえらアホや』
@simada_net
@ShinyaMatsuura 結論だけを重視するか、そこにいたる過程を重視するかの違いでしょう。なぜ「アホ」なのか、それを言われないとその結論を受け入れない人も居る。ちなみに僕がそうです。 http://janp.biz/4201
@simada_net
ちなみに難い「用語」を使用することと、「理由を述べる」のに複雑な回路が必要であることは別のことだと思います。 RT @ShinyaMatsuura 彼らには難しく言う理由があるのだろうけれど、用語で格好をつけようとすると、「知の欺瞞」になるのだろうな。
松浦晋也 @ShinyaMatsuura
はっ、そういう意味では哲学における科学用語の濫用は、疑似科学で「波動」とか「タキオン」とか言いたがるのに通じる部分があるのだな。なんとなく格好いい「科学用語」をそれっぽくちりばめるという点において。
hilowmix @hilowmix
@ShinyaMatsuura 「厳密さ」を求めるとなんらかの用語が必要になることもあるのでは?
松浦晋也 @ShinyaMatsuura
@simada_net うん、まあだったら、「動物化」とか「ポストモダン」なんて分かり難い言葉で言わなきゃいいじゃん。ってことです。「おまえらアホや」の過程を縷々述べるのは別に構わないし、意味のあることですから。
@simada_net
@ShinyaMatsuura 科学用語の氾濫というか新しい用語の創出とそれを追いかけるのにに疲れてしまうのは分ります。例えばこれは難解だが→http://janp.biz/4202 でも多分言いたいことは簡単なのでは、と思う。 できれば分りやすい言葉で複雑に語って欲しいと思う。
@simada_net
@ShinyaMatsuura テクストとしてある分量を必要とする意味の塊があって、それを再度説明する手間を省くために用語を創出したり、IT用語から流用したりするのだと思います。複雑な思考にくっついた名札のように。で、流通するようになれば、「動物化」と言えば「ああ、あれね」となる
@simada_net
ちなみに、それは読者層を想定した「戦略」だったのだと、思います。当時の東さんがタイトルが「お前はアホだ」とう書籍を出しても受け入れられなかったはず RT @ShinyaMatsuura うん、まあだったら、「動物化」とか「ポストモダン」なんて分かり難い言葉で言わなきゃいいじゃん
@simada_net
@ShinyaMatsuura いずれにせよ、「お前はアホだ」という風に結論だけ述べればよい、という主張と、「難しい用語を使うな」という主張は区別されるべきのように思います。
@simada_net
@ShinyaMatsuura …しつこくてすみません(汗)
@simada_net
 @ShinyaMatsuura すんません、誤解してました。最初の「これ、『おまえらアホや』ではいかんのか」と思った。『おまえらアホや』の『』を二重引用符だと思い込んでました。これ書籍のタイトルだったんですね。だとしたら僕の言っていることは的外れでした。すみませんでした。
@gerumanium
確かにわかりずらいこともあります。しかし、コジェーブの「動物化」を援用した形の「ポストモダン」の議論をするのが彼の目的だったはずです。(続く)RT @ShinyaMatsuura RT@ShinyaMatsuura
@gerumanium
その用語自体が難しいとかことを言い出すと、読者が読むリスクを抱えるか、読まないか選択すれば良いだけの話です。私はアノ本の用語が彼の最低限許容できる範囲での議論だったと思います。また、科学系の新書の中でも一般の方が知らない用語はあります。(続く)RT@ShinyaMatsuura
@gerumanium
例えば、朝永振一郎氏の「物理学とはなんだろうか」という新書が有りますが、その中で使われている用語のすべてが決してわかりやすいものではないはずです。確かに、哲学の一部の議論は確かに衒学的な言葉遣いをする方もいますが、(続く)RT @Shinyamatsuura
@gerumanium
科学にも使いたい最低限の用語、説明したい最低限の用語があるはずです。また、それが一見「まわりくどい」言い方になることもあるはずです。しかし、誠実な方ならその用語の背景を語ってくれることでしょう。それが、意見を述べる方の倫理であることも事実ですRT @ShinyaMatsuura
@gerumanium
そのことを一部の哲学者は怠ってきたのは事実ですが、東浩紀氏が怠っていたでしょうか。少なくともその背景を語るという説明責任は果たしていたように思われます。RT @ShinyaMatsuura
@simada_net
RT そのことを一部の哲学者は怠ってきたのは事実ですが、東浩紀氏が怠っていたでしょうか。少なくともその背景を語るという説明責任は果たしていたように思われます。RT @ShinyaMatsuura (via @gerumanium) *Tw*
@gerumanium
そのことと「知の欺瞞」で行われたような哲学の科学用語の衒学的な使用という問題とは別にするべきです。彼は少なくとも、自分の専門領域において自分の用語を使っているのですから。RT @ShinyaMatsuura
残りを読む(76)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする