大学の漫画学科は漫画家になる道か

各地の大学で新設された漫画学部や漫画学科。そこにいくことは、漫画家への道になるのか。作家、我孫子武丸さんと評論家の堺三保さんの対話を主軸として、ツイートをまとめました。 話題のきっかけとなったPixivの漫画については、こちら。http://bit.ly/ePmw1l (読むためにはpixivのアカウントが必要です)
マンガ 芸術 教育 我孫子武丸 大学教育 漫画家
126
あびこ @sukiyapotes
http://bit.ly/f5O6B6 このマンガ学科では年に二回だけだけど講義をしてて無縁ではないので、pixivのアカウントを取って読んでみた。(今まで、pixivのリンクをクリックしてもサムネイルしか見られなかったわけがやっと分かった)→
あびこ @sukiyapotes
→絵がどれくらい描ける人なのかこれではさっぱり分からないが、まあ面白く読めた。2chのスレの売れないマンガ家のやつとかを読むのと同じ面白さだけど。最後だけは脚色が入ってるような気が。いずれにしてもあの台詞をこうして書き起こせたのだから一歩前に進めたんじゃないだろうか。→
あびこ @sukiyapotes
→小説にしろマンガにしろ、学校に行って教えてもらえるはずないし、そんなことを思うこと自体適性がないことを示しているんじゃないかと昔から思っている。だからもちろん、専門学校にしろ大学のマンガ学科にしろ、「マンガ家になろう!」と謳って学生を集めるような商売は好きになれない。→
あびこ @sukiyapotes
→じゃあなんでそんなところの講義を引き受けているかというと、そこのマンガ学科の主任を信用しているからだ。大学がどういうつもりでマンガ学科を作ったのか、なんと宣伝して学生を集めているのか知らないが、少なくともあそこの主任はほとんどがプロになれないことを分かっている。→
あびこ @sukiyapotes
→ぼくが呼ばれている通年授業はマンガ家ではない周辺の人(編集、原作者など)の話を聞くというもので、主任のKさんは、「マンガが好きでそれを仕事にしたいと思っても、マンガ家以外の道もあるよ」ということを示そうとし続けている。高い学費を払った上に人生棒に振らせたくないからだ。→
あびこ @sukiyapotes
→さっきのマンガの中で「何が描きたかったの?」と問うているのがKさんだろう。どうして作者はこの質問から、Kさんから逃げてしまったのか。もうちょっと考えてもよかったはずなのに。小説でもマンガでも、多分あらゆる創造的な仕事がそうだと思うけれどデビューした後のことをみんな忘れがちだ。→
あびこ @sukiyapotes
→描きたいものがないのに、たとえ賞がとれたり掲載されたりしたって、その後一生続けられるわけがない。……実のところぼくだって、デビューする前は「本を一冊出せたら後はバイトで食っていってもいい」と思ってたし、「そんなに何十冊も書くネタないよ。そのうち尽きる」と思ってたけどね。→
あびこ @sukiyapotes
→運良く21年もやってこれたけど、若い人もどんどん出てくるわけで、そのうち仕事も来なくなるかもしれないし、書けなくなるかもしれない。来年どうなるか、まったく分からない。小説とかマンガとかを一生の仕事にするというのはそういうことだって目指す人は覚悟しといた方がいい。(終わり)
Mitsuyasu Sakai/堺三保 @Sakai_Sampo
なんか、大学のマンガ学科に通って4年を棒に振ったとかなんとかいうマンガが評判になってるようだけど、……ネタじゃないのかあ。40歳過ぎてから、映画監督になるためにアメリカの大学まで勉強に行った人には、あんまり理解できないや、その気持ち。
Mitsuyasu Sakai/堺三保 @Sakai_Sampo
いや、まだなれてませんけどね、映画監督。全然これからだと思ってますよ>自分。
ふゅ〜りあす @tebasaki_s
@Sakai_Sampo ネタでアメリカの大学に留学したんですね!
大塚 健(けん) @ken_oo
@Sakai_Sampo 自分もその漫画見ましたが、むしろ若いうちに気が付いてよかったねと言うハッピーエンドにも見えましたw ズルズルやり続ける方が無駄な事もありますよね。
Mitsuyasu Sakai/堺三保 @Sakai_Sampo
学校行ったからって、皆が皆、小説家や漫画家や監督になれるわけじゃないのは、あたりまえのことだけど、それと同じくらい、学校で教えてもらえることも山ほどあるし、独学よりもいろいろ便利なのもこれまた当然だと思うんだよねえ。日本人はほんとに「芸は教えられない」信仰強すぎ。
ゆうき まさみ @masyuuki
@Sakai_Sampo 昔のことですが、特に少年漫画誌だと、持ち込んだ時24,5歳くらいで作品が微妙だと「年齢がなあ」と言われたもんなんですよ。そういう感覚が残ってるんじゃないですかね。
Mitsuyasu Sakai/堺三保 @Sakai_Sampo
@masyuuki なるほど。マンガ家は若くしてデビューしないとダメ、みたいな感覚があるんでしょうかねえ、まだまだ。
yoshihiro tsuduki @y_tsuduki
@Sakai_Sampo ネタというより「生徒視点ならこうだろうなあ」という感じです。視野が狭くて、先生に何を言われているのかちゃんとつかめてない感じです。私は「先生との信頼関係が築けてないんだろうなあ…」という印象を受けました。
Mitsuyasu Sakai/堺三保 @Sakai_Sampo
にゃるほど。 RT @y_tsuduki @Sakai_Sampo ネタというより「生徒視点ならこうだろうなあ」という感じです。視野が狭くて、先生に何を言われているのかちゃんとつかめてない感じです。私は「先生との信頼関係が築けてないんだろうなあ…」という印象を受けました。
ふゅ〜りあす @tebasaki_s
年を取ってようが若かろうが、学校でしか教われない事や、学校でも教われる事は多いんですけどねぇ。 QT @Sakai_Sampo 「芸は教えられない」信仰強すぎ。
Mitsuyasu Sakai/堺三保 @Sakai_Sampo
.@y_tsuduki それはなんとなくわかるなあ。USCでも、院生はもうちょっと腰が据わってるというか落ち着いてるんだけど、学部生はなんかもうがむしゃらなばっかりの子が多いんだよね、やっぱり。まあ、あおれが「若さ」なんで、言ってもしょうがない部分もあるんだけど。
ゆうき まさみ @masyuuki
@Sakai_Sampo ジャンプなんか目指したら、体力的にも精神的にも20歳前後で出てないとキツイとは思うんですよね。
Mitsuyasu Sakai/堺三保 @Sakai_Sampo
ただまあ、「大学のマンガ学科なんて」という言葉には、大学に対する期待が大きすぎたり、小さすぎたり、という極端さを感じるですよ。特に日本の場合。まあ、もうちょっと落ち着け、ちゅうか。
Mitsuyasu Sakai/堺三保 @Sakai_Sampo
そ、それは確かにそうかもしれないですね。 RT @masyuuki @Sakai_Sampo ジャンプなんか目指したら、体力的にも精神的にも20歳前後で出てないとキツイとは思うんですよね。
yoshihiro tsuduki @y_tsuduki
@Sakai_Sampo 京都精華のストーリーマンガコースを観ていると、もう「とにかくいっぱい原稿を描け」と。絵は描けば描くだけ上手くなるし描かなきゃ指導もできないので、その意味ではある程度効果のある教え方をしていますよ。生徒はむちゃくちゃキツいでしょうけど。
あびこ @sukiyapotes
@Sakai_Sampo 映画はまだいいですよ。監督以外に仕事色々あるんですから。小説家、マンガ家は基本一人ですからね。なれなかったらゼロ、っていうんじゃ学校で教える意味ないです。
残りを読む(378)

コメント

チーコ @kuramicks 2011年2月20日
漫画も声優も歌も、夢を売る商売は詐欺同然だと思う。夢を見て終わり、後には何も残らない。絵ならともかく歌や演技だと夢敗れたものはたいていワーキングプアになるしか無いんだし。
チーコ @kuramicks 2011年2月20日
こうして多くの若者の夢や希望を食い物にして肥え太る学校法人・・・・・・・おおいやだいやだ。
hamp@横浜山中 @32hamp 2011年2月20日
「灯台に行くのは高級官僚のへ道か」と置き換えると、目新しい話題ではないですね~。他の、今までの大学もマンガ学科とどう違っていたのかというと、違わない。他の道を目指す人と何も変わらないと思います。
チーコ @kuramicks 2011年2月20日
じゃあなんでマンガ学科とか名打つんかね。東大とか、一般的な楽譜なら選択肢は無限にあるけど 勿論漫画家になれるという保障もなくて、かといって他の就職保障もせずに本人の努力の問題で片付けちまうんだろ。場合によっちゃ人生を棒に振りやすいってのが問題なんじゃないのか。
チーコ @kuramicks 2011年2月20日
あ、元々「同人誌の作り方教えます」的な学科のつもりだったら問題ないか。
C_Yuko(ゆうこ) @C_Yuko 2011年2月20日
私は我孫子さんよりの考えだけど、それは才能がある、と言うか絵を描き続ける業を背負って生まれたとしか思えないような人間を知ってるからかもしれないなあ。努力とかそういうんじゃなくて。
hamp@横浜山中 @32hamp 2011年2月20日
@kuramicks 法学部や医学部、解りづらければ音大や芸大も一緒だと思うのですが。
C_Yuko(ゆうこ) @C_Yuko 2011年2月20日
世の中に必要な漫画家の数って、ほっといてもデビューできるような人間だけで余り気味な気がする。医者や弁護士みたいに社会が後押しして育てないとならないような職業じゃないし。わざわざ大学でデビューへの早道を教える意味合いは薄いと思う。
まくるめ @MAMAAAAU 2011年2月20日
こと小説に関して言えば、理系の出身者・学者がエンタ系プロにけっこういますよね、あちらの畑の気質がむしろ近いような。 プログラムができる人は文章が上手い傾向があります。 小説・マンガ・映画の特性の問題だと思いますよ
シガニーウィーバー〄月-西ひ01b @tokitamonta 2011年2月21日
仕事をする上で必要となる能力が「技術論」と「発想とか想像力」をどちらを重視してるかで平行線になってる感じなのかなぁ。
たまきひさお Trans・Venus マンガ図書館Z @Tamakinia 2011年2月21日
お二人とも同じ事しか言ってないと思うんだ。教えられるのは器だけ、その中に何を注ぐのかは本人次第。注ぐ中身も教わる様ならそいつはただのロボットだ。
hamp@横浜山中 @32hamp 2011年2月21日
間違いないのはどんな道への学校であれ、学校で教えられるのは「技術論」のみということかと。「発想」もトレーニング法までは教えられるけど、それ自体は教えられない。学校はある意味商売だけど商品は「職」じゃない。
アキ அ @frozenmoonlight 2011年2月21日
才能あるのに方法がわからず悶々としている、って人もいるだろうしなあ。小説だって同じだと思うんだけど。何の手助けもなく出てこられる人ばかりじゃないし、そういう人をダメだと決めつけるのも…。学校は、もちろん全てにおいてじゃないけど、有効な場合も多いと思うんだけどなあ。
アキ அ @frozenmoonlight 2011年2月21日
まあ、ユルユルにアマチュア生活を楽しんでる私が言えたことでもないですが(^_^;)
アキ அ @frozenmoonlight 2011年2月21日
大学で目ウロコ、な人がどれくらい出るのか解らないけど、教えてくれるもんは全部拾っとこう、と出かけていける場所があるのは、私はいいことだと思うんだけどな。
f。 @_ffff 2011年2月22日
「やる気はあるけどまだ何もしてない/知らないクリエイター志望の人」というのが良くわからない。というかそれは要するにやる気が無いってことのように思えるのだけれども。「丸い四角」と一緒でそもそも存在しえないのでは? と思った。
Piichan @piichan 2011年2月24日
医師の井上晃宏氏(@inoueakihiro)が指摘しているけど、職業教育を学校でやると産業構造の変化のさまたげになることがあるらしい。学校や教員の雇用をまもるために不必要な資格が温存されるという。 なぜ薬剤師でなければ医薬品を取り扱ってはいけないのか http://agora-web.jp/archives/950330.html
雑草スレイヤー@土曜日南ヨ-37b @gc_cic 2011年2月27日
作者本人は主人公というフィルタを通して、何が言いたかったのだろうか?
相沢タツユキ @Tatsuyuko 2011年2月27日
音楽の話と関連しますけど、最近の若いのに上手い絵師は小学生からずっと描き続けてきた所に(親による絵の稽古含む)Pixivの出現で急激に濃く集積されるようになった、ってのがあるかと。しかもその数が半端ないうえ、雑誌編集等のスカウトも中心になってきてる。
相沢タツユキ @Tatsuyuko 2011年2月27日
そんな虎の穴状態に後から参入するのは困難が伴います。若いころからずっと描き続けてきた彼らに打ち勝てるような「自分が表現したい事」がないと勝ち残ることは困難でしょう。けど、内容が面白くても絵面が上手くないと手にとってもらえない=売れないというきつい時代でもあるんですよね…
相沢タツユキ @Tatsuyuko 2011年2月27日
…でも、今売れ筋の「手にとってもらえる」絵柄とポーズをどうやったら自分のものにして描けるようになるか、ってのは教えられるんではないかと。ある程度体系付けられた様式でできてますんで。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする