編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

HPVワクチンと自己免疫反応

HPVワクチンは、遺伝子組み換えタンパク質を、強力なアジュバント(免疫活性化剤)と混ぜたもの。人体がこれまで経験したことのない物質を注入されたら、自己免疫反応のような免疫異常を引き起こす可能性は当然考えるべきだ。患者の訴えを「心の病」と決めつけたり、信大・池田教授を攻撃することで副反応がないかのように印象付けようとするのは間違ってる。世界中の医師・学者がHPVワクチンと自己免疫反応の関係を疑い、研究している。
科学
14874view 9コメント
25

ワクチン有害事象報告システム(Vaccine Adverse Event Reporting System (VAERS))のHPVワクチン関連の報告のなかで、自己免疫の抗体/抗原が明確なものを一部ピックアップしました。抗体には、これまで自己免疫疾患の原因として知られているものが多く含まれています。HPVワクチンが自己免疫寛容(免疫系が自分を攻撃しない仕組み)破綻のトリガーになる可能性を考えて、原因究明と治療法開発を。

11歳女性(VAERS ID 742949)
ガーダシル接種後、腹痛、頻回嘔吐、重度疲労、蒼白、再発性失神、胸痛、呼吸困難、関節痛、頭痛、記憶喪失、耳鳴り聴覚喪失、めまい、不安定な歩行、足の衰弱、筋肉の痙攣、感覚異常、不眠症、POTS。
アドレナリン受容体およびアセチルコリン受容体に対する自己抗体が検出された。
http://www.medalerts.org/vaersdb/findfield.php?IDNUMBER=742949

13歳女性(VAERS ID 582612)
ガーダシル接種後、自律神経系不均衡、局所疼痛症候群、疲労、脚の痛み、姿勢起立性頻拍症候群、、ギランバレー症候群、胃腸の機能不全など。
アドレナリン受容体などに対する抗体を検出(anti-B1 and B2 adrenergic receptor autoantibodies plus M2 muscarinic and ganglionic receptor autoantibodies)。
http://www.medalerts.org/vaersdb/findfield.php?IDNUMBER=582612

19歳女性(VAERS ID 582177)
サーバリクス接種後、関節痛、全身倦怠感、疼痛
抗グルタミン酸受容体(Anti-glutamate receptor antibody)を血中および脳脊髄液中に検出。免疫吸着療法などで痛みが減少し、短い距離を歩けるようになった。
http://www.medalerts.org/vaersdb/findfield.php?IDNUMBER=582177

12歳女性(VAERS ID 576224)
ガーダシル接種後、白血球減少症、SLE、血管炎など
抗・好中球抗体を検出(自己免疫性好中球減少症の原因)
http://www.medalerts.org/vaersdb/findfield.php?IDNUMBER=576224

14歳女性(VAERS ID 506957)
ガーダシル接種後、多発性筋炎/強皮症重複症候群、肺疾患、慢性頭痛、痙攣様腹部胃痛、嚥下障害、血便、膝関節の関節痛など。
自己免疫性多発性筋炎・強皮症をひきおこす、核タンパク質に対する抗体(抗PM-Scl抗体)を検出。
http://www.medalerts.org/vaersdb/findfield.php?IDNUMBER=506957

11歳女性(ID 436193)
サーバリクス接種後、肝炎など
抗LKM抗体(anti-liver-kidney microsome antibodies)を検出
http://www.medalerts.org/vaersdb/findfield.php?IDNUMBER=436193

11歳女性(VAERS ID 424021)
サーバリクス接種後、肝炎、膵炎、胆道疾患など
抗LKM抗体.(anti-liver-kidney microsome antibody)を検出。抗LKM抗体は、腎の近位尿細管と肝細胞の細胞質と反応する自己抗体。
http://www.medalerts.org/vaersdb/findfield.php?IDNUMBER=424021

18歳女性・アメリカ(VAERS ID 400175)
ガーダシル接種後、歩行障害、関節炎。
抗核抗体を検出。
http://www.medalerts.org/vaersdb/findfield.php?IDNUMBER=400175

19歳女性(VAERS ID 372259)
ガーダシル接種。無力症、気管支痙攣、めまい、呼吸困難、頭痛、過換気、肺塞栓症、失神、血栓症。
抗リン脂質抗体を検出。
http://www.medalerts.org/vaersdb/findfield.php?IDNUMBER=372259

21歳女性・アメリカ(VAERS ID 354742)
ガーダシル接種後、自己免疫障害、多汗症、筋肉攣縮、筋肉衰弱、かゆみ、慢性じんましん
抗核抗体検出。さらに、セリアック病(グルテン・アレルギーによる腸疾患)、1型糖尿病を発症
http://www.medalerts.org/vaersdb/findfield.php?IDNUMBER=354742

22歳女性(VAERS ID 344938)
ガーダシル接種後、日常生活の障害、痛み、脱毛、健忘、めまい、呼吸困難、疲労、線維筋痛症、頭痛、不眠症、視力障害など。抗核抗体(ANA)を検出。
http://www.medalerts.org/vaersdb/findfield.php?IDNUMBER=344938

13歳女性(VAERS ID 338232)
ガーダシル接種後、溶血性貧血、膵炎、胆道疾患など
赤血球表面にあるKiddタンパク質に対する自己抗体を検出
http://www.medalerts.org/vaersdb/findfield.php?IDNUMBER=338232

20歳女性・アメリカ(VAERS ID 336226)
ガーダシル接種後、SLEおよび重症筋無力症と診断。咀嚼および嚥下困難、バランスの喪失、記憶喪失など。
抗アセチルコリン受容体抗体、抗核抗体を検出。
http://www.medalerts.org/vaersdb/findfield.php?IDNUMBER=336226

16歳女性(ID 334377)
ガーダシル接種後、SLE、関節炎
DNA、カルディオリピン(ミトコンドリア特異的リン脂質)に対する抗体を検出。
http://www.medalerts.org/vaersdb/findfield.php?IDNUMBER=334377

13歳女性(VAERS ID 326479)
ガーダシル接種後、SLE(全身性エリテマトーデス(全身性紅斑性狼瘡))、自己免疫疾患と診断。
抗DNA抗体、抗リン脂質抗体を検出。
http://www.medalerts.org/vaersdb/findfield.php?IDNUMBER=326479

29歳女性・アメリカ(VAERS ID 285829)
ガーダシル接種後、筋障害・心筋梗塞・好酸球増加症・他全身症状。ヒスチヂルtRNA合成酵素に対する抗体(anti-Jo antibody)を検出(自己免疫性筋炎の原因として知られる)
http://www.medalerts.org/vaersdb/findfield.php?IDNUMBER=285829

====================
ここから以下数枚、池田修一先生の研究班の研究報告スライドから引用です。マウスにHPVワクチンを注射すると、人間に注射した時と同様の自己抗体が誘導されることが示されています。ヒトとマウスの違い、特殊な変異マウスを使ったことなど、乗り越えるべき問題はありますが、研究の方向性は間違ってないはず。トンチンカンな批判にまけず、研究が進むことを期待します。スライド全体はこちら↓
https://www.mamoreruinochi.com/wordpress/wp-content/uploads/docs/publication/kou06.pdf

レイジ @sinwanohate
Cervarix接種による中枢神経細胞を認識する自己抗体の産生誘導 信大医学部 塩沢丹里(2016年1月) HPVワクチン接種後の神経障害発症患者の自己抗体検査。10名中7名から自己抗体、そのうち6名が抗ガングリオシド抗体陽性だった。 pic.twitter.com/U9QjiVsMta
 拡大
レイジ @sinwanohate
多くの神経細胞は、神経突起の周りにシュワン細胞が巻きついたミエリン鞘を伴って、神経細胞の構造維持や電気信号伝達に働いている。シュワン細胞と神経細胞が結合するのに、細胞膜表面のGM1やGD1aというガングリオシド(糖脂質)が必要で、自己抗体はその結合を破壊して脱髄を起こす。 pic.twitter.com/63USlUFxJv
 拡大
レイジ @sinwanohate
自己抗体を作りやすくしたマウスにサーバリックスを注射すると、ガングリオシドGM1に対する抗体ができた(液が黄色になっている)。そのマウスの血清に含まれる抗体は、マウスやヒトの脳の海馬の組織切片に結合した。他のワクチンではそのような抗体はできなかった。 pic.twitter.com/IuB2QYgqes
 拡大
 拡大
レイジ @sinwanohate
こんなにガングリオシド抗体が高頻度で検出されているとは。ここまで分子レベルのメカニズムがわかっていて「心因性」とか「捏造」はないだろう。(図の左が糖鎖で細胞表面に露出、右が脂質で、細胞膜に埋め込まれる部分。) pic.twitter.com/D2xky1NzZE
 拡大
レイジ @sinwanohate
発表スライドの全データはこちら(PDF)↓ mamoreruinochi.com/wordpress/wp-c…
レイジ @sinwanohate
「捏造」は評論ではなく、事実だ! d.hatena.ne.jp/shimizulaw/201… 大江紀洋氏、村中璃子氏の名誉毀損訴訟、村中氏は「科学的意味のない実験であるから『捏造』と書いた」と裁判所で主張して、裁判長から呆れらている!ww

月刊日本 2017年2月号

残りを読む(135)

コメント

園芸家 @engeikana 2016-10-08 08:59:43
Institute of Chronic IllnessesのGeier親子は、ワクチンが自閉症を起こすと言ってて、自閉症のインチキ医療してる人たちです。
yasutaki @yasutaki 2016-10-09 05:36:21
ちなみに父親のMark Geierはもっていた州医師免許は全て取り消されている模様。息子のDavidは生物学での学士号しか所持していないにも関わらず、医師であるかのように治療などを行ったとして1万ドルの罰金を課せられています。https://en.wikipedia.org/wiki/Mark_Geier 要するに札付きの親子ですね。
afpid @AfpidShounika 2016-10-10 01:29:52
悪名高いGeier親子をエビデンスの最初に持ってこないといけないというのは、ちょっと苦しいですね 彼らの論文はB型肝炎ワクチンの時といい、いつも対照群の設定が不適切なので、いい加減査読レベルで弾いて欲しいものです
afpid @AfpidShounika 2016-10-10 01:30:00
今回も、自己免疫疾患との関連が大規模スタディで否定的な中、オッヅ比が4~8とかおかしいでしょう?と思って読んでみたら、やっぱり対照群がアンダーレポート過ぎ(不適切)だった・・
afpid @AfpidShounika 2016-10-10 01:39:06
オッヅ比→オッズ比(恥)でした・・
afpid @AfpidShounika 2016-10-11 01:25:42
接種後のNMDA脳炎ですが、若年者のNMDA脳炎の罹患率ご存じでしょうか?2~3人/10万人年です。接種後のNMDA脳炎が仮に32人おられたとしても、因果関係があるとは言えませんよ。 何故ならば、340万人に接種したら接種後1年以内に68人~100人が因果関係なく紛れ込み発症し、接種後3年間には200人~300人が紛れ込み発症することになりますので。
魔系犬/西保男・自称シャカニセッポニスト @ronja_yty 2016-10-11 01:34:21
ここまで反証を出されているのに、まとめ主はソレらに何一つ反論してない。不誠実だと思うの。
名取宏(なとろむ) @NATROM 2016-11-07 09:20:24
さとう内科循環器科医院の佐藤医師は、「私はすべてのワクチンは不要だと考えています」と書くような完全な反ワクチン主義者です。まあそういう人しか残らないのでしょうね。
/N/ @naokoshy 2017-12-05 16:21:38
良記事)アジュバントは組織破壊と異物による免疫誘導が目的なので、自己免疫が誘導されても当然。営利企業としての目的は抗原を減らして安く上げること。
ログインして広告を非表示にする