電子書籍では本の厚みがわからない?京極夏彦先生の著書の厚みを知らずに読み進めてる人に感じる未来の到来

まとめました。
70
小川一水 @ogawaissui

電子書籍でそれと知らずに京極夏彦を読み始めた人の「もしかして、これ厚い?」って台詞、日本人初の宇宙飛行士である秋山さんの「これ、本番ですか?」並みに、未来の到来を感じる。

2016-10-12 13:10:45
電子書籍では「本の厚み」がないので便利
連鎖球菌 @rensakyukin

@ogawaissui @kawahara_kikuko 残りのページ数で展開を想像しちゃうから、そういう意味では電子書籍はいいかも。

2016-10-12 22:27:12
構いすぎて🐈に嫌われてしまったちきんおじさん @torikawa_umauma

紙の書籍だとやたら分厚かったり何冊も分冊されてる本でも、電子だと手が痛くなったりしないし、新しい本をごそごそ本棚に取りにいかなくてもすぐに続きが読めるのがいいよねぇ。

2016-10-13 10:17:37
厚みの重要性
青空百景 @aozorahyakkei

「本の厚み」って大事な情報ですね考えてみたら。

2016-10-13 12:54:43
kiriko @soulkiss0224

なるほど!でもそうだな、漫画は最近電子書籍に求めるようになってきたけど、読み物はその装丁や紙の質感も美しいものがあるしやはり本屋さんで求めることが多い。特に京極先生のあの厚みは手にとって感じたいー。

2016-10-12 22:49:05
ジーク @jeek13

電子書籍だとクロニクル7巻の、世界滅亡までの残り時間とページ数のギャップを感じられないのだろうか

2016-10-13 12:25:02
lucky-y @luckyyjp

これとは逆の話なんだけど、電子書籍を読み始めた頃は「あとどれくらい話が残っているかが分からない」ってのに違和感があったな。一応表示はされるけど、紙の書籍読んでる時みたいな直接的な感覚が無いのがちょっと寂しかった。

2016-10-13 11:27:14
びんた ワンダーバスボンくん @simasimaurara

あーそうだね。電子書籍だと厚さなんかわからんからね。ぜひ本を見てびっくりしてもらいたい。

2016-10-13 10:55:07
椎🐘సియి🐈‍⬛ @_mis_c_

電書ならどんな厚くても楽勝だよねぇ。 でも京極はあの厚みも醍醐味だから(違)

2016-10-12 21:53:21
トオル @darkmoon999

そういえば電子書籍の場合、紙の本みたいにパッと見て薄いか厚いかなんて分からないんだったな(今更何言ってんだ)総ページ数で判断するしかないけど、京極作品は読んでも読んでもゴールが見えない…恐ろしい……

2016-10-13 12:57:33
やまだしょてん @marine_yamada

「著作が分厚い」という事実を知らずに京極夏彦の小説を読もうと思う人がいたら、どんなきっかけがあったのか、あるいは何の罰ゲームか聞いてみたい。

2016-10-13 12:56:23
厚いことで有名な京極夏彦先生
ワニ@アカウント消去します @OMAKENO_Stroke

「電子書籍だと京極夏彦氏の本の分厚さに気が付かない」ってどんだけ分厚い本ヤネンって調べたらコレはとびだせどうぶつの森の攻略本レベルかそれ以上ですよ。 pic.twitter.com/eevasvEJGV

2016-10-13 08:14:37
拡大
まの @rin_umahone

このあいだ聖書を探していて厚み的にこれだー!と引っこ抜いたのが京極夏彦だった。

2016-10-12 19:36:46
しょっさん@ʕ ◔ϖ◔ʔ @syossan27

京極さんの本は人殺せる厚みだからな

2016-10-13 07:50:47
トム花屋 @tomachunhui_17

京極さんのは読み始めてしまえばすっと終わっちゃうから厚みきになったことないな。宮部さんも気がついたら終わってしまてる。

2016-10-12 22:09:49
にわとりゲートウェイ® @rahmens543215

京極ヤクザは言い方いいなぁw 確かにあの強面(厚み)だけで逃げる人多そうw

2016-10-13 09:42:40
コワ @kowaryofu

電子書籍だと厚み分からないのかーっ厚くても面白いから厚さ知らずに読み出してハマるひと増えたらよろしいです。京極シリーズ鵺はまだだったかな。まだだったはず。まだかしらんー。

2016-10-13 02:23:28
池田 独 @dokuikedaanema

確かに京極さん、厚い。「凶器は豆腐小僧ですね」と言われそうなレベルで厚い本が多い。で、電子書籍も上下巻の場合はやっぱり上下に分かれてるんだよね?息つく暇がないとあかんよね。

2016-10-13 10:22:11
姑捕鳥は薄い
残りを読む(2)

コメント

文里 @wenly_m 2016年10月13日
境界線上のホライゾンは?
6
atlan @atlan1701 2016年10月13日
東野圭吾の天空の峰を知り合いに貸した時にポスターであの厚さを見ていた筈なのにただの強調かと思ってたらしくてびっくりされた事が有るな。
0
エ レ キ た ん @空間絶縁 @ElekiTan 2016年10月13日
何はともあれ製本所がよくアレの製本を引き受けたものだと、当時関係業界ではひとしきり話題になったものでした…
20
catspeeder @catspeeder 2016年10月13日
京極夏彦の本はこの分厚さでしかも蘊蓄だらけなうえにちょっと癖のある文体なのにノンストップで読める不思議な小説。
11
むっしゅ @k1nech1n 2016年10月13日
本当に面白い本って、本の厚みで終りが近いと悟ると、もったいなくて読み終わりたくないって思っちゃう。でも続きが読みたくて、その二律背反に悩むのもまた楽しい。
4
kokuju @kokuju 2016年10月13日
ビデオテープやカセットテープがなくなり「早送り」「巻き戻し」が通じなくなりつつあるように、電子書籍ネイティブな世代になると「厚い」「薄い」も通じなくなるんだろうか
7
友若@うひょおおおおおお @rtomowaka 2016年10月13日
日本鈍器文学がこのような形で滅びることになろうとは。このリハクの目をもってしても見抜けなかった
4
もっこㄘん @Mokko_Chin 2016年10月13日
アナログ時計の針のように、数字ではなく実の量として判りやすいもんね。
1
Chariot @BLACK_RX_24 2016年10月13日
塗仏の宴(文庫版)なんて1200ページ以上な上に上下巻に分かれてるもんなぁ
0
ヒジャチョンダラ @citabow 2016年10月13日
確かに分厚いけど、活字がちょっとだけ大き目だよね? そのせいもあるのかな、読み易かった。『塗仏の宴』以降読んでないけど。
0
VRAM01K @VRAM01K 2016年10月13日
塗仏で薄くなった?と思ったら分冊だったという…
4
よもやま@垢変しました。 @yomoyamawara 2016年10月13日
読んだことないけどこの分厚さはその・・・読みきれないと悟って手に取れないかな・・・。
0
マボロシ @maborospice 2016年10月13日
京極夏彦作品はインデザインにもこだわって文がページをまたがないようになっているとかいう噂を昔聞いたことがある。電子書籍だとそういうレイアウトは崩れちゃうのかな、フォントサイズ自由にできるし
1
Shun Fukuzawa @yukichi 2016年10月13日
あれ、人によっては2割は削れるんじゃない?
0
Live long & prosper @titan3xFnfxte 2016年10月13日
kokuju (データ量が多い/少ないから)ダウンロードが「遅い」「早い」になるのかも。今もラノベは早くて、お堅い書籍は遅くて、マンガはもっと遅い。
0
Live long & prosper @titan3xFnfxte 2016年10月13日
○○シリーズ全35巻セットとか、全100冊中1~50巻セットみたいなのは、電子書籍ならではだな。さすがにあれを紙で再現したいとは思うまい。
0
KNK🌿 @yknkpr 2016年10月13日
宮部みゆき「京極さんの本が背割れしちゃって」 京極夏彦「印刷所にもっとしっかり製本するよう言っておきますね」 宮部みゆき「分割されたおかげで持ち歩きやすくなりました」 って話すき
20
mori @kmori299 2016年10月13日
maborospice 噂じゃなく、本当ですよ。版が変わるたびに(ノベルス→文庫とか)調整していると読んだことがあります。電子書籍はわかりませんが。
3
tarako @AodamaSuika 2016年10月13日
友人は「保存用」「持ち歩くために分冊する用」の2冊を買っていたな。
0
mori @kmori299 2016年10月13日
ミステリだと、残りの枚数を見て「まだもう一回どんでん返しがあるな」と認識することが多いので、電子書籍だとそう思いにくくなるかな、と冒頭の小川先生のツイートみて思いました。
3
Mill=O=Wisp @millowisp 2016年10月13日
kokuju (データ量が)「大きい」「重い」、(文章が)「長い」「多い」等の方が形容として適切になりそうですね。「厚い」も慣用表現として当面は残るでしょうが
0
nekosencho @Neko_Sencho 2016年10月13日
電子書籍は、分厚さがどうこうよりも、布団の中にもぐって読んでも照らす必要がない(バックライトがある端末使用時)ってことのほうが紙の書籍に対してのメリットのような気がする。 手元で明かり消せるしな
0
平尾 由矢(パブリックエネミー) @astray000 2016年10月13日
京極堂、時間を作る(削るの間違いじゃないですかね……。
0
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2016年10月13日
松本零士の「男おいどん」に出てくる「縦だか横だかわからんステーキ」みたいなもんだな。
5
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2016年10月13日
講談社ノベルス版の背表紙でタイトルの下に書いてある惹句が、姑獲鳥の夏「ミステリ・ルネッサンス」→魍魎の匣「超絶のミステリ」→狂骨の夢「本格小説」→鉄鼠の檻「小説」と変わっていって、絡新婦の理ではどうなるのかと思ったら何も書いてないのには笑った。
7
undo(あんどー) @tolucky774 2016年10月13日
寝ながら読んで、顔の上に落っことして痛てー!という悲劇は減るかもねえ(しかしタブレットを落っことす)
0
ケイ @qquq3gf9k 2016年10月13日
マンガ版の文庫も分厚いんだよな。
0
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2016年10月13日
最初に「どこまで分厚くなるんだ」を経験したのは島田荘司の御手洗潔シリーズかな。「暗闇坂の人喰いの木」→「水晶のピラミッド」→「眩暈」→「アトポス」あたり。特に「水晶」や「アトポス」は本筋とほとんど関係ない話で水増しされてるので「あれ、俺何読んでるんだっけ」と思ったものだった。
4
橘夏[peixe] @snow_guppy 2016年10月13日
そのうちすべての本が電子化されてしまったら「薄い本」と呼ぶ文化も消えるのか。
2
ネットで通りすがるブラジル人 @ntbxp 2016年10月14日
コミックボンボンもだいたいコレくらい分厚かったよな・・・(ホロリ・・・)
0
毛羽毛現 @the_kog_at 2016年10月14日
何かの漫画で凶器に使われてなかったか?
1
KSK @MprojectKSK 2016年10月14日
京極でも薄い本あるんだよなぁ
0
ぜの @XeNO____ 2016年10月14日
境界線のホライゾンはそろそろ立方体の文庫本を出すんじゃないかと
0
catspeeder @catspeeder 2016年10月14日
ebcdic_ascii アトポスあたりはもはやミステリというよりホラーや冒険小説に分類してもいいな…でも御手洗って、ああいう無茶苦茶なノリのハッタリ大作でも、ほどよい長さの短編ミステリでもそれぞれの魅力がある。星籠はもうちょっとだったけど。
0
蕪野(白土龍) @kaburanoshun 2016年10月15日
本は目で読むだけでなく、手でも読んでいる。鼻も(紙の匂い)。
0
3STT:3P(三豚@海蠍特戦隊) @KUZ_3STT3P 2016年10月15日
こいつら本当に電子書籍読んだことあるのか? 一般的なビューアーはページ全体のスケール表示(ページ数もでる)あるし、kindleなら読了予想時刻も表示される。常識じゃん
2
ユーコン @yukon_px200 2016年10月15日
電子書籍は枕にならない欠陥商品w
0
じーさん @GAS474 2016年10月16日
電子書籍だと、返本で床が抜けることがないのが、利点ですね。
0
m1t0m1 @mitomislilylove 2016年10月17日
本屋でラノベ買う人は、どうしても境界線上のホライゾンって本を知る事になるよね 見た目のインパクトで
0
𝑎𝑠𝑘 @whirlpool 2016年10月17日
電子書籍使ってる人は「字の本なのにダウンロードにちょっと時間がかかったな? 」とか「ページ計算に妙に時間がかかってるな? (フォントサイズによりページ数が左右されるので、開くたびにページ数計算が走る)」とかで普通に最初に気が付く。大抵の電子書籍サービスでは画面下部にxxx/xxxで全ページ数が表示されるし。
1
むっしゅ @k1nech1n 2016年10月17日
「広辞苑」は版を重ねるごとにページ数が増えているんですが、厚みは殆ど変わりません。使っている紙の厚さを薄くしているんだそうです。で、なんでそんな事をしているのかというと、広辞苑のあの厚みが、機械的な製本の限界なんだそうです。80mmくらいだったかな?まだしばらくは、紙の厚さを薄くすることで対応できるそうですが。
0
Plate @Plate13579 2016年10月19日
既出だが電子書籍だと文字数とかスクロールバーとかで把握できる。背表紙の厚みによる感覚とのすり合わせはともかく、むしろ頁あたりの文字数差とかの紛れが無い分正確に文量はわかるんじゃないかな。
1
カズマサみんC @mskazumin 2016年10月19日
電子書籍が子供にも浸透する頃には「厚い」と言われなくなっていきそう。「長い」とか「多い」と言われるのが主流になるのかな
0
松吉信和 @N_Matsuyoshi 2016年10月19日
確か京極先生はAdobe InDesignを使って文章の位置まで含めて著述しているはずだから、電子書籍なら電子書籍で対応しているんじゃないかな……一冊買ってみようか。
0
とんぬらa.k.a.とんちゃん @t_matsu 2016年10月19日
k1nech1n それで思い出すのがコミケのカタログ。あれも紙を改良して薄く丈夫な紙を採用した結果、従来比0.4kg減という。まあ広辞苑もカタログもまだまだ進化の余地はありそうですねえ。京極作品と川上作品はどうなるやら
0
りんこ・エレオスキー @linco_motte 2017年11月14日
京極以降、こういう分厚いミステリーが流行った時期があったよね。清涼院流水が自著を鈍器として殺害に使うメタなトリックを書いていた覚えがある。この頃の新本格は楽しかったなあ。
0
福耳 @sagamiriver1997 2017年11月14日
薀蓄だけ読んだりするからね。事典かな?
0
せりかざんまい @selica_akeno 2018年2月8日
kmori299 中身は勿論、装幀もこなす(他人の作品含む)から手に負えない。
0