10万都市が地球にまで広がってしまったお話

好奇心に正直に生きてるとたまによくこういうことがあります。
メモ
0

事の発端はふとした疑問。

水(みくまり)分 @_39ML_
「上から数えて人口10万を切るまでの自治体数」って割と気になる

とりあえず調べてみました。

水(みくまり)分 @_39ML_
上から数えて人口10万を切るまでの自治体数 北海道9 青森3 岩手4 秋田2 宮城3 山形3 福島4 群馬5 栃木7 茨城8 埼玉21 千葉16 東京39 神奈川14 山梨1 長野4 新潟5 静岡11 岐阜4 愛知16 三重6 富山2 石川3 福井1
水(みくまり)分 @_39ML_
滋賀5 京都2 大阪22 兵庫10 奈良3 和歌山1 鳥取2 島根2 岡山3 広島7 山口6 徳島1 香川2 愛媛4 高知1 福岡8 佐賀2 長崎3 熊本2 大分2 宮崎3 鹿児島4 沖縄4

静岡が多かったり、京都が予想以上に少なかったりで単純な書き出しだけでも驚きが意外とありました。

そして、関心は最南端の沖縄へ。

水(みくまり)分 @_39ML_
沖縄は自治体がちっちゃいからなぁ

あまり知られていませんが、沖縄県中・南部は三大都市圏と並ぶ人口密集地帯。一つ一つの自治体が小さいため目立った人口の自治体がない…小さいなら大きくしてわかりやすくしてしまえばいいじゃないか(????)というわけで、特に人口の多い那覇都市圏の自治体に限って調べてみることに。

水(みくまり)分 @_39ML_
【那覇都市圏の各自治体を北海道と同じ面積に膨らませた時の人口】 那覇市→6億7871万1904人 浦添市→4億8113万1232人 宜野湾市→4億0505万7028人 与那原町→2億9956万6168人 南風原町→2億9250万9312人
水(みくまり)分 @_39ML_
豊見城市→2億6398万7262人 西原町→1億8288万1462人 中城村→1億0809万8110人 糸満市→1億0435万1880人 八重瀬町→9055万3774人 南城市→7003万1828人

6億…大きすぎて逆によくわかりませんね( ´・ヮ・`)

水(みくまり)分 @_39ML_
那覇市と同じ人口密度の北海道が11個あると地球の全人口がそこに住めるということがわかりました

ちょっとわかりやすいかも。にしても多いな…

他の人口密度が高い・低い地域でも試してみたら何となく掴めるのではと思い特に顕著なところを例示しました。

水(みくまり)分 @_39ML_
【おまけ】 イスロテ島(コロンビア)→104億621万5000人 豊島区(東京都特別区)→18億8708万6087人 北海道→538万1711人 檜枝岐村(福島県)→12万9729人 ウムヌゴビ県(モンゴル)→3万0938人
水(みくまり)分 @_39ML_
イスロテ島と同じ人口密度の北海道0.69個分に地球の全人口が収まります

世界一の人口密度で北海道に人間を詰め込むと地球上の全員が住めるみたいです。狭そう。

水(みくまり)分 @_39ML_
地球の陸地に北海道は1754個収まりますが、ウムヌゴビ県と同じ人口密度の北海道に地球の全人口を収めるには237500個の北海道が必要なので、地球が134.4個(135個)余計に必要です

これはわけ分からな過ぎて書いてる本人も頭が「????」だらけでした。多過ぎても少な過ぎてもよくないね(?)

これが話の顛末です。地球規模で考えてたらラーメン食べたくなってきました…。

コメント

zan'nen.bat @28forecasters 2019年11月30日
一体何を摂取したらこういう思考が湧くのか
jpnemp @jpnemp 2019年11月30日
最初の統計は単に「人口10万人以上の自治体の数」でいいんじゃないか、と言おうと思ったけど、後半の考察が面白すぎるw
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする