大津波警報が出ているなか海抜高度が1メートルしかないところから高所に避難しなかったことを、やむをえなかったとする専門家が多いことに私は驚いている。

海岸で地震に遭遇したら急いで高台に避難する。よく知られた経験則だ。
26
牛山素行 @disaster_i

いずれ詳しい報道が出るだろうけど,この判決は「高台への避難を呼びかけた時点までには」と,予見可能だった時点については予見可能性を広く認めなかったけど,「裏山に避難しなかったのは過失」として,とっさの高い判断力を求めていて,むしろ要求水準が上がった印象をもった. twitter.com/asahi/status/7…

2016-10-26 18:20:47
早川由紀夫 @HayakawaYukio

大川小学校は海岸から4キロ内陸にあったの言をしばしば聞くが、素人ならともかく専門家がそんなふうに考えていたなんて信じられない。専門家失格だ。大川小学校の前を流れる北上川は広くゆったりと流れていて、その姿はまさに海だ。 pic.twitter.com/7XrQiPXJxK

2016-10-27 05:57:30
拡大
牛山素行 @disaster_i

冷たい人(私の方ですよ)のコメントの一例→ 東日本大震災:大川小訴訟判決 識者の話 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20161…

2016-10-27 09:39:47

教員の防災研修重要に 静岡大防災総合センターの牛山素行教授(災害情報学)の話
 過去の津波被害の記録がない地域でも、とっさの判断を誤ってはならないと管理者である学校に求めた厳しい判決だ。高い水準の危機管理能力を教員に求めており、教員への防災研修徹底が重要になる。判決は、裏山への避難に否定的な住民の意見を重視せずに避難すべきだったとしたが、住民の声を聞かないというのは現実的には難しかったのではないか。管理者だけでなく、私たち自身の防災意識を高めることが重要だ。

牛山素行 @disaster_i

冷たい人(私の方ですよ)のコメントもう一例↓ 静岡新聞の紙面では「すべきだった」的コメントが複数並んでいる中だったのでいささかめげた. twitter.com/shizushin/stat…

2016-10-27 09:42:24

 「学校だけでなく、行政機関や民間の集客施設なども管理者責任を求められるのでは」。静岡大防災総合センターの牛山素行教授(災害情報学)は今回の判決に「社会に重い問題を突き付けた。非常に厳しいという印象」との反応を示す。
 判決内容は事前の想定を超える災害に対して応用的な判断能力を、管理者側に要求した。牛山教授は「管理者の判断能力を磨く教育機会を増やすともに、避難路や避難施設の整備など、地域全体で防災力を高めることが重要」と訴える。

Ryusuke IMURA @tigers_1964

余震の揺れに対応するより、津波に対応すべく、斜面を登るべきだったというのは、今だから言えることだと思う。

2016-10-27 11:24:06
牛山素行 @disaster_i

私の考え(これは厳しい判決だと思います)をブログにメモしました.長いです→ 大川小学校災害に関する仙台地裁の判決から思うこと disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/p…

2016-10-27 11:44:51
早川由紀夫 @HayakawaYukio

本震で崩れなかった崖が余震で崩れる心配を優先させて、本震のあと必ず来るだろう津波からの避難行動がとれなかったのは仕方ないと赦すようでは、防災のプロといえない。 @tigers_1964

2016-10-27 13:43:00
早川由紀夫 @HayakawaYukio

がけ崩れに押しつぶされるリスクがあっても、津波を避けるために山を登るべきだった。リスク比較の初歩だ。

2016-10-27 13:44:20
早川由紀夫 @HayakawaYukio

宮城県総務部危機対策課が製作したこの津波浸水予測図を見て、3年前のあの地震で大川小学校が津波に襲われると思わないというひとは、理科の勉強を小学校からやり直したほうがよい。twitter.com/HayakawaYukio/… pic.twitter.com/F6oGG2Q3fk

2016-10-27 13:51:49
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

オリジナル図はここにいまでも置いてある。平成15年だから2003年だ。pref.miyagi.jp/uploaded/attac…

2016-10-27 14:13:15
早川由紀夫 @HayakawaYukio

こういうわけわからない想定シミュレーションの結果だ。そして、浸水深などという役に立たないパラメータで着色してる。高さ5メートルの津波、10メートルの津波、20メートルの津波でシミュレーションして水に浸かる範囲に着色するのがわかりやすい。そして役に立つ。

2016-10-27 14:19:12
早川由紀夫 @HayakawaYukio

津波の水に浸かれば、死ぬのだから。浸水深で色分けなんて、まったく役に立たない。

2016-10-27 14:20:05
早川由紀夫 @HayakawaYukio

ひとつしか想定しないから、それによる色分けを住民が絶対視してしまうんだ。自然の猛威に際限はないから、大中小で表現した。大を超えるときもあろう、と注意喚起すべきだった。

2016-10-27 14:26:46
早川由紀夫 @HayakawaYukio

注意事項を貼るのを忘れました。 pic.twitter.com/bmYhec9xbI

2016-10-27 14:30:48
拡大
Ryusuke IMURA @tigers_1964

あの時,津波の避難施設にもなっていたところで,余震に細心の注意を払うことをしていたことを責めることはできない.「本震のあと必ず来るだろう津波」ということが頭になかったのだと思う.あったとしても,シミュレーション以上の規模が来ることは想像できなかった. twitter.com/HayakawaYukio/…

2016-10-27 15:01:14
早川由紀夫 @HayakawaYukio

@tigers_1964 あのときあったハザードマップや想定シミュレーションを無条件に容認した上で考察してるのね。私は、ハザードマップも想定シミュレーションも批判対象にして考察してる。

2016-10-27 15:04:05
早川由紀夫 @HayakawaYukio

大津波警報が出ているなか海抜高度が1メートルしかないところから高所に避難しなかったことを、やむをえなかったとする専門家が多いことに私は驚いている。小学校の時間中に児童を死なせてしまったことに弁解の余地はない。預かった児童を死なせては絶対にならない。

2016-10-28 12:50:27
早川由紀夫 @HayakawaYukio

その責任が、当日の学校運営(避難行動)にあるか、事前の防災計画(ハザードマップ)にあるか。両方にあるだろうが、どちらがどれだけ重いかきちんと責任配分する必要がある。不可抗力なんかでは、絶対にない。

2016-10-28 12:55:43
早川由紀夫 @HayakawaYukio

裏山に避難すると崖崩れにあうかもしれないと、そのとき現場に躊躇があったかもしれない。災害素人集団だったならありうる。しかし、5年半たって、専門家が、その稚拙な考え方に共感してどうする。専門家なら、5年半たったいまなら、全否定しなければならないことだ。

2016-10-28 13:08:52
早川由紀夫 @HayakawaYukio

かもめの玉子の親父さんも、誰も、彼も、家が津波に飲み込まれたのに助かったのは、急いで崖を駆け上がったひとばかりだ。崖崩れの危険なんて無視したひとが助かった。いま専門家がすべきことは、助かる道を指し示すことではないのか。

2016-10-28 13:14:45
早川由紀夫 @HayakawaYukio

リスク管理の判断にリスク評価が占める割合は1割程度。リスク評価が仕事の専門家がリスク管理に、それも裁判に、訳知り顔で口を挟むとよい結果は得られない。

2016-10-28 13:19:04
早川由紀夫 @HayakawaYukio

台風が接近して大雨警報が出れば、授業は中止して児童を帰宅させる。大津波警報が出ていたのだ。海抜1メートルにある小学校から児童を高台に避難させなくてよいわけがない。

2016-10-28 13:37:51
早川由紀夫 @HayakawaYukio

津波は川を遡上する。津波に飲み込まれる確率は、海岸からの距離よりむしろ海抜標高で決まる。これは防災知識の基礎だ。

2016-10-28 13:39:53
残りを読む(32)

コメント

@funft 2016年10月28日
典型的な後知恵バイアス
41
( •᷄ὤ•᷅) @F15_momizi 2016年10月28日
これを本気で主張しているとは頭が相当おめでたいお方のようで。
15
( •᷄ὤ•᷅) @F15_momizi 2016年10月28日
(津波に飲み込まれる危険性は海抜に依存することも知らず、学校が海抜1メートル場所にあることも当然知らない素人集団であった彼らが津波の危険性を過小してとった行動は専門家の私から見れば理解できない馬鹿げた行動だったが何せ彼らは素人なのだから)やむをえなかった。
21
舶匝(はくそう @online_cheker) @online_checker 2016年10月28日
(石巻市と同様のリアス式海岸がある)尾鷲市では昔から「グラっと揺れたら、裏山を駆け上がれ」と叩き込まれてきた、と同市出身者から聞いた事がある。科学を引き合いに出すまでもない。先人の言葉を無視する奴ば、痛い目を見る。
7
くぅにゃん@⚡パプリックエネミー⚡避雷針野生派 @qoonyan 2016年10月28日
早川先生に於かれましては、反射的直感的に脊椎反射で思考を垂れ流す前に、とりあえず「何故そうしなかった/できなかった」のかを考えて多角的に思考する時間が必要だと思いますことよ?(´・ω・`)
19
bemupa(佐鎮) @bemupa 2016年10月28日
まあ、後だから何とでも言えるよね。 大きな揺れの後の混乱てる現場で、「前門の虎、後門の狼」の状況に適切な判断を求めるのは無理なんじゃないかな? 被災した現地って、情報が「目で見える範囲」しか得られなくなっちゃうからね。
17
horizon @over_thehorizon 2016年10月29日
東北大震災の3年前に起きた岩手・宮城内陸地震(M7.2)では、山肌の土砂崩れ、崩落が多数発生したことがニュースになっていた。遠い過去の津波被害の知識より、最近の土砂崩れの知識が勝ったということもあり得ることでは。どこかの地震で、逆に津波に警戒して山に登り、土砂崩れにあった場合もこの人は批判するんじゃなかろうか。
17
五月 @xf52_523 2016年10月29日
そもそも学校の教師は危機管理の専門家じゃないしそんな訓練も受けてない。 あんな異常な状況で冷静に完璧な判断が出来るわけないだろうよ。
11
ふっくら物産展 @huttkura_b3 2016年10月29日
あー、大川小学校の案件ね、アレのお陰で「リスク管理をしっかり考える学生ほど学校の先生という職業を選ばなくなりそう。」とは思ったよ。 その辺りの判断も有ったんじゃないんですかね? 何でも馬鹿正直に言えば良いってもんでも無いですしね。
12
Chariot @BLACK_RX_24 2016年10月29日
指定されている避難場所(つまりは学校)から個人判断で移動させるリスクは考えないのか(困惑)
1
言葉使い @tennteke 2016年10月29日
最高責任者である校長が不在のとき、教頭が「高台に行こう」と言ったのに教師が強行に反対し学校にとどまった、このとき教頭は次席責任者か否か、よく解らない。下した決断に躊躇した教頭が悪いのか、徹底的に反対した教師が悪いのか。
11
マサ@撮影依頼、大・大募集中 @kinrei_suzuki 2016年10月29日
全員の安全を確保したと思った状況で、小学一年生からの多数の児童を全員安全確実に再移動させるのは心理的には嫌だろうな、と思う。しかも移動先の裏山は強烈な揺れで崩れているかも、崩れるかもしれないし途中の道路は割れもあったであろう安全不確定な場所へとは尚の事。
1
日高 @akazuki1287 2016年10月29日
発災以前の防災マップでは大川小は安全地帯ですが、周囲の道路は全て浸水が予想されています。したがって想定以上の津波が迫った場合、「高台」の選択肢として裏山しか残らないはずなのですが。当初から浸水が予想されていた場所に逃げようとしてしまいました。地震による土砂災害の可能性はゼロではありませんが、確実に浸水する場所へ向かうより、裏山の方がリスクが格段に低いと思われます。
10
日高 @akazuki1287 2016年10月29日
地震災害では土砂崩れの被害が大きく報道されますが、揺れの大きな地域の面積からすれば、ごく僅かな箇所しか崩れていないと思われます。報道の印象で土砂災害のリスクを過大評価してしまうのは、一般的に有り得ることだとは思います。
5
くすき @kusuki_xx 2016年10月29日
震災前のハザードマップを見ただけでも、なぜに浸水地域である「新北上大橋のたもと」を目指したのか全然わからない。津波が学校へ来ないという認識だったとしても、わざわざ危険地帯へ連れて行こうという発想になったのか…もし学校が津波被害に遭わなかったとしても、この誘導では必ず犠牲者が出ていた事になる。 教師達の防災訓練では避難場所が「高台」としか明記していなかった不備もありましたが、住んでいる地域のハザードマップくらいは常に確認しておくものじゃないんですかね。
6
くすき @kusuki_xx 2016年10月29日
この件で被害を予見できないという言葉を聞くとモヤモヤするね。震災前のハザードマップから予測できる避難経路は川辺では決してなかったので。津波が来るって速報があり、避難するためのスクールバスが来たのも拒否してわざわざ水辺に行こうっていう発想はどう考えても異常でしょ。 これが予見できないというなら台風が来た時に水辺にわざわざ行って被害に遭われた人を非難する人がいる事がおかしい。
6
tatprobe @tatprobe 2016年10月29日
なぜ合理的な行動を取らなかったのかというと、非常時における合理的な思考や合理的な行動は訓練や教育が必要な「技能」だからです。専門家の「やむをえなかった」は、ある意味防災教育の失敗を認めたものだと認識しています。
9
信太さん @shino_da 2016年10月29日
専門家と書いてあるのに、ここのコメントでは教師教師と連呼されている。 俺が知らないだけで教師は地震の専門家だったのか。
1
信太さん @shino_da 2016年10月29日
「その場にいた人間が適切な対処を取れなかった」のが問題なのではなく、「その場にいた人間が適切な対処を取れないのは仕方なかった」と専門家が言う事が問題なんだろう。 それじゃあ今後も地震の時は津波で死のうね、という結論にしかならない。 後からだからこそ当時どうすれば良かったのか、次どうすれば良いのかを分析できるのに、後知恵だのと揶揄する事は程度が低すぎる。
6
日高 @akazuki1287 2016年10月29日
専門家から見れば防災教育の現状から基礎知識が国民全員に普及しているとは言えずそのレベルでの行動判断を全員に求めるのは不可能だろうとの見解になるのは妥当とは思います。普段からしっかり頭に入ってる人はあまりいないのでは。その責任の一端は専門家にもあるだろうとの視点から発言している面は大きいでしょうね。
2
日高 @akazuki1287 2016年10月29日
近年は災害予測に限界があり想定外の事態は必ずあるから、それを踏まえてより早く、より確実に身を守るための行動を呼びかけるようになってますね。妥当な方向性ではないでしょうか。
1
horizon @over_thehorizon 2016年10月29日
shino_da 実際に起きてしまったことに対する責任問題と、事後の改善提案は別問題の話。なのに、早川氏は一緒くたにしてしまっている。「当時」その場いいた人に専門知識がなかったのは仕方ない、というのは、将来に渡っても仕方ないと同義でしょうか?
14
信太さん @shino_da 2016年10月29日
over_thehorizon 一緒くたにしていると言うのは、例えばどの文章?
4
日高 @akazuki1287 2016年10月29日
避難誘導の方向を決めるについて、どの程度の知識が必要か考える場合、個人的にはネットでも簡単に入手できる一般人向けの防災マップの知識が専門性が高いとは思われません。災害時には自治体職員が総出で対応すると思いますが、避難誘導に当たる自治体職員全員が高度な専門知識を持っているわけがありません。ただ、防災マップ程度の知識は職務上求められていると思います。それを児童の避難誘導にあたる公立学校の教職員に求められないものでしょうか?という疑問があります。
2
イエロー @2tak2 2016年10月29日
震度7の地震が海岸で発生したら津波が襲来する。津波に巻き込まれたらほぼ100%助からないなんてことは、専門的知識ではない。世界各地、日本でも北海道南西沖などたくさんの前例もある。
1
ありす @alice_kobe 2016年10月29日
とりあえず、「ここに居たら死んでしまう、津波の来ない高台へ避難しよう」と主張した子供が居たのは事実だし (真偽不明だけど高台から降ろされてわざわざ校庭へ再集合させられた子が居た?とかいう噂も聞くし) 高台に行きたい子は行かせてあげれば良かったんじゃないか、津波てんでんこで良かったんじゃないか、そうすれば裁判にもならなかったんじゃないか? とか思うんだけど、それはこのまとめとは別次元の話?
5
まぁちゃん独白 @marchan_monolog 2016年10月29日
みんな忘れてるみたいだけど、3.11の数日前にもそこそこの地震があって、大津波警報出たんだよね。で、その時は気仙沼で数センチの(その後の大震災の大津波と比べれば)たいしたことのないものだった。 大震災で停電して映像メディアから断絶してた3.11当時、数日前の「大津波警報出てもたいしたことない」という学習が被害を拡大させてしまったと言えなくもない。大川小の先生たちもそんなバイアスはかかってたと思う。
11
jpnemp @jpnemp 2016年10月29日
2tak2 阪神淡路大震災では津波は60cmほどだったようです。
3
もっこㄘん @Mokko_Chin 2016年10月29日
それだけが原因とは言わないけど、震災が発生したらその場で判断を仰ぐのではなく、感情の余地を挟まず機械的に退避出来るまで予め訓練しておかないと、正常性バイアスを振り切るのは難しいのかもね。
3
田村淳彦 @AtsuTam 2016年10月30日
ここのコメント冒頭4つと、 現時点でそこにだけ多くついてる『いいね』が、 なぜ教訓の抽出とより良い防災体制の探究へと向かわないのかを明快に示してる。
9
田村淳彦 @AtsuTam 2016年10月30日
《責めてる、責められてる》こそが関心事で、 《現実をどうより良くするか》に目を塞ぐ社会は、 同じ過ちを繰り返す。
11
horizon @over_thehorizon 2016年10月30日
AtsuTam 結論は同感ですが、導出部分に異論があります。当時の判断を受け入れ、なんでそういう判断になってしまったかを分析したほうが、将来のためになると考えます。
10
horizon @over_thehorizon 2016年10月30日
むしろ早川氏のほうが責任問題に固執してる気がします。
6
クラフト @Craft070707 2016年10月31日
ここで真っ赤になってる意見、【それでも防災心得として高台に逃げて助かった人】を増やす助けにはならんよね。防災地図や過去の経験で「安全」だと宣言する危険性とかを論じてるわけで。「てんでんこ」に従った人と、忘れてしまった人の差を、「責めるのはおかしい」という理屈で、批判からも除外したら、歴史は繰り返すよ。
6
ハドロン @hadoron1203 2016年10月31日
早川氏の意見は正しい。引率教師も亡くなったからといって、その責任をうやむやにすることは許されない。他の小学校は速やかに高台に避難して助かっているのだからな。https://goo.gl/rg7I5v このデータ見ると、海岸に近ければ標高20m以上でも被害受けてるし、標高が低ければ海岸から5km以上離れていても安心はできない。https://goo.gl/QB9LrT
9
田村淳彦 @AtsuTam 2016年10月31日
over_thehorizon なんでそういう判断になったのか、なにを補えば誤判断を防げるか、早川さんは分析し提言しています。 その分析と提言の有効性妥当性は、 責めてるように観えるか否かと無関係に論じられねばならない。
4
Toda Akira @todaakira 2016年10月31日
みなさんご存知と思うけれど,これをごらんください> http://memory.ever.jp/tsunami/higeki_okawa.html 裏山は崖ばかりじゃなくて,低学年でも登れる山道があるようです.
5
Toda Akira @todaakira 2016年10月31日
私が仙台で小中高校を過ごした頃は,「海辺で地震があったら高台へ逃げろ」って何度も言われてました.いつから廃れたんだろう?
5
radio_hidetaro 🇯🇵 反消費税 @Hidetaro_Tosj 2016年11月1日
後知恵だとか言うバカがいる。大地震があり大津波警報が2度も車で広報されていて、授業一コマ分を「議論」に費やした罪は大きくないとでも言うのか。
7
horizon @over_thehorizon 2016年11月3日
Hidetaro_Tosj なんで「授業一コマ分を「議論」に費やした」そういう事態になったか、が重要なんじゃないだろうか。その原因を個人の判断・責任に落としこむことが、将来的な防災に役に立つとは思えない。
4
クラフト @Craft070707 2016年11月4日
いろんな人が言う「仕方がなかった」を合わせると、「あの時出来たことは何もなく、子供たちは死ぬよりほかなかった」という結論になる。そして、「仕方がなかった」を覆すには、客観的に少しでも「仕方がなかった」と思える要素があってはならず、でなければ「仕方がなかった」判断が許容されてしまう。そしてまた、山に登りたかった子供が死ぬだろう。
3
クラフト @Craft070707 2016年11月4日
子供たちが死ぬ理由は、「行政が裏山を整備しなかったから」とか、「老人がいたから」とかで、津波てんでんことは真逆の話になる。「子供たちが裏山で怪我することの責任」に起因する教師の判断を認めるのに、「判断の結果起こった事」についても責を問うなと言うなら(善悪の話じゃない)、こどもの好きにさせた方がよかった。津波てんでんこだ。
5
時空のおっさん⏰🌷🍑🐢 @tokisora 2019年12月15日
集団浅慮が発生するほうを望んでる日本政府と日本銀行と国際決済銀行だろうしなあ。厳しいわ。国を壊して外資に安く譲り渡す気でいるからな
0