【大川小】裏山は何故、避難の第1選択肢にならなかったのか【検証】

「裏山に逃げていれば良かった」と主張する人々は、震災前、震災当日の現地の状況を考慮できているのか。 以前から現地の様子を知っていた人々、当日の状況をよく知る方が、現場の様子を話してくれた。
79
フリーフリッカー @Fleaflicker80

「津波が川を遡上すること自体、全く想定していなかった。たまたま橋浦小には津波が来なかったが、危機感は本当になかった」  北上川を挟み、大川小の対岸にある旧橋浦小(現北上小)に勤務していた男性教諭はこう振り返る。 twitter.com/kahoku_shimpo/…

2016-10-31 08:16:54
フリーフリッカー @Fleaflicker80

旧橋浦小では、教員が押し寄せる津波を確認し、児童を校舎2階に避難させた。海岸や北上川の下流方向を見ていたかどうか。この差が明暗を分けた。 twitter.com/kahoku_shimpo/…

2016-10-31 08:19:42
津田クモスケ和俊 @kaztsuda

大川小からはその「下流」が見えないのよね。ここは現場見ないと。 @Fleaflicker80 旧橋浦小では、教員が押し寄せる津波を確認し、児童を校舎2階に避難させた。海岸や北上川の下流方向を見ていたかどうか。この差が明暗を分けた。 twitter.com/kahoku_shimpo/…

2016-10-31 08:22:48
フリーフリッカー @Fleaflicker80

んだ。もっと言えば、津波で周辺も流され、バーンと視界が開けた「現場」に行って後出しで解釈してはいかん。震災前を思い浮かべないと。RT@kaztsuda 大川小からはその「下流」が見えないのよね。ここは現場見ないと。

2016-10-31 09:31:15
みっちゃん @MovesThat

避難の判断が早くに行われていたのなら裏山に逃げれば良いなんて理屈は通らない。 もっと安全に避難できる場所はあるよ。。

2016-10-31 13:28:51
みっちゃん @MovesThat

なぜ誰もかれもが裏山にこだわるのか意味がわからない。。あの近辺一帯で長いこと釣りに通ったり仕事で訪れていた俺から言わせてもらえば、小さな子どもを山に登らせるよりも、そこに向かう方がずっと安全だよ。。

2016-10-31 13:33:05
みっちゃん @MovesThat

それが出来なかった原因の一つがハザードマップ外で津波避難訓練が行われていなかったからだとずっと思ってる。

2016-10-31 13:39:31
micky__s @micky__s

大川小学校災害に関する仙台地裁の判決から思うこと - 豪雨災害と防災情報を研究するdisaster-i.net別館 app.m-cocolog.jp/t/typecast/208…

2016-10-31 22:21:38
リンク 豪雨災害と防災情報を研究するdisaster-i.net別館 大川小学校災害に関する仙台地裁の判決から思うこと - 豪雨災害と防災情報を研究するdisaster-i.net別館 10月26日に仙台地裁で出された,東日本大震災時の大川小学校での人的被害について... 17 users 158
リンク disaster-i.net 豪雨災害と防災情報を研究するdisaster-i.net 静岡大学防災総合センター牛山研究室.災害情報学と自然災害科学を専門とする牛山素行教授が作る,災害時調査速報などのページです.キーワード:豪雨災害,災害情報学,防災研究,減災,大雨,集中豪雨,静岡大学.
みっちゃん @MovesThat

@micky__s これ4日前に読んでました。冷静に分析していると思っています。私との意見の違いは避難場所の選択ですね。牛山さんは避難場所の選定が難しいと書いていますが、避難場所はあります。住民の方々は避難場所を考える必要に駆られたことがなかっただけだと思っています。

2016-10-31 22:32:28
みっちゃん @MovesThat

なぜ誰もかれもが裏山にこだわるのか意味がわからない。。あの近辺一帯で長いこと釣りに通ったり仕事で訪れていた俺から言わせてもらえば、小さな子どもを山に登らせるよりも、そこに向かう方がずっと安全だよ。。

2016-10-31 13:33:05
みっちゃん @MovesThat

@rafcocc 俺以前にもその質問に答えてるよ 笑 国道398の雄勝方面。

2016-11-01 07:03:18
みっちゃん @MovesThat

@rafcocc もちろん避難の判断が初期に行われていればの話。避難訓練が行われていたら。

2016-11-01 07:06:19
西(六尺)澤(6ft)迅(2m )風 @enokiya5

裏山に逃げていたら助かった、は結果論だよ。当時、選ぶべき選択肢の一つだったかもしれないが、絶対ではない。

2016-10-29 11:01:49
西(六尺)澤(6ft)迅(2m )風 @enokiya5

泥炭土で積雪していたってぇのが、けっこう裏山に行かなかったポイントなんじゃねぇの?と知人の園芸屋さんの指摘。日常的に馴染みのある土地ならなおさら特性を知ってたはず、らしい。俺らは知らんけど。

2016-10-31 04:32:53
西(六尺)澤(6ft)迅(2m )風 @enokiya5

あまり触れられていない事実に、避難所になっていたので老人を含む周辺住民もいた、当日は雪が積もっていた、裏山の土壌は泥炭土、がある。約100人に積雪がある中、避難の為に横倉の壁を登れ!と決断できる勇者はいるのかな?と、裏山へ避難だけが最善の選択肢としている判決には疑問がある。

2016-10-30 16:42:47
西(六尺)澤(6ft)迅(2m )風 @enokiya5

裏山に避難した人が助かったのは事実なんだけど、実は奇跡に近い。土壌や積雪していた事実を考えると津波で裏山の表層ごと流されていても不思議ではない、と誰かが言ってた。

2016-11-01 05:52:27

関連まとめ

まとめ 大川小に避難していた近隣の高齢者は、教職員よりも多かった。 主に津田和俊さんのお話をまとめました。あくまでも備忘録としてのまとめであり、特定の関係者を批判したり、事実関係を断定するものではありません。 45411 pv 330 120 users 31

コメント

水野修平 @mizunosyuhei 2016年11月1日
大川小からは海岸方面は見えないという指摘は初耳。 こういう側面も含めた検証は必要だと思う。
27
生チョコ焼チョコ @namatyokoyaki 2016年11月1日
裏山以外に避難所があったなんて! 確かに木が倒れてくる。。と考えると恐ろしいのよね。。雪で泥炭って山道ってどんなもんかわかんないし。
9
秋ゑびす●『地獄の釜の蓋が開く』とは【お盆の供養で、亡者が鬼の責め苦から救われる】という意味です。 @yamashita99 2016年11月1日
災害で死ぬというのは、悪い条件が重なった『弱り目にタタリ目』ということも有りますからね。その上に教師が責任まで押し付けられて、犯罪者として断罪されたら、たまりませんよ。ここは、地理や物理に基づいた事実関係の確認を、冷静にやりましょう。それこそが、再発防止です。
44
ケイ @qquq3gf9k 2016年11月1日
あの規模の地震自体想定外だろうから一概にどの方法が正しい選択かはわからないと思うのだがな。
18
HANATARAY@天雷无妄 @hanataray 2016年11月1日
遺族の感情がこれだけこじれているのは、事故後の対応の要素が大きいという気がするのだが、そのあたりもすっきりしないなあ。
7
アカツカイ @akatukai 2016年11月1日
裏山以外に避難場所が有ったとしても、何故そこを選択しなかったのかという問題は付いてまわる。
2
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2016年11月1日
qquq3gf9k 専門家が長い時間かけて策定したプラン以上で「完璧な結果が得られる方法」をその場で考え実行しろ、というのは無茶ぶりにもほどがある。責任者とはいえ素人なのに。
22
めめんと・頓服 @alchmistonpuku 2016年11月1日
へーすぶっくで避難方法が悪いと真っ赤になって怒ってる文章書いてた人が居たなあ
0
秋ゑびす●『地獄の釜の蓋が開く』とは【お盆の供養で、亡者が鬼の責め苦から救われる】という意味です。 @yamashita99 2016年11月1日
気象条件の良い時なら登れた裏山でも、積雪時は適切じゃない。結果的に子供が多く死んだから『判断ミスだ! 断罪だ!』と叫ぶのではなくて、 『複数の条件が絡み合って、災害も起きるし、避難の成功も失敗も有る』という事実を受け入れて欲しい。
16
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2016年11月1日
なまじ集団行動をとれる余裕があったからこその悲劇なんだろうな。
7
有希見だいふく(GSH) @huyuhotatu 2016年11月1日
というか、教師を無謬な存在であるべしって考える人が多いのかね?今回の件って。教師も人間だし、先読みした完璧な判断を全員が行えるなんて不可能でしょう。ましてや、予測のつかない災害ですからね、この件は。
9
roostarz @roostarz 2016年11月1日
判決を要約すると『公報車が来てから津波到達までの数分間で、マニュアルにない避難先を考えて行動すべきだった』となるんだけど、これってすげー無茶振りだよね。 本来争点とすべきなのは『津波の想定が適切だったのか』『避難マニュアルは適切に作成されていたか』このあたりのはず。 教師が断罪されるとしたら『マニュアルに反する行動をとった結果被害が拡大した場合』これだけです。
30
猿沢亀 確実な感染拡大阻止こそ最大の経済対策・安心して金の使える環境を @sarukame999 2016年11月1日
避難場所に「R398の雄勝方面」って、例の教師達が目指した橋のたもとの三角地点を越えるか、裏山を越えるかしないと行けないじゃん。子供や老人が歩いて行けるような話とは違うよ。車で釣りに行ってる感覚で語ったらあかんやろ。
9
旨い蕎麦神 @ta1000islands 2016年11月1日
あそこが更地っぽく見えるのは津波の後の話で、震災前は集落があったというのは、前を知ってる自分は共有できてたと思ってたが、見通しがいいと思ってる人が意外と多いのは盲点でした。小さい時はよく長面海水浴場に連れて行ってもらったが、震災前から土砂が堆積して遊泳できなくなってたのよね。
20
ケイ @qquq3gf9k 2016年11月1日
mtoaki まぁ教師ってわかりやすく叩き易いですしね。
4
とにかく手を洗ういもいも@プチコン4はいいぞ @imoimo2009 2016年11月1日
結果論で断罪されるのなら、この世の殆どの人が断罪されることになるのでは
4
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2016年11月1日
imoimo2009 「責任者は責任を取るためにいる」ってやつです。本来そこまで重い責任を課される謂れは無いはずですが、他にいない。
1
phantive @phantive 2016年11月1日
後出しじゃんけんをそのまま文字にしたのが、この判決だと思う。 事前の避難計画の不備を問題にするなら、理解できる。
7
Amts @amts1 2016年11月1日
事故後の対応で不信感募らせるのは本当にわかるんですけど、それと現地での判断の是非は分けて考えないといけない問題。でないと次に繋がらなくなってしまう
11
kartis56 @kartis56 2016年11月1日
裏山を直登できるかどうかは12-13年あたりに現地の人が検証やってたような? NHKの特集系番組で見たようなあいまいな記憶。 雪積もってない時でもかなり急な斜面で、低学年だと無理じゃないのって話だったような
7
アカツカイ @akatukai 2016年11月1日
だからといって低学年や高齢者の為に皆で仲良く全滅エンド選択が正しいとも言えない訳で。
3
クラフト @Craft070707 2016年11月1日
現地の人からの、裏山への緩い山道が小学校のすぐそばにあったと言う写真付きの話(http://311chiisanainochi.org/?p=43)もあり、「裏山に逃げるつもりなら難度はさほど高くない」とも思えるんですよね。低学年が居ても、1,2分で登れるらしいです。この状態についても、「地元の人が草刈して状況が違う」という市側弁護士の指摘や、「それを言うなら当時は3月で草もはえてねぇ」という話やらで、揉めたらしいですけれどね。
6
kumasan @10p4ino 2016年11月1日
私も地震に会う前は何故裏山に逃げなかったのかと思っていたけど。いざ凄まじい揺れに会うとちょっとした段差でも崩れてくるんじゃないかという恐怖で近づく事すらできなかったな、かけ崩れを恐れて避難を躊躇した気持ちは解るよ。
9
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2016年11月1日
akatukai フィクションなら膠着状態にヒーローが乗り込んできてリーダーシップをとるか、銃を撃ちまくってパニックを起こさせてその場から逃げさせるかなんですけどね。
3
富 士 見 野 男 @yasu43851374 2016年11月1日
東北地方だと地震で山崩れが起きるから「地震が起きたら海へ逃げろ」と教えられていた時代もあったと聞く。
3
クラフト @Craft070707 2016年11月1日
この地震が記憶に残ってる今なら「高台優先」だわな。「次代の教訓とするためにも教師の責任は問わずに」みたいな話もあるけれども、そうして伝えられたのが「てんでんこ」の言い伝えで、それが忘れられたから「次代への教訓となるべき悲劇が起き」・・・・まぁそんなもんだよね。
4
LCO @f_lco 2016年11月1日
観光で跡地見に行ったけど、校庭に立って「裏山に、逃げる」とソッチ見ると「は?マジで言ってる?」感あるからな、雪まで有ったのは初耳だけど、それなら尚更ね  そらぁ行けば行けなくは無いが簡単に言うな
7
LCO @f_lco 2016年11月1日
普段から里山や田んぼ駆け回ってたガキの頃の自分なら「裏山登れ」と言われりゃヒャッハー!と草木なぎ倒して猿のように突撃しただろうけど…なぁ
4
岡崎美合ソープのボトルと蛇口を洗え @OkazakiMiai 2016年11月1日
国道398の雄勝方面、大川小からはどうしてもあの『三角地帯』を通ることになるから避難実行が遅れれば結果は同じ。あの津波だから、即座に円滑な避難をしていれば到達時間前に抜けられたと後からでも言える。震源が違い、津波の発生場所がより近いとなれば津波が到達する時間も早まる。そこを想定していない避難路の設定や推奨は安易とは言えないか。津波避難の原則は1mでも高い所へ、1秒でも早く。たいして標高の変わらない道を、貴重な時間を費やして敢えて海側に行くことを推奨するのは果たして正しいことか。
6
市の長(おさ) @aam5b 2016年11月1日
3.11前の津波に対する認識なら余震で危ない裏山より三角州に避難をするのも理解できる。 問題は後の事故調査の杜撰さだと思ってる
10
氷雨(鴎) @kamome54 2016年11月1日
後の対応が杜撰なのを断罪するために結果論で裁いたようにしか見えませんね何でもいいからこいつらを責めろと…
5
社会的距離を保ち、こまめに手を洗う社長 @rafcocc 2016年11月1日
NHKのものかわかりませんけどYouTubeに裏山を登ってみる動画がありました。 https://youtu.be/gq3ukbhGMss?t=1m42s コメント欄を見ると「子供の方が得意だ」という話になっていますが、ここに地域の高齢者約50人が避難して来ていたという実情を考慮すると、先生方が躊躇したのももっともなのではないでしょうか。
7
roostarz @roostarz 2016年11月1日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161026/k10010745261000.html 観測データから巨大津波の想定はしてなかったようですね。 想定されてない以上は教師の責任を追及するのは酷であると思います。 あとは巨大津波を予見できる要素があったかどうか。たかだか百数十年のデータだけで想定してもいいものか?文献や史跡に巨大津波の痕跡がなかったかといった調査は必要であったと思います。
1
フリーフリッカー @Fleaflicker80 2016年11月1日
究極の後出しジャンケンすると、大津波警報を知ってすぐスクールバスに児童を押し込み(定員オーバー覚悟)、足りなけりゃ教職員の車でR398を雄勝方面に避難なんだけど、その判断が出来たかどうか……
4
フリーフリッカー @Fleaflicker80 2016年11月1日
とんでもない揺れの余震があったことも考慮したい
7
rollmaki @rollwomaku 2016年11月1日
1933年の昭和三陸地震の津波被害を受けた三陸海岸地域には200基の記念碑が設置されており、震災後報道で話題になった岩手の記念碑もその件と1896年の被害に基づいて設置された一つとなってますね。それが県もまたいだこの地域ではどこにあったのかまでは・・・後、住民50人避難関連はソースがツイッターの書き込み以外がなければソースがブログと同レベルの信用度にしかならないですね。そんなに避難していたら、長年の大川小報道で小学生と教師の犠牲の話ばかりで避難住民に触れられないのがおかしい規模でしょうに
1
もひーとΔ @unskillfulness 2016年11月1日
後の対応が杜撰ってよく見るけど証言者って殆どの同僚と受け持った児童が死んでる人間しかいないよね、津波の映像すらろくにTVで流せないのに直接の被害者に根掘り葉掘り聞けるの?
1
Sひろし @1970er 2016年11月1日
Craft070707 現地見たことありますが、登れなくはないけど、裏山は結構急ですよ。少なくとも、他の三陸海岸の避難路のようにきちんとした整備もされていません。
7
Sひろし @1970er 2016年11月1日
”早い段階から避難できていたなら”「三角地帯」経由で国道沿いに雄勝方面へ逃げるのが老人子供でも歩きやすいので正解でしょう。「三角地帯」からなら北上川河口方向の見晴らしもよいです。難点を言えば、国道が「三角地帯」から後はしばらく水平なので高度を稼ぐのに時間がかかるところでしょうか。もっとも、”早い段階”では、津波が来るとは判別できず避難できなかったでしょうけど。
5
kartis56 @kartis56 2016年11月1日
rafcocc そこを100人で通るのは…
7
忠野はにわ @SOS_tousakuranb 2016年11月2日
こういう実際の地理的条件を踏まえた検証ありがたい。本来はきちんとしたメディアに取り扱って欲しいんだけど…、デマカセ個人ブログが事実として一人歩きしてしまう。
7
クラフト @Craft070707 2016年11月2日
「たかだか百数十年」と言うなら、今回の件には教訓になるような要素は何一つなく、今後もこの事例は特殊な未曽有の事例としてだけ残し、そんな事態の為に予算なんか使うなって話になる。(でも、こういう話をすれば反論がでるのは明らか)
1
クラフト @Craft070707 2016年11月2日
裏山直登がNGだから仕方がないって話に、「緩い山道もあったよ」とだすと、そこも急でダメってなるなら、「あの時できる事は何もなかった」という話にしかならない。(津波の脅威を教えられ、その教えを守り、がけ崩れのリスクよりも津波のリスクを評価した子供を、校庭に縛り付けて殺したのは間違いなく大人だが、仕方がない、余震が大きかったものね)
1
roostarz @roostarz 2016年11月2日
Craft070707 『たかだか百数十年』を読み違えていらっしゃるようで。 あの主旨は『観測が始まるよりも前の災害の痕跡も調査すべきではなかったか』なんだけど。より大きな災害の痕跡があれば被害想定の拡大に繋がったはずだからね。
4
roostarz @roostarz 2016年11月2日
捕捉。大川小学校は『津波からの避難所』に指定されていたのよね。避難所が津波に呑み込まれるなんてなかなか想像できないと思いますね。
4
おらおら★感染管理は論理的にね🎵 @oraora1966 2016年11月2日
津波ばかりがクローズアップされていますが、震度6強が丸々3分間続き、その後も非常に強い余震が間髪入れず続くと言う想像を絶する状況は、実際に体験しないと理解するのは難しいかも知れません。雪が積もり若干溶けて緩んだ地盤。余震による土砂崩れを危惧してもおかしくはないと思います。
13
おらおら★感染管理は論理的にね🎵 @oraora1966 2016年11月2日
roostarz 失礼します。その点については長年の地質調査がようやく実を結びはじめたのが震災の約半年前でした。これからいよいよと言う、まさにその時に来てしまったんです。
6
roostarz @roostarz 2016年11月2日
oraora1966 そうでしたか。情報ありがとうございます
0
kartis56 @kartis56 2016年11月3日
道自体が危険な感じですね。残雪有りで余震で揺れてる最中に、動画の速度で登れるとは思えません
6
月陰あぽろ◆K/oR.weXaA @tsukikage_apolo 2016年11月3日
ぬかるんで舗装もされてない急な山道を、大きな余震が断続的に発生してる状況下で登る……? 大人でも必死で地面にしがみつくレベルでは?
6
クラフト @Craft070707 2016年11月4日
いろんな「無理」をかき集めると、「どうしようもなかった、死の未来しかなかった」になるんですよね。んで、そういう風に死んでしまう人を減らすために「てんでんこ」って言葉が生まれたのに、結局大人の責任回避する正常な判断が、子供を校庭に縛り付けた。それは「正常な判断」だから責めにくいよね、故人でもあるし。
2
クラフト @Craft070707 2016年11月4日
さてさて、いろんな学校で避難場所の再考がされていたりするよね。津波が来なかった学校も、「万が一」に備えて高台への直接集合に切り替えてる。「てんでんこ」が行きわたってるところは、下校してた児童が家に戻らずに山に逃げたそうだよ。あの学校でも、山に逃げたかった児童がいた。そういうのを、「ぬかるんでる山道はアブナイ」から校庭に縛り付けたのは大人だよ。
1
クラフト @Craft070707 2016年11月4日
なんか、「責任」というと善悪に走りがちだけど、「責任」ってそういうのとは違うでしょ。山道で怪我したら責任が発生した可能性があるから、津波被害はしょうがないって、何言ってるかわからないよ。
1
roostarz @roostarz 2016年11月4日
誰かを責めて幕引きとか、そんな話にしたらダメなんだけどなぁ
1
珈琲牛乳 @coffreexx 2016年11月4日
あの地震と津波は想定を遥かに超えた未曾有の災害で、その被害の責任をいち教師に負わせるべきなのか?責任を負わせるのはそこでいいのか?と思う。 あの当時の津波への認識の中生き残れたのは本当に奇跡で、助からなかったのは無念だけど他に仕様がなかったことであると思う。生き残った人は、たまたま正解の選択肢を選んだにすぎない。
2
月陰あぽろ◆K/oR.weXaA @tsukikage_apolo 2016年11月5日
何故「運が悪かった」というどうしようもない現実を認められないのか。
3
おらおら★感染管理は論理的にね🎵 @oraora1966 2016年11月5日
宮城県民と岩手県民にとっては、2009年に発生した「岩手・宮城内陸地震」の記憶が震災当時はまだ鮮明でした。今まですっかり忘れていましたが、2004年に発生した「新潟中越地震」と相まって、地震による土砂災害への警戒が強まっていたことと、山への登攀を躊躇したことは無関係でないかも知れません。
5
クラフト @Craft070707 2016年11月6日
山に登りたかった子供を校庭に縛り付けたのは「教師の責任と権限」のはずなんだけど、なんでその事実が、善悪判断とごっちゃになって有耶無耶にされるのだろう?「仕方がなかった」と言い続ける限り、子供たちが助かるすべはなかったという結論にしかたどり着けない。そういう事を少しでも減らそうと口伝で残されたのが、「てんでんこ」のはずなんだぜ。
1
roostarz @roostarz 2016年11月7日
なんかさ、意地でも教師を批判したい人がいるみたいだけどさ、『校庭に留まることを選択した理由』まで考えなかったら先に繋がらないんじゃないの?
7
bluemonkshood @bluemonkshood 2018年7月15日
奇跡的に助かった旧戸倉小学校http://www2.nhk.or.jp/school/movie/outline.cgi?das_id=D0005180191_00000の話と比較すると、大川小学校になかったのは、地元出身の教師と神社かな、、、、と思う。神社をつくってまつるほど、人が生き残らなかった場所だったんじゃないかと思う。そして、今回また、全滅した。でもただ一人生き残った先生と数人の生徒は、あと何十年かしてほとぼりがさめたら、事実を教えてほしい。
0