OVA版マップス感想

OVA版マップス(伝説のさまよえる星人たち編、90年代版)についての視聴感想です。原作の方は過去に4巻ぐらいまで読んでいた記憶があります。
アニメ OVA 辻真先 早川啓二 東京ムービー ぎゃろっぷ 80年代アニメ 長谷川裕一 90年代アニメ マップス 西澤晋
4
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
続いて文化の日だからとのOVA関係でマップスシリーズについて書く。元々90年代のバージョン(東京ムービー版)は過去に視聴を考えていた事もありこの機会に引っ張り出そうと思っていたが、先日フォロー関係者から80年代バージョン(ぎゃろっぷ版)を手に入れる事が叶ったので #マップス
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
今回80、90年代版の2作について共に書いていこうと思う。両作とも全く別物っぽいのでここは別々にカウントしていこうと思う。最初は80年代版のOVAについて少なからず。 #マップス pic.twitter.com/DGhsxGZuno
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
一応原作の方は昔4巻ぐらいまで読んでた。今回一応手元にあるノーラコミックスを引っ張り出しながら見てた。90年代版は第2話以降全くのオリジナルストーリーになるらしいが、80年代版は原作から左程乖離していないが、原作の第1話の映像化にとどまっているっぽい。 #マップス
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
そもそも原作がアニメ化するのにかなりハードルの高い環境を求められているとか何とかだが……。2作品ともOVAの媒体を考えると仕方ない所はあるかなーと。80年代版の方は原作が連載されてからさほど間もない時期にアニメ化されており、元々原作のストックがそこまで #マップス
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
なかった事や、原作のPV的な立ち位置として作られていたのかもしれない。なお原作の第1話は銀河パトロールニュウ・エイブとの戦いでは力不足と判断したか、彼は早々味方になって代わりを伝承族のオリキャラ・ミバリハンが担っている。 #マップス pic.twitter.com/DkXYJDgNBZ
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
あと、何となくふと気付いたがリプミラらビメイダーという人造人間と、彼女達がデバイス操る宇宙船リープタイプの関係は、アルペジオのメンタルモデルと艦艇の先がけ?っぽいような所がちょっとあるかも。 #マップス pic.twitter.com/33BQ3OzMjy
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
それはそうと、80年代版はキャラデザに時代を感じずにはいられない。同じ辻初樹さんのデザインなので当たり前のような所もあるが、童夢くんやあげだまの世界観に出てきそうな……。 #マップス pic.twitter.com/DTSA0Xobk2
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
ただ、長谷川先生の最初期の絵柄を考えると別に特別原作から乖離した絵柄ではないかもしれない。90年代版の方も長谷川先生の絵柄をシャープにアニメ用にまとめて見たとの感じだが。ただリプミラのヘアーカラーが青色なのはちょっと戸惑う #マップス
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
あと、中の人だとゲンが田中真弓さんだったのが結構意外だった。彼は高校生のはずだが、田中さんの快活な少年役の演技はやはり小学生っぽく見えてしまうのがあるような(汗) #マップス pic.twitter.com/pgcERu9DNC
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
また、原作では学ラン姿だったが、こちらだとサッカーの試合中に拉致された経緯だったからかユニフォーム姿。半ズボンもあってか子供っぽい雰囲気が出てるような気がしなくもない。左程言動は原作から乖離していないのだが…… #マップス
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
あと中の人としてはニュウ・エイブがまさかの神谷明さんという所には驚いた。彼は原作以上に表情が豊かなのも含めて微妙にイメージが異なるが、ノリノリで三枚目を演じてる神谷さんのキャラは悪くはない #マップス pic.twitter.com/f0LhhEpACb
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
そんでもってストーリーの方が、原作のPVとして導入部をアニメ化した感じであり、身も蓋もない話だがこちらのOVAは視聴環境が結構厳しいので原作の第1話を先に見た方が早い?というところはあるといえばあるかもしれない。 #マップス
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
とはいえ、アニメオリジナルのミバリハンについて、リブミラがビメイダーが生きる事を許されていた理由が、彼が最終的に手に入れるであろう”風まく光”を発掘させる為に泳がせていたと付け加えられており。 #マップス
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
リブミラが作られた存在として利用されていた宿命を書くとともに、ミバリハンへゲンが一矢報いる方法として、その地図そのものをミバリハンへ投げつけて地図に示された高濃度の情報でミバリハンの思考をオーバーロードさせる方法や #マップス pic.twitter.com/nD4QgRykaf
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
そこから、風まく光の地図がミバリハンを仕留める代償でデータをすべて喪失した訳だが、そこからその地図へ「もう一度(新しく地図を)書き込めばいい」とゲンが新しい旅のきっかけを作らせる描写もなかなか粋かなーとは思ったりする。 #マップス
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
と、原作の第1話の異聞といったような立ち位置でみるとこれはこれでアリかも?とは思える。やや今でみるとキャラデザの雰囲気(別物とみなせば十分及第点)で長谷川先生の作品?とちょいと戸惑う所があるが、そこを越えれば問題ないかと #マップス
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
ただ、オリジナルに転じる90年代版の存在と、この80年代版自体が視聴が困難という現状を考えると、それだったら原作を読んで知った方が早いというジレンマもあるのだが……ストーリー3、キャラクター4、メカ3、作画・演出4ぐらいで大体69点で、338番目の作品として心に刻む #マップス
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
そんな訳でマップスのOVA90年代版について書いていく事にする。こちらの方は大体オリジナルストーリーかと思っていたが、どうやら単行本でいうと5巻までのダイジェストっぽい。序盤と六姉妹編をミックスしたような作品になっている pic.twitter.com/PYap2Q5Ocs
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
ただ、正直こちらに関してはオリジナル展開も含めて大人しいというか薄いというか。最終的には80年代版と同じ風まく光の謎に関して一区切りをつけて旅が続く終わり方なのだが、正直80年代版の方が原作へつながる展開としても妥当だと思う。 #マップス
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
一応見どころとしてはまずOPは凄い良い。どうやら長谷川裕一先生直々に作詞されているという訳で正直OPアニメもクオリティは高いので(下手するとそこだけでお腹いっぱいになるかもしれない) #マップス
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
あとキャラデザについて、80年代版とガラリと変わるようなものとなっているが90年代以降の長谷川先生の絵柄をアニメにまとめるとしたら大体こんな感じになるような気はする。個人的にこの点は80年代版より好きかも #マップス pic.twitter.com/1WHTYjdabA
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
あとゲンが緑川さん、星見がマリねえさんのキャスティングもこちらは十分ハマリ役だと思う。キャラデザの大倉さんはタルるートくんのキャラデザか、ゲッターロボ號のラスト1話前の作画を担当されてた方と書けばピンとくるだろうか。 #マップス pic.twitter.com/PlQIRP6bfZ
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
一方、作画を担当されている本橋秀之さん故か、比較的時期の近い鉄人28号FXの絵柄っぽくも見える。時折ゲンが正人に見えるような。一方ところどころ杉野調の劇画っぽい絵柄も見られるかもしれない #マップス pic.twitter.com/fjQiEmmoPC
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
そんでもって、六姉妹編を扱っているからか彼女たちがメインとなってくる。個人的にはこおろぎさんが演じられていることもありレム(右上)ちゃん推しで #マップス pic.twitter.com/C6Pu8puGGA
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
まぁ、魅力となるとそのくらい……?いや、なんか地雷という程でもないんだけど今一つスカスカな出来になってしまったような気がする。ちょっと辛辣気味に書くかもしれないが全体について大体…… #マップス
残りを読む(26)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする