鎌倉市図書館の鎌倉の図書館で、鎌倉の古い地図って、どれくらいまで見られるんでしょ?

まとめました。
0
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

おはようございます。 今日も元気に市内全5館開館しました! 秋晴れで、気持ちが良いですね☆ 本日は午後5時まであいてまーす!

2016-11-13 09:27:39
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

鎌倉の古い地図が見たい!はい、よ~く聞かれます。鎌倉の図書館で、鎌倉の古い地図って、どれくらいまで見られるんでしょ?今回はそんなおはなし。

2016-11-13 16:15:42
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

まず、住宅地図。一軒一軒まで載っている詳しい地図ですね。これが作られ始めたのは戦後のことなので、鎌倉のは昭和30年代からしかありません。明治とか大正時代の住宅地図見せてください、といわれるんですけど、存在しておりません。

2016-11-13 16:16:03
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

私たちが「地図」といって想像する、ちゃんと測量された地図があるのは明治以降です。その中で、明治初期に関東地方を対象に作られた「迅速測図(じんそくそくず)」と呼ばれるものがあるんですが、これが見られるサイトがあります。

2016-11-13 16:16:25
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

じゃじゃん!「歴史的農業環境閲覧システム」habs.dc.affrc.go.jp です。これで横浜でも茅ヶ崎でもいいんですけどクリックしていただいて、鎌倉の方へずーっとドラッグ移動してください。拡大もできるので便利~♪

2016-11-13 16:16:44
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

このサイトのよいところは、現在の道路(赤線)、河川(水色線)などが入っていて、明治と今とを比較できるところです。滑川って流路がほとんど変わってないんですね~。鎌倉の「地図」の一番古いものはこの迅速測図です。

2016-11-13 16:17:07
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

さて、さらに昔、江戸時代の地図は?といいますと、申し上げたように鎌倉のまちなかの「地図」はありません。でも、「絵図」ならあります。 たとえばこんな感じ→ lib.city.kamakura.kanagawa.jp/c1/bib/pdf1001…

2016-11-13 16:17:38
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

縮尺も何もめちゃくちゃで、位置関係がわかるだけですが、こういう絵図なら何枚か中央図書館にありますので、自由にご覧いただけます。大仏さまの顔が一枚一枚違ってたり、浜で地引網をする人の人数が増えたり、絵師さんの遊び心もなかなか楽しい♪

2016-11-13 16:17:58
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

さてさて鎌倉ですから、「鎌倉時代の鎌倉の地図」というご要望もあります。でも、江戸時代だって絵図しかないんですから、「鎌倉時代の鎌倉の地図」は当然、現代になって作られた「推測地図」でしかありません。

2016-11-13 16:18:20
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

発掘の成果や吾妻鏡など史料の記載などをもとに作られたものがあるにはあります。『全譯吾妻鏡 別巻(旧版)』(新人物往来社)の折込地図など見やすいですね。『吾妻鏡』がない図書館なら、『国史大辞典 3』(吉川弘文館)の付録地図でもいけるかな。

2016-11-13 16:18:42
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

ただ、これらの地図が作られたときにはわからなかったこともたくさんあり、必ずしも正しいとは限りません。たとえば「甘縄にあった」という「安達邸」は甘縄神明社付近ではなく、近年の研究で今の鎌倉市役所北側付近だったことがわかっています。

2016-11-13 16:19:02
鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

鎌倉の郷土資料の中でも利用率1・2位を争う様々な鎌倉の地図。そんなこんなでいろいろありますので、迷ったら職員にお声掛けくださいましね~。

2016-11-13 16:19:20

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?