2016年11月15日

大学における「教師」と「研究者」の役割をハッキリ分けてみれば?

パイが増えないなら、小さく切り分ければ良いじゃないか。
1
う a.k.a. KeitaroUCHIDA @ucdktr2016

これからの大学は(安定雇用の)授業だけするヒト=教師、(安定雇用の)研究だけするヒト=研究者に、きっちりわけて運用していく方が、結局学部生にとってはメリットになるんではないか、そう考えている。

2016-11-15 09:02:58
う a.k.a. KeitaroUCHIDA @ucdktr2016

@ucdktr2016 要は、安定した雇用と、それに関わる評価システムであるので、研究業績によって雇用がもたらされるにもかかわらず、いざ雇用されると、教育へのエフォートを半端なく求められるわけです。

2016-11-15 09:08:44
う a.k.a. KeitaroUCHIDA @ucdktr2016

@ucdktr2016 教育に邁進するヒトには、それでも良いかもしれないが、研究やりたいゼってヒトには、かなりのストレッサーであるのが、現状の大学のあり方だと思います。

2016-11-15 09:10:27
う a.k.a. KeitaroUCHIDA @ucdktr2016

@ucdktr2016 よく「研究なくして教育なし」という意見を読みますが、要は優れた研究成果(必ずしも最新のものに限らず)を選択し、学部生へ伝える翻訳力(成果そのものの理解力と効果的な教育手法の実践能力)があれば、その「教師」じたいは研究者でなくともよいのではないか。

2016-11-15 09:14:15
う a.k.a. KeitaroUCHIDA @ucdktr2016

@ucdktr2016 その意味では、ここでいう「教師」は学部卒ではダメで大学院修了者でないと充分機能しないでしょう。

2016-11-15 09:15:33
う a.k.a. KeitaroUCHIDA @ucdktr2016

@ucdktr2016 ここまでのツイートたちは、「少ないパイ」をどう(ケンカせず)分け合うか、その答えのひとつではないかとおもうのであります。

2016-11-15 09:16:37

コメント

言葉使い @tennteke 2016年11月15日
アスリートとか料理人が、若いときは自分の限界突破に集中するけど、年をとってふと後進の育成にも楽しみを見つけるというパターンがありますが、大学研究者がそうなったら一度辞めないといけないのかな?
0
nekosencho @Neko_Sencho 2016年11月15日
研究には向いてるけど教えるのはダメって人も現実にいるし、逆のパターンも当然ある。 向いてない人に教わる学生もかわいそうだし、そのへんの対策はほしいよね
9
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2016年11月15日
実は、大学の教員は2タイプではなく3タイプ居る、と考えています。1つは研究に打ち込む「研究者タイプ」。1つは後進の指導に長けた「教育者タイプ」。そしてもうひとつ、ベンチャー立ち上げや大学の企画運営に長けた「事業者タイプ」。
3
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2016年11月15日
大学では、この3タイプそれぞれを得意とする教員らが上手くかみ合って分担運営されるのが理想ですが、現状では全員が向き不向き関係なく3タイプ全てをこなすことを要求されてるわけで、そりゃぁ無理がありすぎますよね…。
2
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2016年11月15日
(わが恩師はかつて、教授職のことを「中小企業の社長だよ」と自嘲してました。なんでもかんでも自分でやらなアカン、と。)
0
三角頭 @JHBrennan 2016年11月15日
教えることができないのなら大学に不要だと、わが恩師の教授は仰ってました。 それと国から研究費を引っ張ってこれない教授も不要だと。
0