10周年のSPコンテンツ!
34
MagicalDoveDive @VVspyVV
ウエポン分離技術のブースにあった風洞模型は25DMUとのこと。
ANCIENT@三沢、横田FSD お疲れ様でした @AlertHangar
26DMU のウェポンベイ風洞試験モデルっと言っていましたが正確には26と25の中間的な物で 25に近い26っという事らしいです 内部構造は再現されていた場合は25DMU準拠ではないかという事 兵装に関しては、正確にはミーティアではなく ラムジェット搭載の次世代AAMとの事
ANCIENT@三沢、横田FSD お疲れ様でした @AlertHangar
今回の防衛装備庁 技術シンポジウムの目玉は26DMUのウェポンベイ、ウェポンリリース用の風洞試験モデルだとおもう 実機サイズの4%サイズとのこと そしてはいパワースリムエンジンの実寸大ポスター F110と同サイズとのこと 2018年にプロトタイプの実証試験開始予定 pic.twitter.com/Z1XrnlA1oh
拡大
拡大
AKITAKA @PINOCCIO813
防衛技術シンポジウムを見てきた。 ステルス機からのミサイルリリースの研究に使われていた風洞実験模型は、将来戦闘機の検証モデルの一つであるの25DMUで試験したそうで、25DMUの模型なんて初めて見たので、実感が湧いてきてグッとくるわ。変な形の水平尾翼がまた良い。 pic.twitter.com/cnqXMLSC4J
拡大
因幡のよっちゃん(CV・内田真礼) @japanesepatrio6
こちらのウェポンベイ模型は、様々なミサイルの中で1番難しい部類に入るらしいミーティアで試してみたらしい pic.twitter.com/KNcEYDlBqC
拡大
MagicalDoveDive @VVspyVV
あの模型の中に入ってたAAMがミーティアそっくりだったので質問したところやはりミーティアだそうで
はらはら @type88jp
ウエポンベイの風洞試験用模型を見てたら、弾がNAAMだった。 pic.twitter.com/iK7uXJ4xEB
拡大
拡大
ANCIENT@三沢、横田FSD お疲れ様でした @AlertHangar
26DMUのウェポンベイ、ウェポンリリース用の風洞試験4%モデル リリース試験は8%モデルでやって次は来年最初に実施予定 将来戦闘機要求次第ではXASM-3をウェポンベイ内に装備もするとの事 26DMUを選んだ理由は、一番難しいからとの事 難しいのをやっておけば各種対応できるので pic.twitter.com/6YtvQpftWi
拡大
拡大
拡大
拡大
ANCIENT@三沢、横田FSD お疲れ様でした @AlertHangar
26DMU のウェポンベイ風洞試験モデルのウェポンベイとF-22A ラプターのウェポンベイ比較 やはりかなり似てるね インテークから機首にかけてのラインも pic.twitter.com/evMnVNTMtu
拡大
拡大
拡大
拡大
ANCIENT@三沢、横田FSD お疲れ様でした @AlertHangar
今後製作されるウェポンベイ内ランチャー 形状的にはほぼF-22AのLAU-142/Aとほぼ同形状 そりゃ似るよね 直ラプター同様に 片側3基の計6基装着できるようになってる なお兵装の形状は別形状の物もあるそう pic.twitter.com/3SFa0t6POY
拡大
拡大
拡大
ANCIENT@三沢、横田FSD お疲れ様でした @AlertHangar
左側のウェポンベイの閉まっているところには圧力センサーが入っているとの事 ウェポンベイ・ドアはねじ止めで固定されていてそれを緩めることで角度を調整するとの事 各部にある丸いシールは、ターゲットマークではなくネジ穴をふさぐシール pic.twitter.com/E1CttW4bDd
拡大
ANCIENT@三沢、横田FSD お疲れ様でした @AlertHangar
要望にがあったウェポンベイ空力試験モデルのインテーク内これは まぁ~なんというか詳しい内部構造の事は現場の技官さん達では分からず調べて下さり後日ご連絡くださるとの事ですが これ見る感じ pic.twitter.com/e87p24Itf4
拡大
ANCIENT@三沢、横田FSD お疲れ様でした @AlertHangar
インテーク内をひたすらうまく撮影しようと格闘してた姿を見て一部の技官さんに変な目で見られたが事情話して 内部構造の話をお聞きしたら丁寧に対応して下さり
ANCIENT@三沢、横田FSD お疲れ様でした @AlertHangar
ハイパワースリムエンジンは、15t級としているのはあくまで最低ラインで、余裕を持たせて開発するとのこと、プロトタイプの後の量産試験型では、推力向上試験もする可能性が高いとのこと 将来戦闘機の要求を満たせるエンジンを国産で作ることを目標にするとのこと
dragoner@4日目西て02a @dragoner_JP
ハイパワースリムエンジンについては、15トン級だそうですけど、実際に作ったタービンブレードは17トン級だそうで、やはり余裕や発展性を考えているくさいそうでふ
dragoner@4日目西て02a @dragoner_JP
将来戦闘機のハイパースリムエンジンのシュラウドで使うCMCですが、NGS製かと思いきや、宇部興産製のCMCだそうです。持ったけどやっぱり軽い pic.twitter.com/q9yrwy9N01
拡大
dragoner@4日目西て02a @dragoner_JP
1/1ハイパースリムエンジンの図。だけど、対照物無いから大きさ分からんか pic.twitter.com/EYi62S1ciu
拡大
Citrus @MeYkikka
説明員の方曰く、実寸大の戦闘機用エンジン断面図らしいので、どなたかファン直径とか pic.twitter.com/kNFBR4TVHa
拡大
dragoner@4日目西て02a @dragoner_JP
目処は立っているという話でしたが、これ試験機なので…。到達すると思いますが、その他はまた別の課題も多いでしょうし    twitter.com/armaments/stat…
dragoner@4日目西て02a @dragoner_JP
一応、ハイパースリムエンジン実機自体は、再来年製作みたいな話でした。H30にギリギリか
dragoner@4日目西て02a @dragoner_JP
ハイパワースリムエンジン。まずは実機の試験がうまくいけばいいなあ。単独は難しいだろうけど
ANCIENT@三沢、横田FSD お疲れ様でした @AlertHangar
ハイパワースリムエンジン F110-GE(IHI)-129とほぼ同サイズという事で、もし正式採用され量産化された場合は、将来戦闘機のみだけでなく、長期運用されるF-15JやF-2が長期運用された場合 エンジン換装が必要になれば ハイパワースリムエンジンへの換装の可能性も有りとの事
ANCIENT@三沢、横田FSD お疲れ様でした @AlertHangar
勿論それぞれの機体用に改造は必要だけど、換装自体は出来なくないという考えだそう またJP-4AだけでなくJP-5やJP-8、バイオ燃料などあらゆる燃料に対応可能だとの事 燃料費などの調整はいるけれど 将来戦闘機で使用される燃料に合わせれるそう
残りを読む(90)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする