1
今井 擲弾兵 @nazitojo0002
とあるお方の要望で少し銃火器の種類についてお話ししたいと思います。 今回、ソビエト連邦の銃火器を指標に話を進めていきたいと思います。
今井 擲弾兵 @nazitojo0002
また、私自身がまだ浅学の身である為、誤った表現や不適切な名称を使用する可能性がある事を念頭に置いて頂けると幸いです。また、今回は銃砲の威力についても記述致しますので、銃創などのグロテスクな画像が表示されます。苦手な方はご注意ください。
今井 擲弾兵 @nazitojo0002
先ずは歩兵が一般的に使用する小銃(ライフル)、短機関銃(サブマシンガン)、突撃銃(アサルトライフル)について簡略に話していこうと思います。 pic.twitter.com/Jl9vcS33Sz
拡大
今井 擲弾兵 @nazitojo0002
今回、登場して頂くのは以下の3種の銃砲で御座います。 上から順に トカレフSVT40自動小銃 AK47突撃銃 PPS43短機関銃 です。何れもソビエト連邦が1940年代に採用した小火器です。 pic.twitter.com/cuTWkNw057
拡大
今井 擲弾兵 @nazitojo0002
先ずは第二次世界大戦時に歩兵用主力であった小銃(ライフル)についてお話しさせて頂きます。大戦勃発時、軍の主兵装は全長が1m以上もある小銃(ライフル)でした。 小銃にも手動で弾薬排莢装填を行うボルトアクション式小銃と弾薬装填が全自動で行われる自動小銃に大別されます。 pic.twitter.com/zLnhfklpqJ
拡大
拡大
今井 擲弾兵 @nazitojo0002
写真の銃砲は1940年に採用された小銃の一種…トカレフSVT40自動小銃で御座います。使用する弾薬は7.62x54mmR弾と呼ばれる“小銃弾”。弾全体の大きさは単三電池程度です。 pic.twitter.com/3v7lzJA3dL
拡大
拡大
今井 擲弾兵 @nazitojo0002
7.62x54mmR弾は小火器による単発射撃を前提に設計されており、実包のエネルギー値は3500から3700J程度。約1km先までの標的に対して、殺傷能力を有します。 pic.twitter.com/GInDhlVAL6
拡大
今井 擲弾兵 @nazitojo0002
実際の威力はこちらの画像をご覧下さい。 頭部にほぼ同威力の7.62x51mm NATO弾が着弾したものです。 頭蓋骨が破裂しており、小銃弾の威力が窺い知れます。 小銃弾が人と無力化するには大凡1~2発とされてます。 pic.twitter.com/tXV1QB2PsT
拡大
今井 擲弾兵 @nazitojo0002
敵歩兵を単発で行動不能にする威力を持つライフルでしたが、大きな欠点が存在しました。銃身が長大故に、持ち運びが不便で接近戦ではあまり役に立たなかったのです。故にこれらの小銃には接近戦に対応する為に刺突用の銃剣が取り付けられました。 pic.twitter.com/wyFeKYUD7Y
拡大
今井 擲弾兵 @nazitojo0002
市街地や塹壕内での戦闘はまさに小銃にとって悪夢でした。交戦距離は僅かに数mから100m前後。1kmの射程を持つ本銃は威力が過剰且つ装弾数が少なかったのです。 pic.twitter.com/twRAUEyHTn
拡大
拡大
今井 擲弾兵 @nazitojo0002
第一次世界大戦、塹壕内に潜むドイツ兵には小銃での攻撃が不向き。この問題に対し、アメリカは小銃弾を連続して射撃可能な自動小銃…通称“B.A.R”を投入しました。 本銃は小銃弾を20発連続発射が可能であり、接近戦も主眼に入っておりました。 pic.twitter.com/0pqqIy20MZ
拡大
拡大
今井 擲弾兵 @nazitojo0002
しかし、直ぐに欠点が露呈しまいました。小銃弾を使用する為に銃身は長いまま。また、強力な小銃弾を連続発射するには頑丈な機関部にしなければなりません。結果、B.A.Rは重量7.8kgと重量過大になり、接近戦での射手から不満が出ました。取り回しの問題が解決どころか余計に悪化したのです。 pic.twitter.com/nj6CisbwDn
拡大
拡大
今井 擲弾兵 @nazitojo0002
小銃弾では接近戦が不向き。その事実に気付いた帝政ドイツは使用弾薬をより弱装な拳銃弾に変更した連続発射可能な火器の開発に乗り出します。拳銃弾は銃身を短くする事が可能で、機関部も強度が必要ありません。拳銃弾を使用する銃は小銃より短く、従来の全自動火器より軽くすることが可能でした。 pic.twitter.com/SaGstXCFac
拡大
今井 擲弾兵 @nazitojo0002
拳銃弾を連続発射可能な銃火器…接近戦に特化した銃…それが“短機関銃”です。 名の通り、全長を短くした機関銃のように弾をばら撒ける銃でした。 pic.twitter.com/7qrqMRKQ3Z
拡大
今井 擲弾兵 @nazitojo0002
写真の銃砲は1943年に採用されたPPS43短機関銃です。 使用弾薬は7.62×25mm Tokarev弾。射程は50m、突発的な遭遇戦や市街地戦で大きく活躍しました。 pic.twitter.com/LlJZjeqqbW
拡大
拡大
今井 擲弾兵 @nazitojo0002
写真の銃砲は1943年に採用されたPPS43短機関銃です。 使用弾薬は7.62×25mm Tokarev弾。射程は50m、突発的な遭遇戦や市街地戦で大きく活躍しました。 pic.twitter.com/LlJZjeqqbW
拡大
拡大
今井 擲弾兵 @nazitojo0002
ここから先はまた明日の夜2000から再開したいと思います。 少し眠気で解説がおかしくなりそうなので、お休みなさい。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする