35
ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp
神戸地裁のあの判決はあまりにもひどすぎる。「暴行脅迫」要件があるかぎり、ほとんどの強姦が合意にされてしまう。神戸地裁への抗議と、神戸地検に控訴して断固闘うよう訴える手紙を出そうと思う。この事件をきっかけに現行の強姦要件を変えていかなければ。。
ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp
あの裁判官は、「2人で連れ立って買い物に行ったり上半身裸の写真を撮ったりしてたから被害者は恐怖心を抱いていなかった」と判断した。まったく逆だろ。恐怖心を抱いているからこそ、買い物も写真も断れないし、性行為も断れない。恐怖心を抱いているからこそ加害者の前で必死で笑顔を作るんだよ!
mineral @mineral02
未だに裁判官ってそういう考え方するのか。こういう人たちは一回ロールプレイで「いちいち殴られる恐怖」を体験してみたらどうか。面と向かって「いやっやめてっ」と叫んで顔を引っ掻いて噛みついて抵抗して、貞操を守る姿勢を示せってか?裁判官馬鹿だなー。
mineral @mineral02
RT @00kate22: 抵抗することでそれ以上の危害が加えられる状況がるかもしれない、という想像は彼らにはないのだろうか。
mineral @mineral02
RT @umevoshi_p: 抵抗ってもさー…。以前水商売のスカウトマンぽいのに声かけられた事あったけど、無視してたら「おい無視してんじゃねーぞてめー」ってすげードスきいた声で言われた事あってそんなんでも怖かったぞ。言い返したら殴られるかもしれないとか変に走ったら追いかけてくるかもとか色々思ったよ。
ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp
かなり以前テレビで、30代の成人男性(異性愛者)が複数の男にレイプされた時のことを語っていたが、叫び声を上げたり抵抗したりすることができるどころか、あまりの恐怖に、とっさに協力する振りをし、感じている振りさえした。そうすれば、犯されるだけで済むと思ったと。これが現実である。
mineral @mineral02
「抵抗」ってなんだよ!と逆に裁判官に聞きたい。まさか「毅然とした態度で拒め」とか言うんじゃないだろうな。暴力による支配関係という状態が既にある、ということが世間のフツーの良識的な人々には理解できないらしい。
ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp
旧約聖書でも、強姦に必死で抵抗しない女は石打刑だとされている。大昔から、支配的男性の見方は同じである。すなわち、彼らの見方は他でもなく強姦者の見方なのである。
mineral @mineral02
あの手の男は仮に拳で負かされたら、すぐさまチームを結成し刃物か鈍器か銃を持ち出し、相手をボコボコにするまでエスカレートする。強姦で訴えられて、7年後模範囚で出所してすぐさま被害者を刺殺した糞野郎がいた。強姦魔というのはありとあらゆる暴力で女を傷つけないと気が済まない奴らだ。
mineral @mineral02
女にとってそいつらと戦い生きのびる手段は何も正面から決闘のように戦うことじゃない。そんなこと義務づけられるのがおかしい。
mineral @mineral02
RT @atomickiri: 少し前すげえ怖い痴漢にあった。「やめてくれません?」って言えば大抵の奴は次の駅で降りるんだけど、そいつはずーっと私が降りるまで私の隣にいてこっちを睨んでた。「刺されるかも、黙って触らせとけばよかったかも」って思ったよ。抵抗するってめちゃくちゃ怖いこと。
森井@静かな生活 @molly_zw
加害者に抵抗できずに殴られ続けて怪我をしたら、暴行や傷害の罪を認めてもらえる。なのに、なぜ強姦罪は「どれだけ抵抗したか」が問われるのか、憤怒を禁じえない。普通に考えたら、身の安全のため、逆に、激しい抵抗なんてできない。被害者が危険を無視して抵抗して殺されれば、司法は満足か?
mineral @mineral02
秋葉原の事件で、お巡りさんと犯人が対峙していた時、あんなにたくさんいたのに誰も助太刀できなかったじゃない。その恐怖感こそが、性暴力で被害者が感じるものなんだよ。
mineral @mineral02
RT @00kate22: こういう例え話って、「男は馬鹿だからさ~ww」みたいな、都合のいい時だけ自分を落として上手く利用するみたいな、そういう感じがして、すごい気持ち悪い。
mineral @mineral02
抵抗抵抗と司法のお偉いさんはよく言うけど、一体どういう抵抗をしろっての?自分の喉元に刃物を突きつけて「私に手を出したら死にます」と脅せばいいわけ?死に物狂いで噛みついたり引っ掻いたりすれば何とかなる?女ならば身に付けているべき護身術を駆使しないのが悪い?マジで馬鹿かと思う。
mineral @mineral02
強盗事件だって何だって、そんなクソな要求をされる被害者がどの世界にいるんだよ。くそったれカーッペッ、とタン吐いとく。
mineral @mineral02
マジな手段で女が抵抗したら、絶対「過剰防衛」が問われると思うしね。なんで抵抗の有無が争点になってるかというと、男が有罪か無罪かが大事なのであって、女が男の体を傷つけてまで自分を守ってはならないんじゃないの。
ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp
女を強姦しようとする男を本当に止めるには、その男を殺すしかない。それ以外のいかなる方法も返ってより大きな暴力をもたらしかねない。だがそんなことをしたら殺人罪に問われる。つまり、必死で抵抗しかつ過剰防衛をしてはならない。相手の強姦を妨げない程度に「必死で抵抗せよ」ということ。
ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp
子どもが父親や義父や母親の愛人という圧倒的な権力を持った存在から性的関係を迫られたら、ほとんどの場合、抵抗したり逃げたりすることなどできない。そのせいで「強姦でなかった」とされるなら、親ないし保護者からの強姦という最悪の強姦がすべて強姦でないものになってしまうだろう。
ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp
テレビなどでは、襲われた女性は必死で逃げたり泣き叫ぶことになっているが、実際には恐怖と混乱で声も出ないし足も動かない。その圧倒的な非日常性に、日常性のもとで形成された思考と体がついていかない。被害者が強姦後に加害者と話すことがあるのは、日常性を何とか取り戻そうとする努力の現われ。
ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp
とくに加害者が被害者の日常をも支配する存在である場合、何とか通常の日常性を構築しようとして、普通の親子らしい姿を演じようとするし、そうすることで、加害者の悪意を少しでも減らそうとする。「性交を迫る義父」という恐るべき非日常性を回避するためにこそ普通の日常性の構築に努力する。
ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp
加害者が家族である場合、ほとんどの被害者が訴え出ることのできない中、義父を性暴力で訴えることがどれほど勇気のいることであったか。彼女1人の背後には、声を上げられなかった無数の被害者がいるし、彼女をレイプした加害者の背後には、裁判にかけられることさえなかった無数の強姦者がいる。
ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp
そして、加害者に無罪判決を下したことは、この事件と類似の無数の事件を司法が許容したことを意味する。奥田哲也はこの事件の被害者を見殺しにしただけではない。彼は、同じような状況下でこれまで被害を受けた被害者、いま受けている被害者、今後受けるだろう無数の被害者をも見殺しにしたのだ。
@tiharu4happy
これヒドイ。ナニ言ってるのか全然わかんない。 / 強姦で起訴の男性無罪「抵抗困難と言えず」 - 社会ニュース : nikka… http://htn.to/ucjrGd
@tiharu4happy
1、少女には家庭内に安全がない状態だったことが想定され、抵抗することは著しく困難であるだろう。 / 強姦で起訴の男性無罪「抵抗困難と言えず」 - 社会ニュース : nikka… http://htn.to/ucjrGd
残りを読む(14)

コメント

もにょたん @monyotano 2011年2月24日
はてブで証拠を探すのは起訴したほうの責務というコメントがあるが、むしろ出てる証拠で強姦にならないのが不思議という気持ちでtogetterしてみました。よろしく。
Oddball @0ddbaII 2011年2月24日
実際もっと情報が無ければどうとも言えんが。でも、アメリカみたいに未成年に手を出したら問答無用でレイプ扱いというのも手なのかもね。13歳未満ではなくて。
ワス @wsplus 2011年2月25日
小林よしのり氏がキンタマ蹴れって言ってた。
岡一輝 @okaikki 2011年3月2日
非現実には厳しいくせに現実のレイプ犯には甘いんだな。というより、こういう法律や裁判の問題点から目をそらせるために、漫画やアニメを悪者にしてるんだろうな。
くらミツハ《カント―地方のすがた》 @7424h 2015年8月1日
原告のお嬢さんの今までの人生にはきっと気の遠くなるような絶望があったし、無罪の審判によってもたらされるものも絶望だろうと思う。実の父親に「誰が養ってると思ってんだ!」って言われ続けた人生の時期は苦痛でしかなかった。原告のお嬢さんの人生にも苦痛ばっかりがあったと思う。