だよもん氏(V2ypPq9SqY)による白紙戦術のお話

時間順に雑にまとめました。 まあ、人の数だけ原案がある、ということで……
軍事 戦術
51
だよもん(礼儀正しい) @V2ypPq9SqY
ちょいと昔ツイッターで拾った奴で遊んでみようか。 ウリ宛に回答くれたら纏める。要図だけで答えられる人はプロなんで説明はこの後する pic.twitter.com/UkwviDyoBX
 拡大
だよもん(礼儀正しい) @V2ypPq9SqY
1 現在師団主力は敵師団と決戦中である。 2 我は師団の側方を援護する役割を帯びて前進するa支隊であり午前8時に2の端付近に到着する。 3 現段階でa支隊長(貴方)が掌握した状況は要図の通りである 問題 a支隊長としての判断事後の行動について述べよ pic.twitter.com/3VuueTP3FT
 拡大
だよもん(礼儀正しい) @V2ypPq9SqY
基本的には3パターンぐらいに回答が分かれると思われる
紅葉饅頭2@政治野球宗教お断り @momi_man2
二の橋手前に歩兵1個中隊、砲1個小隊付けて穴掘らせる。 残りは一の橋に前進して穴掘り、かなぁ。 敵が北西方向からまとまって来る兆候が現在はない、というのであれば、だけど。 twitter.com/V2ypPq9SqY/sta…
四式戦闘機 @ki84type4
@V2ypPq9SqY 素人なりに。 判断:自支隊と同等以上の敵増援が接近しつつあるが、自支隊の方が決戦場に近い。よって敵増援を阻止するのではなく、師団主力を協同して敵師団主力を攻撃すべきである。 行動:直ちにF村経由でE村に向かい、敵師団主力の後方に出て攻撃する。
直式スリップ@皇道派 @PferdTor
判断 F村経由で一の橋を封鎖し、歩兵一大隊と砲兵一中隊を残して後方から敵師団主力を攻撃すべし。 twitter.com/v2yppq9sqy/sta…
Abe Thoru @kyou_sen
@V2ypPq9SqY 図中だと時間は全て「午后(午後)」となっているので2の橋付近到着も午後8時(つまり夜)、では。
紅葉饅頭2@政治野球宗教お断り @momi_man2
まあ、実際毎度のことながら通信機握るけどw 独力で戦えそうならこのまま一の橋を押さえて敵師団の兵站を遮断し主力に貢献、後続を遮断してじ後の戦闘態勢確立のための時間稼ぎします。 K村がきついなら行きます。 師団長どっちがいいですか、と。師団の支隊だから師団長のニーズしだいだしのう twitter.com/V2ypPq9SqY/sta…
幽霊@ファベーラ(鬱々陰々滅々 @xGU1ZqR2tdKG3dN
@V2ypPq9SqY フォロー外から失礼します。 せんせー、この8時着の位置から砲兵2中隊による砲撃はE村ならびに付近の敵師団攻撃は可能ですか?
…は未だ無い@DONT TREAD ON ME @N_Cocky
素人ですがw。師団主力は敵主力と拮抗、支隊は①敵増援の来着を阻止、②可能ならば敵の側背を衝いて勝機を得たい。ついては支隊を歩大2、砲中2、歩大1に3分割し、歩大2を二ノ橋→D村経由でC村を防御する。砲中はF村経由で一ノ橋後方に展開して支隊主力を掩護。歩大1はF村経由で敵側背を衝く twitter.com/V2ypPq9SqY/sta…
だよもん(礼儀正しい) @V2ypPq9SqY
@V2ypPq9SqY しまった。問題を出した本人が見間違えてた。 確かに敵の行動も我の行動の事後の行動も変わってくるからこの間違いは大きいな。修正午後8時な
幻導機 @gendohki
a支隊でK村に援軍行ってしまおうか。そのままE村まで行ければよいのだけれど。無理すぎな気もしてくるなぁ…。>twitter.com/V2ypPq9SqY/sta…
四式戦闘機 @ki84type4
@V2ypPq9SqY 午後8時と図にあるので言い間違いなんだろう、と勝手に判断して回答しました。よって回答はそのままで(ぁ
牛マン @ushimanm
@V2ypPq9SqY 河川障害を活用した防御による掩護を妥当と判断する。支隊は、0800歩兵一個中隊を二ノ橋破壊に任ずる部隊とし、主力を以て一ノ橋南岸に向け前進、同地で陣地防御を実施する。ニノ橋破壊に任ずる部隊は任務解除後、主力に続行
寅甲甲甲甲丙 @TORA_ST
しかし命令を確認すると側方援護なので、二の橋を落とし、一部を抽出しC村/一の橋で遅滞させつつ、敵後方で思うさま暴れる twitter.com/V2ypPq9SqY/sta…
…は未だ無い@DONT TREAD ON ME @N_Cocky
オット、敵増援が午後7時通過ならば…二の橋を渡ったら間に合わない。C村D村間は砲兵で火制する。先ず歩大2をF村経由で一ノ橋へ向かわせて増援を阻止、次いで歩大1がE村付近の敵司令部~段列を脅かし、砲中2はF村二ノ橋間に展開して、支隊主力を掩護と。まぁ素人考えですがw twitter.com/V2ypPq9SqY/sta…
越前無職 @lt_echizen
@V2ypPq9SqY 敵増援をC村で食い止めるために、部隊を歩兵2大隊砲兵1中隊(A集団)歩兵1大隊砲兵1中隊(B集団)に分割してB集団をF村経由でC村に移動、A集団をE村に移動させて敵師団後方から攻撃ですかね。C村にどの位陣地作れるかによりますが。 と素人ながら思いました。
儀狄@パブリックエネミー @giteki
@V2ypPq9SqY 工兵部隊を先行させて一ツ橋と二ツ橋を落とさせ、主力はF村に向かって近辺で野営。夜が明けたらE村を経由して敵主力の背後を衝く。
副赤@転職活動中 @ATOR86
@V2ypPq9SqY F村方向を正面として、K村方向に展開している師団の側方戦力と際を合わせる形で1個大隊をもって防御線を構築。 H村方向より前進する敵部隊の動向を探るべくD村へ前進警戒班を置いて、ニノ橋へいたる2つの道をそれぞれ1個大隊をもって防御。 …こんな感じですかね…。
みこい @mikoi_72
工兵分隊を抽出し一の橋に爆薬を仕掛けつつ、可能なら村C~D間の道路上にIDE(ダミーでもよい)を設置。分隊の到着と同時刻に支隊主力は村Dを攻撃し、分隊と合流後は制圧が未了でも速やかに撤退し一の橋を爆破。夜明けまでは二ノ橋付近にて潜伏かな。 twitter.com/V2ypPq9SqY/sta…
儀狄@パブリックエネミー @giteki
@V2ypPq9SqY 訂正。野営場所はF村付近よりも一ノ橋南側の、橋を渡ってくる敵を攻撃出来る位置で。二ノ橋は確実に落とし、一ノ橋が落とせなかったら半数で橋を渡る敵を攻撃し、半数で主力部隊の援護に向かう。
K02 @Knife02
@V2ypPq9SqY (´・ω・`)らんらん支隊は ・歩兵、砲兵各1個中隊をK村付近の増援に送る。 ・残りは全力でC村もしくは1の橋を確保 敵の増援がH村付近を午後7時に通過してるってことはC村からだいたい28km付近にあると思われるため、これを阻止する必要ありと認む。
ルクレール兼ふくろう提督 @mavravalt
@V2ypPq9SqY A支隊を歩ニ大隊砲一 中隊のA部隊、歩一大隊、 砲一中隊のB部隊 に分け、A部隊をK村経由で前進させ敵師団翼側を圧迫し、B部隊は一の橋近傍に陣地構築し、残敵掃討兼増援の阻止に当たる。 後は一応、D 村に斥候を出し迂回の警戒をする。
悠司 @yu_ji_jojo_6251
F村経由でE村へ行き後方より挟撃しつつ、一の橋に工兵+護衛に砲兵の一部を送り橋を落とす 午後8時ならばそこそこ隠密行動できると思うので強襲、出来れば橋を派手に爆破で落とすと同時に攻撃仕掛けて混乱煽りたい 机上の空論ですが twitter.com/V2ypPq9SqY/sta…
残りを読む(250)

コメント

現役マジカルガール @_sakumikura 2016年11月28日
シチュエーション一つでこれだけ捉え方、考え方、結論に差が出るのだから、ドクトリンの共通化は大事だなとおもいました(粉蜜柑)
だよもん(礼儀正しい) @V2ypPq9SqY 2016年11月28日
まとめる前にまとめてくれたよーだ
名無し整備兵 @seibihei 2016年11月28日
「同等の兵力での遭遇戦なら勝って当然」「攻撃は明るくなってから(夜間攻撃するなら前日以前から十分な準備が必要)」というような「当時の日本陸軍の常識」が前提となっているので、その前提がある程度変わっている現代なら別の答えになってもおかしくはないですね。
段ボールが本体 @Himade4tama 2016年11月28日
面白いけど、みんなガチ過ぎてコメントできなかったンゴ。
対馬守 @enanji 2016年11月28日
改めて考えると「夜間行軍で敵と戦闘し、要所を確保したら朝方にやってくる増援に対応する」事がほぼ前提の問題なところ、すごい日本軍っぽい。
星☆凛 @rinrin1953 2016年11月28日
自分の回答、何がしたかったの?感が強くて非常に恥ずかしい
ハドロン @hadoron1203 2016年11月28日
誰も指摘してないが、敵がゴムボート使って水路経由で二ノ橋を強襲してくる可能性だってある。なので、二ノ橋に守備隊を置きつつ最短で攻略すべきはF村だ。ここさえ確保すれば、水路抑えつつD村経由で二ノ橋目指す敵部隊も対岸から攻撃できるし、増援部隊もC村と一ノ橋防御に戦力を割く必要が出てくる。逆に師団主力はG村に後退してもいい。
Pz.Kpfw.IV @Rumor_of_wind 2016年11月28日
あー、リアルタイムで参加したかったなー。 気になったのは、皆、行進速度を早く見積過ぎ。一般に徒歩の歩兵部隊の行進速度は(小休止を含めて)時速4粁、夜間なら2.5~3粁で、1日に約40粁、強行軍なら3日で約100粁というところ。 必要な弾薬糧食等を背負って歩く上に荷車なんかもいるのを忘れてないかな。
LeJobard @LeJobard 2016年11月28日
旧軍の想定では、夜戦を避けるために迂回するのが面白いと思った。旧軍は夜戦が真骨頂みたいなイメージは後付けなのかな。
おいちゃん @semispatha 2016年11月28日
ドクトリンの共通してても「あいつならここまでいってるはず」とか空気読めな作戦立てるのが1人居ると全部崩れるなぁ。もちろん旧軍にそんなひと居ませんよね?(すっとぼけ)
Pz.Kpfw.IV @Rumor_of_wind 2016年11月28日
私も考えたのだが、幾つか重要だが明確でない条件を仮定する。つまり、 ・天候は晴天 ・日出は0600、0500くらいから観測可能 ・日没は1800、1900くらいまで観測可能 ・両軍とも機械化されていない ・支隊の行進開始は1300、二の橋まで25、6粁行進している。 としておく。
ひろ@猫もふ欠乏症 @hiro_h 2016年11月28日
同じ状況でも、自衛隊なら北の市の奪取より南の市への侵攻阻止が優先なのかなと気になりました。
Pz.Kpfw.IV @Rumor_of_wind 2016年11月28日
敵の援軍がC村に到達するのは明朝0600頃と見積もられる。  我支隊は、2000二の橋到着後、命令下達を兼ねた大休止を取り、2100に出発するとして、二の橋を渡り、D村経由の場合、D村に0400頃、C村に0600頃到達出来る。F村経由の場合、0400頃、一の橋に到達可能で、やはりC村到達は0600頃になる。
Pz.Kpfw.IV @Rumor_of_wind 2016年11月28日
その他、考慮すべき事項として、戦術的妥当性から敵師団主力はF村方向からE村及び一の橋方面への我の攻撃への対処は為されていると考えられる。また、同じく師団段列はE村叉はC村付近と思われるが、C村付近の公算が大。
Pz.Kpfw.IV @Rumor_of_wind 2016年11月28日
あ、前提で一つ忘れてた。  師団の任務だけど、敵を川の北に駆逐して、南への進攻を阻止するか、或いは当面の敵を駆逐して北方に進出するかの何れかとおもわれるが、何れにせよ必成目標はC村一帯隘路の確保となろう。
Pz.Kpfw.IV @Rumor_of_wind 2016年11月28日
所謂敵の可能行動というやつは、 ① 師団主力に合流 ② 師団主力の後退援護 ③ 二の橋或いは三の橋方向からの迂回・包囲 といったところだろうか。
Pz.Kpfw.IV @Rumor_of_wind 2016年11月28日
そうすると、我支隊としては、 「支隊は、一部を以てF村に進出、師団主力の左翼を援護するとともに、主力はD村方向からC村方面に圧力を掛け、敵師団主力への増援及び補給を妨害するか、或いは敵師団主力の後退を妨害する。」 というのが原案かな?
Pz.Kpfw.IV @Rumor_of_wind 2016年11月28日
具体的には、一個大隊(-)をF村に進出させ、大隊主力は、二の橋を渡りD村に進出。  爾後、C村方向に攻勢をとり、可能であれば、C村がを占領・確保する。といった感じかな?
ハドロン @hadoron1203 2016年11月28日
敵軍にとってボトルネックになるのはC村だから、ここを防御するためにDFEで防衛ラインを築いているはず。拠点防御に割く戦力がないなら斥候のみ置いて、予想される侵入ルートにトラップを仕掛けておく。つまりD村とF村の手前には地雷原が敷設してある可能性が高い。なので、F村攻略の際には街道を手前で外れて川沿いのルートから迂回し、背後から叩く方がいい。
Hoehoe @baisetusai 2016年11月28日
敵主力が突然部隊を抽出してc村の手当てをしたら負けるやん
阿部志 秀武 @abeshi_hidebuuu 2016年11月28日
彼我において同兵科ならば移動速度は同じと仮定。つまり砲兵に合わせるなら歩兵は遅くなる。 H村で確認された敵部隊の位置は自部隊が二ノ橋に着く1時間前の位置だから、実際はもっと前進してる事になる。 そして夜間だし、彼我師団同士の交戦は昼間から始まっているので多少なり混戦模様だろうから砲兵を主戦場に投入しても有効性はかなり落ちるはず(課題から、夜間レーダーなんて無い時代と推測) 一ノ橋を落とせるなら落としたいけどそこまでの時間は無さそう。 (続く)
阿部志 秀武 @abeshi_hidebuuu 2016年11月28日
(続き) 先ず、偵察として歩兵一個小隊程度をF村経由で一の橋へ出す。 同時に足が遅い砲兵二個大隊に一個大隊を付けてF村へ向かわせて別命有るまで待機させる。 次に残り歩兵二個大隊と砲兵一個大隊はK村へ向かうが、やはり歩兵二個大隊のみをK村へ先行させる。 自隊がK村に参戦すれば、K村の敵は必ず本隊師団へ報告を飛ばすはず。 (続く)
阿部志 秀武 @abeshi_hidebuuu 2016年11月28日
(続き) 報を受け、K村のこちらの戦力を過小評価し、師団戦力を割いてK村に向かわせてくれるなら、この時点で味方師団主力の応援は達成されるし、その頃には合流しているであろう砲兵も参戦させて再戦となる。K村から進んだ場所で接敵前ならば砲撃も可能。 過小評価せず敵師団が後退を始めるならば、K村の戦力は味方主力に合流し追撃。 あとは敵師団の後退速度と、H村から来ている敵隊の位置を偵察から聞いて、F村の味方をE村か一ノ橋へ向かわせ側面から支援砲撃させる。
幻導機 @gendohki 2016年11月28日
[c3266214] 鍵付あるあるです
御神楽 @rena_mikagura 2016年11月28日
友軍と合流してK村を制圧するか、F村へ向かって制圧するかのどちらかかな…それらの防衛や奪還に敵主力が戦力を振り分けるなら友軍主力の支援になる。
R. Natsuaki @flyingwktk 2016年11月28日
こうしてみると回答がある程度集中しているので、一見意外に思える種本の正解は確かに「アリ」なんだな。
V層もどき @desuga_NlkL5EiN 2016年11月29日
これの趣旨って、「教わったやりかたで素材を料理出来るか」を確認するものだろうから(それゆえに、「出題者の想定が最善とは限らない」ということでもあるんでしょうが)、個別の料理完成品よりは、各人の「料理の仕方」を見たくなって来ますね……。
V層もどき @desuga_NlkL5EiN 2016年11月29日
とはいえまあ、出題者側が採点というか理解度の確認を効率的に行う都合上、「前提知識が共有されてて問題文を読み込めば概ね似たような案に収束する」ように問題が作られている(作られていた)のだろうとも思いますが。
棒人間ひろ @bouninng 2016年11月29日
[c3266214] 今確認し直したのですが鍵垢なので追加してもtogetterには表示されないようです。
水面計@いつのまにかオッサン @W_L_G 2016年11月29日
考えてみれば戦力拮抗で半日以上殴り合っている敵師団はそろそろ弾薬食料に不安を感じてるだろうから、ここで後方に回り込むとと撤退するしかなくなるんじゃね? F村経由だと伏兵がいるかもしれんし敵師団に早期に見つかると面倒、D村通って大回りして敵連絡線に確実な脅威を与えれば敵師団は安心して戦えなくなる。また敵部隊がF村⇒二の橋経由でK村騎兵部隊の後方を脅かすと面倒なのでいくつかの部隊を使って牽制する というわけか・・・
水面計@いつのまにかオッサン @W_L_G 2016年11月29日
東側に敵味方が固まっている中で敵後方に大回りって想定と、なによりも「秋山川」って意味深な名前からもしかしてこの想定って奉天会戦の短縮版じゃね? 師団主力が鴨緑江軍、K村を突破できない騎兵部隊が奉天正面、最左翼の我が部隊は第三軍・秋山支隊なのだから、秋山川に沿って敵後方に大回りしてC村(哈爾浜=奉天間の鉄道遮断)を狙えって洒落なのでは?w
名無しロサ・カニーナ @type_69 2016年11月29日
bouninng お手数をおかけいたしました。togetterの仕様を理解せずにわがままを申し上げて失礼いたしました。お時間をさいていただき、ありがとうございました。
うぐいすもち @uguisudango 2016年11月30日
こういうの面白いなあ。部隊の休息時間とかどのくらい必要なんだろう。目的は敵本体と援軍の撃破なんだろうか。現在地で野宿して8時間休憩したとして、翌朝の4時から移動開始すれば敵より先にC村につけるだろうか。敵が夜間行軍してたら疲れてヘロヘロのところを戦闘に持ち込めるし、敵も休息してたなら先に到着してC村を占領できるし。あ、でも敵本体が西に逃げようとしてたら逃げられちゃうなあ。
NORt @NORt18953368 2017年2月21日
種本の想定として夜間は戦力差によらず戦況は動かないんだろう。彼我共に少数の派遣でF村前に前線構築して朝を迎えられる。問題は主力が翌朝どこに居るか? 1.F村に投入した場合。敵方はEF間で戦力を融通できるが此方はできない。またF村が敵方劣勢になってもEC離脱経路はすぐに脅かされない一方、此方はK村戦況、敵の北岸迂回等に警戒する必要があり支隊全力で正面に向かえない。即ち敵は少数で我が支隊を拘置しその分主力決戦に注力できる
NORt @NORt18953368 2017年2月21日
2.此方が北岸迂回しCD間に戦線構築した場合。今回敵のC村戦力が劣勢になった場合主力戦況に多いに影響する。一方相手が優勢な場合でも此方はいくらでも退却余地がある。万一の損害を恐れて大胆な攻撃に出にくいのも有利に働くはず。即ち敵はC村防衛に我が支隊より優勢な戦力を割かねばならず、かつ此方は劣勢ならいくらでも後退できる。
NORt @NORt18953368 2017年2月21日
敵は全力で以て我が支隊を攻撃し各個撃破しようとするかもしれない。我が支隊を速やかに撃破できるだけの戦力を抽出した上で、目下決戦中である我が主力との衝突を回避し時間稼ぎできるナイスな策があればその危険性は大きい。 答えだけ見れば包囲戦の助攻は主攻に遠くの基本で、外線内線の利点欠点も考察できて面白かったが、夜間とか増援とかややこしいわ、んな事情知るかーい!
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする