ラノベが現実ではなく「アニメを小説化」したものだとしたら、そのアニメ的ビジュアルの描写はどうあるべきか問題。

まあまとめの内容はラノベというかノベライズの話なんですけど。
37
泉信行 @izumino

そういえば、ガルパン劇場版ノベライズのなかでダー様の髪型がギブソンタックって記述されてて顔面蒼白に。なにを公式スタッフが、ネットの二次創作者だけに広まってるような間違い知識に乗っかってるんだ…

2016-11-30 03:54:12
泉信行 @izumino

リアルとリアリティは違うという話に近く、フミカネさん「英国人らしさをデザインに落とし込めた自信作」のようにダージリンを語っていたのも、実在(リアル)でない架空の髪型に現実のイメージを凝縮できたという意味であるわけだから、とてもデザインの力を信頼した発言だし、強いなって思います

2016-11-30 13:25:38
もくば @soratobu_uma

これは「アニメのキャラクターのデザインとは一体なんなのか」という問題の一部のように思う。たとえばよくいる「ピンクの髪」ってなんなのか、あれをノベライズしたときに、何と言うべきか、というのに似てる。

2016-11-30 13:45:54
もくば @soratobu_uma

「ライトノベルとは現実ではなくアニメの小説化である」と言った人もいたけれど、たとえば「アホ毛」みたいな漫画漫画した髪の毛を、描写することがあるんだろか?「いかにも元気そうな少女だ。頭頂部から一房の髪の毛が天を衝くように立っている」とか。

2016-11-30 14:00:41
もくば @soratobu_uma

「ダージリンの髪型はギブソンタックではない」というのはなるほどで、じゃ、あの髪型をどう描くべきなのか、ダージリンを知らない人が読むはずもないノベライズなら、髪型の描写なんていらんのか「金色の髪を後ろでまとめている」くらいでいいのかそもそもあれ金髪なのか、結構難しくね?これ。

2016-11-30 14:21:46
あでのい @adenoi_today

@soratobu_uma もっと直に「アホ毛が元気そうにゆれている」くらいは普通にあるような。

2016-11-30 14:03:48
もくば @soratobu_uma

@adenoi_today 「アホ毛」って名前のついちゃった表現なら、それでイメージが共有できるのかあ。というか、すでにしてるのかあ。

2016-11-30 14:29:32
天殻のエビナヒメ @AB_MkIII

@soratobu_uma ラノベでのアホ毛の描写、恐ろしいことにそんなに珍しいものではないと思います

2016-11-30 14:02:50
もくば @soratobu_uma

@AB_MkIII 地の文で髪の色がとかピンクとか明言されちゃったこともあるらしい、とは聞いたことがあります。僕にとっては絵で見る以上に「異常だ」と思えるのだけれど、読者にはすでに「そういうものだ」という意識が浸透してるものなんでしょうか。

2016-11-30 14:34:26
天殻のエビナヒメ @AB_MkIII

@soratobu_uma そいうもんだと思います。それとは逆に、昔のラノベ(この場合フルメタですけど)なんかでは、地の文では「黒髪」とされてるキャラが、挿絵ではどうみても青髪であったりすること食い違いも往々にして見られたので、それとどっちがマシかってかんじですよね。

2016-11-30 14:38:54
もくば @soratobu_uma

@AB_MkIII おお、そういうのもあるんだ。僕にはそっちが普通かなという印象なんですよね。たとえばガルパンだったら、あれはみんな日本人なわけでダージリンの髪だって「明るい色」くらいに書くのがスジだと思っちゃう。金髪と書いてしまうと、日本人なのに金髪である理由が必要になる。

2016-11-30 14:42:24
もくば @soratobu_uma

@AB_MkIII でもたぶん、ノベライズまで買うほどのガルパンファンが望むのは、そういうことではないんですよね。じゃあどういう小説がいいのか?て考えるの、とても難しくておもしろいと思います。

2016-11-30 14:44:03
もくば @soratobu_uma

ここまで言うておいて、普段富野富野言うとるくせに、小説版イデオンのコスモの髪型がどう表現されてたか思い出せないことに愕然としている。

2016-11-30 14:47:36
あでのい @adenoi_today

これ話として非常に面白い。現役作家さんとかどう考えてんだろ。

2016-11-30 14:59:07

コメント

川田清貴 音響効果 @kksoundeffect 2016年12月1日
SF小説の相対性理論や火サスの民間人捜査員、ゾンビ映画のゾンビ化の構造など分野付けされたエンタメって暗黙の合意が省略されてていいんじゃないですかね。表紙(挿絵)を見ろ、そういう事だ、で十分のような。
2
謡遥 @singsonghalca 2016年12月1日
勿論作家さんに依りますが、ラノベでキャラの見た目への描写は挿絵で一発で説明されてるから文章では「主人公がどう感じたか」という印象を比重多めに書くというのがラノベの一部では当たり前になっているように思います。イラストの力は強い。作家さんがイラストを見てキャラの容姿を変えることもままありますし。挿絵を見ろというのは一定の説得力を持つと思います。
4
@mouth0717 2016年12月1日
禁書とかゼロ魔では青髪とか桃色の髪とか言ってた記憶がある。どっちも10年は前のラノベ。ガルパンは微妙な例だけどラノベってがっつりファンタジー要素入ってるものが多いから、わりと現実的に想像できない髪や瞳の色でもまあそういうものかって思いやすい気がする。
1
よーぐる @Seto_yasu1987 2016年12月1日
フルメタに関しては作中のキャラの髪色はイラストにおける黒髪の表現だと言うことですので、文中とイラストで齟齬が生じているわけではないですな。
8
よーぐる @Seto_yasu1987 2016年12月1日
ライトノベルって言うイラスト前提の表現分野なら、表現が難しいモノはいちいち表現しない、が正解ではないかなんてオイラぁ思いますな
0
kt60@マンガワンで連載獲得 @kt60_60 2016年12月1日
細かいことは置いといて、「○○らしい」とか「聞いたことがある」を前提にして語られるのは、もやっとしました。
3
kt60@マンガワンで連載獲得 @kt60_60 2016年12月1日
○○らしいという伝聞系の語りはひとり歩きすることが多く、「そんなもの存在していない」、「あるにはあるが圧倒的少数であり、スタンダードのように言われても困る」、「その世界や人物の特殊性を強調するために、あえて使っている」っていうこともわりとよくあるので。
6
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2016年12月1日
作品によるとしか。元作品とノベライズ、本文とイラスト…ectの関係の置き方もそれぞれだし。
0
我乱堂 @SagamiNoriaki 2016年12月1日
そんなこと、人によるとしか…。
3
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2016年12月1日
異世界感出すのに特に転移転生もので、ピンクや青や緑の髪が普通で主人公びっくり黒髪が珍しくて勇者とかの徴にとかは、一部ではよくあるの通り過ぎてテンプレ化からの、髪染めてる時に召喚されて色が変わってくにつれて…とか捻る前提のお題化してる気も。アニメ目とかもリアルになったらこんな感じかやっぱりかわいいor怖い両方向でネタにしてる作品が。書籍はすぐには思いつかないけど、なろうその他のweb小説でならちょいちょい見るのは確か。
0
あでのい @adenoi_today 2016年12月1日
まあ人によるだろうから、実際物書きさんらにその辺どんな感じでやってるかってのをいろいろ事例合わせて聞きたいなー、という趣旨のまとめ。
2
あでのい @adenoi_today 2016年12月1日
要は、文章で想起させるビジュアルがアニメ絵を主に想定している場合、アニメ的で現実からは外れたビジュアルを描写する必要がある時、文章側のリアリティラインをどの辺に置くもんなんか? というお話ですね。「人それぞれ」と言われたら、まあ...そうだね...。
0
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2016年12月1日
藤村シシン @s_i_s_i_n 『古代ギリシャのリアル』p24「コラム1なぜ血や涙は「緑色」なのか?――古代ギリシャ人の色彩の世界」 を思い出した。 >「ワイン色のエーゲ海」「ワイン色の羊」「緑色に滴る血と涙」「緑色に輝くはちみつや雨」「虹の帯は三色で構成されている……緑と、赤と、そして紫」 古代ギリシャ人はそう表現したそうな。
5
香名月 @kana_zuki 2016年12月1日
なんであれ、文章は伝えたい内容は伝えたい層に伝わるように描写するものだし、ギブソンタックでイメージが伝わるならそれでいいし、アホ毛もその文脈で考えればそれで事足りるのでは。
1
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2016年12月1日
>古代ギリシャ人の表現する「色」は、物のうわべや表面的な色ではなく、質感やそれ自体が持つ性質を表すことがあります。 で、アニメ絵の髪とかの色は同種のもので、現実→言語化→二次元絵化された結果なのかなと。二次元絵からノベライズで再び文章化するのは翻訳の再翻訳感がある。
5
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2016年12月1日
元作品やイラストで読者脳内にビジュアルイメージは既に出来ているから触れない細かくは書かない、文章だけでイラストと同じイメージを読者脳内に浮かばせる描写を目指して書く、ノベライズは別世界だから見た目も同じではありません、どれもありっちゃありだろうしな。実際はひとつの作品内でも、キャラや場面によって違う方針・さじ加減でこういうのを折衷してやるんだろうけど。
0
CD @cleardice 2016年12月1日
最初のツイートは「設定」から起こしてキャラを書くことと「ファンの認識」を利用して描写することの食い違いを問題にしてると思われるので微妙にズレてるような。二次創作ならファンの間で共有されてる認識を何の断りも無く使うのが当たり前だけど、公式がそれやるのは手抜きじゃないかと思うなあ。
3
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2016年12月1日
νガンダムとHi-νガンダムみたいなのはまた別の話か
0
菊地研一郎 KIKUTI , Kenitiro @kenitirokikuti 2016年12月1日
現代の絵画の特徴はひとつのイメージに異なる複数の視点・多数の現実から得た部分イメージを盛り込むことにあるから、それを他の形式に変換したらそら別のもんになるでしょ。ラノベだって、翻訳したらあっという間に自明なラノベイメージが崩壊するし。
0
masano_yutaka @masano_yutaka 2016年12月1日
スレイヤーズの初期は「リナが貧乳」って言う設定があらいずみるい先生の所に届いて無くて、わりと胸があったりとか。
0
聖夜 @say_ya 2016年12月1日
アニメ化された変態王子と笑わない猫のエミはイラストではピンクツインテですが、本文では太陽のようなという形容で名言はしてませんがおそらくは金髪なのだと思います
1
聖夜 @say_ya 2016年12月1日
きんいろモザイクのアリスもタイトル通り金髪ですがアニメ版の髪の影色がピンクなのは割と有名で、黒髪を青や紫にするのと同じく同じ金髪で影が白系のカレンとの差別化だと思います
1
円盤”お荷物”人 @enbanjin 2016年12月2日
ラノベ表現に輸入されたアニメの影響という点でなら、「~~~~~‼」みたいなセリフもあれ、声優がアドリブで入れる苦悶のうめきを言語化したものでしょう。
1
BIRD @BIRD_448 2016年12月2日
ゼロ魔のルイズは「桃色がかったブロンドの髪」(1巻)タバサは「青みがかった珍しい髪の色」で青とは断言されてない。
0
我乱堂 @SagamiNoriaki 2016年12月2日
「~~~~~ッッッ」みたいなのは、あれは刃牙ではないのか。
0
エリア83@讃州deおばけ屋応援民 @area83ontweet 2016年12月2日
あほ毛(っぽい不思議髪型)と言えば、銀河英雄伝説のエルンスト・フォン・アイゼナッハ提督。
0
泉信行 @izumino 2016年12月2日
議題が発端の話から脱線しているのは、まとめ当事者にも自覚があると思いますが、元は「勘違いした知識を読者に助長させる」ことの問題なので、ミリタリ知識に寄せて言えば「キャタピラ」や「バルカン」の誤用に近い話。アニメのガルパンもBDで「キャタピラ→履帯」や「ヴィンターゲッテ→ヴィンターケッテ」などのセリフ修正をちゃんと行ってたりする
0
泉信行 @izumino 2016年12月2日
izumino ちなみに「間違いは可能な限り修正するので、スタッフが気付けるように指摘はどんどんしてください」というのが監督のスタンスだったはず
0
九銀@半bot @kuginnya 2016年12月2日
髪の色がカラフルだと何が異常なのかが全く分からない
1
ボス @WorldsFive 2016年12月2日
ソウルネームや奇矯なコスプレが普通にまかり通ってるガルパンの世界ならダージリンと名乗る英国かぶれの子が実際に金髪であることはそれほどおかしな話でもないと思う
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年12月2日
リアルっぽい話でピンクの髪の女の子を最初に出したのは酒井美羽「ミミと州青」シリーズ(1982年)かなあ。
0
わんゼット @keremycuvymu 2016年12月3日
kuginnya 異常という話ではなく、元々の設定として髪がピンクや青なら良いが、絵の表現としてピンクや青にしてるだけの場合(本当は黒髪です、と明言している作者も居る)そのアニメをラノベ化する場合どう書くのが正しいのかというだけの話でしょう。
1
雑音らじお@ノイズ @radionoise9982 2016年12月3日
原作者は亜麻色だの栗色だの茶髪っぽい黒色と思わせておけばいい ノベライズなら時流に乗らないのは寿命を縮めるので、蛍光ピンクがカビたような頭髪とか書けばいい 蘇芳色とかで没食らっても 濡羽色だとか想像力に委ねられる、色々面白い言葉があるし 女子同士なら、間違っていようとある程度明確に表現すること自体が必要な描写かも知れない ラノベ男子なら相応しい語彙力で、容姿の描写度はイラストに任せて 「手を隠して喋る仕草を追ってしまう」とか行動に関心を向けさせたり、別にリソースを割いたり
0
本能の共犯者 @cogito_erogetum 2016年12月3日
「ライトノベルとは現実ではなくアニメの小説化である」については、新井素子先生の「マンガ『ルパン三世』の活字版を書きたかったんです。」という発言を思い出しました。
0
深井龍一郎 @rfukai 2016年12月3日
そもそも現実をそのまま書いてる小説の方がマイナーな存在なんじゃないの。
0
cinefuk 🌀 @cinefuk 2016年12月3日
角川スニーカー文庫版イデオン(後藤隆幸)のコスモはアフロじゃないんだよな http://105ennohondana.blog58.fc2.com/blog-entry-163.html なるほど、本編での描写は「カーリーヘア」(つまり挿絵のミス)
1
にゃほ @Temp002a 2016年12月3日
俺妹の「丸い」ネタとか、魔界ヨメの目玉に力がみたいな、挿絵を後でネタにする系が好きです。 あとヒロインの描写は当然最初の数ページに出てくるので、調査も容易そう。
0
undoroid @undoroid 2016年12月4日
決して読まないけど想像を元に批判だけはするシリーズ
0
バレルロール @zoahunter 2016年12月4日
グラフィカルユーザーインターフェイスとして意匠権を獲得していないんなら、色やフォルムを深く言及しないんじゃないかな。「緑の髪」は実際にはグリーンじゃないし、「ピンクの髪」は精神的問題を抱えた子の印象が強いし。加齢変化など含め、作家がキャラクターに勝手に表現出来ないし。営業さんから怒られるよね。 自毛の色やフォルムに拘る、と云えば『銀英伝』か…。種類が多過ぎて後半は混乱したよ。
0